昭和 57 年 500 円 玉。 昭和50年の5円硬貨の価値はノンレアコイン!発行枚数970,000,000枚

【500円硬貨買取】全種類の500円玉の買取相場一覧(画像有り)

昭和 57 年 500 円 玉

で令和発行予定バイカラークラッド硬貨の情報へスクロールします! 500円玉というと1. 通常硬貨として発行された「2種類」、2. 記念硬貨として発行された「19種類」、3. 地方自治法施行60周年記念硬貨「1種類」、 の合計22種類が発行されています。 このページでは記念硬貨も含めた「22種類全ての500円硬貨」かつ「全年代」の買取相場を一覧で紹介していきます。 画像つきで紹介していますので、手元に名前のない500円硬貨をお持ちの場合も照らし合わせて探してみてください。 他の額面の硬貨に関しては次のページも参考にしてください。 このページでは説明するのはあくまでも500円硬貨の目安の価値や買い取り相場ですので、先に500円硬貨の買取価格を正確に知る方法をご紹介します。 それは、古銭買取業者にメール査定を依頼する事です これだけで専門家に500円硬貨を査定してもらえます。 500円硬貨は写真があればほぼ確実な査定が可能ですので、問い合わせフォームから写真を添付して送れば、すぐに買取価格は明らかになります。 500円硬貨は状態によって価値が大きく変動しますので、正確に知りたいと言う方であればメール査定が価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです! 特に、価値の高い500円硬貨をお持ちであれば、複数の古銭買取業者にメール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。 このページで説明する500円硬貨の種類の一覧は次の通りです。 また、「500円硬貨の状態」や「エラー銭」についても併せて紹介しています。 発行順:通常硬貨の500円硬貨一覧リスト• 発行順:記念硬貨の500円硬貨一覧リスト• その他500円硬貨一覧リスト• 令和3年に新しく発行予定の新500円硬貨の「バイカラークラッド500円硬貨」です。 現行貨幣と図柄・直径サイズは同じ、量目 重量 は0. 1g上がり、偽造防止効果を高める目的でもある 「2色3層構造のバイカラーデザイン」が最大の特徴です。 実は2008年から発行されていた「」と品位・サイズ・量目が全く同じ、かつバイカラー技術で鋳造されているので、 に今の500円硬貨のデザインが乗っかる形で発行されると思います。 気になる今後の買取相場予想についてですが、後述のリストのように、初めて500円硬貨が発行された「昭和57年の未使用でも買取相場は額面通り」、初めて発行された「昭和62年のプルーフ硬貨でも買取相場が800円」、「現行貨幣の500円硬貨は買取価格は500円を超えない」事を考えると、 令和発行予定「バイカラークラッド500円硬貨」の買取価格は20年後になっても上がる期待はできません。。 まずは前置きとして、エラーでもない通常の500円硬貨の買取相場についてを紹介します。 新500円硬貨の買取相場ですが、前述にもあるように 買取相場が500円を超えることはまずないので、買取自体断られると考えて構いません。 一方で、旧500円硬貨の買取価格相場ですが、こちらも前述にある通り、新500円硬貨と同様にほとんどが買取を断られるような買取価値になります。 例外として、 「昭和62年」と「昭和64年」に発行された旧500円硬貨は発行枚数が比較的少なかった事から、 プルーフか完未品であれば額面以上の価値・買取相場が見込めるくらいです。 ですが、 新旧500円硬貨共に【エラー銭 エラー硬貨 】であれば、古銭買取においてもかなり高額な買取相場が期待できます。 500円玉で紹介するエラー硬貨の買取情報は以下の種類が挙げられます。 エラー500円硬貨「角度ズレ硬貨」.

次の

500円玉の重さとレアな価値があるプレミアの存在とは?

昭和 57 年 500 円 玉

プレミア価値の付いている硬貨として有名な、昭和62年・64年の500円玉。 現在お手持ちの方は、 「どれくらいの買取価格なんだろう…」 こんなことを考えている方も多いと思います。 昭和62年の500円玉の買取価格は、およそ 800円ほど。 昭和64年の500円玉は、 1000円〜1200円ほどで買取されています。 この相場を見ると 「そこまで値段も高くないし、手元に置いておこうかな…」と感じてしまうかもしれませんね。 ですが、今売らずにいると損をしてしまうかもしれません! 実は、年々 古銭や記念硬貨の価値は下がっています。 高齢化で収集家が年々減っており、今以上の 価格の高騰は見込めないでしょう。 あの時売っておけばよかった…と後悔しないように、早いうちに現金に換金するのがオススメです。 そこで今回は、 昭和62年・64年の500円玉の概要や買取相場をお伝えします。 高額買取が期待できる業者を紹介しているので、ぜひ最後までお付き合いください! 昭和62年・昭和64年の500円玉の買取価格表 硬貨 買取価格 昭和64年 500円玉 1000〜1200円 昭和62年 500円玉 800円 表をご覧のとおり、昭和62年の500円玉は800円、昭和64年の500円玉は1000〜1200円ほどで買取されています。 昭和63年には約1億4800万枚以上発行された500円玉ですが、昭和62年の発行枚数は 280万枚とかなり少ないです。 流通量が数が少ないので、その分高値で取引されています。 昭和64年の500円玉も、発行枚数が1604万枚と昭和63年の 9分の1。 さらに、わずか1週間で終わってしまった年ということもあり、コレクターから人気の硬貨なんです。 未使用品であったり、収集用にプルーフ加工されている硬貨の場合、さらに買取価格は上がります。 まずは一度専門の買取業者に査定してもらうのがオススメですよ。 ただ、一口に業者といっても数が多く、サービスや買取額は さまざま。 調べずに適当なところで売ってしまうと、損をしてしまうかもしれません。 そこで今回は、 大手買取業者の査定実績や評判を徹底比較。 もっともオススメの買取業者を、さっそく確認していきましょう。 他サイトと比べて古銭の 査定実績が豊富で、より高額な鑑定が期待できますよ。 月間2万件以上の問い合わせ数を誇り、経験を積んだスタッフが しっかりと価値を見定めてくれるんです。 無料で出張買い取りをおこなっているので、家にいながら査定ができますよ。 買取プレミアムは当サイトでも人気No. 1の注目業者。 昭和62年・昭和64年の500円玉は、 買取プレミアムに買取を以来すれば間違いありません! 新型肺炎の影響もあり査定をためらっている方もいらっしゃるかもしれませんが、買取プレミアムでは依頼者の許可を得てマスクなどの着用を徹底しています。 対策を行っているので、安心してご活用ください。 昭和62年・昭和64年の500円玉の買取をお考えのすべての方へ 最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。 昭和62年・昭和64年の500円玉の買取相場と、オススメの買取業者をご紹介しました。 「汚れとキズがあるから、もしかしたら買い取ってもらえないかも…」 「1枚だけだし、わざわざ査定に出すのは面倒…」 ここまで読んでいる方は、こんな風にお考えかもしれません。 ですが、昭和62年・昭和64年の500円玉はとにかく 発行枚数が少なく希少性が高いため、キズや汚れがあっても 充分に買取が期待できますよ。 他の買取業者では買い取ってもらえなかった古銭も買取プレミアムは積極的に査定してくれるので、まずは一度査定に出してみることをオススメします。 また、買取プレミアムの出張査定は 全国どこでもおこなっています。 各地に支店を構えており、最短で 即日対応してくれるんです。 もちろん、出張料や査定に 料金はかかりません。 鑑定後はその場で 現金支払いしてくれますし、金額に納得いかなかった場合は 断ることも可能です。 買取プレミアムに査定を依頼して損をすることはありませんし、他社よりも高額な値段で買い取ってくれるので、ぜひ査定を申し込んでみるのがオススメですよ。

次の

五百円硬貨

昭和 57 年 500 円 玉

昭和64年硬貨の価値・価格 それでは、さっそく昭和64年硬貨の価値・価格について見ていきたいと思います。 一週間しかなかった昭和64年・・・果たしてその短い期間に作られた硬貨はいくらの価格がつくのでしょうか? 各硬貨の発行枚数 まずは、昭和64年に発行された硬貨の枚数についてみていきます。 1円玉・・・1億1610万枚(昭和63年の約10分の1)• 5円玉・・・6733万枚(昭和63年の約6分の1弱)• 10円玉・・・7469万枚(昭和63年の約8分の1)• 50円玉・・・発行されていない• 100円玉・・・発行されていない• 500円玉・・・1604万枚(昭和63年の約9分の1) とそれぞれなっています。 一番よく使うイメージの100円玉と、その一つ下の額である50円玉は実は1枚たりとも発行されていないんです。 ですので、昭和64年硬貨は1円玉・5円玉・10円玉・そして500円玉のみとなります。 これは、1・5・10円玉の発行枚数との兼ね合いから、偶然にも50円玉と100円玉の発行が3月を予定していたためだそうです。 とはいえ、 一週間しかなかった事を考えると劇的にその枚数が少ないというわけではありません。 さて、この微妙な枚数を刻んでいる昭和64年硬貨、その価格はいったいどれくらいとなっているのでしょうか。 次はいよいよ気になる価値・価格についてみていきます。 各硬貨の価値・価格 さて、気になる昭和64年硬貨の価値ですが、以下のようになっています。 1円玉・・・3円~• 5円玉・・・7円~• 10円玉・・・12円~• 50円玉・・・発行されていない• 100円玉・・・発行されていない• 500円玉・・・600円~ となっています。 ・・・微妙ですね 笑 しかも気づいた方もいるでしょうが、 今書いたのは各硬貨の価値です。 これまで、なんとなく昭和64年硬貨は高いと思っていた方、残念ながら価格は変わりません・・・ プレミア価格がつく硬貨 とはいえ、ここまで書いておいて結論が 昭和64年硬貨は価格は一緒です!! 改めて調べてみましたところ、やはり未使用の場合にその価格が跳ね上がるようです。 それぞれの未使用価格を並べてみました。 1円玉・・・50円• 5円玉・・・100円• 10円玉・・150円• 50円玉・・・発行されていない• 100円玉・・・発行されていない• ちなみに、 使用済み昭和64年硬貨の中でも500円玉だけは若干価格が上がる場合も。 上では600円と書きましたが、保存状態が良ければ使用済みの硬貨でも800円ほどの値がつくこともあるそうです。 更に、皆さんの手持ちのお金が思わぬ価格の硬貨となる場合も・・・ それが、 変形した硬貨 です。 実は、極まれにではあるものの、 硬貨の形が通常のものと異なる場合があるんです。 今まで報告があったのは• 穴がない5円玉・50円玉• 穴が真ん中以外の位置にある5円玉・50円玉• 模様の印刷ずれがある硬貨• くぼみ・へこみがある硬貨• 形が変形している硬貨 です。 これらの硬貨は昭和64年に限らず、すべての年代に存在している可能性のあるものです。 そのどれもが当然お金としての価値はないのですが、 ヤフーオークションなどで数千円から数万円、中には数十万円で取引されているものもあります。 凄すぎです・・・ どこにでも希少価値の高いものを求める方は多いもの。 もし変わった硬貨を見かけたら、一度ヤフオクに出品してみてはいかがでしょうか? 希少価値のある硬貨も一挙紹介!! 折角ですので、 昭和64年に限らず他の年代の硬貨についても希少価値の高いものを紹介していきます。 1円玉• 平成23年~平成25年 400円~• 平成13年 20円~• 平成22年 18円~• 平成14年 10円~• 平成12年 6円~ 1円がまさかの400円に化けました!! そのため、この3年間に作られた1円玉は非常に貴重なものとして取引されているそうです。 保存状態によっては1000円以上の価値を手に入れることもあるようです。 5円玉• 平成22年~25年 800円~• 平成21年 500円~• 平成12年 25円~• 昭和42年 24円~• 昭和32年 22円~ こちらは驚きの160倍にまで跳ね上がりました! 1円玉と同様、平成22~25年度は特に発行枚数が少なかった5円玉。 そのせいもあって、この4年間の5円玉は信じられないほどの価値を持つようになったのです。 もし125枚持っていれば、625円が10000円に・・・夢が膨らみます。 10円玉• 昭和33年 60円~• 昭和32年 25円~• 昭和34年 22円~• 昭和30年 20円~• 昭和61年 18円~ あれ? と思った方もいるかと思います。 そう、 10円玉はあまり希少価値の高い硬貨が存在しないんです。 これは、一番よく使われる10円玉だけにその発行枚数も多く、結果として希少価値が生まれにくいのが原因のようです。 50円玉• 昭和62年 3000円~• 平成22年~25年 1400円~• 平成21年 100円~ どちらかと言えば使用頻度の少ない50円玉が、1枚でまさかの3000円の価値を持っています。 100円玉• 平成13年 130円~• 平成14年 110円~ 見ての通り、こちらの希少価値はほとんど付かないものばかりです。 先ほどの10円玉と同じく市場で多く使われている硬貨なだけに、その発行枚数も多いようです。 毎年数多くつくられているため、どの年代でも価値・価格ともにほとんど変動はありません。 500円玉• 昭和62年 1400円~• 昭和64年 600円~ 500円も毎年ほとんど枚数に変動がないため、あまり各年代で価格に差がつかなかったようです。 唯一昭和62年のみその発行枚数をわずかに減らしたため、1400円と言う高値が付いたようです。 ちなみに、今回の主題でもあった昭和64年硬貨は第2位の価格につけています。 終わりに~硬貨の値上がり見つけ方~ いかがだったでしょうか? 今回は 一週間しかなかった昭和64年の硬貨の価格・価値について紹介し、 そのほかの年代の希少価格の高い硬貨についてもあわせて見ていただきました。 それは、 その年の硬貨の発行枚数を見ることです。 ほかの年と比べて明らかに発行枚数が少ない場合、近い将来価格が跳ね上がります。

次の