頭 が ぼーっと する 眠い。 頭痛と眠気がする5つの原因と対処法をご紹介!

頭がぼーっとする5つの原因!病気だとめまい・眠い症状がある!?

頭 が ぼーっと する 眠い

「頭がぼーっとする」「頭が回らない」「頭がふわふわする感じがする」という状況に悩まされる方は多いでしょう。 睡眠時間が多く取れたのにも関わらずなかなか集中できなかったり、返事や思考にいつもより時間がかかったり…「私…今頭働いてないな…」と感じることがあります。 頭が働かず集中できないときは、自分の身体を無理に起こそうとするのではなく、原因を突き止め対処法を試していくことが最も大切です。 また、それでも改善しない場合には病院に行く必要があるケースもあるので、注意が必要です。 今回は、その 「頭がぼーっとする状態になる原因」「ぼーっとしている状態から抜け出す方法」をご紹介していきます。 仕事のパフォーマンス最大化のためにぜひ実践してみましょう! Contens• こんな症状がある人は要チェック!「頭が働かない状態」 「頭がぼーっとしている」と感じる人は、下記のような状態に当てはまるのではないでしょうか? 今回の記事では、下記のような状態になっている人向けに対処法をご紹介しています。 それぞれの状態について見ていきましょう。 また、場合によっては病気である可能性があります。 病気のケースは記事後半でご紹介していますので、この記事でご紹介していることを実践しても改善しない場合は、ほかの原因を疑いましょう。 1 目が覚めるまでに時間がかかる 朝に早く起きる習慣は仕事の都合上身についてはいるものの、起きてから頭がはっきりするまでに時間がかかる方は多いでしょう。 朝起きてからはっきりと意識が持てるときよりも、通勤時間から午前中まで、 なんだか起きた心地がしないという感覚に襲われると「頭がぼーっとしている」と感じますよね。 2 頭が冴えず仕事のやる気が出ない 作業的なことはある程度できるけど、考えながら取り組まなければ行けない作業や、人と会話をするときに頭が冴えず、いつもどおりの自分らしく行動できない…と感じるパターンがあります。 頭が冴えずいつものパフォーマンスを発揮できないために、「今日の自分はダメだな…」と感じてしまい、やる気やモチベーションも下がってしまうという結果になってしまいます。 単純に睡眠不足である可能性もありますが、精神的に疲れていたり、脳が疲労状態にあることが考えられます。 3 頭がぼーっとして作業や仕事に集中できない 何をしていてもとにかく頭がぼーっとしていて、まったく仕事が手に付かないというケースもあります。 また、午前中だけではなく午後までその状態が続くなど、頭が働かない状態がずっと続くパターンも多いです。 いつもなら1時間で終わることが2時間かかったり、同じ時間でこなせるもののなぜか集中できていない気がする…というときは、 精神的・身体的に疲労状態にあると考えられます。 4 めまいや目が重い、「頭がふわふわした感覚」に襲われることがある 頭がただぼーっとしていて集中できないだけではなく、頭がふわふわしている状態になったり、めまいの症状がひどくなっているというケースもあります。 1〜3に比べて、 めまいやふわふわした感覚になっているときは危険な場合があります。 特に、下記に当てはまるめまいやふわふわ感を感じている方は、「仕事を休む」「病院に行く」ことを最優先にしましょう。 身体がフラフラしておりまともに歩けない• 立ちくらみのような状態が続いている/いつもより頻繁に起こる• 気が遠くなり倒れそうになる• 勝手に身体が揺れたり、フラつく• 周囲がぐるぐると回る感覚に襲われる めまいと言っても、その種類は様々です。 また、 頭がふわふわしている感覚に陥っているときは、熱中症や意識障害を疑う必要があります。 めまいや意識が遠のく症状があるが仕事に行かなければいけない…という方でも、最低限友達や家族、同僚にもしものことがあったらすぐに救急車を呼んでもらえるようにするなどの対策が必要です。 5 頭が回らず仕事ができない 物事を考えられる体力はあるはずなのに、複雑な物事を考えることができない感覚に陥ってしまうことがあります。 計算ができない、言葉がなかなか出てこないなど、正常な思考力がないことを自覚できているのにも関わらずどうしようもないという状況です。 では、下記では病気ではなく生活習慣や慢性的な睡眠不足・疲労によって起きる「頭が働かない状態」の原因と解決策を解説していきます。 まずは、原因から探っていきましょう。 「頭が働かない/回らない状態」の原因とは何か? 「頭が働かない状態」は、健康状態やストレス、その他の生活習慣に大きく影響されて起きることであることが分かります。 頭が働かない理由は、下記の原因に分けることができます。 もしあなたに当てはまっている部分があれば、対処法をもとに改善するべきです。 1 眠りが浅く二度寝するタイプである/寝不足・睡眠不足である 「二度寝」は代表的ですが、「脳が覚醒していない状態」が起きやすい生活をしていると、何事に関してもまともに取り組むことができません。 二度寝する人は、休日に「寝すぎてしまう」ということもあるでしょう。 睡眠や起床時間のリズムなどでバランスが悪い生活を続けていると、 本来出すことのできる一定のパフォーマンスを発揮することができなくなります。 「7時間半」はおおよその人に必要な睡眠時間と言われていますが、時間に対して深い眠りに落ちている時間自体が少ない可能性があります。 睡眠の質が悪い結果、睡眠時間は問題がなくても 「ぐっすり眠れていない」ということもあるのです。 睡眠不足が慢性化していると、下記のような症状に陥ります。 8時間以上眠っても前日の疲れが取れないと感じる• 朝の目覚めが極端に悪い• 睡眠時間は足りているのに日中に眠くなる• 「よく寝た」と感じることがない 休日に寝だめしているから大丈夫…という方がいますが、睡眠はまとめて取ることはできず、毎日質の高い睡眠を維持することが大切です。 人は、自分が意識しているよりも睡眠不足によって大きなダメージを負います。 自分でも分かるほどに睡眠不足の症状が分かる状態であるということは、それほど大きなダメージをあなたが負っていることと同じなのです。 2 脳のエネルギー不足 私たちの「脳」は 「大食いの臓器」と呼ばれます。 具体的には、 ブドウ糖を1日に120g消費しています。 「脳に栄養を与えよう!」と意識している人はほぼいないと思います。 普段はそんなことは考えませんよね。 しかし、きっちりと寝起きをしているのにもかかわらず「ぼーっとする」ことが多い方は、脳のエネルギー、つまり糖質(ブドウ糖など)が足りないことも考えられます。 糖分という言葉には明確な定義がなく、甘いものやごはんなどの、糖質食品を指す曖昧な言葉です。 対して「糖質」とは、炭水化物から食物繊維を除いたものという定義があり、私たちが日々の活動で消費する「エネルギーの元」となっています。 引用: 糖質を上手に摂ることによって、頭に使うエネルギー源を確保することができます。 3 ストレスにより「脳疲労」が起き、前うつ状態に近くなっている 「悩み」「考えごと」…これらは決して感情的につらいだけではなく、脳の機能にも影響を与えています。 具体的には、脳の「大脳皮質」「大脳旧皮質」が、 外部から受け取った情報(悩みや考えごと)の過剰に受け取ることによって、その機能を低下させるのです。 現代は「情報社会」。 よって、仕事に限らずプライベートや趣味でも、受け取る情報はたくさんあるでしょう。 現代人共通の悩みかもしれませんね。 そういった、悩みや考えごとによる脳の機能低下を「脳疲労」と呼びます。 「根性が足りない」「メンタルが弱い」と感情論で否定されがちなメンタル面の悩みや考えごとですが、実は運動した後身体が疲れるように、脳も疲れを起こすことが分かっています。 また、よくいわれる「うつ」「前うつ」というのも脳疲労と関係しています。 脳疲労状態が蓄積すると、「脳不調」という状態に陥ることがあり、これを「前うつ病状態」と呼ぶのです。 そのため、定期的に脳の疲れを癒やすことを考えなければなりません。 脳もメンテナンスが必要なのです。 4 低血圧によるめまい・高血圧による頭痛 低血圧の体質が原因でめまいを引き起こし「頭がぼーっとする状態」を作っていることがあります。 一方、高血圧の場合には頭痛を引き起こす可能性があります。 低血圧・高血圧の場合それぞれについて見ていきましょう。 低血圧のめまい 低血圧の場合、 血圧がもともと低いために身体が疲れやすく、ふらついたり意識が遠のいたり…といった心身の不調をきたしてしまうことが多いです。 これは、何となくイメージがつく話ですよね。 特に、夏の暑い日に外回りをしているときや、室内に熱がこもり暑いときは、低血圧の人にとって「頭がぼーっとする状態」を引き起こす原因になります。 また、低血圧の方の中にも個人差によって様々な症状が出てきます。 具体的には、下記のような症状です。 肩こり・頭痛• 耳鳴り• 冷え・むくみ• 立ちくらみ• めまい• 動悸が激しくなる• 目の前が暗くなる• 身体が全体的にだるい• お昼ごはんを食べたあとや運動したあとに血の気がひく このような症状が続いていると、頭がぼーっとしているのと同じ感覚になります。 高血圧の頭痛 高血圧の場合、低血圧のケースよりもはっきりと症状が分かります。 頭がぼーっとするだけではなく、頭痛が伴う場合には、血圧が高いことによる頭が働かない状態になりがちです。 すでに高血圧であると診断されている方であれば、風邪を引いていたり、身体的な疲労が溜まっているときに、頭痛が引き起こされる場合があります。 このように、低血圧・高血圧と身体的な特徴・性質がもとになって頭が働かなくなることもあるため、注意が必要です。 5 運動不足による頭痛・肩こりなどの身体の不調 低血圧や高血圧とは関係のない頭痛や肩こりなど首周辺の不調が原因で頭が働かなくなるときもあります。 人の頭は体重の10分の1の重さがあり、デスクワークが多い人や長時間同じ姿勢で作業する仕事についている方は、こういった首・頭の重さに耐えられなくなり、 筋肉に痛みを感じてしまうことがあります。 また、「頭がふわふわする」というケースでも同様です。 長時間スマホゲームをしているなど、長時間肩周りに疲労が溜まっていく状態をキープしていると、当日や翌日に肩こりとなって現れます。 その結果、 肩周りの筋肉にある欠陥が収縮してしまい、脳が酸欠を起こすのです。 6 風邪 血圧や生活習慣などに起因する「頭がぼーっとする」以外にも、シンプルな原因としては「風邪」が考えられます。 風に関しては頭が働かない状況から抜け出すまでに、療養が必要になります。 また、症状によっては医師の診察を受けることが望ましいでしょう。 下記では頭がぼーっとする状況に対して対処法をご紹介していますが、倦怠感がひどい場合など体調不良が著しい場合は無理をせず、体を早く休ませることに専念しましょう。 さて、「脳が働かない原因」についてみてきました。 (1)~(3)のどれかに当てはまっていれば、「頭が働かなくなる条件」がそろっていることになります。 では次に、 頭が働かない状態を改善する方法をご紹介します。

次の

うつ状態かも?仕事中、頭がぼーっとする、集中できない原因は?

頭 が ぼーっと する 眠い

そもそも、自律神経とは 自分の意思でコントロール(制御)できない 神経です。 (ex. 汗をかく、鳥肌が立つ、瞳孔が縮まる、ヨダレが出る、顔が赤くなる、鼓動が早くなる…その他色々) 身体内部の情報や、外部の刺激を受けて、身体を正しく健康的に調節・制御する神経です。 当然、それらの神経は私たちの意思とは関係なく作動しています。 それに対して、「体性神経」(運動神経など)は自分の意思でコントロールできる神経です。 (ex. 手を曲げる、口を開ける、目を閉じる・・・などたくさん。 ) 自律神経失調症とは 自律神経失調症とは、それらの調節・制御機能が不調になった結果、様々な症状が繰り返し出現したり改善したりする疾患と言えます。 代表的な体の症状としては以下のようなものがあります。 これらの症状のうち、いくつかが同時に出現したり、ある症状が治ったら別の症状が出たりなど、複雑な臨床症状が見られます。 体が疲れやすい、朝起きられない 頭がふらつく、ふわふわする、頭が重い、ズキズキする 体温の異常(微熱が続く、低体温など) 睡眠の異常(夜眠れない、日中眠いなど) 耳鳴り、耳が詰まった感じ、喉が詰まった感じ、喉の異物感、口が渇く、口の中が痛い 動悸、息切れ、胸の痛み、圧迫感、締め付け感、息を吸い込めない感じ、空気が足りない感じ 胸やけ、ゲップ、吐き気、腹部膨満、ガスが溜まる、便秘、下痢 頻尿・残尿感、排尿しにくい 手足のしびれ 、 力が入りにくい 、手足がひえる、ほてる 首や肩の筋肉のこり、膝などの関節の痛み、だるさ 皮膚や粘膜のかゆみ、だるさ 症状が特定の部位・器官に表れている場合には別の疾患名がつけられることもあります。 一見関連のないような多彩な症状が繰り返し出現したり、回復したりする場合に、「自律神経失調症」と診断されることが多いようです。 もちろん、それと紛らわしい症状をきたす疾患が多数ありますので、一概に「ストレスで自律神経がやられた」などと自己判断しては危険なケースもあります。 糖尿病、甲状腺疾患、咽頭・喉頭がん、食道・胃・大腸がん、脳腫瘍、狭心症、心筋梗塞、膠原病、など発見が遅れると好ましくない疾患が隠れているケースも少なからず存在しますので注意が必要です。 自律神経失調症の原因は? 残念ながら、原因を特定することは非常に困難です。 「ストレスが原因」と片付けられることが多いと思いますが、現代社会に生きる大部分の人に多かれ少なかれストレスがかかっているはずです。 発症する人としない人に分かれるのは、その人の生まれ持った体質、性格、思考パターン、育った環境、などが影響していると考えざるを得ません。 季節、気圧、気温、湿度などの変化によって体調を崩す人もいれば、全く変わらない人もいます。 職場で嫌なことがあっても全く動じない人もいれば、ぐったり身体症状・精神症状が出てしまう人もいます。 その他、混同されやすい疾患 心身症、神経症、うつ病、などと間違われやすいですし、区別が困難なケースも多々あります。 心身症というのは、心配事、不安感、恐怖感、などが原因となって様々な身体症状を来す病気をまとめた呼称ですので、自律神経失調症は「心身症の一部」と言うこともできます。 神経症というのは、パニック障害、強迫性障害、不安障害、心気障害などを含み、それらも動悸やめまい、頭痛などを伴いやすく厳密に自律神経失調症と鑑別するのが困難なこともあります。 うつ病というのは、いわゆる「抑うつ状態」が目立ち、意欲・関心・興味の低下や、時に死に関する思考を持つなど精神症状が主体ですが、頭重感やめまい感、不眠症などの身体症状も伴うことが非常に多いようです。 治療法 生活習慣(食事・睡眠・労働)に問題がないかチェックを行い、必要に応じて修正指導します。 思考パターン、認知パターン、行動パターンのチェックを行い、必要に応じて修正指導します。 ビタミンB・C、亜鉛、マグネシウム、鉄、カルシウム、アミノ酸、脂肪酸の摂取など、食事指導を徹底します。 薬物治療(各種ビタミン、自律神経調節剤、漢方薬、抗不安薬、抗うつ剤)を症状に合わせて処方します。 必要に応じて休養指示をすることもあります。 現代人には多くのストレスが取り巻いており、自律神経の不調を来しやすいのではないでしょうか。 自分は大丈夫、と思っていても実は自律神経が不安定になっているかもしれません。 重大な疾患が隠れているケースも存在しますので自律神経失調と決めつける事も危険です。 気になる症状がある方は一度ご相談下さい。

次の

頭痛と眠気がする5つの原因と対処法をご紹介!

頭 が ぼーっと する 眠い

「仕事中、頭がぼーっとして仕事に全然集中できない・・・」 「ぼーっとした時、目の前がかすんで見えるようになった・・・」 「眠くないのに、頭がぼーっとする・・・」 このような症状に悩まされている方はどれほどおられるでしょうか。 ただ、頭がぼーっとするだけなら、 「風邪、熱気味かな?」 「今日は、ただ調子が悪いだけかな?」 「昨日、飲みすぎたかな?」 といったように、あまり気にしない方のほうが多いのではないかと思います。 しかし、次第に頭がぼーっとする時間が長くなったり、仕事に全く集中できなくなってくると、「もしかして、うつかな?」と心配になってくる方もいるのではないかと思います。 そこで、本記事では仕事中に頭がぼーっとする、集中できない時に考えられる原因をまとめますので、症状に悩まされている方はご参考ください。 日頃の疲れが溜まっている? 特に頭を使うようなデスクワークだと、日頃から頭を使うので、脳が疲労が溜まっていきます。 その疲れがうまく取れていない場合だと、脳への疲労が蓄積していき、脳が十分に働いていない可能性があります。 また、疲労は、仕事をする時の姿勢なども関係してくるので、デスクワークの方は、自分がきちんとした姿勢で仕事をしているか、ぜひチェックしてみてください。 眠気のせい?睡眠不足? 仕事が忙しくなると、睡眠不足になりがちです。 また、仕事から帰る時間が遅いと、床についた時、まだ頭が覚醒状態(仕事モード)で、なかなか眠れないという方も少なくはないと思います。 睡眠不足だと、脳の休息がきちんと取れず、頭が働きません。 その結果、頭がぼーっとして集中できていないという可能性があります。 仕事の整理が出来ていない? 仕事がありすぎて、何から手をつければいいかわからない・・・ といった状況になったことがある方も少なくないと思います。 特に、膨大な仕事がある人や先が見えない仕事を担当した人などは、頭の整理がしづらく、このような状況に直面することがあるのではないでしょうか。 仕事の整理というのは、頭の整理でもあり、頭が整理できていない状態だと、人によって、2パターンの状態になるのではないかと思います。 1つ目は、頭がパニックを起こすパターンです。 これは、やることが多すぎて頭を整理できず、とりあえず、目の前のできるところから闇雲に手をつけるといったような状態です。 2つ目は、頭の思考が停止するパターンです。 これは、何から手をつければいいかわからない、何から始めればいいのかわからないといったような状態です。 そして、頭がぼーっとしたり、集中ができなくなるのは、2つ目の状態である可能性があります。 難題にぶつかっている? これは、難しい仕事を任された人、自分の能力を大きく超える仕事を割り振られた人などが直面しやすいことだと思います。 難題にぶつかるというのは、高い壁の前に立たされた状態ともいえます。 高い壁を超えるというのは、高くジャンプできる力を持っていれば、何のこともありませんが、高くジャンプできない人が高い壁の前に立たされると、無気力感、無力感に襲われることになります。 そして、無気力感、無力感に襲われ、頭の思考が停止すると、頭がぼーっとしたり、集中できていなくなるといった状態に陥る場合があります。 うつ状態かも? 難題にぶつかったり、仕事が整理できていない状態だったり、睡眠不足だったりして、一時的に頭がぼーっとして集中できなくなることはあると思います。 しかし、この頭がぼーっとして集中できない状態が長期的に続いている場合、全く眠くないのに、慢性的に頭が働かず、集中できないといった場合は、 うつ状態の可能性があります。 特に、前まで活き活きと仕事をしていたのに、急に、頭が働かなくなって、全然仕事に集中ができなくなったという方は、精神的ストレスを大きく抱えている可能性があるため、注意が必要です。 ここでは、他のうつ状態の症状については割愛させていただきますが、長期的に頭がぼーっとして、仕事に集中できない、眠気がないにも関わらず頭が働かず、集中ができないからといって、必ずしもうつ状態とはいえませんが、うつ状態であることを示す1つの症状ではないかと思います。 まとめ 仕事中、頭がぼーっとして集中できないというのは、誰しも起こりえることであり、一時的なものであれば、それほど心配する必要はないかと思います。 しかし、眠くないのに頭が働かない、長期的に頭がぼーっとするようになり、仕事に全く集中できなくなったという方は、精神的ストレスを抱えている可能性があり、注意が必要です。 そして、あまり症状が続くようで、仕事もままならないといった状態の方は、一度、病院で見てもらうというのも1つの手ではないでしょうか。 カテゴリー• 232• 100• 110• 4 最近の投稿• 最近のコメント• に もこ より• に 山田さん より• に もこ より• に 丹 文男 より• に もこ より SNSフォローボタン.

次の