遊戯王 アダマシア。 遊戯王 【アダマシア】デッキレシピ岩石族【ビートダウン】

【アダマシア】シンプルなデッキ構築プラン【魔救】

遊戯王 アダマシア

遊戯王ライターの11番です。 【アダマシア】デッキ のカード効果・デッキレシピ・回し方・相性の良いカードなどをまとめていきます。 「アダマシア」は、 「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」で登場する、岩石族・シンクロ召喚のテーマです。 人(チューナー)がデッキを掘り起こし、鉱石(非チューナー)が見つかれば特殊召喚が可能となる、鉱石と探究者をモチーフにしたデッキです。 このページでは、「アダマシア」のカード効果、デッキレシピを紹介し、【アダマシア】デッキの動かし方・回し方や、 相性の良いカードをまとめて解説しました。 このページを読めば、【アダマシア】デッキがどんなデッキで、どのようにデッキを組めばいいのか、どのように強化・改造すればいいのかがわかります。 【アダマシア】デッキを作ろうとしている方は、ぜひデッキ構築の参考にしてください。 「アダマシア」は、「デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ」で登場する岩石族・シンクロテーマのデッキです。 「アダマシア」に関連するモンスター・魔法・罠カードの効果を以下にまとめました。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 自分の手札・墓地から「アダマシア」カード1枚を選んでデッキの一番上に戻す。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 自分の手札・墓地から岩石族モンスター1枚を選んでデッキの一番上に戻す。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から「アダマシア」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 そのモンスターを特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から岩石族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 そのカードを除外する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで 持ち主の手札に戻す事ができる。 めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 その発動を無効にし破壊する。 デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、好きな順番でデッキの一番上に置く。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合には、さらにデッキからレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。 そのカードを破壊する。 その発動を無効にし破壊する。 《魔救の追及者》3• 《魔救の探索者》3• 《魔救の分析者》3• 《魔救の奇石ーレオナイト》2• 《魔救の奇石ーラプタイト》2• 《魔救の奇石ードラガイト》3• 《怒気土器》3• 《コアキメイル・オーバードーズ》2• 《増殖するG》3• 《アダマシア・ラピュタイト》3• 《魔救の息吹》2• 《墓穴の指名者》3• 《魔救の救砕》3• 《魔救共振撃》2 【エクストラデッキ】(13枚)• 《魔救の奇跡(アダマシア・ライズ)ーレオナイト》3• 《魔救の奇跡(アダマシア・ライズ)ーラプタイト》3• 《魔救の奇跡(アダマシア・ライズ)ードラガイト》3• 《クリスタルウイング・シンクロ・ドラゴン》1• 《ヴァレルロード・サベージ・ドラゴン》1• 《水晶機巧ーハリファイバー》1• 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 このカードを手札から特殊召喚する。 このカードを手札から特殊召喚する。 このカードを手札から特殊召喚する。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 《魔救の追及者》は、自分フィールドに「魔救の追求者」以外の「アダマシア」モンスターが存在する場合に手札から特殊召喚効果を発動できるモンスターです。 チューナー・非チューナー問わず、「アダマシア」モンスターさえフィールドに出せれば展開できるため、めくり効果が狙えます。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 《魔救の探索者》は、自分フィールドに岩石族モンスターが存在する場合に手札から特殊召喚効果を発動できるモンスターです。 岩石族モンスターでさえあれば良いため、混合デッキや汎用性の高い岩石族モンスターを採用する場合に特に使いやすいカードです。 召喚権を他の岩石族モンスターに割けるので、様々な組み合わせが広がります。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 《魔救の分析者》は、相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に手札から特殊召喚効果を発動できるモンスターです。 先行時には展開ができないものの、召喚権を使わずに展開できる効果は強力。 レベルも4なので積極的に展開していきたいモンスターです。 《アダマシア・ラピュタイト》(フィールド魔法) …効果の概要:自分フィールドの岩石族モンスターの攻守500アップ。 1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、好きな順番でデッキの一番上に置く。 《魔救の息吹》(通常魔法) …効果の概要:自分の墓地の岩石族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合には、さらにデッキからレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。 《魔救の奇石ーレオナイト》(レベル4モンスター) …効果の概要:「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合、自分の手札・墓地から「アダマシア」カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。 このカードが墓地に存在する場合、自分のフィールド・墓地の炎属性Sモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、好きな順番でデッキの一番上に置く。 《アダマシア・ラピュタイト》は、攻・守アップ効果に加え、デッキからアダマシアカードを5枚まで好きな順番でデッキの一番上に置けるフィールド魔法カードです。 この効果を使って、チューナーモンスターの展開効果や、シンクロモンスターの持つ効果を確実に発動できます。 チューナーモンスターの効果は1体までしか展開できません。 特殊召喚するカード以外はデッキボトムに戻すため、その後の展開やめくり効果を狙う場合は注意が必要です。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合には、さらにデッキからレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。 《魔救の息吹》は、蘇生効果に加えて追加でデッキトップを操作できる魔法カードです。 岩石族モンスターを守備表示で特殊召喚できる上に、「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合はデッキトップからレベル4以下の岩石族モンスターをデッキの1番上に置けます。 シンクロ召喚に繋げて追加効果を活かしてシンクロモンスターのデッキをめくる効果に繋げていきましょう。 自分の手札・墓地から「アダマシア」カード1枚を選んでデッキの一番上に戻す。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 《魔救の奇石ーレオナイト》は、メインデッキに入る非チューナーモンスターです。 鉱石となるモンスターカードは「アダマシア」カードの効果で特殊召喚に成功した場合と、墓地に存在する場合にそれぞれ固有の効果を持ちます。 シンクロモンスター展開後は自身の効果で墓地からデッキトップに置けるため、デュエル終盤にトップ操作カードが無くても各種「アダマシア」モンスターの効果を通しやすくなります。 《魔救の奇跡ーレオナイト》(レベル6シンクロモンスター) …効果の概要:自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から「アダマシア」カード1枚を選んで手札に加える。 相手ターンに自分墓地の岩石族モンスターを特殊召喚。 その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで持ち主の手札に戻す。 1ターンに1度、相手の魔法・罠カードの発動を無効にする。 《魔救の救砕》(通常罠) …効果の概要:「アダマシア」モンスターを任意の数だけリリースし、その数+1枚だけフィールドのカードを破壊。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から「アダマシア」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 そのモンスターを特殊召喚する。 《魔救の奇跡ーレオナイト》は、「アダマシア」カードを手札に加える効果と、岩石族モンスターを蘇生する効果を持ちます。 「アダマシア」は、罠カードにも強力なカードが多く収録されているため、《魔救の奇跡ーレオナイト》で罠を手札に加え、盤面を強化していきましょう。 また、蘇生効果は炎属性モンスターが墓地に存在する必要がありますが、レベル制限などはありません。 蘇生制限を満たしていればシンクロモンスターも特殊召喚可能です。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで 持ち主の手札に戻す事ができる。 めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 その発動を無効にし破壊する。 《魔救の奇跡ードラガイト》は、相手フィールドのカードを手札に戻す効果と、相手の魔法・罠カードの発動を無効にする効果があります。 《アダマシア・ラピュタイト》と組み合わせることで5枚のバウンスが狙えます。 墓地に水属性モンスターがいるだけで魔法・罠カードを無効にできるため、先行で置いておくのも後攻から巻き返すにも強力な【アダマシア】のエースモンスターです。 《怒気土器》 …相性の良いポイント:使いやすい下級展開モンスター。 同パックに収録。 《シューティング・スター・ドラゴン》 …相性の良いポイント:フィールド魔法と合わせて5回攻撃も簡単に狙える。 構築を寄せる必要あり。 《コアキメイル・オーバードーズ》 …相性の良いポイント:召喚権を比較的自由に使えるため、優秀な岩石族モンスターは積極的に採用したい。 《クリスタルウイング・シンクロ・ドラゴン》 …相性の良いポイント:6+2で狙いやすい強力シンクロモンスター。 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》 …相性の良いポイント:制圧力が圧倒的な8シンクロ。 ハリファイバーを経由したい。 「コアキメイル」 …相性の良いポイント:維持コストの岩石族を見せるのが苦にならず、「コアキメイル」モンスターに召喚権を回しても展開可能なため。 1 :手札の岩石族モンスター1体を捨てて発動できる。 そのモンスターと元々の属性・レベルが同じ岩石族モンスター1体を、 デッキから表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。 《怒気土器》は、岩石族モンスターを手札から捨てることでデッキからモンスターを展開する効果を持つモンスターです。 レベルが2ということもあり、6・8シンクロを2・4で作る「アダマシア」デッキとの相性は抜群です。 同パックに収録されているため、セットで採用してみましょう。 自分のデッキの上から5枚めくってデッキに戻す。 このターンこのカードはめくった中のチューナーの数まで攻撃できる。 2 :1ターンに1度、フィールドのカードを破壊する効果の発動時に発動できる。 その効果を無効にし破壊する。 3 :1ターンに1度、相手の攻撃宣言時に攻撃モンスターを対象として発動できる。 フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。 4 :この 3 の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。 このカードを特殊召喚する。 《シューティング・スター・ドラゴン》は、自分のデッキの上から5枚めくってチューナーの数まで攻撃ができるシンクロモンスターです。 《アダマシア・ラピュタイト》と合わせることで5回攻撃が確定になります。 展開力が十分にあり、岩石族縛りがない「アダマシア」であれば、展開はさほど難しくはありません。 または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。 1 :相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に、 このカードをリリースして発動できる。 それを無効にし、そのモンスターを破壊する。 《コアキメイル・オーバードーズ》は、自身をリリースすることで相手の召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にできるモンスターです。 維持コストとして手札の岩石族モンスターを見せる必要がありますが、岩石族モンスターで統一された「アダマシア」であれば簡単にクリアできます。 召喚権を自由に使いやすいこともあり、メタ効果の強力な「コアキメイル」との相性は良さそうです。 その発動を無効にし破壊する。 この効果でモンスターを破壊した場合、 このカードの攻撃力はターン終了時まで、 この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。 2 :このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。 このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、 戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。 《クリスタルウイング・シンクロ・ドラゴン》は、相手のモンスター効果を無効にできるシンクロモンスターです。 レベル6シンクロモンスターに2チューナーを用意することでシンクロ召喚が狙えるため、「アダマシア」では特殊召喚を狙えるチャンスが多くなります。 《魔救の奇跡ードラガイト》では魔法・罠しか止められないため、同時に並べられれば強力な盤面が完成します。 1 :このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。 自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、 装備カード扱いとしてこのカードに装備し、 そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。 2 :このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。 3 :相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にする。 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》は、墓地のリンクモンスターを装備し、リンクマーカーの数分のカウンターを置き、カウンターを取り除くことで相手が発動した効果を無効にできるシンクロモンスターです。 強力な制圧効果を持ち、素材条件も特にないため積極的に狙いたいモンスターです。 《水晶機巧ーハリファイバー》を経由してシンクロ召喚を狙いましょう。 相性の良いおすすめテーマ 「コアキメイル」 「コアキメイル」は、「レイジング・バトル」で登場した維持コストが必要な代わりに強力なメタ効果を持つモンスターで構成されたテーマです。 それぞれ自身と同じ種族のモンスターをエンドフェイズに手札から見せるか、《コアキメイルの鋼核》を手札から墓地に送る必要があります。 岩石族モンスターは4種存在し、それぞれ相手を妨害する強力な効果を持ちます。 召喚権を「アダマシア」以外に回しやすいからこそ、無理なく採用が可能です。 自分で情報を調べる必要がないので、とってもラクチンですよ。 今だけ参加特典として、 きりぶろLINE限定情報をプレゼント中。 すでに 6,000人以上のデュエリストが参加しています。 【アダマシア】デッキは岩石族モンスターしか展開できないといった縛りが無く、様々な盤面が作れそうな期待の高まるテーマです。 岩石族であれば無理なく組み込めるため、今後も岩石族テーマが出る度に強化が期待できます。

次の

【遊戯王OCG】ゼロから覚える「魔救(アダマシア)」テーマデッキ紹介

遊戯王 アダマシア

1 の固有 2 の固有 6 めくったアダマシア1枚をに のの1体を (のみ可能) めくった1体をで のの1枚を (のみ可能) 8 めくったの数までを ののと• 属するは攻守の合計値が2200であり、は攻守のどちらかが2200である。 の登場からこのの成立までの12年もの間、のはとのみしか存在せず、に至っては1体も存在していなかった。 初のを輩出し、を主戦力とするこのの登場は非常に革新的であると言える。 公式サイト「遊戯王. jp」では「を操作してさまざまなを発揮する、テーマ」と紹介されている。 また、公式サイトの商品紹介ページの解説文では「奇石」と「奇跡」が太字となっており、同音であることを洒落としている模様。 加えてのを「を鉱山に見立てて発掘するような」としており、このあたりはらしいといえるだろう。 そういった事もあってか、人間のが存在するではあるが、それらのも全てとなっている。 これは等と言ったも言えるが、彼らとは違って筋肉質な体を持っている訳では無いため異例と言える。 「のを上からに送ったりしたりして枚数を減らす事」を俗に「を掘り進める」という。 この辺りがこのテーマのモデルかもしれない。 公式Twitterやのポスターでは、このテーマを「奇石を巡る奇跡の物語」と紹介している。 および公式サイトでは基本的に「魔救」の字が充てられている。 なお、「魔救」を逆さ読みした言葉を含む・というが存在しているが、関連性は不明。 あちらはに関連しているための関連性は薄く、描かれている人物・動物もこちらののとは一致しない。 一方でに描かれた洞窟はに描かれている洞窟と似ており、のにある青い巨石はと類似している。 「」は、ダイヤモンドや宝石や金属など非常に堅固な物質を示すのに使われる語であり、日本語では「金剛」の和訳を当てることが多い。 は、上記の「adamant」に、「解放する者」を意味する「emancipator」を重ねていると思われる。 このはに対するデモンストレーションを兼ねており、ではないにが出せるようになった事を見せている。

次の

遊戯王アダマシア(魔救)おすすめ相性の良いカード・テーマ(カテゴリ)

遊戯王 アダマシア

人型の「アダマシア」が様々な岩石族を呼び出すことで多様な展開を可能とするためデッキビルダーの腕がなるテーマ性となっています。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 自分フィールドに同名以外の「アダマシア」モンスターが存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター( チューナー) フィールドに「アダマシア」がいなくても、レベル6シンクロの「アダマシア」を出すことができれば切り札の《魔救の奇跡ードラガイト》のシンクロ召喚まできれいにつながります。 共通効果により、そのままシンクロ召喚やリンク召喚につなげることが【アダマシア】の基本展開となります。 シンクロ召喚はやや不安定になりがちなので、リンク召喚も組み込みたいところ。 レベルが低いため《ブロック・ドラゴン》のサーチ先として抜群の相性を誇り、後述する他の「アダマシア」チューナーと一緒にまとめてサーチできます。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 自分フィールドに同名以外の岩石族モンスターが存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター( チューナー) 「アダマシア」モンスターの中でも特に条件が緩く扱いやすい。 《御影志士》や《怒気土器》からこのカードをサーチすることで即座に特殊召喚できるのも強みの1つ。 【アダマシア】以外の岩石族との親和性も高いため、できるかぎり積みたいカードです。 岩石族汎用サポート《岩石の伴兵》はレベル3なので、このモンスターと合わせて《ナチュル・ビースト》をシンクロ召喚できることも覚えておくといいかも? それから下級「アダマシア」はステータス合計が2200で統一されているので《魂の造形家》で相互サーチもできます。 このカードを手札から特殊召喚する。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター( チューナー) 《サイバー・ドラゴン》条件で特殊召喚できる待望のレベル4チューナーです。 《御影志士》をエクシーズ召喚できれば、任意の岩石族をサーチできるためデッキの安定感も増します。 【アダマシア】以外のデッキでも広く使えそうな性能ですね。 自分の手札・墓地から「アダマシア」カード1枚を選んでデッキの一番上に戻す。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 「アダマシア」の効果で特殊召喚した場合、手札・墓地から「アダマシア」カード1枚をデッキトップへ置くことができるモンスター 「アダマシア」魔法・罠も可能です。 《デーモンの宣告》で疑似サルベージとしたり、《モンスター・スロット》や《真実の名》を成功させるための布石にもなります。 基本的に奇石の「アダマシア」は各1枚ずつの採用で十分です。 自分の手札・墓地から岩石族モンスター1枚を選んでデッキの一番上に戻す。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 「アダマシア」の効果で特殊召喚した場合、手札・墓地から岩石族1体を選んでデッキトップへ置くことができるモンスター 岩石族全般に触れられるため、汎用性は高い。 ただし、デッキトップに戻すのは「アダマシア」の展開コンボありきなので、妨害されると結構つらい。 最低限1度は妨害されても動けるような手札の時に発動を心掛けること。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、このカードをデッキの一番上に戻す。 「アダマシア」の効果で特殊召喚した場合、1ドローできるモンスター 目に見える形でアドバンテージをとれるため他2種よりも採用しやすい。 デッキトップを操作できる【アダマシア】では普通のデッキよりも1ドローの役割が大きくなります。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から「アダマシア」カード1枚を選んで手札に加える事ができる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 そのモンスターを特殊召喚する。 デッキの上から5枚めくり、その中から「アダマシア」カード1枚を選んで加えることができるモンスター 《魔救の奇石ーレオタイト》の効果を使った後にシンクロ召喚すれば、そのまま疑似サーチとなります。 単純に性能の高い《魔救の探索者》や蘇生の《魔救の息吹》をサーチすることでさらなる展開が可能です。 また、 相手ターン中に墓地に炎属性モンスターが存在すれば 岩石族1体を蘇生できるため、後続の確保も可能。 岩石族には特殊召喚封じの《フォッシル・ダイナ・パキケファロ》や各種効果を無効にする「コアキメイル」など下級にも粒ぞろいのため、妨害に貢献できます。 炎属性の用意はやや難しいですが、《ジェット・シンクロン》や《灰流うらら》あたりが安定して狙いやすいでしょう。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中から岩石族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 そのカードを除外する。 デッキからカードを5枚めくり、その中から岩石族1体を守備表示で特殊召喚できるモンスター レベル指定や効果無効がないため、かなり強力。 よく読むとチューナー以外とは書かれていないため、このターンに効果を使っていない「アダマシア」チューナーを呼び出すことでさらに展開ができます。 【アダマシア】の大量展開の要とも言えますね。 こちらは 相手ターン中に墓地に風属性が存在すれば 墓地のカード1枚を除外できるため、妨害性能もそこそこ。 岩石族に風属性は皆無なので《幻獣機オライオン》や《小夜しぐれ》などを用いるのがよさそうです。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで持ち主の手札に戻す事ができる。 めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 その発動を無効にし破壊する。 デッキの上から5枚めくり、その中の岩石族の数まで相手フィールドのカードをバウンスできるモンスター 対象を取らない破壊以外の除去なので信頼度は高く、切り返しとしては申し分ない。 《アダマシア・ラピュタイト》の効果を事前に使っておけば、驚異の5枚バウンスも簡単に決められます。 さらに 墓地に水属性モンスターが存在すれば、魔法・罠の発動を無効にして破壊できるため制圧力も十分。 《水晶機巧-ハリファイバー》や《星杯の巫女イヴ》を展開に組み込むことで容易に達成できるのもえらい。 《ブロック・ドラゴン》と合わせて並べれば効果破壊もされないので強固な盤面を保つことができます。 デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、好きな順番でデッキの一番上に置く。 岩石族のステータスを500ずつアップできるカード また、 デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選びデッキトップに置くこともできます。 単純にステータスアップできるというのもなかなか侮れず、もともと攻撃力の高い「コアキメイル」がATK2400となり、《フォッシル・ダイナ・パキケファロ》がATK1900となります。 【アダマシア】との相性はあまりよくありませんが、《同胞の絆》を採用する岩石族の場合は重宝するでしょう。 また、デッキトップを5枚分操作できるため、「アダマシア」の効果をさらに安定させることができます。 《繁華の華笑み》や《狂戦士の魂》《シューティング・スター・ドラゴン》など生半可なデッキでは扱うことができないカードたちを輝かせる稀有なカードでもあります。 そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 この効果で「アダマシア」モンスターを特殊召喚した場合には、さらにデッキからレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く事ができる。 墓地の岩石族1体を守備表示で特殊召喚できるカード 追加効果:デッキからレベル4以下の岩石族1体をデッキトップへ置ける 効果を無効にしないため、高速でデッキを掘り進める【アダマシア】では1ターン目から展開に貢献します。 《魔救の奇石-ドラガイト》を蘇生した場合は任意のレベル4以下岩石族サーチにもなります。 近年の汎用カードとしては珍しく 名称ターン1制限がついていないため、3枚積んでも腐りにくいのも評価できますね。 そのカードを破壊する。 自分フィールドの「アダマシア」モンスターを任意の数だけリリースし、その数+1枚までフィールドのカードを破壊できるカード 「アダマシア」専用の《ゴッドバード・アタック》のようなもの 除去できる罠はほかにもいろいろあるのでサーチ・サルベージできる点を活かしたいところではありますが、そこまでして使いたい性能ではないので採用は見送ってもOKです。 その発動を無効にし破壊する。 「アダマシア」専用のカウンター罠 条件はそこそこ厳しいものの、サーチ・サルベージができるので使いまわせるなら悪くない。 1枚だけ採用して《アダマシア・ラピュタイト》で疑似サーチしてくるのが無難ですね。 使うのは難しいけど、使われるとこの上なく面倒なカードな感じがします。 基本的に「アダマシア」チューナー3体をサーチできれば、よほどのことがない限りデッキが回るのでまずはそこを目指します。 《魔球の奇跡ードラガイト》で大量バウンス&制圧しつつ、盤面をより強固にしていく。 順調に戦っていくとデッキの岩石族の比率が徐々に下がってくるため、こちらがジリ貧になっていきます。 中盤以降は《大欲な壺》や各「アダマシア」の効果でデッキを操作しつつ戦うことになります。 手札から「ズババ」モンスターまたは「ガガガ」モンスター1体を特殊召喚する。 このカードを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 召喚時に「ゴゴゴ」を墓地から蘇生できる《ゴゴゴジャイアント》とともに【アダマシア】に出張させることで非チューナー側の岩石族を充実させつつ、1枚で戦線補強に役立てることができます。 ランク4には岩石族の強い味方《御影志士》がいるのでさらにデッキの安定度が上がります。 【アダマシア】はシンクロ召喚デッキですが、エクシーズ召喚もアクセントに加えてみるのも面白いかもしれませんね。 《ブリリアント・フュージョン》 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。 このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。 デッキから融合素材を墓地へ送り、「ジェムナイト」融合モンスターを融合するカード 【アダマシア】に欠かせない《ブロック・ドラゴン》を墓地へ送るアクセス手段&初動を任せることができます。 「ジェムナイト」も岩石族を含むテーマのため、複数枚採用しても邪魔になることはありません。 光属性のモンスターを素材にすれば通常召喚を増やせる《ジェムナイト・セラフィ》を融合召喚でき、さらに展開に貢献することができます。 上記のエクシーズ召喚の戦術と混ぜるのは難しいですが、こちらもなかなか有力な構築プランだと思います。 その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。 そのリリースしたモンスターを融合素材とする闇属性の融合モンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。 自身と自分フィールドのモンスターをリリースすることでEXデッキから融合モンスターを特殊召喚できるモンスター (融合召喚扱いではないため蘇生制限は満たさない) これまでアクセス手段の少なかったこのカードですが、【アダマシア】ではデッキを掘り進めて容易に特殊召喚することができます。 フィールドに出すことができたなら、ドラゴン族を用意して《超魔導竜騎士ードラグーン・オブ・レッドアイズ》を特殊召喚できます。 ちなみに【アダマシア】では《ドロドロゴン》のルートも楽に組み込めるため、想像以上にドラグーンビートしやすいです。 《ブロック・ドラゴン》で《追求者》《探究者》《分析者》をそれぞれサーチ (ここが最も重要で展開の中心となります) 1.《分析者》を通常召喚。 《探究者》を自身の効果で特殊召喚して、《分析者》の効果を発動。 デッキからレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚し、《分析者》と一緒にリンク素材にして《水晶機巧ーハリファイバー》をリンク召喚。 デッキから《幻獣機オライオン》を特殊召喚する。 2.《探究者》の効果でデッキから《岩石の伴兵》を特殊召喚(すでに1. で墓地にいる場合でもOK)。 呼び出した岩石族と《幻獣機オライオン》で《TG-ハイパー・ライブラリアン》をシンクロ召喚。 トークンを1体生成。 3.《探究者》を手札から特殊召喚。 効果でデッキからレベル3の岩石族モンスター1体を特殊召喚。 《岩石の伴兵》を蘇生させて《星杯の巫女イヴ》をシンクロ召喚。 1ドローしてデッキから《星遺物を継ぐもの》をサーチ。 《イヴ》とレベル3岩石族で《魔救の奇跡ードラガイト》をシンクロ召喚。 さらに1ドローし、バウンス効果を使用。 ここでターンエンド。 (相手ターン) 《ハリファイバー》の効果で自身を除外して《フォーミュラ・シンクロン》をシンクロ召喚し、2ドロー。 《ハリファイバー》+《巫女》+《ライブラリアン》で《氷結界の龍 トリシューラ》をシンクロ召喚し、相手の手札・フィールド・墓地を1枚ずつ除外する。 【アダマシア】は回り始めると様々な展開が可能です。 《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》も意外と簡単に出せてしまいます。

次の