浜崎あゆみ ドラマ 香取慎吾。 浜崎あゆみドラマ『M』コロナでも「全話撮りきれ! 」指令の背景に“大人の事情”

浜崎あゆみのドラマ『M』田中みな実の怪演に絶賛の嵐「1人だけ昼ドラ」「もはや主演」

浜崎あゆみ ドラマ 香取慎吾

「M」はエグ~い演技の田中みな実のMなんだよ 4月18日の第1話放送時は「チャラけすぎ!」「主役が大根過ぎて見ていられない」と悪評だらけだったが、その後、カルト的な人気が急上昇、リミックスバージョン再放送では、「主役の安斉かれんの大根ぶりはデビュー当時の浜崎あゆみそのままを模しているのでは!」とまでの称賛に変わっている。 副音声の解説については「あの時代と、エイベックスを知るうえで大いに勉強になった。 オマージュに満ちているんですね」と絶賛の声が相次いだ。 「伊集院さんと古市さんの副音声が気になり見てみたら、もう面白くって!皆さんがこのドラマに感じている古くささとか、キャラの濃さとか、二人の解説が的確で本当に勉強になり、このドラマのことを更に好きになりました。 古市さんが『appears』の歌詞について説明してくれたあとに歌詞を確認しましたが、ちょっと鳥肌がたちました。 来週も副音声楽しみにしています!」 「ケバイ感じの小室哲哉をモデルにした人が出てきますが、古市さんによると、 TRFの 『BOY MEATS GIRL』が、エイベックスの"社歌"なんだそうです。 実際、エイベックス松浦勝人氏の家に水槽があって、サメとか飼っていたみたいですよ~など、エイベックスにまつわるプチトリビアを披露してくれて、いちいち納得しました」 「伊集院さんが終始、マサの秘書・礼香役で出演する田中みな実の魅力を熱弁していた。 田中みな実の"真面目さ"と"不器用さ"が両方出ていて、すっごい本気で真っすぐに演じていると。 『Mは田中みな実のMなんだ』とも言っていた!田中みな実がウザくて大嫌いだったのですが、少し好きになりました」 安斉かれんの棒読みは浜崎あゆみの大根演技の模倣じゃないの? また、安斉かれんの「棒読み学芸会演技」にも再評価のスポットがあてられた。 「私は安斉かれんさんの演技はこのままでいい、無理矢理に変に上手くなってほしくないと思っています。 いい意味の素人っぽさ、一生懸命な感じがデビュー当時の浜崎あゆみさんの自然な感じが出ていいです」 「私はメッチャ楽しんでいます。 ドラマなのでキャラ濃い目は納得。 半分フィクションで半分ノンフィクションなところも色々想像を掻き立てられてワクワクします。 あゆの書いた詩と現実が重なったりして、色んな楽しみ方があるんじゃないでしょうか」 「目を覆うばかりの大根演技を繰り広げる主役。 ツッコミどころ満載、というか、ツッコミどころだけで作ってある。 いろいろありすぎるが、ここまでされるともはや清々しい」 「たしかに皆さん言うようにすごく癖が強いドラマです。 逆に中毒になってはまって見ています。 マサが本物と違ってイケメンでホントよかった。 あゆ役もかわいいよね。 棒読み演技だからこそ、あゆ役の女優の子も、役のあゆも応援したくなってしまう」 最後にこんな安斉かれん応援エールも。 「安斉かれんさん、演技が下手なのか、それとも昔ドラマに出ていた頃の浜崎あゆみの下手な演技を模倣しているのか、どっちなんだろう?もし後者なら再現度高いな。 浜崎あゆみの演技も相当ひどかったし。 そして、YouTubeで安斉かれんさんの歌動画観たけど、普通に上手かった。 今の浜崎あゆみ2世みたいな路線で売り出すのはもったいない気がする。 ドラマが終わって、浜崎あゆみ役から解放されたら、安斉かれんさん本来の魅力を発揮するチャンスが訪れたらいいね」 「一日も早く撮影が再開してくれることを願います。 最終回はアユとマサが仲良く虹の橋を渡ってその先に何が待っているのかは... あえて言いません」(テレビウォッチ編集部).

次の

浜崎あゆみ、出産したのに薬物疑惑?紅白出場女性歌手Aとは?

浜崎あゆみ ドラマ 香取慎吾

あのころ 女の子はみんなアユになりたかった。 「私はアムロちゃん派だったもんね」と否定する人がいようと、そんな時代があったことは紛れもない事実なのである。 浜崎あゆみの波乱万丈っぷりは海外セレブさながらだ。 彼女がゴシップネタを提供してくれるたびに「老けた」「太った」などと的外れな批判をする輩もいて、ファンとしては悲しい。 「40歳を超えても歌っててスゴイ」と素直に思えないものだろうか。 するとアユの体験を基に書かれた小説 『M 愛すべき人がいて』が、昨年の発売から累計発行部数16万部の大ヒットとなった。 みんなやっぱり好きなんじゃ〜ん! さらに同小説はドラマ化も決定。 昨夜の初回放送を、私はもちろん正座で鑑賞したのだが……。 正しくは 「浜崎あゆみ本人からの聞き取りを元に書かれた小説」である。 本の冒頭には「事実に基づくフィクションである」との注意書きがあり、完全な事実と誤認しないようにしたい。 ただし小説では主人公アユについて、本文中に「浜崎あゆみだ」とキッパリ明記されている。 また「M」の正体であるマサも「松浦勝人だ」と書かれているし、エイベックス、ヴェルファーレ等々、実在する名称が多く使用されているのだ。 対するドラマ版は冒頭に「小説にドラマオリジナルの要素を加えたフィクションです」とのテロップが流れた。 事実を基にしたフィクションにさらにオリジナル要素を加えたフィクション……なんだかややこしいなァ。 それどころか「浜崎あゆみの物語である」ということすらも、初回放送では1度も明言されなかった。 また「放送で往年のヒット曲が使用される」との事前情報があり、楽しみにしていた人も多いだろう。 確かに globe、trf、篠原涼子などのヒット曲が多く放送されたのだが、妙なことにアーティスト本人ではなく明らかに別人の声で収録されたもの。 超有名人であるその人物は、初回放送においても間接的な功労者であるはずだが…… コレいいんだろうか? ……といった具合に、歴史的真実を知ってしまっているがため、微妙なのか大胆なのか分からない「アレンジの多さが気になりすぎてストーリーどころじゃなくなってしまう」ということが最初の弊害である。 オリジナルキャラたちの登場により、ドラマは一気に非現実の様相を呈する。 中でも ズバ抜けたヤバさを放っているのが 田中みな実演じるマサの秘書・姫野礼香だ。 姫野の登場で展開は『家なき子』あるいは『ガラスの仮面』と同等レベルのドロドロを迎えるのだが……それが浜崎あゆみ本人の身に起っていると想像すると、 ギャグにしか見えなくなってくる。 近年まれに見るプッツンキャラ・姫野を、なぜマサは秘書に任命したのだろう? サッパリ分からないけれど、みな実迫真の演技は必見ではあるぞ。 しかしドラマ版はあまりにも、そこに ドラマ性を追加しすぎている感が否めない。 フィクションを公言しつつも「ひょっとしてアユの実体験かも」と思わせるギリギリのラインを保っていた原作本。 それに対してドラマは「そんなことあるかよ」「んな奴ぁいねぇよ」的展開のオンパレードだ。 特にラストシーンは相当キツい。 「もう、見てらんない!」となった人は多いはずである。 ここまで脚色されていれば、そりゃ実在人物の名前は使えないだろう。 いっそ「アユとマサ」の名前も変え、完全な別の物語にすればよかった気もする。 初回視聴後、モヤモヤしすぎて眠れなかった私は本作品を 「大河ドラマみたいなもん」と考えることにした。 これは実在の人物を使った壮大なファンタジーなのだ。 「歴史には諸説ある」という気持ちで臨むことが大切だ。 ・ひとつだけネタバレ ……と、戸惑う部分はありつつも私はバリッバリの「あゆ直撃世代」。 初回放送には胸アツなポイントも多くあった。 特にテンションの上がったのが「マサが7回目の電話で初めてアユに『会おう』と言う」というシーン。 このシーンをむやみに強調せずサラリと流した演出は、粋であり非常にポイントが高い。 今後の放送にも期待が持てるというものである。 最終回を迎えるころには、この子が完全なアユに見えてくるのかもしれない。 また 「マックスマサ」ことマサを演じる 三浦翔平のカッコよさは異常である。 浜崎あゆみが松浦社長に惚れた理由は、外見と別のところにあると個人的には思っているため、ここまでイケメンをキャスティングしなくてよかった気もするけど! 水野美紀演じるトレーナーの登場でますます現実離れした展開になりそうな次回放送。 もしかすると心配するまでもなく、製作陣とて「笑ってください」と思っているのかもしれない。 ともかくマサこと 翔平を毎週拝めるというだけでも、ラストまで視聴する価値はあると言えるだろう。 『M〜愛すべき人がいて〜』の放送はテレビ朝日で毎週土曜23時15分から。 abemaTVでの視聴も可能だ。 参考リンク:、 Report: Photo:RocketNews24. イラスト:.

次の

未成年 (テレビドラマ)

浜崎あゆみ ドラマ 香取慎吾

4月18日から放送されるドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の詳細が発表された。 浜崎あゆみ 『M 愛すべき人がいて』は、歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでとそこに秘められた出会いと別れを描いた同名小説をドラマ化したもの。 アユ役は安斉かれん、希代のプロデューサー・マサ役は三浦翔平が務める。 脚本は鈴木おさむが担当し、アユとマサの純愛に加え、鬼トレーナーのしごき、過酷なデビュー争い、壮絶な嫌がらせ、恋路を阻む強敵たちとの戦いを展開させていく。 なお、主題歌は浜崎あゆみの楽曲「M」が起用される。 また、追加出演者も明らかに。 マサの右腕・流川翔役は白濱亜嵐、眼帯姿の謎めいたマサの秘書である姫野礼香役は田中みな実、アユが所属する事務所の社長の中谷役は高橋克典、「A VICTORY」の社長・大浜役は高嶋政伸が務める。 そのほか、アユの東京でできた初めての友達で歌手を目指す玉木理沙には久保田紗友、「A VICTORY」の社員でありアユのマネージャー・野島美香は河北麻友子、人気プロデューサー・輝楽天明役は新納慎也、アユを優しく見守り続ける祖母・幸子には市毛良枝、アユのライバルであり嫌がらせに加担する西谷真理役は傳 彩夏、アユと幸子が身を寄せる東京の親戚・椎名里美役は上野なつひ、マサ行きつけのバーのマスター・佐山尚樹役は水江建太がそれぞれ演じる。 自身も作詞作曲をするなど音楽に造詣の深い水江は、劇中で弾き語りを披露する。 このドラマの最初のシーンが93年で、僕が生まれた年なんですけど、90年代って新鮮なものが多過ぎて一周してカッコイイと思います。 私服で買うものも80年代、90年代に作られたものだったりするので、オシャレでかっこよく見える。 音楽も日本のJ-POPが変わり始めたのは90年代からだと言われているんです。 そういう面白い時代が描かれるのも楽しみです。 三浦翔平くんとは仲良しで、会うのは久しぶりでしたが、連絡は頻繁に取っています。 実はクラインクイン前に、翔平くんから「気合い入ってるから頼むね」って電話が掛かってきたんです。 翔平くんのこの作品にかける思いを感じて僕も頑張ろうと思いました。 鈴木おさむさんとはお会いする機会が多く、脚本の背景などをいろいろ教えてくださるので勉強になります。 流川は明るくていいヤツなんですけど、おさむさんのことだから絶対そのままじゃ終わらないと思う(笑)。 ドロドロした展開に混ざっていくだろうから、僕もどうなるのかワクワクしています。 流川はアユとマサのことを一番近くて見ている人なので、縁の下の力持ちだと思って見てほしいです。 とはいえ、絶対にただのいいヤツでは終わらないと思います。 おさむさんは僕が普段やらないことをやらせるのが好きなので(笑)。 何やらされるんだろう…殺されたり…しないですよね(笑)!? 田中みな実(姫野礼香役) クランクイン当日、三浦翔平さんとの雑談の中で「(脚本は)おさむさんだし、礼香と大浜社長と輝楽はその世界観の中で思いっきりやっちゃってよさそうですよね」と言っていただいて。 昨年やらせていただいたドラマ『奪い愛・夏』の水野美紀さんや小手伸也さんのお顔が真っ先に浮かびました。 あそこまで・・・?!と。 笑 台詞は普通に生活していたらまず口にしないようなことばかりですし、物語の中でも異様な存在感を放つ謎多きキャラクターです。 眼帯も要素のひとつ。 私はそういったアイテムがあることで助けられています。 礼香とマサとの間にどんな過去があって眼帯を付けることになったのかは、まだ明かされていないのですが、狂気を感じるほどにマサを愛し、一番の理解者でありたい、所有したいという気持ちが増幅して思わぬ行動に出る礼香の奇行にご注目いただければと思います。 立場や権力を振りかざし、あらゆる姑息な手段を使って全力でアユの足を引っ張ります 笑。 こんなに意地悪な役は初めて・・・。 新たな自分を発見できたら面白いなと思っています。 原作を読まれた方もそうでない方も、みなさまに楽しんでいただける作品になっていると思います。 観終わったあと、きっと誰かに「みた?!」と連絡したくなるはず! 高嶋政伸(大浜役) 大浜は大会社の社長を務めるくらいなので、根本的にはそこまで器の小さい男じゃないと思っています。 でも、マサという人間がいたから会社が大きくなったという事実は認めたくない、マサがいなくてもやっていけると思う反面、本当にいなくなったらどうなるかわからないというコンプレックスもある。 それをマサとアユにぶつけるんです。 アユが売れるとまたマサの力が強くなってイヤだなっていう…そこは器の小さいところですよね。 しかも売れっ子の前だと媚びへつらいます(笑)。 三浦翔平さんはもう完全に役をつかんでいて、たいしたもんだなぁと思いました。 三浦さんとは初日の1シーン目から顔の距離が6cmくらいの近さで激しく対立しました。 完全に負けたら面白くないので、今後も拮抗するくらいエネルギーで激しくぶつかっていきたいですね。 辞任に追いやるまでいろんな計略を巡らせます。 安斉かれんさんもすごく存在感のある方なので、ご一緒するのが楽しみです。 大浜のセリフは、「どうかな~~~~~~~」とか、語尾に「~」が多くて、最初はどう言えばいいのか悩みました。 鈴木おさむさんはバラエティーをメインでやってらっしゃる方なので、知り合いの芸人さんに紙に書いたセリフを見てもらって、どこまでリアルにやればいいのか、どこまで笑いの要素を入れていいのかなど、さじ加減をアドバイスしてもらいました。 一回「~」の部分を鉛筆で消して言ってみたり…。 言い方一つで全然変わってくるので、テストでいろいろやってみて、周りの反応がなかったらそっとやめたり(笑)。 現場はすごく楽しいですよ。 プロデューサーからも「この世界観を楽しんでください」とお言葉をいただいたんですが、まさにおっしゃるとおり! 僕も大浜という役を楽しみます。 脚本家 鈴木おさむ アユとマサの物語「M」。 夢をみなければ何も始まらない。 この原作に大映ドラマのような衝撃なキャラクターも登場するオリジナリティーも足して、新たなシンデレラストーリードラマとしてお届け出来ると信じております。

次の