給与 計算 フリー ソフト。 【最新比較】給与計算ソフトのおすすめ7選を徹底解説!中小企業向けは?

給与計算を誰でも簡単に

給与 計算 フリー ソフト

給与計算ソフト10選!無料エクセル~クラウド会計までメリット・デメリットまとめ 登録日:2018. 8 | 最終更新日:2019. 27 従業員を抱える事業主にとって、 毎月の給与計算は面倒なもの。 給与計算ソフトは、勤怠管理をはじめ保険料や税金控除などを全て処理して給与計算を行ってくれる頼もしい存在です。 しかし、現在では無料のものから有料のものまで、様々な機能を持ったソフトが登場しています。 そのため、一体どれがあなたに合ったソフトなのか、判断しづらくなっているのではないでしょうか? そこで今回は人気の給与計算ソフト10選を徹底解剖!オススメポイントはもちろん、デメリットまでご紹介するので、あなたにぴったりのソフトが必ず見つかります。 また、アルバイト、派遣社員など様々な雇用形態の社員がいる場合にも対応しているため、計算ミスが減るという利点もあります。 給与計算を簡便化する方法には、ソフトの導入の他にアウトソーシングがあります。 外部委託する場合と比較して、給与計算ソフトを導入するメリットは以下の3つです。 給与計算業務のノウハウを蓄積できる• 委託先との関係構築をする必要がない• 会社規模によってはアウトソーシングの方が高くなる 給与計算を内部で行うことで、 専門知識を社内に蓄積する ことができます。 外部委託を始めてしまうと、ノウハウがなくなって契約をやめられないということになり兼ねません。 また、経営者が社員の給与に関する疑問を持ったときに、相談相手が社内にいるのも大きなメリットでしょう。 また、委託先を選び、信頼を構築するのはなかなか大変です。 セキュリティが甘い企業を委託先に選ぶと情報流出の可能性もあります。 また、給与計算に誤りがあれば、結局自社で再確認しなければなりません。 一般に、 委託先との関係構築には1年ほどかかると言われている ため、その間問題対応をする可能性もあります。 これらを勘案したときに、会計ソフトの方が導入負担が少なく、安く済ませられることも少なくありません。 問題発生の対応や確認も踏まえて考えれば、外部委託を検討している場合も会計ソフトを導入するメリットがあるでしょう。 それぞれのメリット、デメリットをまとめます。 メリット デメリット クラウド型• 法改正のときに自動で最新化される• バージョンアップの費用がかからない• データがバックアップされ、別PCからも操作できる• インターネット環境に依存する• 利用者が多いと操作スピードが落ちることがある インストール型• 基本的に一度買い切りで使える• インターネット環境に依存しない• 法改正の時にソフトの再購入が必要 クラウド型のソフトを使うと、 法律や税率が改訂した時に自動でバージョンアップ が行われます。 給与計算担当者が特別な担当をする必要がありません。 最新の法律に合わせて正確な給与計算ができるのが魅力です。 また、データのバックアップがクラウド上に残るので、パソコンに不具合があってもデータが消える心配がありません。 複数の給与計算担当者がそれぞれのパソコンから操作できる のも大きなメリットでしょう。 クラウド型のデメリットは、 インターネット環境に依存する ことです。 利用者が多いと操作スピードが落ちることもあります。 一方で、インストール型のメリットは 法律などの改訂がなければ基本的に買い切り で、追加費用がかからない点です。 また、インターネット環境に依存しないので、給与計算の忙しい時期に操作が重くなって困ることはありません。 ただし、 大きな法改正があった場合にはバージョンアップをしたり、場合によってはソフトの再購入が必要 になります。 そしてこれらの情報は、給与担当者が自発的に取りに行かなければいけません。 どちらもメリットデメリットがあるので、給与計算担当者の人数や会社の環境に合わせて選びましょう。 1シェアを誇る有名ソフトで、実に 40%のシェアを占めています。 提供元は2012年設立のfreee株式会社。 博報堂、投資アナリストなどの経験を経て、Googleで中小企業向けのマーケティングチームを統括していた佐々木大輔氏が創業しました。 ソフトは2017年に機能強化され、サービス名も「クラウド給与計算ソフトfreee」から「 人事労務freee 」に変更されています。 給与計算や給与明細作成、源泉徴収票、年末調整の書類作成など 給与計算ソフトとして必要な機能を網羅 しているだけでなく、入社退社の手続き、勤怠管理など 人事労務に関する業務 をオールインワンで行えます。 <主な特徴> ・クラウドサービス ・給与、税金、給与明細作成・配布を自動化 ・年末調整、算定基礎、労働保険など年に1度の業務も自動化 ・どの事業所にも必須な法定三帳簿の作成まで対応 ・最新の状態を自動でバックアップ ・最新の法制度に準拠してソフトを自動アップデート ・チャット、メール、電話サポートに対応 ・全ての情報を暗号化して保存 ・「マイナンバー管理freee」とセットで利用できる プランについては、月額1,980円+従業員4人目から1人あたり月額300円の「 ライトプラン 」と、より幅広い人事労務機能を利用できる「 ビジネスプラン 」の2つから選べます。 機能は制限されますが、登録後1ヶ月間のお試しも利用できます。 また、ライトプラン向けにプラス1,980円で 電話サポートオプション にも申し込めるので、初めての給与計算で不安がある場合はサポート面でも安心して頼ることができるでしょう。 1」を獲得しているのが「給料王19」。 1972年の創業以来、一貫して中小企業向けのソフト開発を行っているソリマチ株式会社が提供しています。 マイナンバーにも完全対応 するなど、ソフトとしての完成度の高さは随一です。 <主な特徴> ・質問に答えるだけで導入完了&他社データも取り込める ・データバックアップできるクラウド機能つき ・マイナンバー対応ソフトウェア認定製品 ・源泉徴収票、給与支払報告書にも対応 ・保守サービス「バリューサポート」を有償提供 ・給与、賞与明細項目の設定が柔軟でオリジナル計算式も追加可能 ・年末調整、保険処理に対応 ・会員専用のサポートセンターを完備 お客様満足度の高さが裏打ちするように、企業としても サポート体勢の手厚さ を他社との差別化として挙げています。 サポートセンターでは専属オペレーターが対応し、問い合わせ内容はデータベース化。 複数回の問い合わせにも迅速に対応してもらえます。 その他にもソフトの訪問指導(有償)や会計・税務に関する無料相談を行うなど、単なるソフトウェアの購入に留まらずに 様々なサービス を受けられるのも特徴です。 パッケージ購入型ですが、まずは無料お試し版をダウンロードできる点も安心です。 株式会社マネーフォワードは、代表サービスである自動家計簿・資産管理アプリ「マネーフォワード」のリリース以降、「 MFクラウドシリーズ 」として数々の法人向け会計サービスを提供しており、「MFクラウド給与」もそのシリーズの1つです。 <主な特徴> ・クラウドサービス ・初心者に優しいチュートリアル機能搭載 ・給与計算の設定項目を5つに限定した簡単仕様 ・料率、税率を自動でアップデート ・従業員数に応じて料金が変動(50人以上は要相談) ・MFクラウドシリーズや勤怠ソフト、労務管理ソフトとの連携が可能 名前の通り、クラウドサービスのメリットをフル活用できるソフトです。 「MFクラウド会計」との連携 で給与計算仕訳を簡単にできたり、「MFクラウドマイナンバー」と連携してマイナンバーを給与の帳票類等に印字できたりなど、 他サービスとの連携が容易 です。 さらに、給与ソフトの自動判断や進捗管理、リカバリー機能で迷わずミスの少ない給与計算を実現するなど、システムとしても高い完成度を誇っています。 スマートフォンで最適化されたWeb給与明細 など、社員にとってうれしい機能も充実。 タイミングによっては他キャンペーンで公式ガイドブックを受け取れたり、給与計算ソフト乗り換えのデータ以降を 無料 で行ってもらえたりと、痒いところに手が届くサービス展開もうれしいポイントでしょう。 事業主であれば誰でも一度は聞いたことがあるほどの知名度に加え、 連続18年売上実績NO. 1 の実績を持つ有料ソフトです。 開発元は2007年に設立(創業は1978年)された弥生株式会社。 代表商品である「弥生会計」をはじめとした弥生シリーズは国内シェア率も高く、 登録ユーザー数は延べ160万人 を突破しています。 サポートも手厚く、「2人に1人は弥生を選んでいる」と言われる業界国内最大手の企業です。 給与計算ソフトとしては、2種類の製品があります。 ソフトによって 登録可能な従業員数と料金が異なる ため、事業規模で選ぶ必要があります。 <主な特徴> ・設定作業が簡単 ・社会保険の算定基礎届を自動作成できる ・マイナンバー対応 ・年末調整手順をナビゲーション ・クラウド上でデータバックアップ&データ共有ができる ・法令改正にも迅速に対応 給与計算ソフトとしては操作手順もわかりやすく、 あらゆる業種に使える のがやよいの給与計算の特徴。 初心者向けにサポート機能も充実しており、音声と動画で解説してくれるスタートアップガイドや、各種手続きや実務に関することをすぐに調べられる 実務アドバイザー などがあるのは安心でしょう。 カスタマーセンターへ電話で直接問い合わせることもできます。 サポート機能の有無によって料金が異なるため、ある程度給与計算に精通している場合は 比較的安価なプランを選べる など、選択肢にも幅があります。 導入前は30日間の無料体験版のダウンロードや、導入前の無料相談サービスなども完備されているので、給与計算ソフトがどんなものかを知りたい場合はお試しで使ってみても良いでしょう。 パッケージ製品でソフトの購入費用だけで済む場合もあれば、クラウド上の利用で月額料金が必要なものまで料金形態は様々。 そんな中で「 永久無料」での利用が可能なのが「フリーウェイ給与計算」です。 提供元は株式会社フリーウェイジャパン。 1991年の設立当初から、一貫して会計システムの開発・販売を行い、現在は「フリーウェイシリーズ」を主力として給与計算をはじめ、経理や確定申告、税務、販売管理など、幅広いラインナップを揃えています。 フリーウェイ給与計算の最大の特徴は、「中小事業者のIT導入促進」を目的とした 無料のシステム提供 でしょう。 従業員が5人以内なら、文字通り永久無料で利用が可能です。 事業規模が6人以上になれば有料プランへの移行することになりますが、その場合も人数に関わらず 低コスト での利用が可能です。 <主な特徴> ・クラウドサービス ・従業員5人までなら永久無料(6人以上は何人でも月額1,980円) ・年末調整や支払調書作成もカバー ・給与明細をメール配信できる ・全銀データを出力できる ・マイナンバー管理ソフトと連携することでマイナンバーにも対応 ・公式サイトに操作マニュアルと動画による各種機能の解説あり ・ネット上から常に最新バージョンを提供 シンプルで使いやすいという声が多く、 基本機能も過不足なく網羅 しているため、有料ソフトと遜色なく使うことができるでしょう。 同社は中小・中堅企業向けに財務会計や人事、販売管理、仕入れ在庫管理、固定資産管理などの基幹業務の管理システム「 奉行シリーズ 」を提供しています。 特に人事・給与管理パッケージ導入シェアはNo. 1を誇り、特に評価が高いのが「 導入後のサポート 」です。 また、 給与奉行10は300~500名までの社員および担当者登録が可能で、中規模企業向けのソフトとなっています。 導入についてメール相談を行うこともできます。 一方で、スタンドアロン・ネットワークエディションのいずれも他社に比べると 購入費が高額 であり、お試しサービスなども無いため、導入にはしっかりと検討を重ねる必要があると言えます。 2003年設立の株式会社スマイルワークスが提供しており、代表取締役である坂本恒之氏は、クラウドサービスに関する一般社団法人の理事やアドバイザーも兼任しています。 さらに、クラウド活用に関する著書も出版するなど、同氏はクラウドサービスのエキスパートです。 「給与ワークス」は 給与業務をほぼ全てトータルにカバー しており、マイナンバー制度やファームバンキングにも対応している充実の機能が特徴。 継続契約率も97. 7% と高水準を保っています。 <主な特徴> ・クラウドサービス ・シンプルな操作画面と機能メニュー ・マイナンバー対応 ・WEB給与明細発行可能(オプション) ・WEBブラウザから勤怠打刻可能 ・ネットバンキングデータを作成して給与・賞与の支払いに利用可能 ・年末調整、源泉徴収票作成、算定基礎届作成に対応 利用には初期費用がかかってしまい割高感がありますが、まずは 最大2ヶ月のお試し版 を利用することができます。 電話や導入支援サービスはありますが、訪問指導の場合は1回につき3時間で50,000円、データ移行作業は75,000円からと、 給与計算に不慣れな場合はコストがかさんでしまう 可能性があります。 税理士業界と密に連携してきた株式会社アックスコンサルティングが運営するQ-TAXと、一般社団法人「起業家を支援する全国会計事務所協会」によって共同開発されました。 全国ネットワークを持つ 税理士・公認会計士の視点を取り入れたソフト となっています。 <主な特徴> ・クラウドサービス ・「Crew会計」とデータ連携して入力負荷を軽減 ・スマホ、タブレット、Mac、Win対応 ・年末調整、源泉徴収票作成、法定調書合計表などの帳票作成対応 ・法令改正やバージョンアップに自動対応 ・ID別の権限設定で作業ミスや情報漏えいを防止 ・「マイナンバー管理Crew」と連携可能 ・データは自動バックアップ ・メール、電話に加え専用ヘルプサイトを設置 ・金融機関同様のセキュリティを完備 勤怠データを社員が入力できるなどの機能もありますが、現在は他社クラウドサービスを利用する必要があり、 開発中の段階 です。 「マイナンバー管理Crew」など別アプリと連携する必要があるマイナンバー管理も、近々「Crew給与計算」で対応予定とのこと。 バージョンアップの進み具合 を見て導入を検討しても良いでしょう。 月額料金制で従業員数によって料金が変動しますが、他社に比べると 安価な料金設定 です。 トライアルプランは1ヶ月無料で利用することができます。 提供元であるJDLは、創業50年を迎える老舗企業とも言える存在で、会計事務所や経理部門に特化した会計システムの開発・製造・販売・アフターサポートまで一貫して行っています。 月額費用は 比較的安価 で基本機能は網羅しているものの、一部機能は オプションとして追加申し込みが必要 です。 組み合わせによっては月額料金がかさんでしまう場合があるため、事前に必要な機能をチェックしておくようにしましょう。 <主な特徴> ・手書き感覚の給与データ入力画面 ・マイナンバー対応 ・年末調整、源泉所得税、社会保険料を自動計算 ・タイムレコーダーから勤怠データを連動 ・インターネット接続しなくても利用可能 インターネットを利用した会計ソフトである一方、ネット接続をしなくても USBメモリを経由 することで オフラインでも利用可能 です。 そのため、「経理処理を行うPCはネット接続したくない」「経理用の印象PCはネット接続できないようになっている」などの場合でも問題なく利用できます。 「複雑な計算式やマクロは扱えない!」という場合でも、様々なサイトで無料テンプレートをダウンロードすることができます。 中には会計事務所などで実際に使用されているエクセルデータもあるため、充分実用に耐えるものを見つけられます。 ソフトの不具合などに悩まされる必要もなく、何より コストをかけずに給与計算を行える のがエクセルを利用する大きなメリットです。 一度自動計算のエクセルを使いこなしてしまえば、従業員数が増えて他の給与計算ソフトへ移行した時にもその知識が役立つでしょう。 ただし、運用は 自己責任 で行う必要がありますし、他の給与計算ソフトのように特化したサポートはありません。 コラムの検索 フリーワード検索 タグ 海外起業 アイデア 投資信託 投資情報 株式投資 仮想通貨 投資家 ブログ 名言 ランキング リスク対策 フリーランス 税金 社会保険 ビジネスマナー ICO 請求書 IPO ビジネス用語 不労所得 準備 ビジネスメール 会社設立 NPO ファンド クラウドソーシング 確定申告 資金繰り テンプレート 年収 交流会 個人事業主 融資 資金調達 不動産投資 利回り 日本政策金融公庫 金利 資産運用 NISA iDeCo 事業資金 起業 資格 経費 青色申告 節税 Gmail 独自ドメイン 取引所 クレジットカード ビジネスモデル 必要書類 事例 ネットショップ 開業届 会計 賞与 保険料 決算 控除 貸借対照表 損益計算書 財務諸表 会計ソフト 繰越欠損金 税務調査 ベンチャー企業 資本金 転職 リース 役員報酬 事業計画書 Googleアドセンス 領収書 経理 還付金 年末調整 給与計算 ライティング インターン 新卒 副業 信用金庫 ソフト 本 保険 フランチャイズ クラウドファンディング 法人 ソーシャルレンディング ベンチャーキャピタル 経営 補助金・助成金 借用書 詐欺 ビジネスローン カードローン 検索する カテゴリ一覧 カテゴリ.

次の

無料給与計算ソフト「楽しいかもしれない給与計算」

給与 計算 フリー ソフト

給与計算ソフトの選び方 給与計算業務は、それ自身では収益に繋がりませんが、従業員の生活を支える非常に重要な仕事。 その給与計算業務に利用するソフトですから、しっかり検討してみてください。 クラウド給与計算ソフトで業務効率化、エクセルやフリーソフトでコスト削減など、求めるものは様々。 給与計算業務のアウトソーシングサービスをやめた方なら、簡単に使えることが条件になるでしょう。 できれば、事前に調べた上で、給与明細に入力・作成するなどして、試しに使ってみてください(賞与計算、社会保険、年末調整の機能の使い勝手も含めて)。 比較して検討する上で、まずは何か使ってみたい方には、「フリーウェイ給与計算」がオススメです。 従業員5人まで0円ですから、安心してお試しを。 有料版 初期費用 無料 月額利用料 1,980円(税抜) バージョンアップ料 無料 利用期間 1年ごとの更新 登録データ数 無制限 登録できる従業員数 無制限 年末調整・支払調書 あります 操作サポート あります(電話、メール)• 対応ブラウザは、Internet Explorer、Google Chrome、Safari、Firefox、Microsoft Edgeです。 スマートフォンではご利用いただけません。 有料版をご検討の際には、まずは無料版をお試しください。 無料版で利用したデータは、そのまま有料版でご利用いただけます。 有料版の月額利用料は、ご契約開始日(弊社から有料版ご利用開始のメールを送信した日)の翌20日までは無料です。 (9月1日がご契約開始日の場合、無料期間は9月20日までとなり、利用料金が発生するのは9月21日~10月20日利用分の10月分からです)• 追加ID 1IDに付き月額1,000円(追加IDが必要になるのは、別の会社データを複数の方で同時に利用される場合のみです。 追加IDを利用しても、同じ会社データを同時に処理はできません。 契約期間は1年単位です。 途中解約によるご返金は承っていません。 初回は年一括のお支払い(銀行振込)のみ、次年度の更新から、月々の口座振替もご利用いただけます。 給与計算とは、会社が役員や従業員に毎月支給する給与を計算する業務です。 毎月の給与計算から、特定の月にのみ処理する業務に至るまで、その業務内容は多岐に渡ります。 毎月の業務• 勤怠を確定 タイムカードや勤怠ソフトなどに記録された情報をもとに、給与計算対象期間の勤怠を集計し、勤務時間や残業時間などを確定します。 勤怠以外の情報を確定 入退社、家族、通勤手当、振込口座、標準報酬月額など、給与計算に影響がある情報のうち、前月の給与計算以降に変更があった情報を確定します。 給与の差引支給額を確定 上記1、2の情報に基づき、基本給、通勤手当、残業代などの支給金額と、給与から控除する所得税、住民税、健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などの控除金額を計算し、差引支給額を確定します。 なお、給与計算ソフトに上記1、2を反映すれば、差引支給額を自動計算できます。 給与を支給 上記3で確定した差引支給額を、本人に現金で手渡しするか、本人の銀行口座に振込みます。 振込データを作成できる給与計算ソフトを使用すれば、作成した振込データをインターネットバンキングに送信することで、効率的に処理できます。 給与明細書を配布 給与明細書を作成し、本人に配布します。 給与明細書は、Webやメールなどで配布することもできますが、事前に従業員の同意を得る必要がありますので注意が必要です。 給与計算結果を経理へ提供 会計処理のために、上記3で計算した結果を経理に提供します。 賃金台帳を保管 上記3で計算した結果を印刷し、賃金台帳として保管します。 賃金台帳は、最低3年間保管する義務があります。 所得税及び住民税を納付 上記3で給与から控除した所得税、住民税を、翌月10日までに管轄の税務署及び各市区町村に納付します。 所得税については、「源泉所得税の納期の特例」の承認を受けている場合は、1月から6月までの分を7月10日までに、7月から12月までの分を翌年1月10日までに納付します。 社会保険料を納付 上記3で給与から控除した健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料などの社会保険料と、会社が負担する健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料などの社会保険料を合わせて、翌月の末日までに管轄の機関に納付します。 口座振替手続きをすれば、納付の手間を省くことができます。 特定の時期の業務• (1月)扶養控除等申告書の反映 当年の扶養控除等申告書において、扶養家族の人数に変更があった場合は、給与から控除する所得税の金額を変更します。 (4月)社会保険、労働保険の料率変更 健康保険料、介護保険料、雇用保険料、労災保険料などの料率が変更された場合、変更後の料率を給与計算に反映します。 給与計算ソフトを使用している場合は、料率を変更するのを忘れないように注意しましょう。 (4月)基本給などの改定 基本給や手当の金額を改定し、改定後の金額を給与計算に反映します。 改定が遅れた場合は、差額の遡及支給が必要になる場合があるので注意が必要です。 なお、改定の時期は会社により異なりますので、ご注意ください。 (5月)住民税の改定 各市区町村から通知された住民税の金額に基づき、6月以降の給与から控除する住民税の金額を改定します。 (9月)標準報酬月額の改定 定時決定に基づき改定された標準報酬月額を、給与計算に反映します。 なお、一定の条件を満たす場合には、随時改定に基づき、標準報酬月額を改定する必要があるので注意が必要です。 (11月~翌年1月)年末調整と源泉徴収票の提出 扶養控除等申告書等に基づき年末調整を行った後、給与計算にその結果を反映し、所得税の年税額を精算します。 その後、当年の給与計算結果に基づき源泉徴収票を作成し本人に交付します。 また、一定の条件を満たす者の源泉徴収票を翌年1月末までに管轄の税務署に提出します。 (翌年1月)給与支払報告書の提出 当年の給与計算結果に基づき給与支払報告書を作成し、翌年1月末までに各市区町村に提出します。

次の

人事労務 freee (フリー)

給与 計算 フリー ソフト

給与計算ソフトについておさらい 給与計算ソフトは、その名の通り給与の計算のためのソフトウェアです。 導入することで、給与計算の自動化による業務の効率化と人件費の削減が期待できます。 給与計算ソフトの主な機能 給与計算は、基本給と勤怠データによる賃金の割り出し、各種手当・保険料・税金などの計算を一括で行えます。 給与明細書の作成や源泉徴収に対応している製品もあります。 計算方式の設定機能 正社員やアルバイトといった雇用形態や労働契約に合わせて、どのように給与を算出するかという計算式を設定できます。 設定したフォームを個人別にカスタマイズしたり、よく使う計算式を保存することで設定の際の入力の手間も省略することが可能です。 自動計算機能 設定した計算式に基づいて、基本給やその他さまざまな手当や税金などの計算業務を自動で行います。 複雑な計算処理を一元的、かつ自動で行うことで経理担当者の負担を軽減するとともに、ミスのない給与計算を実現します。 勤怠データ管理機能 勤怠管理システムと連携することで、従業員ごとの必要な就業データを自動計算できる製品もあります。 勤怠管理と連携すれば毎日リアルタイムで給与計算を行うことになるため、毎月の締め日などに給与計算業務を行う場合よりも業務を平準化できます。 給与明細閲覧機能 各種の給与明細や帳票、銀行提出資料などをソフトウェア上で作成し、印刷や電子版として配布できる製品もあります。 従業員名と書式を設定すれば自動でレイアウトされるようになっており、帳票に合った書類を作成する手間を省くことができます。 バージョンアップ機能 税制改正や法改正があり給与の計算が変化した場合は、ソフトウェアメーカーがバージョンアップなどの対応を行います。 給与計算の担当者が法改正などに合わせて計算式を変更する必要はないため、常に最新の法令に対応した給与計算システムを使用できます。 中小企業向け給与計算ソフトを比較しよう! 中小企業向けの給与計算ソフトをクラウド型とオンプレミス型、ソフトインストール型に分けて紹介します。 クラウド型• システムにインターネット上でログインし使うシステム。 導入までが簡単で常に最新版にアップデートされたシステムを利用できるので、中小企業でも簡単に利用可能です。 オンプレミス型• カスタマイズしたシステムを自社サーバーにインストールし利用するシステム。 システム開発、設定費用がかかります。 メンテナンス料がかかることがありますが、月額の利用料はかからないので長期的にはコスト減になったり、自社に合わせた開発ができることが人気です。 ソフト型• 専用のソフトをパソコンにダウンロードしたりインストールして使うシステム。 家電量販店やインターネットで購入できるので手軽に利用できます。 オンライン上でサポートを受けられるソフトもあります。 他のシステムとの連携ができない場合があるので、100名以下の事務所など比較的小規模の企業に適しています。 まず製品一覧を見てみたい方は、以下のページで人気の製品を一括比較できます。 ITトレンド編集部厳選!クラウド型給与計算ソフトを比較 クラウド型はインターネット環境があれば場所を選ばずどのパソコンからからでも使えます。 給与計算業務に不可欠な税関係についても自動アップデートによって法改正にも手間なく対応ができるなどもメリットがあります。 近年、さまざまなシステムがリリースされており中小企業から大手企業まで導入が進んでいます。 人事システムと給与システムを統合した即戦力のパッケージ• 周辺システムとの連携でより使いやすく• 給与計算や支給控除、複雑な給与形態にも柔軟に対応可能です。 また管理オプションでは細かな家族構成、氏名、人事情報の登録や変更にも柔軟に対応しています。 マイナンバーなどの個人情報は暗号化保管に対応していますので社員情報など安全を確保します。 社会保険の改定にも対応していますので基本資料の作成にも適しています。 それは多岐に及ぶ計算業務を効率化できること、給与計算や経理などの知識があまりない人でも簡単に使用できること、自動計算によるヒューマンエラーの防止です。 さまざまな計算業務を効率化 給与計算業務は給与処理のほか、年末調整から給与明細書の作成まで多岐にわたり、手作業で行うとかなりの負担となります。 しかし給与計算ソフトを利用すれば、このようなさまざまな計算業務を一元的に実行及び管理できるため、経理担当者の業務を効率化できます。 誰でもかんたんに活用可能 給与計算ソフトは、給与計算や経理にあまり詳しくない担当者でも利用できるように設計されており使う人を選びません。 また何らかのトラブルや分からないことが発生した場合にも、ソフトウェアメーカーのサポートを受けられる場合が一般的です。 ヒューマンエラー防止 給与計算という複雑な計算処理を手作業でやろうとした場合、全くミスを犯さないことは難しいでしょう。 しかし、複雑な処理も自動演算できる給与計算ソフトを使えば、給与の計算から勤怠の管理まで、さまざまな分野における入力ミス・計算ミスなどを一切取り払うことができます。 給与計算システムを比較する際の5つのポイント 給与計算ソフトの基本的性能は同じであっても、それぞれの製品の細かな部分に違いがあります。 サポート体制はどうか 基本的に有料の給与計算ソフトであれば電話やメールでのサポートは付随していますが、その具体的な内容は製品によって異なります。 例えば、説明機能のサポートや専門アドバイザーによる相談窓口を用意している製品もあれば、24時間問い合わせを受け付けるという製品もあります。 このように、サポートと一口に言ってもその種類は多岐にわたります。 対応雇用体系は自社にあっているか 給与計算ソフトの導入にあたっては、自社の雇用体系や規模がそのソフトに合っているか検討することも重要です。 給与計算ソフトごとに、他のデータベースと連動できるか、ネットワークへ対応しているかといった違いがあります。 雇用形態が多い企業や人材派遣会社などのように複雑な給与計算を行う企業の場合は、導入するソフトウェアの性能が高度であることが必須です。 法改正の対応はどうか 給与計算に影響を与える税制改正や法改正は結構な頻度で行われます。 法改正後にソフトがバージョンアップされないと正しい給与の計算ができません。 そのため給与計算ソフトを選ぶ際は、その点のサポートがきちんとしているか、あるいは迅速であるかを見極めることが重要です。 ソフトの中には自動でバージョンアップするものや即時のバージョンアップに対応しているものなどがあります。 既存システムと連携できるかどうか 給与計算ソフトをそれ単体のみで使うよりも、会計システムや勤怠システムなどと連携させて使用した方が業務効率化の幅が広がります。 それゆえに、既に使用している他のソフトなどとの連携が可能か確認することも大切です。 セキュリティは十分か 給与情報は、当然人事上の情報も含んでいるため高度なセキュリティの下で管理される必要があります。 給与計算ソフトによってはアクセスログが残るなどセキュリティが高いものもありますが、セキュリティが高度であればあるほどコストもかかります。 そのため、自社で必要とするセキュリティレベルを改めて確認し、コストの面も十分検討した上でソフトを選択することが賢明です。 システム導入の工数を削減する方法にアウトソーシングを利用するというものがあります。 下記の姉妹サイトでサービス提供会社をご紹介しておりますので、そちらもご参照ください。 自社にあった給与計算ソフトを導入しよう 給与計算ソフトを導入することは、生産性の向上やミスの防止だけでなく、より重要な業務に人材を割くことを可能にします。 ソフトの機能や性能は製品によって異なっているため、どの製品が自社の必要とするものかを見極めることが大切です。 資料請求をして、給与計算ソフトを比較・検討してみてはいかがでしょうか。

次の