フェデラー 最強 説。 レンドル最強説&フェデラー最強説

フェデラーのフォアハンドって手打ちなの?真似する時は要注意!

フェデラー 最強 説

新しい 【フェデラー最強説】は このページのデータは2007年末のままとなっています。 当サイトは、 レンドルを始めとする 引退選手をメインに扱っている。 しかし、このような データ分析ページの場合、やはり 現役選手も扱っていかないと、 内容もストップしてしまうし、面白さにもかけることになるだろう。 特に最近は、 ロジャー・フェデラーがどんどん記録を塗り替えているため、 リアルタイムでデータ変化を見ていくのも悪くないように思う。 私にとって、 レンドルはたしかに 永遠のヒーローだが、 それ以上の記録を残す選手に現れてほしくないということではない。 むしろ、大選手たちの記録を知っているからこそ 新たな記録が生み出されたときにそれを賞賛することが出来るのではないだろうか。 いつの日か、 【フェデラー最強説(仮)】の (仮)が取れて、 【レンドル最強説】のほうに (旧)とかがつくようになるかもしれない。 その様をじっくりと見届けていくのも、今後の楽しみの一つだといえる。 【ニューボールズ】 西暦2000年になると、男子テニス界には、次々と若い選手が台頭してきた。 マスコミはそれら若い選手たちを 「ニューボールズ」と呼んだ。 ここではそれら将来を嘱望される選手たちのうち、80年代の生まれでランキング1位経験のある5人 フェデラー、ヒューイット、ロディック、サフィン、フェレーロ と、2005年に大ブレークした ナダルを加えた6人を取り上げることにした。 候補: ナルバンディアン、ガスケ、マレー、バグダティス、ジョコビッチ等 該当選手の主なデータを一覧表にした。 歴代記録との比較や、 より詳細なデータなどは、 メインページや、その中の を参照。 ヒューイットと ロディックも互角の争いをしており、抜きつ抜かれつの展開を見せている。 2006年初めまで2人が フェデラーより上だったのというのは意外なデータであろう。 それにしても サフィンの勝率はいまだに低迷を続けている。 歴代の1位経験者では、 ラフターの65. ・ 《グランドスラム成績》 (2007年全米終了時点) 名前 勝 敗 勝率 優勝 フェデラー 138 22 86. 特にここ数年の成績は際立っている。 生涯勝率ではまったく振るわなかった サフィンがここでは健闘している。 むしろ、この選手の力から言えば生涯成績のほうが低すぎるのだが。 ナダルは今後他のグランドスラムでの活躍にも期待したい。 《グランドスラム早期敗退率》 (2007年全米終了時点) 名前 出場数 敗退数 敗退率 フェデラー 34 10 29. さすがにどの選手も先人たちの数値には遠く及ばない。 ナダルもこれからの選手なので今後の数値を楽しみにしたい。 気がかりなのは サフィンと フェレーロで、集計のたびにガンガン数値を悪化させている。 グラスコートでも フェデラーが文句なしの1位。 クレーコートでは ナダルが際立つ勝率をみせている。 現在 カーペットで行われる大会は数少ない。 特に ナダルは2勝6敗という数字なのであまり参考にならない。 この選手も集中力、精神力で戦う選手なので納得できる結果だ。 他に秀抜な数値を残しているのが サフィンだ。 試合に集中せずに敗退してしまうことの多い サフィンだが、さすがに5セット目ともなれば集中しきっているということだろうか。 因みにこれまでの歴代記録は、1位が ボルグ(28-4 85. 今後更に多くを期待したいが、そのためには特に不調が続いている フェレーロ、サフィンの奮起を願いたい。 【折れ線グラフ】 フェデラーの数値の上昇度合いを折れ線グラフで表してみた。 《年度別生涯勝率》 このページで取り上げてる ニューボールズ6人の勝率の移り変わり(2000年以降)。 フェデラーが ヒューイットと ロディックをじわじわと追い上げてきたのがわかる。 そして ナダルの急激な伸び! 《生涯勝率2005年以降》 フェデラーの2005年以降の細かい変化を3ヶ月単位で表したもの。 こうして見ると コナーズと サンプラスの間に随分大きな差がある。 フェデラーの数値はいよいよ コナーズに接近してきている。 《グランドスラム勝率》 トップの ボルグと、 フェデラーのアイドルである サンプラス、ベッカーを比較対象に選んだ。 生涯勝率以上の伸びを見せている。 サンプラスを抜き去った フェデラーの成績は見事と言えるが、 更なる高みにいる ボルグという選手は一体どれほど勝ち続けていたというのか。 《コート別勝率》 2000年以降の フェデラーのコート別勝率 試合数が多く、勝率のメインといえる ハードコートで安定した伸びをみせているのがさすがである。 ただし、ウィンブルドン連覇を開始した2003年からは グラスコートが最も得意なコートになっている。 現在最も勝率の低い カーペットだが、始めの頃は最も高かったというのが面白い。 ただし、別に苦手としているわけではないので今後再逆転もありうるだろう。 【現役選手暫定ポイント】 当サイトの では 現役選手は対象になっていない。 しかし、今の時点で 現役選手を強引に当てはめていくと どのような 順位になるのだろうか。 ここでは、その 暫定順位を算出してみたいと思う。 ポイントは、例えば1位と2位の間だったら 「9. 5」とし、 1位と2位の間に2人いたら 「9. 5」「9. 25」、 3人いたら 「9. 75」「9. 5」「9. 25」のように割り当てていくこととした。 厳密にポイントを割り当てれば多少の変化もあるかもしれないが、 暫定ということでご勘弁願いたい。 そしてその結果が以下の表である。 【暫定総合結果】 (2007年終了時点) 青色表示の選手は1968年以降の成績 名前 ポイント 1 レンドル 138. 00 2 コナーズ 129. 00 3 マッケンロー 123. 00 4 ボルグ 115. 00 5 フェデラー 106. 00 6 サンプラス 99. 00 レーバー 86. 50 7 アガシ 63. 00 ニューカム 59. 00 アッシュ 57. 25 8 ベッカー 56. 00 9 エドバーグ 51. 00 10 ビラス 51. 00 ローズウォール 47. 50 11 ナダル 37. 00 12 ヒューイット 24. 50 13 ロディック 23. 50 14 ビランデル 22. 00 15 ナスターゼ 21. 00 16 ムスター 15. 00 17 ジョコビッチ 15. 00 18 シュティッヒ 12. 00 19 ゴメス 10. 00 20 バグダティス 10. 00 21 ゲルライティス 8. 00 22 クーリエ 7. 00 フェデラーがサンプラスを上回った。 もう驚くことではないのかもしれない。 現役選手のデータの多くに関しては コート別勝率など、 今後大きく変化する値が入っているので参考程度にしかならないのは事実だろう。 それでも ナダル、 ロディック、 ヒューイットの3人は フェデラーほどではないとはいえ 歴代の選手たちと比べても遜色のない場所まで来ているという見方をしても問題はないように思える。 ジョコビッチと バグダティスに関してはそれぞれ タイブレークと カーペット勝率で稼いだもので まだまだ実績どおりのランクインとはいえない。 このページに対するご意見等は まで。

次の

フェデラー VS ナダル ~史上最高のライバル~【徹底比較】

フェデラー 最強 説

2018年1月に全豪オープンで優勝し、同時に男性プレーヤーとして史上初のグランドスラム20勝目を達成したロジャー・フェデラー選手。 さらに2月には世界ランキング1位を奪還。 36歳で世界ランキング1位となるのは史上最年長だ。 今世紀最強、あるいは過去100年間で最強とも評されるフェデラー選手の知られざる10の事実をここで明かそう。 2007年にスイスポストから、2010年にはオーストリアポストからも(!)、彼の特別記念切手が発行されている。 ちなみにスイスの人物切手は偉大な功績を残した故人に限られ、存命中の人物が切手に描かれるのはフェデラーが初めて。 2.パスポートを2つ持っている フェデラーの父・ローベルトはスイスのザンクト・ガレン州ベルネックの出身、母・リネットは南アフリカのケンプトン・パーク出身。 ローベルトは1970年頃、南アフリカでリネットに出会い、二人は1973年に結婚。 その後、スイスに移り住んだ。 フェデラーはスイスと南アフリカの両国籍を持ち、この二つのルーツを誇りに思っている。 現在の住まいもバーゼル=ラント準州のボットミンゲン Bottmingen。 ancestry. comによると、この名前は従来、羽や羽根ペンを扱う商人や家具職人が使った職業姓とのこと。 これはとても珍しい名字で、forebears. ukによるとこの名字を名乗る人は世界で 3,409人しかおらず、うち423人がスイスに住み、706人がドイツに、937人がアメリカに住んでいると言う。 フェデラーの母は英語を使い、スイスドイツ語とドイツ語は彼が育った地域の言葉だ。 フランス語は、彼が14歳の時にスイスのフランス語圏エキュブラン Ecublens にあるナショナルテニスセンター近くに移り住んでから習得した。 彼の両親は二人とも熱心なテニス選手でフェデラーが幼い頃から試合に連れて行ってはいたが、幼い頃のフェデラーはサッカー少年で、周りもサッカー選手になるものと思っていたほど。 12歳の時、テニスに専念するためにサッカーを辞めたが、今でもサッカー好きで地元チーム FCバーゼルの大ファン。 7.兵役を免除されている 出典: CC0 フランスの新聞Le Matin紙によれば、フェデラーはスイスでは強制である兵役を免除されている。 フェデラーも例外ではなかった。 ちなみにフェデラーが兵役免除になったのは彼が特別な存在であるからではなく、「腰痛」が原因だとか! 8. 身長は185cm 出典: CC BY 2. 0 テニス選手は背が高すぎると迅速に動けない。 が、パワフルなサーブを打つためにある程度は身長がないといけない。 ラファエル・ナダル選手は185cm、ノバック・ジョコビッチ選手は188cm。 元チャンピオンのボリス・ベッカー選手は190cm、アンドレ・アガシ選手は180cmだった。 双子2組の親である! フェデラーは、テニスのスイス代表選手であった「ミルカ」ことミロスラヴァ・ヴァヴリネックと2009年に結婚。 二人の間には同年に双子の女の子が、2014年には双子の男の子が生まれている。 4人の幼い子供を持ちながら世界トップの実力を維持するのは並大抵のことではないが、フェデラーはそれを成し遂げている。 マネージャーも務めるミルカと4人の子供達はフェデラーを支える必要不可欠な存在だ。 ヴァイオリンは弾けないが・・・ これはスイスで毎年行われるルツェルン音楽祭のコマーシャル。 ご覧のとおりヴァイオリンには馴染みがなさそうなフェデラーだが、ピアノは幼い頃から弾いていて、フルートでは音楽祭にも出演するなど音楽愛好家でもある。 テニス界の「生ける伝説」となったロジャー・フェデラー。 コート内外での活躍がこれからも見逃せない。 参照:上記情報の一部は以下の書籍を参考にしています。

次の

生涯成績

フェデラー 最強 説

photo by フェデラーのフォアハンドは ツアーでもひときわ異彩を放つ、芸術的なフォアハンドですよね。 フォアハンドのテイクバックの動きも滑かで、スイングもかなりスムーズ。 効率よく加速させたラケットは見た目以上のトップスピンを生み出します。 ところで、フェデラーのフォアハンドの特徴として、 体にラケットを巻き込んでフィニッシュする癖がありますよね。 この動き、初心者からみると「え、フェデラーってなんか手打ちじゃない??」って思う方も多いようです。 大抵の方はお分かりかと思いますが、結論から言うと彼が全てのボールを手打ちで打っていたならば、ツアーでは瞬く間に故障してしまうでしょう。 確かに追い込まれた場面等、特殊な状況では腕力をメインに打つ場面はあるのですが、大半のボールは、体幹を使ってボールを打っています。 フェデラーは誰もが憧れるスイング。 だからこそ初心者は変に真似して故障しないように気をつけてほしいところ。 今回は「フェデラーのようなストロークを打ちたい!真似したい!」という方にも気を付けて欲しいポイントを書きます。 ストロークにおいても重要な事を書きますので是非ご参考下さい! スポンサーリンク 懐にしまうフォロースルーばかり意識すると手打ちになる フェデラーのカッコ良いフォアハンドはフォロースルーが特徴的。 基本は体に巻き付けるようにフィニッシュすることが多いようです。 しかし、この真似は意外と危険。 初心者が真似すると打った後にすぐにラケットを畳み込むようにスイングしてしまいます。 実際、フェデラーは短い球をすくい上げる時はそのようなスイングで打ちますが、ニュートラルの場合はしっかり前に押し出すようにスイングしています。 動画を見たほうがイメージしやすいと思いますので、こちらの動画を紹介します。 essential tennis様提供動画 恐らく練習のアップと思われる動画で、腰の高さのなんの変哲の無いボールを打っています。 注目してほしいのがフォロースルーの右肩。 1つ、体幹スイングを証明するポイントは右肩が出てくるか出ないかです。 いわゆる初心者の手打ちプレーヤーはこの右肩越しのフィニッシュがない方が多いですね。 関連記事: 右肩が出ないと推進力が足りずに回転ばかりが掛かる薄い当たりになります。 いわゆる軽いボールになってしまいます。 しっかりとショルダーローテションを行うことを忘れないでくださいね。 関連記事: フェデラー打ちを真似するときはボール三個分の押し出しを意識して フェデラーのフォームはフォアハンドの運動連鎖ができていないプレーヤーにとっては、手打ちを誘発させてしまう可能性があります。 どうしても手打ちを防ぐ方法が分からない!でもフェデラーの真似をして打ちたいという人は インパクトの時にボール三個分くらいを押し出すようなイメージでストロークを打ってみましょう。 このボール三個分の感覚があればインパクト後にすぐにラケットを畳み込むようにはならないはず。 またスイングが線のスイングになるため、ボールが安定してヒットできるようになるというメリットもあります。 関連記事: フェデラーの巻き込むようなスイングに憧れてもボールの当たりはしっかり確保することを心がけましょう! スポンサーリンク まとめ 今回はフェデラースイングを真似する際の注意点について書きました。 ボール三個分押し出すことをイメージ! 以上です。 ちなみに、僕個人の意見としては、トッププロの真似をして打ってみるのって結構良いんじゃないかなって思います。 ロディックのサーブなど、ダイナミックすぎるのはNGですが、クセの無いフォームの選手動画を見て自分で真似てみると意外と良いイメージが作れたりしますからね。 なによりも楽しく上達するのが一番ですね! 今日はこの辺で。 それでは!.

次の