かう ぱー 意味。 種子島の方言|ふるさと種子島

ランボルギーニ・カウンタック

かう ぱー 意味

を上げたところ いわゆるを代表するであり、同時にスーパーカーといえば同車を連想する人も多い。 に発表されたによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、文字通り世界中に驚きを与えた(当時はのショーカー等、似た様なアプローチの車種がいくつか登場している)。 販売車種では珍しく、特殊なエアインテーク機構やで400馬力を超える5,000cc前後のモンスターを搭載する等、コンセプト、デザイン、システム全ての点において異彩を放ち、1970年代後半から1980年代の日本におけるスーパーカーブームの火付け役となった。 また、車体下に気流が入って揚力が発生したり、巨大なエアスクープの空気抵抗と導入された気流によって、後輪のトラクションが低下する等、ボディは空力的に問題が多い。 この対策としてLP400以降のモデルにはエアロパーツや、オプションでリアウイングが装備されるようになったが、このリアウイングによるリアのダウンフォースが強く、高速走行時には前輪の接地感が薄れるという欠点もあり、それを補う為のフロントウイングまでも登場するという始末であった。 因みに特徴的なエアスクープと、その下にあるルーバーは別々の空気取り入れ口ではなくデザイン上の意匠であり、中で一つの大きなボックスになっている。 後期型に見られるV型12気筒48バルブとキャブレターの組み合わせは、市販車における唯一の採用例である。 LP5000QVの北米向けモデルは、インジェクション(Kジェトロニック)搭載エンジンであった。 後期タイプのエンジン排気量アップはエンジン生産ラインの都合により、シリンダーヘッドとブロックの間にスリーブを挟むという強引な手法によるストローク伸長で実現されており、ディアブロになって、ようやくボア・ピッチが拡大された。 の代表的存在として扱われる事があるが正しくない。 ガルウィングドアはルーフにがあり、正面から見て横開きに上がるもので、カウンタックのドアは前ヒンジで車体前方に上がるものである。 公式にはの名称が使われている。 座席からの後方視界の悪さ(車室の後ろがすぐにエンジンルームになっているなので、まるで見えない)から、このドアを上方に開け上半身を外に乗り出すように後方を確認しつつバックさせる姿を「カウンタック(クンタッシ)・リバース」と呼ぶ事がある。 極端に車高が低く、5000QV以降はダウンドラフトタイプのキャブレターを採用した事により、エンジンフードに突起物が付き、後方視界は非常に劣悪である。 ランボルギーニがクライスラーに買収される前、創立25周年記念モデルの開発がスタートした時に試作車のL150というモデルが開発された。 デザインはジュリオ・アルフィエーリで、ベースとなったのは1986年式クワトロバルボーレのインジェクション仕様であったが、クライスラーの意向で廃案になり、現存は1台のみであり、現在日本にある。 販売期間が16年という長期に及んだ為、ランボルギーニ史上に次いで生産台数が多く、約45年が経った現在でも世界的な評価は高い。 最初期のモデルであっても中古市場で約1500〜2000万円もの価格が付くという。 モデルとバリエーション [ ] LP500 [ ] 後部 カウンタックは、を凌駕する次世代のミッドシップ・スーパースポーツカーとして、のを中心に開発された。 ミウラは横置きミッドシップのV型12気筒エンジンを導入して大成功を収めたが、極端に後寄りの重量配分に起因する高速走行時の不安定性、複雑なトランスミッション系に起因するシフトフィールの悪さなど、横置きエンジン固有の欠点が課題として残された。 とはいえ巨大なV12エンジンを縦置きにすると、理想的な重量配分は得られるものの、が長くなるために旋回性能が低下してしまう。 スタンツァーニはこの問題を解決すべく、通常とは前後を反転しエンジンの前方にを置くという配置を採用し縦置きエンジンであるにもかかわらずミウラよりさらに短い2,450 mmというホイールベースを確保するとともに、コクピット下にギアボックスがあるためワイヤーを介さずギアボックスに直接シフトレバーを取り付けることが可能となり良好なシフトフィールも実現した。 エンジンから前方のギアボックスに駆動力が伝達され、更にそこから折り返されたシャフトはオイルサンプを貫通し、後輪のに伝達される。 車体はセミモノコック、は前後ともダブル・ウィッシュボーン式とした。 これにマルチェロ・ガンディーニのデザインによるボディを組み合わせ、カウンタック LP500は誕生した。 LPはミッドシップ縦置き( Longitudinale Posteriore )、「500」は排気量(cc単位、10分の1表記)を示す。 初登場は1971年ので、革新的なデザインは大反響を呼んだ。 しかしながらエンジンの冷却効率が悪くオーバーヒートが頻発し、量産には至らなかった。 ランボルギーニが経営危機に陥ったこともあって改良は難航した。 LP500には市販車につながる形状の仮設エアインテークやダクトが設けられ、走行テストが繰り返された。 最終的にクラッシュテストに使用された後に廃棄され、この車両は現存しない。 LP500と市販のLP400の間には別のプロトタイプが存在し、緑色に塗られた1台はランボルギーニ博物館に展示されている。 LP400 [ ] LP400後部 市販モデルの LP400が登場したのは3年後のである。 オーバーヒート対策のためボディに多数のエアインテーク、アウトレットが設けられた。 エンジンはより扱いやすくで実績も積んでいた3,929ccエンジンに換装された。 また車体構造はテストドライブの際に剛性不足と判断されたため、セミモノコックから丸鋼管を溶接して組み上げたバードケージ(鳥かご)フレームにアルミボディを載せるデザインに変更され、剛性向上と軽量化を同時に果たしている。 のオリジナルデザインに一番近い生産型であるLP400は、わずか150台しか生産されなかった。 なお、実際の車両重量についてはカタログ記載より約500kg程度重い1. 6tであり、エンジン出力についても実際は330英馬力程度と思われる。 ウォルター・ウルフ・カウンタック [ ] ウォルター・ウルフ・カウンタック1号車 LP400のスペシャルモデルとして有名なのが、わずか3台のみが製作された ウォルター・ウルフ・カウンタックである(当時の日本では「LP500S」と呼ばれた)。 1号車 の石油王でチームのオーナーでもあったは熱狂的なランボルギーニ・マニアであり、ランボルギーニの経営に乗り出そうと計画したほどであった。 そんなウルフの耳にカウンタックがついに発売されるという話が入るのには、そう時間はかからなかった。 ウルフはすぐさまオーダーし、LP400の量産3号車をに手に入れることができた。 しかし、ウルフはこの新型車の仕上がりに不満を持っており、間もなくウルフの指導の元、大型リアウィング、オーバーフェンダー、コンセプトカーのブラーボから譲り受けたホイール、P7の超扁平タイヤなども装着された赤の「1号車」が製作され、に出荷された。 2号車 この1号車には、排気量がプロトタイプより1リッター縮小されたエンジンが搭載されていたが、その性能に不満を持ったウルフは、特別に手を加えたエンジンを搭載し、サスペンションの改良を受けたカウンタックをランボルギーニに製作依頼した。 こうして青の「2号車」が製作され1976年に出荷された。 3号車 その後このエンジンはさらなるチューンを施された上でネイビーブルーの「3号車」に換装され、1978年に出荷された。 この3号車はエンジンの換装のみならず、ダラーラの指揮の元でフレームやブレーキ、クラッチが強化されたいわば「究極のウルフ・カウンタック」となった。 なお、2号車には代わりに通常のLP400のエンジンが搭載された。 これらの3台は通称「ウルフ・カウンタック」(スーパーカーブーム当時の日本ではLP500S)と呼ばれ、特にエンジンの換装やダラーラが各所に大幅に手を加えたいきさつが詳しく語られることがなかった上に、ウルフが手放した後に入手した日本人オーナーが一般に公開することを拒んだ3号車は、その存在自体が確認されない「幻の存在」として語られる事となる。 ちなみにオーバーフェンダーやリアウィング等は後のLP400S、500S、5000クアトロバルボーレ にて正式採用されている。 現在 各車の現在の状況だが、1号車はブームが過ぎ去って以降も日本に留まり「蘇える金狼」の劇中車として使用されたり、僧侶・タレントのが所有していたことで知られている。 2号車はドアミラーが変更されてドイツのロッソビアンコ・ミュージアムにて展示されていた。 2016年5月、イタリアで開催された「Concorso d'Eleganza Villa d'Este 2016」にて、ランボルギーニの元テストドライバーであるヴァレンティーノ・バルボーニ氏の運転で会場に登場し、現存していることが確認できる。 3号車は新たな日本人オーナーの手に渡りに完全なレストアを受けた。 なおレストアを受ける前後にオーナー自らがウルフとダラーラと会い、3号車の開発のいきさつとエンジン換装についての確認を受け、さらにその内容が「Genroq」や「」、「」などに掲載されたことで「幻の存在」から脱却することになった。 LP500R [ ] スーパーカーブーム当時、ウルフ・カウンタックと双璧を成す人気モデルとして通称LP500R(カウンタックSSまたはGT)と呼ばれるカスタムモデルがある。 ブラックボディにホワイトのウェーブラインが特徴的なワンオフモデルで外観はウルフ・カウンタックに似ているがリアウィング形状が異なり、エンジンもノーマルである。 イオタSVR同様にミステリアスな個体であるが、ロッソ誌にて当時ファクトリーでテスト中のスクープ写真が発見されている。 タミヤ製RCブラック・カウンタックLP500Sのモデルである。 尚、LP500Rも日本で動態保存されており、イベントなどでその姿を見る事が出来る。 LP400S [ ] 1979 LP400S キャノンボールl には、ウォルターウルフ・カウンタックを基にした改良型の LP400Sが登場し、237台が生産された。 シリーズ 1 - シリアルナンバー1121100まで、生産台数50台。 ペリスコープ廃止。 ローボディ。 極初期にカンパニョーロ製のいわゆる「ブラーボ・ホイール」またはOZ製マグネシウム・ホイールがある。 LP400と同じStewart Warner Stage III 8連メーター(縦オドメーター)• シリーズ 2 - シリアルナンバー1121310まで、生産台数105台。 このモデルまでがローボディである。 8連メーターが廃止され7連になった。 OZ製ホイールの素材がマグネシウムからアルミニウムに変更された。 シリーズ 3 - シリアルナンバー1121312から1121468、生産台数82台。 屋根が3 cm高くなり、カウンタック生産開始以来のローボディが廃止された。 LP500S [ ] には4,754 ccの市販車種である LP500Sが登場し323台が生産された。 V12エンジンの2バルブ、はサイドドラフトで ボディと内装は LP400Sシリーズ 3を引き継ぎエンブレムは 5000Sとなっている。 北米仕様はKのインジェクション。 5000QV [ ] 25thアニバーサリー 、ランボルギーニ創立25周年記念モデルとして 25thアニバーサリーを発売。 スタイリングを担当したのは、のちに社を創業することになるホラチオ・パガーニ ()であった。 リアバンパーが装着され、細部の形状が変更され、LP400Sからオプションであったリアウイングは無くなった。 本モデルがカウンタックの最終モデルとなり、に生産を終了。 カウンタックの各モデルの中で最多となる657台を生産した。 最後にラインオフしたカウンタックは、当初デザイナーのに寄贈される予定であったが、ガンディーニは「(自らの)過去の作品には興味がない」という理由によってこれを辞退した。 このシルバーの車両(シャシーナンバー:ZA9C005AOKLA12085)は「」が所蔵することになった。 レース用車両 [ ] F1 セーフティカー [ ] 1980年から1983年にかけて、カウンタックはのにおけるとして採用された。 1983年にはが「LP500S」の車両を運転・先導した。 カウンタック QVX [ ] 詳細は「」を参照 1985年、イギリスの輸入業者によって製作されたグループCのレース用車両。 「5000QV」をベースとして5. 7Lエンジンを搭載するが、外観に面影はない。 JLOC レーシング・カウンタック [ ] 1994年、寺井エンジニアリングが「25thアニバーサリー」を改造してに参戦した 。全5戦に参戦し、2回完走した。 「カウンタック」という発音は日本独特のものである。 では 「クンタッチ」、では 「クンタッシュ」、英語では ()「クーンターシュ」のように発音される。 イタリア語の方言ので、特に美女を見たとき男性が発する言葉で「マブい」「ハクい」「イケてる」程度の意味である。 アメリカでは「クーンタッチ」等と発音する場合もある。 「アニバーサリー」『Lamborghini』〈ROSSOスーパーカーインデックス〉、2003年、31頁。 Peter Orosz 2010年7月10日. Jalopnik. 2015年10月14日閲覧。 Car Keys 2017年8月16日. 2018年12月16日閲覧。 スーパーカー&クラッシックス 22: 84-89. 2018年10月13日閲覧。 2018年10月13日閲覧。 参考文献 [ ]• いのうえ・こーいち『世界の名車14 ランボルギーニ&デ・トマソ』、1986年。 『ランボルギーニ 』 〈ワールド・カー・ガイド〉、1995年。 『自動車アーカイヴ Vol. 8 70年代のイタリア車編』二玄社〈別冊CG〉、2003年。 「スーパーカーのスーパーカー」『幻のスーパーカー』、1998年。 のち双葉社〈〉、2004年。 『ランボルギーニ:カリスマの神話』、2006年。 『ランボルギーニ・カウンタック』ネコ・パブリッシング〈NEKO MOOK 1250 ROSSOスーパーカー・アーカイブス〉、2009年。 のち『復刻版ランボルギーニ・カウンタック 〈NEKO MOOK 1502 ROSSOスーパーカー・アーカイブス〉、2010年。 『Car Styling』Vol. 4、、2010年。 関連項目 [ ]• HFゼロ• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

「かう」の索引 1ページ目

かう ぱー 意味

スポンサードリンク 「エイヤー」の意味とは? 昔の職場に広告代理店の人が転職してきた時に、見積もりを眺めながら、 「じゃあ、ここはエイヤーでいこうか」 「ええ、そうですね」 みたいな会話をしたことがありました。 もちろん「エイヤー」なんて単語は初めて聞いた訳ですが、 「ちょっと頑張って予算を削ろうか」 みたいな「ちょっと頑張っちゃうか」ぐらいの意味だと思ったので「ええ」なんて言っていたのですが、どうやら思っていたのと違っていたようです。 業界内では"だいたい"という意味で使われ「エイヤーの金額」なんて感じで使われている。 ひえー、そうなんだ! あの「 エイヤー」は「だいたい」ってことだったんだ! 知ったかぶりして「エイヤー」に頷いていましたが、全く違う意味だと誤解していました。 「エイヤー」は何語? 「エイヤー」が業界用語だとして、これは何を語源としているのだろうかと気になりました。 調べてみると、スペイン語に「Ayer」があることが分かりました。 しかし、これは「昨日」という意味なので、日本語の「エイヤー」の語源ではなさそうです。 「エイヤー」はやはり難しい? 改めて検索すると、やっぱり不思議に思っている人がいますね。 積算時間がないときや、急ぎで金額が知りたい時などに良く使いますね。 一種の方言みたいなものかもしれませんね。 であれば、「この図面はエイヤーで作成した」というのは、詳しいデータなどが揃わないままにとりあえず作ってみた、というような意味になりますけど・・・。 語源は「えいっ、やぁー」というかけ声からですね。

次の

つうと言えばかあ

かう ぱー 意味

アンバーは正確には鉱物ではないのですが、パワー ストーンとしての解説として《石》と表記します。 アンバーは明るさと落ち着きを持つ石で、心身のエネ ルギーを上手に流せるようにサポートしてくれます。 エネルギー自体を強めるというよりは、体や心に余分な不要エネルギーが滞ることにより起こるバランスの乱れやエネルギー的な毒素が排出できていない為に起こる不調時に、それらの余分なエネルギーを大地に還してくれるアースのような役割をする事で、エネルギーの流れを綺麗にし、必要なだけのエネルギーを上手に使うことを教えてくれる石です。 それは元々アンバーのルーツが木である事と関係が深く、木々が二酸化炭素を吸い代わりに酸素を吐くように、アンバーはマイナスエネルギーを抜き取り、変わりに心身に酸素のようなプラスのエネルギーを循環させてくれるのです。 アンバーは心身共に不快な状態や症状の軽減にも有益で、生きる事に対する前向きな喜びを高めてくれる力もあります。 また、アンバーはエネルギー的に余分なものを抜くだけではなく、緊張する場面や肩の力が入りがちな場面において、緊張を解きほぐしリラックスして最大の力を発揮しやすくする為にとても有益な石でもあります。 その為、受験や勝負のお守りとして、更に出産時等にもお守りとしてとてもオススメです。 不要なものを捨てる事で新しい良いものが入る隙間ができる。 アンバーは私達にとって、エネルギー的なゴミを掃除してくれるような存在と言っても良いかもしれません。 アンバー(琥珀)は約3000万年以上前の松柏類の植物の樹液が化石化した有機物です。 古くから装飾品等として、また、神秘的な力においても非常に有用なクリスタルの一つとして用いられてきました。 アンバーには、地層に埋もれて固まったものと、その層が崩壊して海に流れ出したものと2つの種類があります。 その、海をただようさまと、燃やすといい香りがするところが、マッコウクジラの吐き出した「竜涎香(りゅうぜんこう)」(アラビア語でanbar)に似ていることから、アンバーと名付けられたそうです。 和名では、「琥珀(こはく)」と書きますが、中国では、古くは「虎魄」と書き、虎の魂が石となったものと信じられていました。 アンバーは正確には鉱物ではありません。 アンバーは、約3000万年以上前の、松柏類の植物が流した樹液中の樹脂が、長い年月の間に固まって化石化した有機物です。 古くから装飾品等として、 また、神秘的な力においても非常に有用なクリスタルの一つとして用いられてきました。 元が樹液のため、非常に柔らかく、宝飾品として耐えられる硬さになるまで、約3000万年以上の年月を要します。 今市場にでまわっているアンバーは主に、バルト海沿岸か、ドミニカ産のものがほとんどで、「ピット・アンバー 山琥珀 」と「シー・アンバー(海琥珀)」の大きく二つに分けられます。 アンバーは、樹脂を流した木と共に地層に埋もれて固まります。 それが地上の鉱区で産出されたら「ピット・アンバー 山琥珀 」と呼びます。 ドミニカ 産のものが典型で、薄く青みがかったブルー・アンバーなどが有名です。 樹脂に含まれる成分が、紫外線の影響でブルーの色に見えるのですが、グリーンのア ンバーも同様にみられます。 ですが、何らかの原因でその層が崩壊して、形成されたアンバーが海に流れ出すことがあります。 そのようなアンバーが初めて発見されたのは、バルト海の岸辺でした。 アンバーは海水に浮くほど軽いため、そのまま流されて岸辺に打ち上げられます。 それらのア ンバーのことを、「シーアンバー(海琥珀)」と呼びます。 バルト海沿岸で採れる「バルチック・アンバー」は、シーアンバーの代表的な存在です。

次の