病院受付 パート。 病院の外来受付のパートの面接。服装について。

大阪市の医療事務・病院受付の派遣求人(仕事)一覧|【リクナビ派遣】人材派遣の求人や派遣会社を探そう!

病院受付 パート

医療事務・病院受付の仕事内容 医療事務の派遣のお仕事は、病院やクリニック、診療所などの医療機関で医師や看護師が行う医療活動以外の部分で、患者さんの接点となるさまざまな事務作業を担当します。 例えば、窓口の応対や、診療後の会計、医師が作成したカルテや処方箋に基づき患者さんが負担すべき診療費の計算を行います。 そのほか診療報酬請求明細書を健康保険組合などに提出する「レセプト業務」と呼ばれるお仕事は、医療事務の重要な業務のひとつです。 レセプト業務や事務作業以外にも、カルテを管理したり、入退院の手続きを行い、看護師の事務作業全般をサポートし、医療現場がスムーズに運営できるようお手伝いします。 派遣での業務が窓口で患者応対に限定されている場合には、「病院受付」という名称で募集が行われているケースもあります。 医療事務・病院受付のお仕事の特徴を紹介 資格・経験・スキルなど 医療事務の派遣のお仕事では、医学や治療に関する専門知識は不要ですが、医療報酬や健康保険といった医療業務に関する知識が必要です。 レセプト業務では、パソコンの専用ソフトを使って処理を行い、迅速に処理ができるようパソコンの基本操作や知識・スキルを求められることもあります。 病院受付の派遣のお仕事は、窓口で患者さんに問診票を記入してもらったり、電話応対、診療後の会計、患者さんの呼び出しなどを担当するため、コミュニケーション力が必要となります。 医療事務・病院受付のお仕事には、資格の取得は必須ではありませんが、医療業界経験者や、メディカルクラーク(R)と呼ばれる医療事務技能審査試験に合格していると、採用に有利になります。 そのほか往診を実施している医療機関の場合には、医師とともに患者さんの自宅に車で向かうこともあり、普通自動車運転免許の取得が条件になっているケースも見られます。 医療事務として総合病院で7年勤務後、現在個人経営の内科・小児科クリニックで勤務3ヶ月目です。 正直、同じ医療事務という仕事でもここまで違うものかと驚きの毎日です。 総合病院勤務のころは規模が大きかったこともあり、業務はシステム化効率化が進んでおりましたが、現在は今までの医療事務業務に加え薬の調合から説明、検査、など…総合病院では検査技師・薬剤師・ケースワーカーが担当していた業務も加わり、手作業も多く、大変なことも多いです。 しかし、直接患者さまと接する機会は現在のクリニックの方が圧倒的に多く以前とはまた違ったやりがいと楽しさ、難しさを実感している最中です。 医療事務を経験する前は一般事務も経験しましたが、事務という仕事に加え医療の一端を担うこともでき、人と接することもできる医療事務という仕事はとても魅力的な仕事だと思います。 大学病院医事課外来係として4年勤務したことがあり、その時派遣として来られた方の指導もしておりました。 通信教育を受けて最初の仕事でこられた方は、午前の病院特有のあわただしさ・忙しさに圧倒されてしまう方が多いです。 看護師さんをはじめ、職員もふだんは優しい方が多いですが、その忙しい時間に指示をうけたりすると、かなりきつく聞こえるときもあります。 それで辞めてしまう方も多いですが、1ヶ月の流れがわかってくるようになれば「医療事務」で学んだことの意味もわかってくるし、知識も増えるので楽しいと思います。 書類申請などの方法・内容も覚えると患者さんにも説明でき、「親切に教えていただいてありがとう」と声をかけられるとやりがいも感じます。 私は資格保有後、総合病院の窓口で会計入力を半年間経験しました。 実務は机上とは比べ物にならないほど検査項目や処理が多く、院内処方だったこともあり薬の種類や分量計算を覚えるのも大変でした。 患者さんも多く忙しいせいか先輩方にも「勉強してきたんでしょ!」と細かに教えてもらえませんでした。 定時近くに点滴患者がいたり、救急車が来れば残業決定ですのでアフター5の予定は立てられませんでした。 先生方や薬剤師もプライドが高く、わからなくても聞きにいける環境でもなく、レセプトの締切近くの休日出勤は当然ですし、主婦のパートとして人気のようですが、好きでなければ出来ない仕事だと痛感しました。 私のいた病院が特別だったのかもしれませんが……。

次の

病院事務・病院受付(医療事務)のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

病院受付 パート

医療事務・病院受付の志望動機のポイント ポイント1:医療事務に活かせる自分のスキル、経験を書く 経験者は、前職でどんな患者さんに対し、どのような対応をしていたのか、受付業務における自分なりの強みを書くといいでしょう。 未経験者は、前職でのどんな経験が、医療事務職で生かせると考えているかを明記しましょう。 ポイント2: 転職で実現したいことを書く 経験者は、病院の規模や科の種類によって勤務先を選ぶことが多くあります。 「地域に根差したクリニックで患者さん一人ひとりに丁寧に対応したい」「複数の科を異動できる総合病院で、幅広い業務経験を積みたい」など、転職の理由を入れるといいでしょう。 ポイント3:経験、スキルをカバーする「学ぶ意欲」を示す 未経験から医療事務に転職するケースは多く、その際、採用側が気になるのは「新しい知識を学ぶ意欲があるかどうか」です。 医療業界ならではの細かなルールが数多くあるため、コツコツと勉強できる資質が必要です。 医療事務・病院受付の志望動機<例文> 医療事務・病院受付経験者の志望動機の例をご紹介します。 転職理由も盛り込みながら、その病院のどんな点に興味を持ったのか、キャリアの中で実現したいことを書きましょう。 今後は、診療報酬請求事務に関してもより知識を深め、幅広い業務を担当できるようになりたいと思っております。 未経験やキャリアが浅い場合 異業種・異職種からの 未経験転職の場合、前職での経験が医療事務の仕事にどう生かされるかをイメージしながら書くといいでしょう。 日々、感謝されることにやりがいを感じる一方、専門的な知識やスキルを身につけられる仕事がしたいと考えるようになりました。 医療事務は、患者さんと直接コミュニケーションをとれる仕事であり、診療報酬請求に関する事務能力など、この仕事だからこそ得られる知識が多くあります。 今後、自分の能力を活かして長く働くことを考え、医療事務を志望しました。

次の

【勤医協 札幌病院】事務スタッフ(受付・会計)のパートの求人情報

病院受付 パート

病院の外来受付のパートの面接。 服装について。 病院の外来受付のパートに応募して面接を受けることになりました。 面接の服装としてスーツがいいだろうと思い、家にあるスーツを出してみたら ・就職活動時に使っていた黒のリクルートスーツ ・大学の入学式の時に着用したグレーのストライプスーツ の2つがありました。 リクルートスーツが無難だとは思うのですが、喪服としても着用したことがあるほど黒いスーツで、病院に着ていくことに気がひけてしまいます。 グレーのストライプスーツは安物で久しぶりに出してみるとジャケットの襟のところのストライプ模様が薄まって無地のようになっていました。 これはさすがにいい印象を与えませんよね……。 真っ黒でも無難なリクルートスーツを着ていくか、ストライプスーツのスカートだけを着用し、上をカッターシャツにカーディガンというスタイルにするか迷っています。 あと、バッグは就活時に使っていたリクルート用の鞄の方が良いでしょうか。 アドバイスをお願いいたします。 補足アドバイスありがとうございます。 実は昨日電話があったのですが、今日すぐに面接ということでスーツを買いにいく暇もなく、困っていたのです。 しかし、今朝ストライプスーツを見てみたら、磨耗していませんでした! しわ伸ばし用に吹きかけたスプレーのあとが無地に見せていただけのようです。 グレーのストライプスーツに白のカッターシャツ、就職活動のときに使っていた黒のパンプスと鞄で大丈夫でしょうか。 本当は買い替えたほうが良いです。 磨耗しているグレーのスーツは論外ですが、黒のスーツも常識的にありえません。 病院の面接でなくても、黒のスーツは仰るとおり、喪服を連想させるのでビジネスシーンには不適当なスーツなのです。 スーツを新しく買えないくらい期日が切迫してるのなら、シャツの色だけでも替えてみたら、いかがでしょうか? パステルピンクにするだけで、喪服臭さは抜けるので、急場はしのげます。 ちなみに、質問者様はお若いと思うであまり急ぐことはありませんが、いくら黒くても黒のリクルートスーツと喪服の黒は違います。 気付いたか分かりませんが、喪服の黒はもっと深くて艶がありません。 黒のスーツというのは、喪服としても不適当なスーツなのです。 つまり、実用性の低いスーツなのです。 日本ではここ数年、ブラックスーツが流行ってますが、ブラックスーツは遊び用のいわゆるモードの服なので、モードが認められる場以外では、マナー違反となります。 日本人は寛容 無知ともいう なので、認められるケースが多いですが、それなりの場に出るときは、マナーを弁えておかないと白い目で見られますよ。 就職できたら、初任給で喪服を準備しておきましょう。 捕捉を拝見して それは良かったですね。 お考えのコーディネートで問題ないと思います。 無事、就職できることをお祈りしています。

次の