ノート パソコン 大学生。 ノートパソコン 大学生向けおすすめモデル 2020年版

ノートパソコン 大学生向けおすすめモデル 2020年版

ノート パソコン 大学生

CPUはパソコンの頭脳、メモリは机、ストレージは引き出しのイメージ 基本的にはこの3つを見ることで そのパソコンの性能を知ることができます。 また、持ち運ぶパソコンであるという特性上 利便性を気にする必要もあります。 どれくらいの大きさなのか どれくらいの重さなのか バッテリーは何時間持つのか USBスロットは必要数搭載されているか HDMI端子は接続可能か こういった要素は、直接パソコンの能力とは関係ありませんが 外で快適にパソコンを使用するために重要な要素です。 基本的には以上、性能と利便性だけ見ればOKです。 メーカーなど気にされる人もいますが メーカーが違っても基本的にパソコンの中身は同じです。 Macbookは例外的に独自のシステムを搭載したパソコンなので注意 また、「国内メーカーのNECや富士通が安心・・・」 という人もいると思いますが NEC、富士通などの国内メーカーのパソコン部門は 海外パソコンメーカーに吸収合併されています。 大学生向けのノートパソコンの条件 ノートパソコンは、性能と利便性を考えて選ぶということはわかりました。 それでは、大学生が持つノートパソコンには、どのような性能が必要で どの程度の利便性があればいいのでしょうか。 性能に関しては、結論だけ述べますと 以下の条件を満たしていれば必要十分だといえます。 【サイズ】 ~14インチ程度 【重量】 ~1. ネットや家電量販店で、おすすめのノートパソコンとして 15インチ以上のものが紹介されていることが多いですが ボクは 15インチ以上のノートパソコンはおすすめしません。 理由は、 シンプルに重いからです。 15インチ以上のノートパソコンは、2kgを超えます。 実際に持ってみるとわかりますが 2kgは外に持ち出すパソコンの重さではありません笑 2Lのペットボトル飲料が鞄に入っているのを想像してみてください笑 現実的に、外に持ち出すことを考えると 13インチ・1. 5kg程度のパソコンが限界です。 ボクは大学生の頃1. 37kgのノートパソコンを持ち歩いていましたが 正直重くてだるいなと感じていました笑 ストレスを感じたくないのなら 1kg以下が理想ですね。 また、発表の際のプロジェクター出力用に HDMI LINEやSkypeでのビデオ通話用に Webカメラ(Web面接などに使えます) 無線マウスやワイヤレスイヤホン用に Bluetoothがあると便利です。 NEC LAVIEの直販&価格. com限定モデルです。 このパソコンは、どこを見ても不満点がなく スペックバランスが素晴らしいです。 2という 超高速なSSDを512GBも搭載しています。 写真や動画など、データを多くやるとりすることになる大学生でも 512GBあれば4年分のデータが十分保存できると思います。 また、 IPS方式という 視野角と色彩表現に優れた 高級テレビにも採用されている液晶パネルを搭載しています。 重量は約1. 3kgと少し重めですが その分バッテリー駆動時間は 約16時間と ACアダプタいらずのパワーです。 このスペックのNEC製パソコンが9万円弱は破格です。 直販&価格. com限定モデルだからこそ実現できた、 全大学生におすすめできる一押しモデルです。 HP ENVY x360 13-ar0000 価格. com限定モデル 360度回転する筐体が特徴的なx360ENVYです。 デザイン、スペック、価格が高水準でまとまっているミドルグレードモデルです。 搭載されているRyzenというCPUは IntelのCore iシリーズ同価格帯製品に比べ 2割以上高い性能を持つ、最新の技術を用いた ハイコストパフォーマンスCPUです。 特徴的な360度回転の筐体と タッチ対応のIPSパネルが合わさることで タブレットのように使うこともできます。 人とは違ったちょっとおしゃれなノートパソコンが欲しいという人におすすめです。 Lenovo IdeaPad S540 13,AMD 軽量ノートブックIdeapadS540です。 Lenovoといえば、ビジネス向けの Thinkpadシリーズがあまりにも有名ですが Ideapadは一般消費者向けです。 2のものを搭載するなど ハイスペック志向だといえます。 13インチのノートパソコンで フルHD以上の解像度のものはかなり珍しく 中でも10万円以下となると、S540一択です。 写真や動画を綺麗に見たい人や Macbookライクなシルバーボディに惹かれるという人におすすめです。 超絶コスパモデル 多少の不便があってもコスパ重視! という人におすすめのノートパソコンです。 コスパ重視とはいえ、快適に動作するスペックは確保できているパソコンを選びましたのでご安心を! HP Pavilion 13-an1000 価格. com限定モデル HPより化け物コスパを誇るPavilion 13です。 コスパだけで見れば間違いなく最強だと断言できるほど化け物コスパです。 スペックは最新の10世代IntelCPUに始まり M. 2SSD、タッチ対応IPS液晶 果ては指紋認証まで搭載してこのお値段・・・ 本当に欠点が見当たりません。 なぜこんなに安いのか心配になるレベル。 comでも常に売れ筋上位です。 ケチをつけるとするならば 背面のドデカHPロゴがダサいこと 液晶が光沢なので映り込みが気になることと 筐体カラーがピンクとゴールドしか無いということくらいしか見当たりません。 光沢パネルと本体カラーが気にならなければ 間違いなくコスパ重視のベストバイです。 Lenovo IdeapadS540 14,AMD Lenovo IdeapadよりS540です。 S540は既に紹介してるだろうって? よく見てください、こちらは 14,AMD です。 そう、こちらのS540は 14インチモデルです。 14インチは人によっては持ち歩くのにかなり抵抗のあるサイズ感となります。 重量も 1. 5kgあります。 14インチ、1. 5kgという点を除けば、 Pavilion13を超える 超絶コスパお化けです。 スペックは見ての通り隙のないミドルスペックでありながら価格はなんと 驚異の6万円切りです。 5kgという点がネックです・・・。 画面なんて大きければ大きいほど良い そんなに持ち歩かないから重くても良い とにかく安ければ多少不便でも構わない そんな人には この記事で紹介しているパソコンの中で一番おすすめできるパソコンです。 超軽量モデル とにかく楽に持ち運びたい人におすすめのモデルです。 毎日パソコンを持ち歩く必要のある人や カフェで作業することの多い人は重量を最重視することで幸せになれます。 最軽量モデルでは驚きの 698gです。 他のパソコンを持った後にこのパソコンを持つと、おもちゃかと思うほど軽くて驚きます。 それでいて厳しい強度試験をクリアするなど、 耐久性にも優れているという隙の無さ。 他に目立った特徴こそないものの 軽さという一点においてあまりに卓越した性能を持っているので、それだけで買う価値があるパソコンです。 また、直販カスタムモデルなので 用途や予算に応じてスペックの自由なカスタマイズが可能です。 筐体は698gの世界最軽量モデルと747gの軽量モデルから選択でき おすすめは 747gの軽量モデルです。 50g重くなってしまいますが、747gでも十分軽く それでいて 最軽量モデルより2万円程度安く購入できるのでコスパに優れています。 また、軽量モデルの最小構成は Microsoftより2in1ノートパソコンのSufrace Pro7です。 SurfaceProは、まるでタブレットのような本体に タイプカバーと呼ばれる取り外し可能な別売キーボードを装着して使用する、ユニークなノートパソコンです。 タイプカバーは持ち運びの際 ディスプレイを衝撃から守る保護カバーの役割を果たし ワンタッチで取り外せば 残った本体をタブレットのように使用することができます。 SurfaceProの素晴らしいところは、 様々な用途に使用することができる点です。 タイプカバーを装着してノートパソコンとしての使用はもちろん タイプカバーを外してタブレット運用にしたり 別売りのSurfacePenを用いることで 液晶タブレットとして運用することまでできてしまいます。 2736 x 1824という高解像度のタッチディスプレイと タイプカバーという画期的なアイデアによって実現した 唯一無二の取り回しの良さが最大の魅力です。 ただし、ノートパソコンとしてはスペックの割に価格が高く タブレットとしては多少重く 液タブとしては画面が小さすぎます。 何でも出来るが故の器用貧乏感は否めないです・・・。 しかしそれでもSurfaceProが唯一無二な製品であることに変わりはなく、魅力を感じたのでしたら迷わず購入することをおすすめします。 また、CPUやメモリ、ストレージを選んで購入することができます。 大学生の一般的な用途でしたら HPのプレミアムモデルSpectre x360の最上位カスタムモデルです。 こちらも上記Yoga同様 小型モバイルノートとして考えうる限りのスペックを盛った 最高級モデルになります。 このモデルには 専用のタッチペンが標準で付属しているので、本格的なイラスト作成なども可能です。 Yogaよりも クリエイター志向が強い機種だといえます。 また 有機ELを採用することで 明暗のはっきりしたハイコントラストな映像表示を実現しています。 こちらもデザイナーに嬉しい機能であり、クリエイター志向の強さを感じます。 2のSSDが既に超高速なので 体感できるほどの高速化が見込めるかは怪しいところですが 極限までロード時間の高速化がされているということです。 総じてS940は クリエイター向きの超ハイエンドモデルという位置付けだといえます。 イラストを描くのが趣味の人や 美術系の大学生におすすめできるモデルです。 MacBookPro 13inch 言わずと知れたAppleのノートパソコン、MacBookProです。 MacBookには2020年3月現在、2種類存在します。 軽量モデルのMacBookAirと ハイスペックモデルのMacBookProです。 ボクのおすすめは、 MacBookProです。 理由は、MacBookAirに殆どメリットを感じないからです。 MacBookAirは軽量モデルを謳ってはいるものの、上位モデルであるMacBookProとは 120gしか変わりません。 一方で、CPU性能やグラフィック性能、ディスプレイやスピーカーなど、 あらゆる点でMacBookProが勝っています。 正直、MacBookAirを選ぶ理由がありません。 37kgのMacbookProは重すぎる!1. 25kgのMacBookAirじゃなきゃ無理!」 という人以外は問答無用でMacbookProを選ぶべきです。 さて、そんなMacBookProですが 洗練されたボディ 美しいRetinaディスプレイ MacOSの快適性 あらゆる点で他のパソコンとは一線を画す、 究極の逸品です。 ボクはMacBookProがノートパソコンの完成形だと思っています。 ただし、MacBookは様々な理由から 万人におすすめできるパソコンではありません。 まず、 価格が高いです。 性能だけで見るなら、 同程度の性能のWindowsノートパソコンが半額で買えます。 それほどにMacBookは高価なパソコンです。 さらに、MacBookはWindowsではなく MacOSを搭載したパソコンだという点が人を選びます。 ここでは詳しく解説しませんが 大学生がMacOSを使うと メリットよりデメリットばかりが目立ってしまいます。 参考: クリエイター活動をしたり Web系のエンジニアを目指したりと 明確な目的があり、その目的のためにMacBookが必要だという人が買うべきパソコンです。 まとめ ノートパソコンの選び方、また大学生におすすめのノートパソコンについて解説しました。 おすすめのノートパソコンに関しては、人により求めるものや予算が異なるため 一概にどのモデルが一番おすすめ とは言えませんが この記事で紹介した10機種ならどれを買っても間違いないということは断言できます。 (厳選&まとめるのに本当に時間がかかりました・・・) この記事がノートパソコンの購入に悩んでいる大学生の助けになれば幸いです。 この記事が参考になりましたらSNSでシェアして頂けると嬉しいです。

次の

HPの学割!

ノート パソコン 大学生

使いやすさと持ち運びやすさのバランスがいいのは13型前後 パソコンをアクティブに持ち運んで使うなら、ボディーサイズは重要です。 A4の書類やファイルなどと一緒にバッグへ入れるなら、 10型〜13型ディスプレイくらいのモデルが収まりやすいでしょう。 特に13型前後は画面の見やすさ、使いやすさ、持ち運びやすさのバランスがよく、モバイル向けノートパソコンで人気のサイズです。 これより画面が小さいと、手狭な印象を受けるかもしれません。 サイズとともに重さも重要です。 持ち運びの負担を考えると、13型前後のモデルでは1kg台前半より軽い製品をおすすめします。 ただし軽くするためにバッテリー容量を減らしている場合もあり、そうした製品は電池切れになりがちです。 メーカー公称値でバッテリー駆動時間が10時間を切るようだと、実際は意外に長持ちしません。 バッテリー駆動時間は公称値の50〜60%程度と見積って、軽さとのバランスで選びましょう。 キーボード部分を取り外したりして、タブレットとしても使える2in1(写真はSurface Pro 7) 4年間使うことを前提に「安くても低スペック」は避けたい パソコンの性能は年々上がっているので、安いからといって低いスペックのパソコンを最初に選んでしまうと、卒業までに買い替えることになるかもしれません。 パソコンの頭脳となる CPUはCore i5以上、メモリは8GB以上、ストレージはHDDより高速なSSDで256GB以上といったあたりが快適に使い続けられる目安のスペックです。 ただし学部によっては、プログラミングや映像編集、3DCG、CADなどの用途でよりハイスペックなパソコンを求められる場合もあります。 本体内蔵の拡張スロットや端子も確認しておきましょう。 デジカメの写真などを取り込むSDメモリーカードスロット、発表の場でプロジェクターや大型テレビと接続できるHDMIやアナログRGB(D-Sub)といった端子があると便利です。 USB変換アダプターなどでも対応できますが、いざというときにアダプターが手元にないという事態を避けられます。 標準的なUSBポートはもちろん、SDメモリーカードスロットや外部ディスプレイ出力の端子があると、周辺機器との接続に便利です(写真はVAIO SX12) 「Office」は必須だけど……買わずに済むことも ソフトウェアでは、レポートや課題、発表などでMicrosoft Officeが必要になることがほとんどです。 ただ、 大学によっては日本マイクロソフトとライセンス契約を結んでいて、Officeを無料で使える場合もあるので、入学が決まった時点で確認しておきましょう。 Office抜きならパソコンをそのぶん安く購入できます。 大学生向けノートパソコンのおすすめはコレ! タブレットに早変わりして活用の幅が広がる2in1 「Surface Pro 7」 OS(基本ソフト)の「Windows」を作っているMicrosoftが自ら手掛ける「Surface」(サーフェス)シリーズの中で、12. 3型ディスプレイ搭載の「Surface Pro 7」は2in1パソコンの代表格。 画面カバー兼キーボードの「Type Cover」を取り外せば、タッチ操作やペンでの書き込みができるタブレットに早変わり。 画面に資料を映して回覧したり、ノートに手書きの図を入れたり、板書を内蔵カメラで撮影したりと、活用の幅が広がります。 関連記事• ノートパソコンとタブレット、どちらの用途も1台で済ませたいなら「2in1」(ツーインワン)がおすすめ。 ここでは2in1の種類と注目のモデルを紹介します。 働き方改革が叫ばれる昨今、多様なワークスタイルに対応できる携帯性の高いパソコンが注目を集めています。 今回はそんなビジネス向けモバイルノートパソコンの選び方と代表的なモデルを紹介します。 快適なゲームプレイのために作られた高性能なノートパソコンが「ゲーミングノートPC」です。 今回は普通のパソコンとは違う製品選びのチェックポイントと、主要なブランドから注目のモデルを紹介します。 激安パソコンと聞くと、低スペックで使い物になるのか不安になるかもしれませんが、探せば低価格でもしっかり使える製品が見つかります。 今回は5万円以下の低価格でも十分使えるノートパソコンの選び方と、注目のモデル(新品)を紹介します。 「ノートパソコンは欲しいけど、できるだけ安く買いたい」といった声に応える3万円台までのノートパソコンの選び方と、注目モデルを紹介します。

次の

大学生におすすめのノートパソコン【2020年6月版】絶対に読んで欲しい失敗しない選び方がコレ!

ノート パソコン 大学生

大学生のノートパソコンのメモリ容量はどれくらいがおすすめ? パソコンを買うときに検討しなければいけない項目としてメモリ容量があります。 最近はWindowsなどのOSも高度になっていますし、その上で動作するソフトウェアも多くのメモリを必要とするものが増えています。 そのため、メモリ容量が少ないとソフトを少し立ち上げただけで動作が重く感じてしまいます。 最近のパソコンに搭載されるメモリの容量は増える傾向にありますが、それに伴ってソフトが使用するメモリも増えています。 今後もソフトが使うメモリ容量も増えることが考えられるので、長くパソコンを使いたいと思うのなら、なるべく多くのメモリを積んだパソコンを選びたいものです。 メモリ容量が多ければ快適にパソコンを使うことができます。 ただ、メモリ容量が増えるとその分価格も上がりますので、予算との相談になると思います。 では、いったいどれくらいのメモリ容量があればいいのでしょうか? 軽い使い方なら4GBでも十分。 快適に使いたいなら8GB以上がおすすめ メモリ容量はその値が大きいほどパソコンを快適に使うことができます。 4GBのメモリと8GBのメモリを積んでいるパソコンを比べた場合、後者の方が快適に動作します。 現在市販されているパソコンの多くは、4GBのメモリと8GBより多く積んだものの2種類に大別することができます。 ノートパソコンの場合は、以前は4GBか8GBかの2種類が多かったのですが、最近は16GBを選択できるものも多いです。 それだけパソコンが多くのメモリを必要とするようになってきている、と考えることができます。 もしいろいろなソフトウェアを立ち上げながらパソコンを使いたかったり、プログラミングや動画編集、画像処理など、いろいろな使い方をしたいのであれば、4GBよりも多い8GB以上のメモリを積んだパソコンを購入されることをお勧めします。 メモリが多くあればあるほど動作は快適になります。 大学生のパソコンの主な用途は、ネットやメール、動画視聴や音楽鑑賞、レポート作成や卒論作成などになると思います。 これくらいの用途であれば、4GBでも十分快適に使うことができるでしょう。 WordやExcelは4GBもあれば快適に動作します。 文系の人であればそれほど重たい処理はしないと思いますので、4GBのメモリでも大丈夫だと思います。 ただし、これらのソフトは単独では十分に快適に動作するのですが、複数同時に立ち上げると使用するメモリ量が増えていきますので、4GBのメモリだとだんだんパソコンが遅くなってきてしまいます。 インターネットでたくさんのタブを開いて、音楽を聴きながらレポートを書くというような使い方だと、4GBでは重いと感じることが出てくるかもしれません。 もし、 長く快適に使いたいといった場合や、いろいろしたいことが出てきたときにも対応できるように余裕を持たせたいというのであれば、8GBのメモリを選択するといいです。 とても快適に使うことができるでしょう。 また、理系の場合は下に挙げる理由のために最低でも8GBのメモリは準備しておいた方が良いと思います。 理系の研究室では数値解析や画像処理、シミュレーション、プログラミングなど、比較的重い処理を行ったり、時間がかかる処理を行ったりすることが多いです。 研究室にある共用のコンピューターで処理をすることも多いですが、自分のパソコンに専門のソフトをインストールして処理を走らせることもあります。 このときに メモリが少ないと、処理を走らせるだけでメモリがいっぱいになり、ほかの作業をすることもできないことになってしまいます。 ネットでホームページを見るだけなのに、処理が重くてページがなかなか開かないなんてこともあります。 まだ研究室が決まっていない段階ではどんな処理を行うかはわからないかもしれませんが、どこに配属されてどんな研究をすることになっても快適に研究が進められるように、メモリを多く積んだパソコンを購入しておいた方が良いでしょう。 そのため、理系の場合は、最低でも8GBのメモリを搭載したノートパソコンを選んでおくのをおすすめします。 余裕があれば12GBや16GBなど、より容量の多いメモリを選んでみてもいいでしょう。 また8GBより多いメモリにする必要性がわからない場合もあるでしょう。 そのため、まずは最低限のメモリを積んだノートパソコンを購入し、アルバイトなどでお金に余裕が出てきたら、必要に応じてメモリを増設してみようと考える人もいるかもしれません。 ただ、 その際に見逃してはならないポイントがあります。 Windowsの64ビットパソコンならメモリを増設して4GB以上にすることが可能 パソコンの種類には、32ビットパソコンと64ビットパソコンという2つの種類があります。 どのように違うかわかりやすくいってしまうと、メモリを4GBまでしか積むことができないか、4GB以上積むことができるかという違いです。 32ビットパソコンは4GBまでしか積むことができません。 もし8GB積んだとしても、4GBしか認識されません。 一方で、64ビットパソコンなら、8GB以上のメモリを積むことができます。 つまり、32ビットパソコンの場合、パソコンの動作が重いからメモリを増やしたいなと思っても4GB以上にできず、新しいパソコンを買い替えるしか方法がなくなってしまいます。 それに比べて64ビットパソコンであれば、4GBのメモリをさらに増設して8GBのメモリにすることも可能です。 後から必要に応じてメモリを増やすことができるので、拡張性があります。 もし、色々な用途でパソコンを使うことになっても対応できるようにしておきたいと考えていたり、1つのパソコンを何年間も長期にわたって使いたいと思うのなら、64ビットパソコンを購入するのがお得になります。 では、32ビットか64ビットかを見分けるにはどうすればよいでしょうか?そのためには、購入しようと思っているパソコンの構成(スペック)の欄を見ると良いです。 Windowsの場合は、OS(オペレーティングシステム)のところに書いてあることがほとんどです。 OSとはWindows 10 Homeなどのことです。 Macの場合はこれとは違う別の注意が必要ですので、この下の項目をご参照ください。 Windowsパソコンの場合、たとえばパソコンメーカーとして有名なDellのページでは以下のように表示されています。 Dynabook 東芝 のページでも同様です。 このように64ビットかどうかが記されていますので、わかりやすいと思います。 もっとも、最近はほとんどのノートパソコンが64ビット対応になっているので、あまり意識する必要はないのですが、念のため知っておいてください。 メモリを増設できないWindowsノートパソコンが増えている 64ビットのパソコンであればメモリを4GB以上にすることができ、後からメモリを増設して8GB以上にすることもできると説明しました。 たとえば、東芝のdynabook AZシリーズは底面部分にカバーがあり、ネジを外してあげると、下の写真のようにメモリだけが見えるようになって増設や交換が可能になります。 たいていは裏面のカバーを開けてあげれば、メモリーの増設が行えるようになっています。 しかし、最近のノートPCの特徴として、メモリの換装や増設を行うことができない機種が多いという点が挙げられます。 最近のノートパソコンはメモリが基盤に直付けになっているものが多くあり、増設や換装ができません。 増設しようとして正常に動作しなくなっても、保証の対象外となっていることも多く、おすすめできません。 そのため、 ノートパソコンを購入する際はメモリを増設できるかどうかをあらかじめ確認しておくか、最初から余裕を持ったメモリ容量を搭載したモデルを選んでおくのが大事です。 購入してからメモリを増やそうと思ったらできないタイプだった、ということになれば、結局パソコンを買い替えないといけないことにもなりかねません。 また、増設するメモリはそのノートパソコンに合ったものを選ぶ必要がありますし、PC内部の重要な部分に触れる可能性も高く、作業に慎重さが求められます。 そのため、PCの知識や作業に自信がない人は、購入する段階で余裕を持ったメモリ容量を搭載したものを選んでおくと良いでしょう。 Macのノートパソコンはメモリの増設を後から行うことができない また、Macの場合は、OSの種類がMac1つしかありません。 そして、 MacのノートパソコンであるMacBook AirやMacBook Proもメモリの増設を後から行うことはできません。 Apple公式サイトではCPUやストレージ(SSD)、メモリ容量を自由にカスタマイズして購入できますが、量販店や通販サイトではCPUやストレージの組み合わせによっては、容量の多いメモリを搭載したモデルが販売されていないことも多いです。 これを知っておかないと後で後悔することになりますので、注意しましょう。 Apple公式サイトでは下の画像のように、メモリの容量を選択することができます。 Macの最新のノートパソコンは後からメモリの増設ができませんので、購入するときに余裕持ったメモリを選択しておくようにしましょう。

次の