ウッドデッキ 作り方。 ウッドデッキの屋根の作り方

ウッドデッキの屋根の作り方

ウッドデッキ 作り方

ウッドデッキはこう作る 地均し・測量と設計 1.地面を均し、平らにします。 (ある程度の高低差なら、束の長さで調整できます。 ) 2.現況の広さと高さを測定し、作るウッドデッキの計画を決めます。 時間がかかっても図面は描いた方が間違いありません。 その時間も楽しいものです。 そして設計で結果が決まります。 ここがポイント!• 板をどう張るか、そのための骨組みをどう作るか、これが肝心です。 木材には定尺寸法(規定の長さ)があるので、半端が出ないようにするのも設計のコツです。 板の隙間も検討します。 それにより、使う枚数やデッキの大きさも変わってきます。 材料の購入 図面ができれば材料の数量がはっきりします。 使用する木材は様々です。 防腐・防虫剤を注入したものもあります。 数量は多すぎても少なすぎても後から面倒なので、数え間違いがないように購入しましょう。 ホームセンターのほか、ネットでも様々な材料が販売されています。 施工に使う金物はビスが主流です。 ここがポイント!• 材料は、施工時の加工間違えなども考慮し、少しだけ多めに用意しておくと後で楽です。 使用するビスの形状・長さ・素材は、使用材料・部位に合わせ購入します。 構造用にはコーススレッド、細部にはスリムビス、床板を留めるにはステンレス製など。 設計図で、部材の組み方をもう一度確認しましょう。 方法は次のとおり。 1.「デッキ床の仕上がり高さ」と「地盤面の高さ」の最大差を測ります。 これを(A)とする。 2.使う材料の高さ寸法(束を除く。 例えば、ピンコロ+大引き+根太+床板)を足します。 これを(B)とする。 3. A ー B が束の最小長さで、これがマイナスでは材料計画がアウト、見直しが必要です。 ただし、ピンコロは土に埋めて高さを下げられる(通常5cm程度)ので、多少の調整は効きます。 (その分、地面を掘るので疲れますが…) また、束が短すぎても施工しづらいので10cm程度は必要かと思われます。 逆に長すぎる場合は、束に筋交いを打ち、横揺れを防止します。 基礎の施工 色々な方法がありますが、比較的手軽に出来るのがピンコロ(束石、15cm角程度)を使う方法です。 1.地盤は良く突き固めます。 砕石を下に敷くと、よりしっかりします。 2.ピンコロは位置と水平を確認しながら設置します。 3.最後に動かないようにモルタルなどで固定します。 ここがポイント!• ピンコロ15cm角程度に対し、束は9cm角程度なので位置の誤差に余裕はありますが、見える所はあまりずれると見栄えが悪くなります。 設置高さの精度も、束の長さで吸収できます。 丁張り(高さと位置の基準目印)を掛けた方が、精度は上がります。 束と大引き 1.「デッキ床の仕上がり高さ」と「ピンコロの設置高さ」の差を測ります。 2.「1の差」から「組む材料(デッキ板材と根太、大引き)の寸法」を引き算します。 それが束の長さです。 ここがポイント! 当然ながら、束石設置制度により束の長さは異なります。 逆に言うと、束の長さで調整できます。 根太の施工 デッキ板を受ける部材が根太です。 現場合わせ(既存の建物に合わせる)の場合は、注意が必要です。 ここがポイント!• デッキの端部は半端な寸法にならないよう(材料が無駄にならないよう)、時には割付け調整をする。 特に変形している場合は、端部のデッキ板が宙ぶらりんにならないように。 板張り 見える部分なので、特に気を使います。 ここがポイント!• 板には大抵反りがあり、その修正または隙間の間隔を揃えるため、寄せたり離したりしながらビス留めをしていく。 そのため、隙間に合わせたパッキンや万力・バールなどの道具を使う。 板を張る隙間が設計どおりの寸法か、板は平行に張られているか、要所要所で確認しながらデッキ板を張る。 狂っていても途中で気付けば修正は可能です。 ウッドデッキが長く、板を継ぐ場合は、その場所をデザイン的に意識する(千鳥配置にする)と仕上がりがスッキリ見える。 板が硬い場合、又は端部は霧でした穴を空けると、板割れが少なくなる。 幕板の施工 無くても良い部材ですが、取付けると見栄えが良くなります。 地面とデッキ床の段差が大きい場合は、階段(ステップ)を付けます。 完成 やはりデッキがあるといいですね。 見た目だけでなく、バーベキューなどのレジャー、読書・喫茶などのくつろぎスペース、物干しに使うユーティリティスペースとしても活用できます。 ここがポイント!• 室内の板と張り方向を一定にすると、統一感がでて広がりを感じます。 段差も無い方が歩行上は良いですが、雨の跳ね返りには注意が要。 屋根があれば安心です。 塗装 屋外部分なので、雨風・紫外線の影響を受けます。 汚れ防止の観点からも塗装は必要です。 塗料は、ホームセンターでも多様なものが販売されています。 防虫・防腐効果があるものもあります。 ここがポイント!• 浸透性のものが塗りやすく、種類も豊富です。 塗りにくい部分は、組立て前なら簡単で細部まで塗ることができます。 ただし、その分塗装スペースと時間がかかるのと、組立て時の衣服の汚れは覚悟がいります。 色については個人の好みですが、木の日焼けや汚れにより色はだんだん濃くなるので、希望よりワントーン薄くしても良いかもしれません。 今後の塗り重ねによっても濃くなっていく傾向です。 メンテナンス 定期的なメンテナンスは、ウッドデッキをきれいに保つために、また耐久性を高めるために必要です。 (清掃による汚れ落とし、再塗装) ここがポイント!• 塗装頻度は状況によりますが、「汚れが目立ってきたな」と感じ出した頃、できれば早めに行うほうがベターです。 まずは汚れ落としをしっかり行います。 汚れがひどい場合は、サンドペーパー(#180~#240程度)を使用します。 塗料は作ったときに使ったものと同じ、または同質のものを使います。 楽しみながらウッドデッキを一緒に作りませんか? ウッドデッキを作りたいが、ノウハウも道具もないしやめておこうかという方、ちょっとお待ち下さい。 楽しみながらウッドデッキを一緒に作りませんか? ご自分のペースでこだわりながら作ることができます。 「施工方法や材料・道具を含めてアドバイス/お手伝いする」というサービスを行っています。 お子様との思い出作りにもご活用下さい。 施工について分からないこと、お手伝いについての質問など、お気軽にお問い合わせ下さい。

次の

ウッドデッキの作り方

ウッドデッキ 作り方

私が小学生の頃、実家にウッドデッキができました。 「自分の部屋以外の遊び場が増えた!」と当時は大喜び。 日向ぼっこをしたり、本を読んだりして友だちとよく遊んでいました。 ふと、「結婚後に新築した我が家にもウッドデッキがあれば4歳の息子と今まで以上にたくさん遊べるのではないか…!日向ぼっこしながら本を読んであげたいな~と思い、「ウッドデッキ DIY」なんて調べてみると情報がまぁ出てくる出てくる。 でも、色々な意見があって、どの情報を参考にすれば良いかわかりません。 調べてDIYするのはいいけど、失敗はしたくないですからね…。 ところで、私の父親はエクステリア施工の会社を経営しており、実はウッドデッキも施工できます。 そこで今回は、施工のプロである父親にウッドデッキDIYのポイント・長持ちさせるコツについて、聞いてみました! ウッドデッキの作り方~準備~ 父親に聞いてみても、やはり最初の準備が肝心だそうです。 手順を想像して、そのイメージ通りに作れた時の感動・達成感がDIYの醍醐味なのかもしれませんね。 具体的にみていきましょう。 設計 「ウッドデッキでアレがしたいな~」「家の雰囲気と合うのはこんなウッドデッキかな~」 と、まずはどんなものを作りたいかを想像して簡単にスケッチしてみましょう。 フェンスやステップ 階段 をつけたいなら、それに合わせて材料も多く調達する必要があります。 その図から、 「幅・奥行・高さ」を決めて図面を作成。 参考図面が無料で 株式会社リーベ できるホームページを利用するのもアリです。 でも、図面ってなんだか難しそうですよね…。 DIYerなら分かっておきたいところ!図面を作るのもDIYでは大事だし、参考サイトのものも丁寧に作られてると思うよ。 DIY D : どうなっても・I : いいから・Y : やってみよう ではなく、しっかりと図面を作るのが大事だそうです。 アドバイス その1 DIYでも、DIYだからこそ、図面作製は綿密に。 木材選び 図面完成後、必要な木材を調達。 天然木と 人工木 樹脂木 の2種類があり、耐久性に優れているものや加工しやすいものなどがあります。 それぞれ利点があるので1つに絞るのは難しいかもしれません。 価格をおさえたい・長持ちさせたい・作りやすいものがいいなど、どんなDIYをしたいかで決めるのが1番だと個人的に思います。 そこで、それぞれの特徴をまとめてみます。 ドリルドライバー・インパクトドライバー ノコギリ・電動丸ノコ・ヤスリ 水平器・角度定規・サシガネ・スケール ビス・キリ 下穴用も このほかにも、電動工具を使うための 延長コードや 電源、ウッドデッキの設置場所を確保するために使う スコップなどがあります。 電源は家の外についているかもしれませんが、忘れがちなのが延長コード!ちゃんと準備しておかないと「工具まで届かない…!」なんてことに。 さらに、防腐のための塗料や基礎のための束石 つかいし も準備。 木材カット・目印に使うえんぴつなど。 ケガをしないための軍手も必要ですね。 玉石・コンクリート-ブロックなど。 束受け石。 ウッドデッキの場合、柱の下に設置されている石です。 正直、どっちでもいいよ。 ホームセンターで買うなら積み下ろしと運搬に自信がないと大変。 材料の追加は楽だけど。 ネットで買うなら運搬はとても楽だね。 でも、材料が足らなくなったら近場で買うことになるから、はじめから多めに注文しておくと良いかも。 余ったらテーブル・イスを作ればいいしね。 もしネットで買った塗料が不足して近場のホームセンターで買い直す場合、同じメーカーのものが売っていない時があるんだよ。 そうなると色味が変わっちゃうから、なるべく塗料は多めに注文しておきたいね。 アドバイス その4 ネットで買う場合は塗料を多めに注文しておく。 木材をカット 道具の準備ができたら木材を図面の寸法どおりにカット。 えんぴつで罫線を引いて、カットし終わったら消しゴムで消せるようにしておきましょう。 メジャーや サシガネを使ってまっすぐ丁寧に。 本数が多いのでとても疲れる作業ですが、正確にカットできていれば組み立てもスムーズにいきます。 アクが出る!ウリン 木材の種類 は雨に濡れるとアクが出て、カット中に地面が汚れたり色がついたりして大変~。 おがくずは特に注意だね。 アドバイス その5 電動丸ノコを使う場合木材から出るアクに注意。 木材を塗装 ウッドデッキは屋外にあるので、雨風にさらされて紫外線をよく浴びます。 シロアリの被害にもあう可能性があるので、 はっ水・耐久性・紫外線カット・防カビなどの効果がある塗料を塗っておきましょう。 特に、完成後なかなか塗り直せない部分 床板の裏面・根太・支柱 を中心に。 塗る前は、塗装面の 汚れ落とし・掃除・ヤスリがけが必要です。 塗る部分以外に塗料がつかないようにマスキングテープなどを使って 養生 マスキング することも必要。 上手に塗装するには、晴れた日・塗料のかくはん 缶を開けてよくかき混ぜる ・キレイな道具を使うのがポイントです。 塗料の残りはしっかりフタを閉めて直射日光を避けて保存しましょう。 切り口関係なく、かならず腐っていく。 長持ちさせたいなら、毎年1回全体的にまんべんなく塗り直しが必要だよ。 アドバイス その6 天然木は、毎年1回は塗り直さないと腐る可能性大。 ウッドデッキの作り方~施工~ 図面・材料・道具がそろったら、いよいよ施工開始です!準備したものを持ってウッドデッキを建てたい場所へレッツゴー! 基礎作り 土台・根太・柱 ウッドデッキDIYでもっとも難しい基礎作り。 でも、とても重要な工程です。 大まかな流れは以下のとおり。 詳しくはを参考にしてみてくださいね。 工程1 : まずは家側の基準を決める。 工程2 : 家側の基準となる1列に基礎石とポストを取り付ける。 工程3 : 外枠の根太を基準の1列に固定し、外枠を作る。 工程4 : 内側の根太を張り、残りの基礎石ポストを取り付ける。 工程5 : 大引2本を取り付け、基礎の完成! 引用元 : 引用日 : 2017年10月10日 その通り!だからこそ、大引・根太・束柱はしっかりと固めた方がいいね。 DIYで作る場合も【やり直し】なんてことがないように注意しないと。 アドバイス その7 基礎部分はやり直しが効かないと思え。 床板張り ウッドデッキ作成でもっとも楽しいのが床板張り。 基礎作りよりも簡単で、ウッドデッキの姿が少しずつ見えてくる作業です。 床板は、きっちり詰めて敷いていくのではなく 3~5mm間隔を空けていくのがポイント。 これは水はけ・通気性を良くして腐りにくくするためです。 反対に、間隔が大きすぎるとつまづいたり物が置けなかったりします。 だから3mm〜5mmがベストの隙間。 この隙間は、等間隔&水平になるように スペーサーを挟みながらビス留め。 また、ビス打ちをした部分が均一にうつくしく並ぶように、あらかじめ定規やえんぴつなどで印をつけておくと良いですね。 ビスは錆びないようにステンレス!外構施工なら当たり前のことだよ~。 アドバイス その8 ビスなど金属は錆びにくいステンレス製を使え。 完成! 床板張りが終われば一応完成!端の部分がバラバラで気になる場合は、丸ノコで一気にカットしてやすりをかけます。 1つのデザインとして、ステップやフェンスもつけられたらいいですね。 ウッドデッキを長持ちさせるには? ウッドデッキは屋外にあるので、雨・風・雪・紫外線・ゴミなどの影響を受けます。 色あせるので定期的に塗装し直したり、ゴミがたまるのでホウキや雑巾などでの掃除が必要。 天然木は腐っていくため、メンテナンスをしないまま放置しているとビスが取れてウッドデッキが壊れてしまいます。 「頻繁にメンテナンスなんて面倒だ!」という人もいますよね。 でも、せっかくの自信作をすぐに腐らせたくはない…。 そんなときは、使う材料や作り方を工夫して、ウッドデッキを長持ちさせてあげましょう! 父の話を聞いて、この木材や塗料を使いたいな~と思った商品を見つけたのでご紹介していきますね。 腐りにくい木材を選ぶ 1. Eee-Wood 引用元 : 引用日 : 2017年10月10日 耐久性の高い木材は、天然木のなかの「ハードウッド」だとご紹介してきましたね。 本物の木のぬくもりを感じられるのが特徴です。 反対に、樹脂製はプラスチックのようで安っぽさが目立ちます。 しかし、人工木の中にも天然木のような見た目をしているものがあります! それが、サーロジック株式会社の「Eee-Wood」。 Ever いつまでも長持ち ・Economy 環境にやさしい ・Economical リーズナブル の3つをそろえた人工木です。 主原料の1つに合成樹脂 高密度ポリエチレン が使われていて、天然木よりも腐食・色落ち・シロアリ・ひび割れなどの劣化が起こりにくい仕様。 新聞・雑誌などでも多く取りあげられている注目の商品!本物のウッドデッキが良いけど、防腐塗装や定期的なメンテナンスに自信がない人に向いています。 効果的に塗料を使う 1. U-OIL ユーオイル 引用元 : 引用日 : 2017年10月10日 もし、「どうしても天然木を使用したい!塗料で耐久性を上げたい!」という方がいるなら、こちらのU-OIL ユーオイル がおすすめ! 木材に塗料を塗るときは、事前にヤスリをかけたり掃除をしたりするのが必要だとお伝えしました。 腐食・色落ちなどウッドデッキを長持ちさせるのが目的ですが、 ニオイが強かったり素手で触ると肌が荒れたりするような塗料は使いたくないですよね。 また、なかなか乾かない…など、作業の効率が悪くなるものも極力控えたいものです。 株式会社シオンが販売する 「U-OIL ユーオイル 」は、赤ちゃんが触れても大丈夫だといわれるくらい安全性の高い自然素材の塗料。 「木と触れ合える、木をもっと楽しめる」がコンセプトで、低臭・安全・速乾性バツグンの塗りやすいのが特徴です。 さらにうれしいのが、全66色ものカラーがあること。 使いやすいだけでなく、さまざまなカラーで自分の作りたいウッドデッキが表現できます。 「ブラック」でちょっと黒めのかっこいいデッキや、「ワインレッド」で真っ赤の情熱的なデッキが作れそうですね!• DIYでも、DIYだからこそ、図面作製は綿密に。 DIYビギナーなら天然木より樹脂製がおすすめ。 天然木から樹脂製に張り替える人が多い。 ネットで買う場合は塗料を多めに注文しておく。 電動丸ノコを使う場合木材から出るアクに注意。 天然木は、毎年1回は塗り直さないと腐る可能性大。 基礎部分はやり直しが効かないと思え。 ビスなど金属は錆びにくいステンレス製を使え。 また、この機会にあらためて直接木材に触れたのですが、触ったことで、よりDIYのイメージもつきやすくなりました。 重たい木材や塗料を運んだり切ったりするのは1人では無理そうですが、組み立てるときはとても楽しそう!父、ありがと! ウッドデッキができると、暮らしの幅が広がります。 家の中とつながっているので、飲みものや食べものを運んだりトイレに行ったりするのがラク。 ウッドデッキができたら、 夫婦で、子供と、友だちと、楽しい時間を過ごしたいと思います。

次の

ウッドデッキの作り方。地縄張り・水盛り・遣り方のやり方とは?

ウッドデッキ 作り方

ウッドデッキの屋根の作り方 防犯面を気にしてウッドデッキには屋根を付けずにいましたが、やはり雨避け&日除けが欲しくなったので屋根をつけることにしました。 ホームセンターなどでハンドルをクルクル回して出し入れができるオーニングが売っていますが、安いものは突っ張り棒で地面と軒の間に 固定するタイプです。 残念ながら我が家は総2階のため、1階に軒がありません。 壁に直接取り付けるタイプは値段が張るし、 壁に穴を開けたくないので、デッキ上に自作することにしました。 <作業工程> ダイニング前の部分に作ります。 友人を招いてバーベキューをするときはここにコンロを置きます。 雨が降ったときはホームセンター で買ったタープを張って強行しましたが、やはり家との間から前がポタポタ…。 まあ、無理にやらずに中止すれば良いのですが、 せっかくの楽しみなので、多少の雨くらいで中止したくないわけです。 コンロを置く場所だけでも雨を気にしないでいられたら良いな、 と思ったのが設置のきっかけです。 今回柱に使用したのは9cm角のウエスタンレッドシダーです。 デッキ本体はウリンで作りましたが、長い角材は重いので立てるのが難しいため、 軽いソフトウッドの中では耐久性もあるウエスタンレッドシダーにしました。 ホームセンターで入手できるところもポイントです。 4mの長い角材をカットしてもらってきました。 1カット30円です。 やはり塗装は必須だと思います。 今回はキシラデコールという塗料を使用しました。 油性なので扱いは少し面倒ですが、耐久性にはそこそこの定評があります。 デッキより明るめの色を選択しました。 上の写真の左側が塗装部分、右側が未塗装部分です。 柱を立てる場所ですが、床板が微妙に反っていたのでディスクグラインダーで削って平らにしました。 本当はデッキの柱と一体で作ったほうが頑丈になるのですが、構造上難しいので床に乗せて固定することにしました。 真下にはデッキの柱があるので、床がブチ抜けて壊れることはありません。 柱はL字金具で固定します。 本当は専用の金具があるのですが、ホームセンターでは入手できず、仕方なくL字金具です。 柱の位置を決めたら柱と同じ9cm角の端材を仮置きしてL字金具を2つ床に固定します。 家側の2つは床に固定してしまうと柱にネジ止めできなく なるので先に柱に取り付けておき、柱を立ててから床に固定しました。 後付けの柱は強度に不安があるので、デッキ本体の柱と連結します。 そのために、手すりの一部を切り欠きました。 一度手すりを外し、ノコギリで切り込みを入れたあと、 ノミで削りました。 手すり側の柱は2本なので、もう1カ所も同様に切り欠いています。 こんな感じにT字の金具で屋根の柱とデッキの柱を連結しました。 下のほうでもう1カ所連結しています。 手すりの切り欠き部分にはめ込んで、金具で連結することで、前後左右に動かなくなりました。 水平器を使って、水平になるように取り付けます。 位置がズレて見えるのは柱の高さが違うためです。 雨を流すために、建物側のほうが少し柱が長くなっています。 柱の上部を半分切り欠いて乗せ、コーススレッドで固定しています。 何となく形になってきました。 垂木の固定には金具を使用しました。 台風などで屋根が吹き飛んでは困ります。 金具はホームセンターで入手できます。 垂木を乗せるとこんな感じになります。 雨のかからない場所なので塗料は塗りません。 ええ、ケチですとも。 垂木の上に、横向きに木材を乗せます。 5cmの赤松材です。 コーススレッドで固定したあと、 さらに針金を巻いて台風対策をします。 こんな感じになりました。 雨にぬれる部分なので塗装しています。 屋根の上に登ってみました。 屋根材の端っこはしっかり固定する必要があるので、 垂木と同じ向きにも赤松材を乗せて高さを合わせます。 屋根の上からです。 やっぱり高い所は怖い。 屋根材は透明のポリカーボネート波板です。 ポリカーボネートは塩ビよりも耐久性が高く、長持ちします。 端っこは風で吹き飛ばないように傘のついたネジで留め、それ以外は安い傘釘で留めました。 屋根の上に登って屋根材を貼っていきますが、最後の1枚は苦労しました。 梯子が掛かっているので、真っ直ぐ貼れません。 結局、少し曲がってしまいました。 デッキの手すり側じゃないほうは、やっぱり少しグラつきます。 屋根は透明で光を通します。 なので、屋根とは別に日除けを作ります。 別で作るからには、当然可動式です。 動かないなら光を通さない屋根材を使えば良いのです。 長さが調節できる便利なカーテンレールを買ってきました。 長い横向きの木材の下に取り付けます。 レールにぶら下げるのはシェードです。 ホームセンターで売っていたものですが、当然サイズが合いません。 ちょうど良いサイズに切断して端っこを丸めてミシンで縫い、中に農業用の支柱を通します。 実はこの屋根作りの全工程の中で一番しんどかったのが、この作業でした。 シェードは分厚いため、ミシンがなかなか思うように動きません。 買ったばかりの電子ミシンに何度もエラー表示をさせながら、何とか縫うことができました。 ぶら下がっている紐を引っ張って広げます。 広げて見るとこんな感じになります。 農業用の支柱を針金で留めています。 シェードの上はこんな感じになっています。 支柱とシェードを針金で固定し、その針金をカーテンレールについてる白いアレにつけます。 ちなみに、レールは2本つけてあります。 柱にこんな感じの金具を取り付けました。 そこに伸縮式の物干し竿を通すと、洗濯物が干せます!多少の雨ならしのぐことができます。

次の