スーパー カブ 改造。 世界にたった1台!スーパーカブカスタムがすごい!

カブカスタム|スーパーカブ|改造|カブ

スーパー カブ 改造

そのロゴのように世界に羽ばたいたホンダの スーパーカブ。 いまもどこかで、人のためにトコトコせっせと働いています…… しかしそんな 健気で ノスタルジックなレトロデザイン のカブを、あろうことか「 ダサい」と評価する者もいるんです、 信じられますか!? というわけで今回は世界を股にかけるあのスーパーカブが、さらにオシャレを身に着けたカスタムを紹介し、すべてのライダー・ノンライダーたちの心に スーパーカブスピリットを植え付けていきたいと思います。 もはや ホンダの国とも言える(冗談ですよ?)なかで生まれたカブのカスタム、カッコ悪いわけがないですよね!軽やかなブルーとオレンジをマットに仕上げた高級感あふれるスクランブラースタイルのカブはまさに スーパーカブの極地。 2018スーパーカブ110の原型を失わないよう外装を崩さずそのまま利用していますが、そのほかのパーツが丸っと換装されています。 リアフェンダーを取り除き、タイヤとハンドルバーをトラッカースタイルにすることで「スクランブラー」感を演出しています。 ヘッドライトフェアリングではなくフォークマウントヘッドライトに変更されワイルドなテイストになりましたね。 エンジン回りも大幅に改造されています。 オーバーサイズのピストン、インジェクションモジュールのアップグレード、マニュアルクラッチへの変換など多岐にわたります。 これで 海沿いドライブデート なんかしたら女の子はメロメロですね。 こちらのカブのカスタムはK-Speedの代表ビルダーのEakにタイの伝説的ラッパーのJoey Boyが提案したそうです。 ただ、原型クラッシャーの印象が薄いデウスにしてはなかなか珍しいフルボディ改造。 多分フレームしか原型ないですね。 使用しているのは 1961年のスーパーカブで、相当な骨董品です。 カラーデザインや雰囲気作りもレトロレーサー感を全面に押し出していますね。 「Firefly(ホタル)」という名がしっくりくるボディラインとヘッドライトですね(頭とお尻が逆かもしれませんが)、攻め攻めな前傾姿勢とレーシングナンバープレートがかつてのカブにはなかった 競走馬感を滲ませます。 オリジナルのオックスブラッドカラーの革シートが生命を感じさせますね。 前後から見てわかる通り、非常にスリムにパーツをまとめています。 燃料電池、バッテリー、コイル、電飾系が真ん中の背骨的なフレームに沿ってコンパクトに収納されています。 2015年末に富士で開かれた B. Lに出場して観衆の目をかっさらった素晴らしいカスタムです。 思わずほおずりしてしまいたいくらい美しいですよね! Shanghai Custom eCub2 電動バイク市場が急速に伸びつつある中国。 その中心でEカブへの愛を叫ぶのは「Shanghai Custom」という上海を代表するカスタムショップです。 雑多な街でもそのスリムさを生かして軽快に走れる、実用性重視のミリタリーテイストなカブですね! にしても 本当に細いですね…… EVならではの細さだと思います。 もはやイチから作り出すレベルでフル改造されたこちらのEカブ、そのカスタム内容をのぞいてみましょう。 オリジナルの樹脂製ボディパネルでぴったりとしたスリムさを実現し、リアフェンダーを取り除くことでフットワークが軽くなりました。 スイングアームもアルミ製の細いものに換装され、しかしリアサスを充実させることで街乗りの際の乗り心地を大幅に改善しています。 携帯端末との連携をすることによってバイクの細かなリアルタイム情報なども確認できます。 なかなかに シームレスで魅力的ですね…… 実際に街乗りをしている写真です。 足つきや小回りが非常に良さそうですね、「実用性の美」を感じさせるロマンマシンでした! 56 Motorcycles C50 パリに拠点を置く 56 Motorcyclesが提案するのはこちらのオフロードスクランブラーなカスタムカブです。 決してスピードが速いわけでもなく、異様にかっこいいわけでもありませんが、これに乗ってて「恥ずかしい」とは絶対に思わない オシャレカブです! マウンテンバイクのハンドルバーを備え付け、凸凹なタイヤを履いたカブは 走破性において無類の強さを誇るでしょう。 レトロな砲弾型の電飾がとっても 軽やかな印象 を与えてくれますね。 このC50に さらっ と乗ってトコトコ街乗りしたり林道を駆け抜けたら相当気持ちよさそうです…… 新しいリアショックとKeihinのキャブで乗り味を大幅に滑らかにし、フロントフェンダーを取り除き、リアフェンダーをちょちょいと短くすることで より軽やかなイメージになりました。 オールマイティーな手軽さはなんだか心をくすぐるものがありますね。 じっくり見てるとだんだん欲しくなってきて…… はっ、危ない危ない。 K-Speed Super Power Cub 最後を飾るのはまたもや K-Speed。 モノクロカラーリングとファットなタイヤが レトロフューチャー感を心に刻み付けてきますね。 あえてフロントフォークを覆い隠すことでノスタルジーのエッセンスが光ります。 オリジナルの黒い革シートはカブにぐっと高級感を増してくれます。 短くまとめられた リアのビキニフェンダーがとても愛らしいですね。 残念ながらナンバープレートは縦置きなので日本では少し工夫しないと乗れませんが、その手間なんて気にならないくらい購入欲をくすぐります…… ローマウントになったLEDウィンカー内蔵のライトが、マットな白黒の風受けと上手い具合にマッチして独特の雰囲気をかもし出しています。 黒くマットに仕上げられたアルミ製のスイングアームが美しいですね。 マットブラックがさらに白を引き立てて、とても きっぱりしたコントラストが生まれ代わったカブを力強く演出しています。 いいなあ、欲しいなあ……。 K-SPEEDはさらにこんな渋カッコいいスーパーカブも仕上げています!まさに実力派、世界的にも有名でファンも多いはずです。 いかがだったでしょうか。 カブは便利で壊れにくいだけではなく、 こんなにもオシャレになれるんですね。 ……あれ?見た目も性能もいいとか最強じゃない?もしかしてカブって実はすごいバイクなんじゃない?なんだか欲しくなってきた…… 皆さまにそう思っていただけるようになれば、筆者としてはとてもうれしい限りです。 以上、 スーパーカブスピリットの布教でした!.

次の

カブカスタム|スーパーカブ|改造|カブ

スーパー カブ 改造

コンセプトは「ビジネスツアラー」仕様のカブ 仕事柄スーツでカブ50を乗り回し、オフでも同じカブで遊びに出かけるため仕事と遊び、どちらにも柔軟に対応できるカブちゃんにしなければなりません。 そんな思いで選別したパーツをご覧ください。 圧倒的に荷物を載せるスペースのないバイクですのでコイツを選びました。 追記:装着しました。 オススメ度MAXの逸品。 カブで色々と楽しみたい方には必須の装備です! リアロングキャリア カブの荷台部分のオプションパーツで、巨大ボックスを荷台に積む僕には必須のカスタムです。 通常サイズが 330(長さ)X250(幅)mm に対して、この手のロングキャリアは 470(長さ)X285(幅)mm という巨大さ!テールランプの上まできてますねー。 実はこのロングキャリア以外の選択肢として、• 純正オーバーキャリア• 純正オーバーキャリア(延長タイプ) もあるのですが、それぞれ• メガボックスを付けるには長さが足りない• 後ろが跳ね上がっているためボックスが安定しない という欠点がありましたので、フラットでロングでワイドなこのキャリア一択です。 このパーツは色々な方のブログで紹介されている「アウトスタンディング(通称アウスタ)」さんのです。 ちなみに、私が購入するのは上の製品よりやや幅広なです。 そしてこのアウスタさんは輸入カブパーツ、ビンテージモーターサイクル・パーツの販売に特化したショップのようです。 カブパーツに関してはベトナムにカブ大好きのスタッフさんがが常駐しているので、ベトナムカブパーツに関てはほぼ何でも要望に応えて頂けるとのこと。 追記:装着しました。 安定感抜群、大きなリアボックスを付けるには必須の装備ですね。 ベトナムキャリア(ベトキャリ) カブの白いレッグガードの真ん中に装着するキャリアです。 キャリアの中央がバネ仕掛けになっているそうで、皆さん地図を挟んだり、買い物袋を置いたり、ペットボトルを挟んだり・・・と色々な使い方をされています。 個人的にはあまり使い道が無いかもしれませんが、レッグガードを靴で傷つけてしまうのを防ぐことと、何より見た目が好みなので購入しちゃいました。 ベトナムキャリアの派生で、弁当キャリア、バンクキャリアもあるようです。 弁当キャリアはフラットな作りなので、その名の通りお弁当を置いても大丈夫な作りみたいです。 バンクキャリアは特徴的なつるにバッグを引っ掛けたり巻きつけたりして運ぶようです。 追記:装着しました。 今はドリンクホルダーを装着するためだけのパーツになっていますが、見た目が良いのである程度満足。 何か活用方法は無いものか・・・.

次の

スーパーカブの改造やメンテナンス/ツーリング|スーパーカブ70 デラックス

スーパー カブ 改造

MACHIDE:スーパーカブ90DX OWNER:ヨーさん 2018年11月3日、4日に行われた「カフェカブミーティンin青山」で大量のカスタムマシンを劇撮! カブ愛が溢れるオーナー達による個性的なメイク術をとくとご覧あれ!(月刊モトチャンプ 2019年2月号より) PHOTO:星野耕作、井上誠 REPORT:モルツ• 色味を抑え、メッキを多用することでクリーンな印象。 明確なコンセプトをシンプルに落とし込む 35年ぶりにバイクにカムバックしたというオーナーは、前後フェンダーをスポイルし、ウイルズウィン製のソロシートや小型テールライトでコンパクトにまとめた。 これにキタコ製のミニキャブトンマフラーを組み合わせて欧州とアジアンテイストをミックス。 ボディの淡いミントグリーンも相まってどことなく懐かしさを感じさせる。 機関部やタイヤサイズは日常使いを考えて変更はしていないが、今後はより使い勝手を高めるためミッションの4速化も視野に入れているそうだ。 一文字バーにキタコ製のミニメーターをセットしたシンプルなハンドル周り。 タル型グリップもレトロ感満点だ! ウイルズウィン製のソロシートはスムージングタイプのロングノーズをチョイス。 全長370mmでゆったりとした姿勢が取れる。 小振りな真円テールがマシンの雰囲気にマッチ! SP武川製リヤショックは他パーツとのバランスを考えてメッキをセレクト。 これは『古いアメ車』をイメージしたという。 カブカスタムで知られるガンズガレージによって彩られたブラウンパープルのボディやホイールカバーもクラシカルさに拍車をかけている。 オーナーは通勤でかなりの距離を走る(時には100㎞以上!? )ことから、12V化し、キタコ製キットで75㏄にボアアップ。 さらにハイカムや強化クラッチ、ビッグキャブも投入してロングランも快適にこなせるマシンに仕上げている。 ボリューム感のある行灯カブのフロントフェンダーにC100ルックのフロント周りが良く似合う! アメリカンの流用サイレンサーも注目だ。 大きくプルバックしたハンドルは、じつはママチャリ用だ! スズキ車の純正を移植したメーターは大きめなので速度がわかりやすい。 ナンバープレート(風切り板)やフェンダー先端のメッキガーニッシュ、エンブレムカバーが良いアクセトになっている。 木目ペイントでアピール度の高いサイドカバー。 これにアメリカン風のフォントで車名やブラント名をマーキング。 電装系は4. 5インチベーツライト、ルーカステール、砲弾型ウインカーとヨーロピアンを意識しつつ、 エンジンをバフ掛けして鈍い輝きを持たせるなど、シルバーを上手に使っているのもグッド! 前後足周りはフロントフォークやフレームを広げてワイドリムをセット。 小振りなリトルカブ用レッグシールドを移植し、モナカ菅やベトナムキャリアといった王道アイテムでカブらしさをしっかり残している。 純正からかけ離れたカラーリングとはせず、落ち着いた配色でオトナな一台をメイク! グリップなどの茶系も効果的だ。 高張力鋼板を2枚重ね 12mm厚 にした屈強なステムキットにローハンドルを組む。 シンプルな汎用メッキスイッチですっきりと! 幅2. ファットな足周りもパワフルな90ベースなので問題ナシ! スイッチ類の変更に伴ってチョークレバーを外してしまうことも多いが、こちらはキャリアステーを利用して車体横に移設している。 「中途ハンパはダサいから!」と、 イジっていく内にだんだん低く長くなっていったという。 フロントは当然ノーサス、リヤ周りは15cmロンスイ化し、これにキャンディピンクに塗装したリトルカブの14インチホイールを装着してこのスタイルを実現。 若いからこそ許されるカスタムである 笑。 これだけに留まらず、ダイスノブのジョッキーシフトやナックルキックペダル、スポンジのみのフラットシートなど、ハードなアイテムを投入して個性を演出。 その反面、エンジンは近代的なFI仕様で燃費や堅実さを追求しているギャップがおもしろい! カッティングステッカーを使って大胆にステッカーチューン。 ワンオフステーでズーマー用の純正ヘッドライトを移植。 このデュアル仕様も他と一線を画すスタイル作りに一役買っている。 LEDテープをシートの間に仕込んでテールランプが完成。 シートはほぼ板状なのでクッション性はないが気合でカバーするそうだ。 麗しい娘さんのお願いならお父さんも腕が鳴るってもんですね。 カブ乗り女子が増えることを切に願います! 娘のためにお父さんが奮闘目指したのは渋谷系!? 『渋谷に乗っていけるバイクが欲しい』という愛娘のお願いにお父さんが一念発起! 外装を取り外し、 エアブラシでピンクカラーに自家塗装。 サイドポーチ用のステーなども自らの手で作り上げた。 さらに、タイカブ系のキャストホイールやウイルズウィン製のロッドダウンショートマフラーに変更してストリート風にアレンジ! エンジンは4速化と排気量アップが一遍に叶う海外製の125ccを搭載する。 中々に手が掛けられてオシャレに仕上げられているが、ベース車が角目のスーパーカスタムというのがなんともシブい! 180km カタログ値 という驚異の燃費で、何十回でも無給油で渋谷まで繰り出すことができちゃうのだ! WAVEシリーズの17インチキャストホイールを移植。 引き締まった黒色もマル。 これだけでビジネス要素を払拭できる会心のアイテムだ。 買い物に便利な前カゴは必須条件! これに自作ステーを介して2連フォグをセット。 所々にお父さんのセンスが見え隠れしている。 ストリート改の大定番、キャッツアイテールをチョイス。 スリムなLEDウインカーや自賠責ステッカーブラケットなど流行も押さえ済み。 フロント足周りはベンリィ用に変更してテレスコ化し、アタックバーを装着。 リヤは305mmショックで程よくローダウンしている。 注目なのはシートからテールにかけてのリヤ周り。 スプリング付きの ソロシートやコーンカスタムサイクルスのキャリア、FRP材のスムージングリヤフェンダーなどでシャープなスタイルを獲得している。 また、パワーユニットには、シフトアップ製88ccキットやデイトナ製ハイカム、強化バルブスプリング、CF ポッシュ製CDIなどを、ブレーキにはレーシングパッドを奢り、ポテンシャルアップにも余念がない! バックサイドアップのソロシートがこのスタイルを引き立たせる。 小振りなアーリーテールはガラスレンズで高級感に溢れる。 アタックバーに砲弾型ヘッドライト、革のボトルホルダーなどアメリカンさながらのハンドル周り。 メッキモールを巻いたメーターも見どころ! イージーライダース製シートは自作ステーを使ってスプリング仕様に。 これにソリッドなリヤキャリアがベストマッチ! バランスの良い88ccに設定し、SP武川製のオイルクーラーを装備。

次の