厄除け のし袋。 玉串料ののし袋の書き方は?〜厄払い編〜

厄払い「のし袋・白い封筒」の書き方(表・裏・中袋)を詳しく!!

厄除け のし袋

突然ですが…「最近良いことないなー」「嫌なことが立て続けに起こるなー」、などと感じたことはありませんか? 出だしから暗い話になってしまうのですが、私はここ2ヵ月間で交通事故の被害に3度も合ってしまいました。 これは自分の不注意だけではなく、何か違う原因がある!と一人考えていたのですが、そんななか、頭に浮かんだのは 「厄」の一文字。 これは厄の仕業に違いない…厄払いをしよう!などと思い立ったのですが、そういえば・どうやってやるの?お金もいくらかかるのだろう?そもそも「」なんだろう?という疑問が浮かびました。 これまであまり気にしていなかったのですが、いざ自分の身に不運ばかりが続くと、気になってきてしまうのが人のさがというもの。 徹底的に自分の厄を落とすためにも、厄について調べてみることにしました。 「厄」とは何のこと?まずは厄年の年齢を知ろう。 厄とは一言でいうと、「災難」のことです。 自分に降りかかる災難のことを、先人は「厄病神」などの仕業と考え、それを防ごうとお祭りや行事などの対策を施してきました。 そして 「厄年」というのは特に災難が多く降りかかるとされている年齢のことです。 「厄年」は人生の転換期であり、運気が下がり肉体的にも精神的にも調子を崩しやすいとされています。 厄年は平安時代からあったといわれていますが、どちらかというと日本の文化や風習などの一環として伝えられてきました。 「厄年」とする年齢が定着してきたのは江戸時代以降。 地域によってその年齢にはバラつきがあるようですが、一般的にいわれている「厄年」は以下の年齢のことをさします。 一番注意の必要な「本厄」の前後の年が「前厄」「後厄」と呼ばれるもので、この捉え方はさまざまですが、一般的には「本厄」の前後だから注意しようというイメージです。 男性42歳、女性33歳が「大厄」と呼ばれており、数回おとずれる本厄の中でも、最も注意が必要な年齢とされています。 ちなみにこの表は2019年版ですが、2018年時点で私は平成5年生まれなので後厄となっていました…。 やはりあの事故は後厄の影響だったのでしょうか。 厄除け・厄払い 神社とお寺、どっちに行くのがいいの?ここまで厄年について説明してきましたが、その「厄」をよけたり落としたりするために行うのが「厄除け」「厄払い」です。 神社やお寺で受け付けているのですが、一体どちらに行くのが良いのでしょう。 詳しく分けていくと、以下のように分類されます。 ・神社=厄を払う(祓う)「厄払い」 ・お寺=厄から逃げる「厄除け」 結局はどちらも「災難を寄せ付けない」ということなのですが、「厄除け」「厄払い」では 祈祷 きとうの儀式内容に違いがあります。 神道にのっとり清める神社の祈祷儀式か、お寺で祈る 護摩祈祷 ごまきとうか、ご自分にあったものをお選びください。 厄除け・厄払いは立春までに行くのがベスト厄除け・厄払いに行く時期に関しては、 立春(毎年2月4日頃)までに済ませるのが良いとされていますが、地域によって違いもあります。 特に神社は地域で信仰されてきたものですので、住んでいる地域の習わしに沿うのも良いと思います。 ちなみに厄年じゃないけど不運続き…という方も厄払いに行っていいのでしょうか? これはもちろん大丈夫!厄年に関係なく、一年に一回必ず厄払いに行っているという方もいるようです。 厄年ではなくてもなんとなく嫌なことが続く、安心して一年を過ごしたいという方は、一度行ってみてもいいのではないでしょうか。 それでは次に、厄除け・厄払いにルールがあるのか?服装はどうするべきなのか?また、厄除け・厄払いの金額についてご説明していきましょう。 男性・・・紺や黒などの落ち着いた色のスーツ、またはジャケット 女性・・・スーツもしくは落ち着いた色のワンピース(柄物などは避ける) 多くの方はふだん着で行くようですが、なるべく軽装や露出の多い服装は避け、少しフォーマルな服装で行くことをおすすめしておきます。 特に注意したいのは、格式の高い神社ではあまりにもラフな格好だと受け付けてもらえない場合もあるそうです。 また、神社やお寺によっては礼服を指定しているところもありますので、不安な場合は事前にチェックをしていきましょう。 厄除け・厄払いの金額 最後に、気になる金額についても見ていきましょう。 神社・お寺に渡す 祈祷料 きとうりょうの金額は、同じ神社・お寺でも、祈祷後にいただくお札(ご祈祷符)の大きさや、祈祷の期間によって変わります。 3,000円〜、5,000円〜、7,000円〜といった 5,000円前後で設定されているところが多いようです。 ちなみに祈祷料は神社やお寺の社務所や受付にて申し込み時に納めます。 基本的にのし袋に入れる必要はないものですが、そのまま渡すのは気がひけるという方は、のし袋に入れて納めるといいかもしれません。 ですが実は 「厄」を「役」として捉える風習もあるそうです。 大役を担う・役目を与えられる年=チャンスの年だから成功を祈願してお参りに行こう、という考え方をすれば、ポジティブな気持ちで新年も迎えられますよね。 役者さんの中には「役を落としてしまう」という意味合いから、あえて厄払いにいかない人もいるのだとか。 ただ、前に述べた「厄年は人生の転換期」というとおり、肉体的にもいろいろな変化が起きやすい時期です。 それゆえに病気にかかりやすい時期なのかもしれません。 普段ご多忙の経営者様の中で大厄に近い方は、これを機に健康診断や人間ドックで気になるところを検査しに行ってみるといいのではないでしょうか。 今年も残すところ数日となりましたが、来年2019年は読者のみなさまにとっても「幸」の多い一年となりますようにお祈りいたします。 厄年にやってはいけないこと2020年の厄年、厄年の計算、数え方、子供の厄年、「厄年にやってはいけない」とされる結婚・引っ越し・転職・出産の対処方法、についてこちらの記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

次の

厄除け 厄払い 厄年に必要な祝儀袋 グッズ

厄除け のし袋

神社でお祓いをしてもらった際には、そのお礼として金銭を神社に渡します。 その謝礼金は神に感謝し神社に奉納する御供物でもありますから、きちんとした作法を守り納めることが大切です。 そういった時の為に、ここではまず、 お祓いの封筒の書き方について解説します。 表書き お祓いの謝礼の表書きについては、一般的に 「初穂料」や「玉串料」、「御礼」といった表書きが、使用されることが多いです。 「初穂料」と「玉串料」には若干の意味合いの違いがあります。 初穂とは、その年の最初にできた稲のことを指します。 昔は五穀豊穣の祈りを込めて、その年に最初にできたお米を神に奉納するという風習がありました。 現在ではそういった御供物を準備し奉納することは、生産の仕事をしている人以外は難しいので、その代替としてお金を神社に奉納するようになりました。 ですから、初穂の大体の品として表書きに初穂料と記載することになったようです。 初穂料という表書きは神社で行われる神事に対して幅広く使えます。 お祓いの謝礼としてだけではなく、御守りや御札を授かる際の謝礼としても使えます。 しかし、初穂は神からの授かり物に対する感謝の意が強いため、神道の葬儀で使うことは好ましくありませんので控えましょう。 玉串とは榊の枝に紙垂 しで を結び付けたもので、こちらも神前に供える御供物の一つです。 玉串は神の依代 よりしろ と考えられており、神と奉納者を繋ぐ御供物であるとされています。 玉串も奉納する一般人が自分で用意するのは困難である為、その代わりに玉串料として神社に金銭を奉納するようになったようです。 玉串料と初穂料の使い分けについては、どちらも幅広く神事において使うことができますが、初穂料は神道の葬式の際に用いるのはふさわしくないので、この場合は玉串料を用いましょう。 そして、御守りや御札を授かる際には玉串料は用いません。 こういった場面では初穂料と書くのがマナーです。 名前の書き方 続いて、熨斗袋 のしぶくろ の名前の書き方について解説致します。 熨斗袋の名前については、他の祝儀袋や不祝儀袋同様、水引を境にして 下段中央に奉納者の姓名を縦書きします。 会社名を入れて奉納する場合は正式社名と社長名を下段中央にバランスよく並べて配置します。 お宮参りや七五三といった我が子の健やかな成長を祈る神事には、両親の名前ではなく、その子供の名前を下段中央に書いてください。 のしはどうする? のしについて、祝儀袋の何を指しているのか、実ははっきりと知らない人や勘違いしている人も多いです。 のしは古来より、神への御供物は生物が基本であり、生物ではない物に対しても、その包装の表面の右上に鮑を薄くのして干したものを生物と象徴して貼り付けられたことが由来です。 現在では本物の干し鮑を貼り付けることはありませんが、熨斗袋にも熨斗紙にも右上にのしが印刷されていますよね。 神事には基本的に 紅白の蝶々結びの水引がついた熨斗袋をしようすることがマナーです。 中袋のみの場合 初穂料や玉串料については熨斗が貼られていなくても問題ありません。 水引や熨斗がない場合には、表書きに名前は書かず、 裏面に住所と名前を一緒に並べて左下に書きます。 白封筒の場合 白封筒で謝礼を渡す際には、 封筒の表面の上真ん中あたりに「御初穂料」と書き、その下に奉納者の姓名を記載します。 ちなみに、額面についても裏面に記載するのが一般的です。 お祓いのお金の包み方 葬儀の香典や結婚式の祝儀のように、祈祷料金についても費用相場があります。 ここでは費用の相場から始まり、 お金の取り扱いの実際の作法についてご紹介します。 金額相場 お祓いの祈祷料については、神社によって様々ではありますが、一般的な目安として個人がお祓いを受ける場合、基本的に 5000円~1万円が相場です。 しかし、神前結婚式や地鎮祭については相場は高めとなっております。 神前結婚式は代替10万円くらいからが目安です。 地鎮祭は2万円~5万円くらいが相場となっております。 お札の入れ方 初穂料や玉串料といった謝礼を熨斗袋に包む際、お札の入れ方は封筒の表面にお札の表面である人物が描かれている面がくるようにします。 そして、 人物の部分を封筒の上に来るようにして入れます。 お祓いとは神前で行う神聖な儀式です。 古いお札やクシャクシャのお札では神様に対して失礼な気持ちになりますよね。 ですから、お札はできれば新札を用意しましょう。 渡す時 渡し方のタイミングについても、神社によって多少違いがあるでしょうが、一般的には 祈祷申込書と一緒に渡すのが通例とされています。 そして、渡すときは熨斗袋をきちんと袱紗 ふくさ に包んだ状態で取り出し、それから、祈祷申込書と一緒に出すようにしましょう。 地鎮祭では渡した祈祷料を御供物として祈祷時に祭壇に供える為、事前に渡しておかなければならないこともあります。 「終活ねっと」では他にも様々な記事を紹介しています。 お祓いの費用についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。 人は人生で大きな決断をしなければならない時や、良くないことが起きたり続いたりしている時にお祓いをして、身も心も清められようと考えます。 ここでは神前で受ける祈祷について、いくつか紹介しながら、それらの お祓いをする理由についても解説していきます。 厄年 厄年とは人生において、病気や災難などの悪い出来事に遭いやすい年のことです。 悪い出来事が起こると言われても、 具体的に何が起きるかわからないから気を付けようがない、と不安になる方も多いです。 厄除け祓いをして、そんな得体のしれない不安を拭い、健やかに過ごそうと誰もが厄年にはお祓いを受けるのです。 新車 新車購入は人生の中で住宅購入に次ぐ大きな買い物です。 そして、車を買えば当然、それを乗って出かけることも増えるでしょう。 そこで、誰もが多少なりとも 事故したくない、しないようにしようと気にかけるでしょう。 そのようなことが起きないようにと身を引き締める気持ちから、納車時にはきちんとお祓いをしてもらい安全祈願を行います。 七五三 自分に子供ができれば、誰でもその健やかな成長を願います。 そして、昔は子供は七つまで神の子であり神様からの預かりものと考えられてきました。 そのことから七歳までの節目節目に神社に参拝し、この先の 健やかな成長を祈願するために七五三参りします。 引っ越し 引っ越しとなると、入居先の 土地がもつ気や以前の居住者の気配や家相といったことが気になり、悪いものであったらどうしようと気にしてしまうこともあります。 また、方角等にこだわる人からすれば新居が悪い方角であればそれだけで不安にかられます。 それだけでなく、引っ越しというのは人生の節目の一つであり新しいスタートでもあります。 信心深い人の中には、その新しいスタートを清々しいものにするために、引っ越し時にはお祓いをしもらおうと考える方も多いです。 結婚式 結婚も人生の大きな節目ですね。 愛する伴侶と新しい家族を作っていくために、これまでの二人の穢れを祓ってもらうために、神前結婚式では必ず、お祓いをしてもらいます。 「終活ねっと」では他にも様々な記事を紹介しています。 引っ越しの際のお祓いについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。 神社では厄除け、安全祈願、家払い、七五三参り、安産祈願と人生の節目に応じたお祓いが行われる• 御祈祷料は紅白の蝶々結びの水引を用いた熨斗袋、もしくは白封筒を使用する。 表書きは「お玉串料」または「初穂料」と書き、袱紗に包んで祈祷申込書と一緒に渡すのがマナーである• 厄年、新車購入、引っ越し、結婚式といった人生の節目には、人生の中での節目となる変化につきまとう不安を払拭して清々しい気持ちでその後の人生を送る為に、お祓いが行われる• お寺での祈祷はお祓いとは言わず、加持という。 加持祈祷の謝礼については白封筒を使用し、表書きにはお布施と書いて渡すのがマナーである これからの人生の節目でお祓いを受ける際に、この記事の内容を参考にしていただければ、迷うことや慌てることなく清々しい気持ちでお祓いを受けることができるでしょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

厄除け(厄祓い)の初穂料(お金) のし袋に入れる必要あるの?|初穂料どっとこむ

厄除け のし袋

この記事に書かれていること• 初穂料ののし袋の表書きの書き方 まず初穂料ののし袋の表書きの書き方ですが、 水引の上側に「初穂料(はつほりょう)」もしくは「御初穂料(おんはつほりょう)」と書きます。 水引より下の部分に厄払いを受ける人のフルネームを書きます。 初穂料ののし袋の中袋の書き方 初穂料ののし袋の中袋の書き方ですが、まず中袋の表に初穂料の金額を書きます。 このときの金額の書き方は 「金〇〇円」です。 金額の前に金と書きます。 ちなみにこういったのし袋等の金額は「難しい漢数字」を使うようになっています。 以下に難しい漢字一覧をまとめましたので、書く時は確認してくださいね。 中袋の裏の書き方は、裏の左下に住所と氏名を書くようにします。 初穂料ののし袋の水引は? 初穂料ののし袋の水引は、赤白の蝶結びです。 厄払いなので、結び切りだったり白黒でないといけないかと思いがちなのですが、厄払いは特に不幸なことではないので赤白の蝶結びを使用します。 神社によってはのし袋に入れないこともある 初穂料を神社に納める時なんですが、実はのし袋で渡さないこともあります。 これは神社によって異なり、大きい神社などでは 特に封筒には入れず受付で現金をそのまま渡すことがあります。 大きな神社になると人が大勢来るので、それでないと対応できないことがあるのです。 また、神社によっては のし袋ではなく白封筒に入れるという場合もあります。 自分が厄払いに行く神社がどのような方式をとっているのか、事前に電話してチェックするのが1番良いのですが、もしサイトなどがあるようであればそちらに書いてある可能性もあります。 厄払いに行こうと思っている神社は大体決まっていると思うので、事前に確認してみてくださいね。 スポンサーリンク 初穂料のお札の入れ方は? 初穂料のお札の入れ方は、表から見て肖像が見える方向、お札を出すとすぐに肖像が見える方向で入れます。 これは中袋があるのし袋でも、中袋なしの封筒でも同じことです。 初穂料の外包みの裏の折り方 外包みの裏の折り方についてなのですが、先に上を折って、下を最後に折ります。 弔事は最後に上を折るので気を付けるようにしましょう。 覚え方は 慶事ごとなどは下から上に万歳しているようなイメージ。 弔事ごとは上から下に頭をうなだれているようなイメージで覚えておくと折り方を覚えやすいです。 まとめ 初穂料ののし袋は 赤白の蝶結びの水引のものにします。 表書きの上段には「初穂料」もしくは「御初穂料」と書きます。 その下に厄払いを受ける人のフルネームを書きます。 中袋の表には 金〇〇円 と金額を書き、中袋の裏には左下に住所と名前を書きます。 お札は表から肖像が見えて、お札を出すとすぐに肖像が出てくる方向で入れます。 神社によっては、裸の現金で初穂料を渡すところ、白封筒に入れて渡すところ、のし袋に入れて渡すところがありますので、こちらは事前にチェックした方が良いでしょう。

次の