ムーヴ キャンバス ピンク。 【口コミ】「ムーヴキャンバス」内装・後部座席の写真をたっぷりチェック

【口コミ】「ムーヴキャンバス」内装・後部座席の写真をたっぷりチェック

ムーヴ キャンバス ピンク

人気の軽のスーパーハイトワゴンの中で異色の存在がダイハツムーヴキャンバスだ。 ワーゲンバスを思わせる外観、女性に嬉しい装備を満載したインテリアなど、働く女性のためにデザインされたダイハツムーヴキャンバスの魅力を紹介しよう。 スーパーハイトワゴンに「かわいい」を! 最新の軽乗用車の売れ筋車種を見てみると、トップのホンダN-BOXをはじめ、スズキスペーシア、ダイハツタントといったスーパーハイトワゴンと呼ばれるモデルが上位を占めています。 スーパーハイトワゴンというのは軽自動車のボディサイズ枠を目一杯使用したモデルで、様々なシートアレンジが可能な広い室内空間とリアにスライドドアを採用しているのが特徴です。 これまではママワゴンと呼ばれて、小さいお子さんのいる家族向けの車種と言われていました。 そんなファミリー向けというこれまでの常識を覆したのが、2016年9月に登場したダイハツムーヴキャンバスです。 ムーヴキャンバスとタントはリアにスライドドアを採用した同じダイハツのスーパーハイトワゴンに属する車種です。 タントが広い開口幅が自慢のミラクルオープンドアを採用したファミリー向けの車種。 対してムーヴキャンバスは自身のライフスタイルを楽しむ女性がメインターゲットと棲み分けができています。 それでは、軽スーパーハイトワゴンのニューウェイブであるダイハツムーヴキャンバスを紹介しましょう。 働く女性向けにデザインされた内外装 ムーヴキャンバスはデザイン性と機能性を両立した新感覚のスタイルワゴンとして、働く女性をメインターゲットに開発されたモデルです。 特徴の1つ目が丸みのあるシルエット、おおらかでシンプル、そして随所にこだわりを感じる内外装のデザインです。 2つ目はクラス初の両側スライドドアを採用した新しいパッケージと新発想のレイアウト。 そして3つ目は「置きラクボックス」「AFS(ステアリング連動ランプ)」「パノラマモニター」といった幅広い世代の使いやすさを考えた装備が充実していることです。 ナチュラルなインテリアも個性的 まずは、ムーヴキャンバスの内外装デザインの特徴を紹介しましょう。 愛らしさを感じるエクステリアデザインは、シンプルで大らかな円構成による愛くるしいスタイリングが特徴。 水平基調のロングキャビンが室内の広さをアピールしています。 そして、XとGグレードには「メイクアップ」と呼ばれる仕様が用意され、様々なメッキ加飾やリアコンビネーションランプのクリアクリスタル化によって上質感を演出しています。 インテリアはナチュラルで心地良さを感じさせるデザインを追求しています。 やわらかい面で包まれた居心地の良い空間です。 センターメーターを採用することで、運転席周りがスッキリとして見晴らしの良さを実現しています。 「メイクアップ」では外装と同様にメッキ加飾と自分らしさを表現できるインテリアアクセントカラーで室内をコーディネイトできるなど、居心地の良い空間を造ることができます。 シートもプレーンで飽きのこないデザインを採用。 さらに「メイクアップ」ではソフトタッチな表皮と専用のシートパイピングで仕立ての良さを強調しています。 ムーヴキャンバスは基本的にはアイボリー系の明るいインテリアとなっていますが、シックで落ち着いた空間となる「ブラックインテリア」も用意しています。 ノーマルをスウィートなミルクチョコレートとすると、ブラックインテリアはビターチョコのような味わいだとダイハツは表現しています。 収納スペースへのこだわり ムーヴキャンバスはタントではなくダイハツの軽の主力モデル、ムーヴと同じ全高としたボディに、両側スライドドアを組み合わせた新しいパッケージングを採用しています。 全高もいわゆるスーパーハイトワゴンより少し低めなのです。 リアスライドドアに後席シート下や足元空間を有効活用できる「置きラクボックス」を組み合わせることによって、荷物を積み込むまでの動作を最小限に抑えられる「置きラクレイアウト」が特徴です。 この置きラクボックスはシート下に収まる引き出しとして使用し、積んだものが外から見えないようにスッキリと収納できるケースモード、そして中敷きを立ち上げることで、高さが増して転倒しやすいも荷物も安定した収納ができるバスケットモードと、積むモノに対応した使い分けが可能です。 好燃費のエンジンは自然吸気のみ 搭載されるエンジンは660cc直列3気筒自然吸気の1種類。 トランスミッションは駆動方式に関わらず全車CVTを採用。 リアゲートなどの「樹脂化ボディ」をはじめ、「高着火スパークプラグ」「専用オイル」「CVT制御の最適化」により、FF車が28. 全車に最新の安全運転支援装置を標準装備 安全装備は2016年のデビュー時は衝突回避支援システム「スマートアシストII」でした。 しかし2017年9月の一部改良で、従来はクルマしか対応しなかった緊急ブレーキを歩行者にも対応したスマートアシストIIIへと変更し安全性を向上させています。 さらに、2018年9月にも一部改良を行い、グレード体系を見直すことで、全車に「スマートアシストIII」を標準装備としました。 おっとりとした走り、随所に目立つ女性への気配り 今回試乗したのは、最上級グレードのムーヴキャンバスGメイクアップリミテッドSAIIIです。 ストライプと呼ばれるムーヴキャンバスオリジナルのツートーンカラー仕様は非常に目立ちますし、個性を主張するのにピッタリです。 車両重量が900kg以上と軽乗用車の中ではヘビー級といえる重さなので、信号待ちなどからの加速などでもたつきを感じることはありますが、速度が乗ってしまえばCVTの細やかな制御によってスムーズな走りを披露します。 インテリアは色使いやデザイン、収納スペースの多さなどメインターゲットである女性の使いやすさを考慮していることがよくわかります。 オープンな収納スペースに加えて、普段は見せたくないモノを収納するフタ付きスペースなど細やかな配慮がなされています。 スマートアシストIIIやパノラマモニターといった運転支援システムに加えて、日焼けの原因となる紫外線や赤外線をカットするスーパーUV&IRカットガラス、そして高い集塵機能を実現し、PM2. 5にも対応したスーパークリーンエアフィルターなど車内を快適に過ごせるような装備も充実しています。 ムーヴキャンバスの新車価格は125万2800円〜167万9400円。 6 125万2800円 4WD 27. 6 140万4000円 4WD 27. 6 147万9600円 4WD 27. 6 147万9600円 4WD 27. 6 149万400円 4WD 27. 6 155万5200円 4WD 27. 6 155万5200円 4WD 27.

次の

【みつかる!230台】ムーヴキャンバス ピンク(ダイハツ)

ムーヴ キャンバス ピンク

軽自動車は日常的に使う物とはいえ、やはり気分の上がる要素がほしいもの。 2016年にデビューしたダイハツのムーヴキャンバスは、明確な個性を打ち出しておしゃれな女性の支持を集めています。 ムーヴキャンバスには多彩なグレード設定があります。 そのため、グレード選びに悩む方も多いかもしれません。 ここでは、日常使いにおすすめのグレードについてご紹介します。 その3種類に加えて、インテリア、エクステリアに専用装備が用意されている「メイクアップ リミテッド」と「ブラックインテリア リミテッド」があります。 では早速、各グレードの装備を見ていきましょう。 エンジンは、すべて同じ658㏄直列3気筒ガソリンエンジン。 ターボの設定はありません。 また、全グレードに2WDと4WDがあります。 このグレードでは、 ムーヴキャンバスの醍醐味であるツートンカラーを選択できません。 モノトーンカラーのみの選択肢となります。 フロントドアにはUVカットガラス、ヘッドライトにはマルチリフレクターハロゲンヘッドランプが装備されています。 シートやインパネはオフホワイト、そのほかはシックにブラックで仕上げられています。 エンジンはキー差し込み式、エアコンはマニュアル(ダイヤル式)になります。 また、このグレードのみ パワースライドドアが設定されていない点がほかのグレードとの最も大きな違いでしょう。 小さな子供がいるママや、ファミリー層には欠かせない装備ですね。 半ドアのときに自動できちんとドアを閉めてくれる スライドドアイージークローザーも左右に装備されています。 運転席シートリフターやチルトステアリングも装備されるので、小柄な女性も運転しやすいでしょう。 このグレードからボディのツートンカラーの選択が可能。 また、リアシートの左右に 置きラクボックスが配置されており、引き出し状態での利用も、中敷きを持ち上げてバスケットのように使用することができるため非常に便利です。 引き出し状態で使用する場合、普段あまり使用しない掃除用品やメンテナンス用品、非常持ち出し袋の収納などに使用してもいいですし、着替えなどを入れておくのにも適しています。 バスケットモードにすれば、ある程度高さのある物も収納OK。 ワインのボトルや2Lサイズのペットボトルなども安心して積めます。 運転席からも楽に手が届くので便利ですね。 この3種類が、基本のグレードになります。 ムーヴキャンバスにはこのほかにエクステリア・インテリアに大きく手を加えた 「メイクアップリミテッド」と、「ブラックインテリアリミテッド」が用意されています。 価格は約6万円のプラスになります。 ここからは、メイクアップリミテッドとブラックインテリアリミテッド、それぞれの内容をチェックしてみましょう。 メイクアップリミテッド メイクアップリミテッドでは、 ボディカラーに合わせてインテリアアクセントカラーが設定されます。 そのほかのボディカラーの場合、インテリアアクセントカラーはマイルドモカとなります。 エクステリアにはフロント、リヤ、サイドのメッキバンパーモール、メッキドアアウターハンドル、メッキリング付きのLEDフォグランプ、クリアクリスタルを使用したリヤコンビネーションランプを装備しています。 ふんだんにメッキ加飾が使用されエクステリアの質感を高めています。 足回りは「キャンバス」エンブレム付きの14インチ2トーンカラードフルホイールキャップになります。 ホイールキャップまでツートンカラーとはにくい演出ですね。 専用のフルファブリックシートを使用しており、ドアトリムや助手席のオープンカップホルダー、インパネトレイなどもブラックで統一されています。 また、メッキオーナメント・シルバー加飾付きの革巻きのステアリングホイールやシルバー加飾リングのついたオーディオパネルがスポーティなイメージをインテリアにもたらしています。 さらに、 ブラックインテリアリミテッドにはD assist切替ステアリングスイッチが装備されています。 これは「D」レンジのときにスイッチをONにすると、エンジンの回転数を上げてスムーズな加速と心地いい走りを実現する機能です。 これはブラックインテリアリミテッドのみの専用装備です。 エクステリアには、メイクアップリミテッドと同じ装備を用意。 また、ブラックインテリアリミテッドとメイクアップリミテッドには運転席と助手席にサイドエアバッグが装備されます。 ただし、メイクアップリミテッド、もしくはブラックインテリアリミテッドを装着すれば置きラクボックスも一緒に装備されるようになっています。 ムーヴキャンバスのおすすめグレードはどれ? では、ムーヴキャンバスのおすすめグレードはどれでしょうか? ムーヴキャンバスの醍醐味は、やはりツートンカラー。 絶対にほしい装備としては、 パワースライドドア、置きラクボックス、プッシュスタートなどでしょうか。 あれば確実にうれしい装備ですが、ムーヴキャンバスの良さを活かすなら、その資金をメイクアップリミテッドに回すのがいいのではないでしょうか。 インテリアアクセントカラーはかなり魅力的ですし、便利な置きラクボックスもついてきます。 実用性と気分が上がるおしゃれなスタイルを兼ね備えたべストチョイスでしょう。 クールな雰囲気がメイクアップリミテッドとは異なる魅力を放っています。 費用が気になる方はカーリースも検討を! 魅力的なインテリア・エクステリアで、毎日の生活を楽しく彩ってくれるダイハツ・ムーヴキャンバスですが、購入するのは難しいという方もいるでしょう。 そんな方には、おトクにマイカー 「定額カルモくん」のリースサービスがおすすめです。 リースのメリットである車両価格や保険料などが月々定額制となるだけでなく、契約満了時に車がもらえる「乗り放題オプション」など、お得なプランが充実しています。 また、その3種類に加えて、インテリア、エクステリアに専用装備が用意されている「メイクアップ リミテッド」と「ブラックインテリア リミテッド」があります。 なお、全グレードに2WDと4WDが用意されています。 上位グレードになると、快適装備や収納も増えるのでファミリー層にもおすすめです。 Q3:ムーヴキャンバスのおすすめグレードは? A:ムーヴキャンバスの醍醐味は、やはりツートンカラーです。

次の

女子向け「ムーヴキャンバス」と「アルトラパン」ボディカラーが多いのはどっち?

ムーヴ キャンバス ピンク

660 G SAII• 660 G SAII 4WD• 660 G SAIII• 660 G SAIII 4WD• 660 G SAIII• 660 G SAIII 4WD• 660 G ブラックアクセント リミテッド SAIII• 660 G ブラックアクセント リミテッド SAIII 4WD• 660 G ブラックインテリア リミテッド SAIII• 660 G ブラックインテリア リミテッド SAIII 4WD• 660 G ホワイトアクセント リミテッド SAIII• 660 G ホワイトアクセント リミテッド SAIII 4WD• 660 G メイクアップ SAII• 660 G メイクアップ SAII 4WD• 660 G メイクアップ SAIII• 660 G メイクアップ SAIII 4WD• 660 G メイクアップ リミテッド SAIII• 660 G メイクアップ リミテッド SAIII 4WD• 660 L• 660 L 4WD• 660 L SAII• 660 L SAII 4WD• 660 L SAIII• 660 L SAIII 4WD• 660 X• 660 X 4WD• 660 X SAII• 660 X SAII 4WD• 660 X SAIII• 660 X SAIII 4WD• 660 X ブラックアクセント リミテッド SAIII• 660 X ブラックアクセント リミテッド SAIII 4WD• 660 X ブラックインテリア リミテッド SAIII• 660 X ブラックインテリア リミテッド SAIII 4WD• 660 X ホワイトアクセント リミテッド SAIII• 660 X ホワイトアクセント リミテッド SAIII 4WD• 660 X メイクアップ SAII• 660 X メイクアップ SAII 4WD• 660 X メイクアップ SAIII• 660 X メイクアップ SAIII 4WD• 660 X メイクアップ リミテッド SAIII• 660 X メイクアップ リミテッド SAIII 4WD• 660 X リミテッド SAII• 660 X リミテッド SAII 4WD• 660 X リミテッド SAIII• 660 X リミテッド SAIII 4WD• 660 X リミテッド メイクアップ SAII• 660 X リミテッド メイクアップ SAII 4WD• 660 X リミテッド メイクアップ SAIII• 660 X リミテッド メイクアップ SAIII 4WD.

次の