川崎希アンチ。 川崎希、ネット中傷 情報開示請求で名前特定→ここまで酷いとは 悪意が過ぎる

川崎希の現在の年収に母は何を思う?アレクとの驚きの馴れ初めとプロポーズ!!

川崎希アンチ

— 2019年12月月28日午前4時50分PST 川崎希さん自身や家族への誹謗中傷を行なっていた女性2人がネットの掲示板に 誹謗中傷した書き込みがヤバいんです! 川崎希さんは3年以上にわたり不妊治療に取り組みやっと妊娠しました。 妊娠したことで祝福の声が多かったのですが、アンチな声もあったそうです。 「本当は妊娠してないくせに嘘をつくな」 「流産しろ」 といった信じられないメッセージが毎日届いていたとされています。 出産後には、 「子どもを虐待している」とまさかの子どもまで巻き込むコメントを掲示板へ書き込むことが大きく目立ちました。 さらには 「自宅で待ち伏せしよう」 「着払いで荷物を送りつけよう」 などの書き込みが。 海外に渡航しているときには、 「放火のチャンス」 と掲示板にコメントし、呼びかける書き込みもあったそうです。 川崎希さんが実際に利用しているレストランやお店にも、身に覚えのないクレームを入れられることあり、 「無銭飲食をしている」 「店の商品を盗んでいる」 など、誹謗中傷する侮辱コメントは恐ろしく莫大な数のコメントがあったそうです。 「放火」なんて言葉は犯罪予告でもありますし、脅迫罪にもなりそうです。 書類送検ではとても済まされない内容だと思います! 酷い誹謗中傷コメントは嫉妬からくるものか 今回の川崎希さんへの誹謗中傷の侮辱コメントについて、なぜここまで執拗に酷いコメントを書き込むのか考えてみました! 誹謗中傷を行う本質的な部分は、 嫉妬心からだと思われます。 川崎希さん自身、元AKB48でアイドルであり卒業後も若くして実業家として成功しています。 都内に豪邸も建てており、高級車を所有し可愛い子どももいる。 そんな誰もが羨むような川崎希さんへの嫉妬心から掲示板への誹謗中傷の侮辱コメントを書いていたんじゃないかと思われます。 いくらネットだからといって言っていいことと悪いことがあります。 川崎希さん自身への誹謗中傷だけではなく、家族、特に子どもを巻き込む侮辱コメントはとても許されるものではありません。 書類送検された女性2人が誹謗中傷した掲示板は? 川崎希さんが誹謗中傷されたとして開示請求した掲示板は、 「ママスタジアム」という掲示板です。 ママスタジアムでは日常的にアンチコメントがあるそうで、一般人でも実名を出され叩かれる始末だそうです。 ブログに張り付いて粗探ししている人もいるとか。 人の弱音につけこみ粗を探し誹謗中傷の侮辱コメントをする。 虚しい世界ですね。 川崎希さんが誹謗中傷にあったことに対するネットの反応 川崎希さんの見て慌ててる人いっぱいいそーw — サンアンドレアス断層 mmnmtmt1 30代後半や40代半ばのいい歳した大人が、バレなければ良いとか、皆んなやってる事だから大丈夫と思ったって言って、誹謗中傷してるって、、、 子ども育ててたりしたとしたら、無理すぎてひく😱 さん見直した😀 — eri.

次の

川崎希 法的措置がヤバイ!ママスタジアムの誰が開示請求され名前も特定!?

川崎希アンチ

【子供の名前と何歳?】 川崎希さんは2009年2月にAKB48を卒業後、自身のアパレルブランドを立ち上げました、その後は2013年2月22日にモデルでタレントのアレクサンダーさんと結婚していたことを発表して大きな話題になりましたね。 2017年4月には第一子妊娠という嬉しいニュースも報告され、その年の夏には男の子を出産しています。 気になるお子さんのお名前ですが生まれるまでの候補はたくさんあり、男の子だったら『レオナル君』『サンダー君』、女の子だったら『ロイヤルミルクティーちゃん』『ローズマリーちゃん』などが挙がっていました。 横文字のお名前ですが女の子はなんとなく美味しそうな名前ですね、これだけのお名前の候補は挙がりましたが、実際にはお子さんのお名前を見て決めたそうです。 お名前は2018年8月に放送されたバラエティ番組の中で『景寅 かげとら 君』であることが発表されています、純和風な素敵なお名前ですね。 2019年7月現在お子さんは2歳になる年齢、まだまだ可愛い年齢ですよね。 【一重で可愛い?誕生日?】 お子さんに関する情報はまだあり、まずお子さんのお誕生日ですが正式に発表されているのは2017年8月29日、じつは不妊治療を行っていたという川崎希さんにとって待望の第一子の誕生でした。 出産の前日には入院をして出産に望まれたということですから、計画的な出産だったのかもしれませんね、無事に生まれた喜びに、夫であるアレクサンダーさんも涙を流して喜んだと言います。 そんなお2人の間に生まれた景寅君の気になるお顔の画像ですがこちらです。 こちらが生まれたばかりの頃。 そしてこちらが比較的最近のお写真ですが、ここで注目されるのがお子さんの目が一重であるということ、一重でもまだまだ小さな赤ちゃんなので可愛いですよね。 成長とともに今後もお顔は変わってくるとは思いますのでこれは成長が楽しみですね。 【テレビとアイプチ?】 川崎希さんのお子さんについて見ていくと、川崎希さんがお子さんの一重を治すために『アイプチ』をしているというのです、アイプチとは人工的に一重まぶたを二重にするためにまぶたに専用テープを貼って行うもので、これをまだ2歳のお子さんにしているというのですが、どうしてこんなことが噂されるようになったのでしょうか? 川崎希さんがお子さんの寝起きの時に撮ったお写真だったようです、大人でもそうですが起き抜けの目元は多かれ少なかれ目元が変化していることってありますよね、まさにその瞬間だったようで、それを川崎希さんアンチの方による書き込みによってどうやらお子さんにアイプチをしていると噂されることになったようです、さすがに子供の顔にアイプチをするとは考えにくいですもんね。 さて、お子さんのお顔に関する情報をもう1つ見ていくと、お子さんのお顔を現在のお写真の定番、加工技術で直しすぎだというのです、テレビに出演した際のお顔とSNSなどのブログでのお写真が大きく異なるというのです。 とはいえこちらもアンチファンからの言わばバッシングのようなもので、一般的にSNSに写真を載せようと思えば明るさを変えたりなどの多少の加工は行うものですので、お子さんに関してそれを指摘するのもどうかなと思ってしまいます。 【まとめ】 今回はアイドルとして活躍しており、その後はアパレル会社を立ち上げて現在は代表取締役として、さらにデザイナーとして多くのファンを持つタレント・川崎希さんについて調べてきました。 2013年に結婚したのはモデルでタレントのアレクサンダーさん、お2人には2017年、不妊治療を乗り越えてお子さんが誕生しており、お子さんは『景寅君』ととても和風なお名前で可愛いことが分かりました。 どうしても実業家としてタレントとして成功している人にはアンチファンがいますが、今後もそんなバッシングにも対抗して川崎希さんらしく強くたくましい女性でいてほしいと思います。

次の

「ママ掲示板」はびこる罵詈雑言 川崎希嫌がらせ問題、運営会社はどう対応するか: J

川崎希アンチ

ネット掲示板サイトで、元AKB48・川崎希さん(かわさき・のぞみ 32歳)を誹謗中傷する書き込みをした疑いで3日、女性2人が侮辱容疑で警視庁原宿署に書類送検されていたことが明らかになりました。 警視庁原宿警察署の発表によれば、書類送検されたのは山形県在住の主婦 39 、大阪府在住の女性事務員 45 の2人です。 2人は2019年4月にネット掲示板サイト上で、 川崎希さんを誹謗中傷する内容の書き込みを行い、侮辱した疑いが持たれているといいます。 山形県の39歳女性は取り調べに対して、 「他の人も書いているし大丈夫だろう、バレないだろうと思った」などと語り、 女性2人は誹謗中傷したことを認めているといいます。 そして、この事件に対してネット上では、• 他の芸能人もどんどん訴えた方がいい• 民事でがっつり賠償金を取られるから覚悟しておいたほうがいいよ• こういうのをどんどん取り締まって、侮辱的な投稿がなくなっていきますように。。。 こういう人ってホントにヒマなんだね。 しかも若い人かと思ったら、いい歳した大人だし…。 みっともない。 こんな事件は実名公表しないと意味ないだろ• 芸能人の行きすぎたバッシングしてる人たちも取り締まればいいのにね。 土屋太鳳とか吉岡里帆とかひどいよ。 放火とか相当酷い書き込みをしてたみたいだな。 侮辱程度ですむような話じゃない。 脅迫罪も成立するんじゃないのかね?• ネットの匿名性で本性剥き出しになる人が多いよね。 そういう人が突然現実社会で攻撃的な言葉でマウント取ろうとしてきてドン引きされてますよ。 ネットの弊害ですね。 怖い怖い• うーん、確かに匿名で根拠不明な誹謗中傷するのは良くないし、今後は罰則や非匿名化が必要だろうが… この夫婦がやってることも、保護されるような褒められたもんではないと思うよ。 金とか浮気とか垂れ流して、嘘か本当かよくわからない内容で視聴者煽ったりとか。 などのコメントが寄せられています。 法的措置に踏み切った理由については、 「度を越えた嫌がらせや書き込み行為があって、家族の安全を脅かすものがあった」とし、弁護士に相談の上で、民事・刑事の両方で訴訟を起こす準備を進めているとのことでした。 」と報告しています。 また、 「書き込みをした人の住所、名前など開示されたのを見てきちんと手続きをすればネットのものは本当に匿名ということはないんだなと思いました。 書き込みの内容は、よくニュースで見るような殺すとか直接的なものでなくとも、名誉毀損になる内容の誹謗中傷書き込みを開示請求し、裁判所に開示請求を認めてもらいました。 」と綴り、今後も所属事務所や弁護士と話し合い、対応を協議していくとしていました。 そして、ついに悪質な書き込みをしていた女性2人が書類送検されたわけですが、殺害予告など脅迫的なものだけでなく、誹謗中傷にあたる書き込みを行った場合でも、被害者側が手続きを行えば書類送検されるケースはあります。 最近では、昨年6月に歌手・タレントの堀ちえみさんを誹謗中傷する書き込みをした50代主婦が書類送検されており、この主婦は元々、同世代の堀さんを応援する気持ちでブログを閲覧していたものの、『ママスタジアム』や『5ちゃんねる』といった掲示板での書き込みを見て、堀さんに対して負の感情を抱くようになり、ブログに直接 「死ね消えろ嘘ばっかり」「馬鹿みたい死ね消えろデブ」といった書き込みを行い、脅迫容疑で書類送検されました。 川崎希さん、堀ちえみさん等は度々言動を巡って物議を醸し、ネット掲示板サイトのスレッドには多くのアンチが集まり、好き放題批判的な書き込みを行っているのですが、川崎さんは書類送検された女性2人だけでなく、 「私や家族に対する名誉毀損や侮辱をした人、家族の安全を脅かすような書き込みをした人に対して、これからも法律の手続に従って、対処していきます。 」とブログで表明しているので、好き勝手に誹謗中傷するような書き込みをするのは控えた方がいいですね。 ちなみに、女性2人の容疑である侮辱罪の法定刑は、「拘留(1日以上30日未満の拘置)もしくは科料(1000円以上1万円未満の刑罰)」とされ、刑法の中では最も軽い犯罪となっています。 もし、名誉毀損罪が成立した場合の法定刑は、「3年以下の懲役もしくは禁錮、または50万円以下の罰金」となります。 誹謗中傷を行っている人物の特定、告訴によってどれほどの効果が得られるかは分かりませんが、出来る限りの対応を行うことによって、多少なりとも過激な書き込みが減るといいですね。

次の