フレンチブルドッグ パグ 違い。 パグとフレンチブルドッグ 違いは?まだ結婚できない男の犬がかわいすぎ!値段も気になる

ブサカワ犬の代表格、フレンチブルドッグの飼育、しつけは簡単?性格、身体の大きさ、寿命は?

フレンチブルドッグ パグ 違い

Contents• フレンチブルドッグってどんな犬? 犬種としての歴史 「フレンチ」と名前がつく通り、フレンチブルドッグは フランスで作出された愛玩犬の1種です! 元々はブルドッグと同じ祖先をたどり、19世紀末にパリの市場の労働者階級で飼育されていましたが、特徴的な見た目と明るい性格が上流階級の人にも愛され、急速に人気が高まっていたとされています! フレンチブルドッグのスタンダードが確立され、フランスのケネル・クラブに登録されたのは1898年という、日本での人気の高まりが最近であるのに比べ、意外と長い歴史を持つ犬種です。 見た目の特徴 フレンチブルドッグは ずんぐりとしたガニ股・樽型体型が特徴的な、立ち耳のわんちゃんです! 筋肉質なタイプなので、オスであればそのがっしりとした体型をより感じる犬種でもあります。 また、通常の鼻が長い犬種に比べて、顔幅が広く前後に短い 短頭種! 毛は短毛で、カラーバリエーションがとても豊富な犬種です。 また、 勇敢な一面もあり、家族や自分の大切なものを守る気概も持っています! 運動量自体はさほど多くなく、明るい性格が家族の間で笑いをもたらす良い家庭犬となってくれる犬種です! パグってどんな犬? 犬種としての歴史 パグは古い歴史を持ち、 紀元前400年の中国にはすでに存在が確認されていたとされる犬種です! 名前の由来や小型化された経緯など、詳しい歴史が謎に包まれている点も多く、国によって名称を変えて「覇歌(パークー):中国」「モプスホンド:オランダ」などと呼ばれることもあります。 1500年代にはオランダに渡り、 ヨーロッパの王侯貴族にも愛された犬となりました! とりわけオランダでは王室の象徴にもなるほど人気が高まったようです! 見た目の特徴 パグもフレンチブルドッグと同じく 扁平な顔立ちをしています! がっしりとしたスクエアな体型ではありますが、成犬になっても体重は8㎏を超えることはほとんどない 小柄な犬種です。 また、肥満によって首周りに脂肪がつくと、呼吸の通り道がさらに狭くなって呼吸困難やいびきの悪化につながるため、肥満予防の食事管理はしっかり行ってあげましょう! 2.鼻のシワのお手入れは必須 顔にあるシワは溝が深く、そのまま放置してしまうと皮脂汚れがどんどん溜まり、 皮膚炎や臭いの原因になってしまいがちです! 飲水や水遊びの後も、シワの部分まで拭いてあげなければ溝に湿気が留まり続け、皮膚が荒れる原因となってしまいます。 1日に1回は、蒸しタオルや濡らしたコットンなどで優しく汚れを取った後、乾いた布やティッシュでよく水気を拭き取ってあげましょう! 3.顔が扁平な分目に傷がつきやすい フレンチブルドッグもパグも、横から見れば鼻から目までさほど距離がないのがよくわかりますね。 このような扁平な顔を持つ短頭種では、茂みに鼻を突っ込んだりした時に、 目まで異物による刺激を受けて傷を作りがちです! 特にパグの大きな丸い目は傷がつく面積が広いため、愛犬が目を掻いたり、布に顔を擦りつけるような仕草を頻繁に見せないかよく確認してあげてくださいね! 同じ短頭種でも異なる魅力を放つ2犬種との暮らしを楽しもう フレンチブルドッグとパグは、同じ鼻ぺちゃ犬でも 活発さや見た目に大きな違いがあります! 自分たち家族が犬とどんな暮らしをしたいか想像することによって、どちらの犬種がライフスタイルに合うのかもすぐにわかるでしょう! どちらの犬種も 性格が素直で、 飼い主さんの良いパートナーになってくれる犬種であることに変わりはありません。 短頭種の中でも違う魅力の持つ2犬種との暮らしを、ぜひ楽しんでみてくださいね! 以上、 「フレンチブルドッグとパグの違いって?見分け方のコツは?」でした! 本日もお読みいただきありがとうございました! カテゴリー• 260• 352• 298• 353• 135• 341•

次の

フレンチブルドッグの魅力や飼い方を解説!性格や寿命、大きさなども

フレンチブルドッグ パグ 違い

パグの体の大きさや特徴• パグの体高…25~30cm• パグの体重…6~8kg• パグの毛色…アプリコット、ブラック、フォーン、シルバーの4種類 パグは中国からヨーロッパ、アメリカへと伝えられた歴史があり、古くから世界中で愛されている犬です。 体の大きさは、体高25センチから30センチ、体重は6kgから8kgが平均的です。 特徴は真ん丸でちょっと怯えたような雰囲気の目と、額に深く刻まれている縦の皺(しわ)です。 被毛にはアプリコット、ブラック、フォーン、シルバーの4種類があり、フォーンが日本ではよく見かけるタイプのパグです。 鼻の周りが黒いのも特徴で、愛くるしいぶさかわワンちゃんとしても人気があります。 ブルドッグの体の大きさや特徴• ブルドッグの体高…30~35cm• ブルドッグの体重…23~26kg• ブルドッグの毛色…ブラック・クリーム・フォーンなど種類は豊富 ブルドッグは、牛に噛みつくという意味のブルベインディングという見世物で使われていた犬でした。 その後、時代の流れとともに見世物自体が禁止され絶滅の危機となりましたが、時代に合った犬に改良されて今日に至っています。 ブルドッグは体高30センチから38センチ、体重は23kgから26㎏が平均的なので、パグよりも一回り大きいです。 特徴は何と言っても、大きく垂れさがっている上唇と頑強なボディです。 被毛の種類は豊富で、ブラック・クリーム・フォーンなどが主流です。 パグとブルドッグの値段の違い• パグの価格…10万円台• ブルドッグの価格…30~50万円 パグとブルドッグの値段についてご紹介します。 まず、パグは10万円台で売られている事が多く、親犬の血統によっては30万円ほどで売られていたり、逆に数万円で入手できたりと値段の幅は広いと言われています。 また、パグのメスはオスに比べると平均2万円ほど高く価格設定されている事が多いです。 ブルドッグの値段は、パグと比べるとかなり高額で販売されていて、30万円から50万円くらいが相場です。 パグと比べるとブルドッグの出産には費用が掛かる点や、死産が多い犬種でもあるため、価格設定が高くなっていると言われています。 また、JKCなどのチャンピオン犬が親犬だったりすると100万円近い値段が付いてる場合も珍しくありません。 パグの場合もチャンピオン犬が親犬という事で販売されているのを目にしますが、ブルドッグほど高額になっている事はありません。 値段の高いパグは、ショー用に飼育していく子や愛嬌のあるかわいい顔立ちなど、容姿が重視されています。 パグとブルドッグのしつけ方法の違い パグとブルドッグのしつけの方法で、決定的に違うのは叱り方です。 パグは頑固なので、叱られると言うことを聞かなくなってしまったり、委縮してしまったり、飼い主を怖がるようになってしまいます。 大きな声で叱りつけたり、叩いたりするのはもっての外で、一番効果があるのは「無視」するという行為です。 無視されることを嫌がるので、いけない事をした時に効果的です。 また、ブルドッグもパグ同様頑固ですが、こちらは筋金入りの頑固なので無視くらいでは言う事を聞いてくれない場合があります。 ブルドッグの場合は、できるだけ低い声を出して毅然とした態度で叱ることがポイントです。 頑固なので少々時間が掛かるかもしれませんが、根気よくしつけていく事できちんと言う事を聞くようになります。 また、パグにもブルドッグにも共通して言える事は、できた時にはきちんと褒めてあげましょう。 パグもブルドッグも飼い主に褒められるのが大好きです。 無視や叱るだけでなく、メリハリをきちんと付けてしつけをしていきましょう。 今になって思えば特徴や大きさなんかも違いがあるので見分けれますが、パグやブルドッグに特に関心がない方からすれば、ほとんど同じに見えてしまうのかもしれませんね。 体高や体重だけ見てもパグは小型に分類されますし、ブルドッグは中型になりますよね。 パグとブルドッグは性格も全然違いますよね。 パグは元気一杯パワフルで全力でガンガン遊ぼうとする子が多い気がしますし、ブルドッグは比較的おっとりしつつも我を持っているので頑固とは聞きます。 パグとブルドッグの価格については、ブルドッグは難産でほとんどが帝王切開でしか仔犬が産まれないためリスクがあるぶん価格は高めですよね。 人に作られ、品種改良された今でも、頭が大きいブルドッグは、自然分娩が難しく人が手をかけないと出産ができないんですよね。 パグとブルドッグですが、見た目はどことなく似ていても犬種による性格なんかは結構違いがありますよね。 パグ好きの方はパグ!ブルドッグ好きの方はブルドッグ!と分かれていたりします。 パグもブルドッグも毎日まめにシワの部分を拭いてあげたり、鼻ぺちゃなので息がうるさかったり、その辺りのお手入れは必須です。 他犬種に比べると臭いがきつくなりがちなので定期的なシャンプーは必須です。 パグとブルドッグだけは、同じ空間にいるとすぐ分かるほど臭いはきついです。 シャンプー意外にも、ブラッシングや蒸しタオルで拭いてあげるなど清潔を心がけて、あげてほしいです。

次の

パグとフレンチブルドッグ 違いは?まだ結婚できない男の犬がかわいすぎ!値段も気になる

フレンチブルドッグ パグ 違い

それぞれの原産国と歴史 <パグ> パグは、紀元前2000年頃にはアジアで存在したといわれている、 中国を原産国とする最も古い犬種の1つです。 元々は現在ほど小柄な犬種ではなく、チベタン・スパニエルやペキニーズとの交配を重ねることで小型化されたといわれています。 1500年代に入りヨーロッパに渡ると、王侯貴族の寵愛を受け王室のシンボルになるほどの人気を博しました。 19世紀にはアメリカへと伝わり、1885年にアメリカンケネルクラブの公認に。 そして20世紀、戦中から戦後の1900年代前半になり、パグは愛玩犬として日本へとやってきました。 <ブルドッグ> ブルドッグは イギリス原産の犬種で、1630年代に独立した犬種として分類されました。 ブルドッグの起源は、「ブルベイティング(牛に噛みつく)」という競技のために、マスティフ系の犬種を改良したのが始まりとされています。 こうした背景からも分かるように、何よりも強さを求めて改良が加えられたことで、現在のような姿になりました。 当時のブルドッグは、現在よりも体重が重く60㎏近くもあり、性格も獰猛かつ攻撃的だったといわれています。 しかし、この「ブルベイティング」という競技は、動物愛護の観点から1835年に禁止されることとなり、存在理由を失ったブルドッグは一時絶滅の危機に瀕してしまいます。 その後、絶滅を危ぶんだ一部の愛好家たちが、犬種存続のため時代に合った愛玩犬へとブルドッグを改良していきました。 こうして、現在良く知られるブルドッグの姿になりました。 まとめ 短頭種でシワの多い犬種は、良くパグに間違われてしまいます。 顔だけ見ていると特徴が似ているので無理はないかもしれません。 しかし、それぞれの特徴を理解すれば見分けられるようになるでしょう。 パグの特徴や性格、飼い方など、基本的な情報については下記ページでご覧いただけます。 まずはパグがどんなワンちゃんなのか理解すると、分かりやすいのではないでしょうか。 パグを飼うことを検討中であれば、ブリーダーからお迎えするという選択をおすすめしています。 ブリーダーなら、パグの飼い方について丁寧に説明してくれますし、お迎えした後でも悩みや疑問などの相談に乗ってくれる心強い味方になってくれますよ! 下記の「パグの子犬を探す」ボタンからは、ブリーダーナビに掲載しているパグの子犬をご覧いただけます。 選りすぐりの可愛いワンちゃんたちを、ぜひ覗いてみてください。

次の