エクセル リンク 検索。 リンク元が行方不明になったリンクに対処する方法

ジャンプで入力規則のセル探し【Excel・エクセル】

エクセル リンク 検索

Microsoft Excel のファイルを開くと、他のデータソースへのリンクが含まれていることを知らせるメッセージが表示される場合があります。 自分で作った Excel ファイルの場合、このようなメッセージが表示されたら、その Excel ファイル内で、別の Excel ファイルの内容を表示させていることが多いです。 意図してそのようにしている場合はいいのですけど、別のファイルの内容を使うつもりがないのにこのメッセージが表示される場合には、修正しておかないと間違った計算結果になってしまう可能性があります。 別の Excel ファイルからシートをコピーしてきた場合などで、このようなことが起こることが多いようです。 もし間違ってリンクしてしまっている場合は、Excel 2010 では次のようにして、別の Excel ファイルを参照しているセルを見つけることができます。 まず、リボンの「データ」から「リンクの編集」を選択します。 すると、この Excel ファイルが参照している外部の Excel ファイルの名前が確認できます。 ここの「リンク元」というところに現れたものが、参照されている別の Excel ファイルです。 今回の場合では "OTHER-FILE. xlsx" という名前がそれに当たります。 リンクされているファイル名が確認できたら、その名前を使って、それを参照しているセルを特定します。 セルを見つけるには、リボンメニューの「ホーム」にある「検索と選択」から「検索... 」を選択します。 すると、検索画面が表示されます。 ここの「オプション」ボタンを押すと詳細な検索ができるようになるので、ここで検索条件を調整します。 「検索する文字列」には、先ほど確認した Excel ファイル名を指定します。 ここでは "OTHER-FILE. xlsx" としています。 「検索場所」は "ブック" を指定することで、すべてのワークシートを検索できます。 「検索対象」は "数式" にします。 これで「すべて検索」ボタンを押すと、検索する文字列で指定した Excel ファイルを参照しているセルが候補に挙がってきます。 ここの「シート」と「セル」と「数式」を見ることで、どのセルが外部ファイルにリンクしているかを確認できます。 たとえばリストアップされた最初の行を見ると、"Sheet1" の "A1" セルで "OTHER-FILE. xlsx" ファイルを参照していることが判ります。

次の

エクセルのハイパーリンクが便利!クリック一つでお…|Udemy メディア

エクセル リンク 検索

Excel for Microsoft 365 Excel 2019 Excel 2016 Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel では、他のブックにリンクすることは非常に一般的なタスクですが、Excel では存在していることを示すリンクが含まれているブックを自分で見つけることがあります。 ブックで使用されているすべての外部参照を自動的に検索する方法はありませんが、検索に使用できる手動メソッドがいくつかあります。 数式、定義された名前、オブジェクト テキストボックスや図形など 、グラフタイトル、グラフのデータ系列を確認する必要があります。 xls、. xlsx、. xlsm など に設定されているため、お勧めの方法は、ファイル拡張子が xlのすべての参照を検索することです。 別のソースにリンクしている場合は、最適な検索語句を指定する必要があります。 数式で使用されているリンクを検索する• Ctrl キーを押し ながら Fキーを押して、[ 検索と置換] ダイアログボックスを開きます。 [ オプション] をクリックします。 [ 検索する文字列] ボックスに「 xl」と入力します。 [ 範囲] ボックスで、[ ブック] をクリックします。 [ 検索対象] ボックスの [ 数式] をクリックします。 [ すべて検索] をクリックします。 表示されたリストボックスで、" xl" が含まれている数式の [ 数式] 列を確認します。 この場合、Excel では、複数の予算マスター. xlsx が見つかりました。 外部参照を含むセルを選択するには、リストボックスでその行のセルアドレスのリンクをクリックします。

次の

【Excel】「ブック内の一部のリンクはすぐに更新できません。」の解決方法1

エクセル リンク 検索

[検索条件範囲]の作り方 条件範囲を作成する場所 まず最初に、条件を作成する場所についてです。 フィルターオプション機能を使用するには、検索条件を入力する場所(小さな表)を新たに作る必要があります。 元の表の上か下に作成しましょう。 空いている右側に作成するのは、抽出後に非表示になって見えなくなる可能性があるのでお勧めできません。 表データの下側を使用するか、 新たな行を上に挿入するのがお勧めです。 今回は、新たに表の上に6行挿入して条件を作成してみます。 表の見出しをコピーしておく 次に、元の表の見出しをコピーしておきましょう。 新たに入力しても良いのですが、打ち間違いをすると困ります。 コピーしておけば、そういう心配もありません。 検索に使用しない列があったとしてもコピーするのがお勧めです。 比較演算子を使う では検索条件を作成してみます。 見出しの下に条件を入力するのですが、条件には比較演算子を使用します。 下を参考にしてください。 AND条件とOR条件• 同じ行を使用した場合はAND検索• 違う行を使用した場合はOR検索 になります。 AND・・・複数の条件全てを満たしものだけを抽出する OR・・・複数の条件どれかを満たした全てを抽出する AND条件は下のように設定します。 結果はこちら。 同じ見出しでAND条件を使用したい場合は、見出しを複数作成して、その下に各条件を入力します。 結果はこちら。 OR条件は下のように行を分けて設定します。 この状態で抽出すると、「部署」が「企画部」か「広報部」のデータが抽出されます。 結果はこちら。 ワイルドカード 「? 」や「*」のワイルドカードを使用して思い通りの条件を作成することができます。 ワイルドカードとは、類似した情報を持つデータを検索する場合などに使用する、テキストや文字をあらわすものです。 」・・・任意の1文字を表す• 井」と入力します。 結果がこちら。 フィルターオプションの操作方法 検索条件が作成できたら、いよいよフィルターを実行します。 今回は下の条件で検索してみます。 最後が「商事」で終わる会社の製造部と営業部、さらに「株式会社サバトラ」の男性。 全員「1985年以降」の生年月日の人を抽出します。 まず元の表のどこか 1セルをクリックしておきます。 [フィルター オプション]の設定画面が表示されます。 大切なのは3つの場所。 まず [抽出先]ですが、これは抽出結果を表示する場所のことです。 そのまま元の表に結果を反映させる場合は、そのまま[選択範囲内]にチェックが入った状態にしておきます。 もし、元の表はそのままの状態で、他の場所に結果を貼り付けたい場合は、下の[指定した範囲]にチェックを入れて、さらに下の場所の[抽出範囲]の場所をクリックして、検索結果を表示したいセルをクリックします。 ここでポイント。 [抽出範囲]には、同じワークシートしか指定できない。 別のワークシートを指定すると抽出できません。 これはちょっと残念ですね。 次に [リスト範囲]です。 これは元となる表の範囲を指定します。 元の表の形によりますが、大抵の場合は自動で表全体が選択されていると思います。 もし、表全体が選択されていない場合や、表の一部で抽出したい場合は、その範囲を選択してあげます。 最後に [検索条件範囲]。 最初から入力されている範囲は一度削除して、自分で作成した検索範囲を選択しましょう。 その時、必要なのは条件が入っている列だけなのですが、他の列を含めて選択しても大丈夫です。 しかし、下にはみ出して 空白の行を選択してはいけません。 今回の場合だと、間違えて5行目まで含めてしまった場合は、抽出が行われません。 以上で設定は完了です。 [OK]をクリックすると結果が表示されます。 そういえば、最後に[重複するレコードは無視する]というチェックがあります。 こちらにチェックを入れた場合は、全く同じデータが複数あった場合、1つだけが表示されますよ。 まとめ フィルターオプション機能は、自分で条件を作成します。 比較演算子やAND・OR条件などを理解している必要があるので、少しハードルが上がります。 複雑な検索で無い場合は、オートフィルター機能でなるべく済ませたいですね。

次の