フォビドゥン。 【EXVSMBON】フォビドゥンガンダムのキャラ解説

フォビドゥンガンダムとは (フォビドゥンガンダムとは) [単語記事]

フォビドゥン

簡単登録で後払い Amazonの支払い画面に氏名とEメールアドレス、携帯電話番号を入力するだけで登録は完了。 後払いですぐにお買い物を楽しめます。 (登録時にSMS認証を実施)• お支払いはコンビニ・銀行で Paidy翌月払いは、コンビニ払いと銀行振込、口座振替でお支払いが可能です。 クレジットカード番号を登録する必要はありません。 翌月10日までにまとめてお支払い 請求のご案内は、翌月1日から3日の間にEメールとSMSでお届け。 月に何度お買い物しても、お支払いはまとめて翌月1回のみ。 コンビニ払いの支払い手数料は356円(税込) 詳しくは「今すぐチェック」からご確認ください。 クリックしますとPaidy翌月払いのキャンペーンページに移動します。 I don't think there's such thing as a "bad kit," as each kit can shine depending on what type of work you put into it. This is a slightly dated kit in terms of articulation and engineering, but is still a fun build. If you mod and paint, then there is a lot of opportunity here! Otherwise, it's a great HG with some limits to posability with some pretty unique accessories. 現時点ではこのメニューの読み込みに問題があります。 window. when "data". html? html? html? html? html?

次の

フォビドゥンガンダム

フォビドゥン

フォビドゥンガンダムとは、『』に登場するである。 式番号GAT-X252。? 本項では生機も記載する。 概要 財団下の防連合体が、初期T-Xのを基に開発した後期T-Xの1機であり、他の2機と同様にTP装甲が採用されている。 と同じX200のを使用され、同じく突撃・強襲用に分類される。 上ッツの後継機と言えるが運用法が大きく異なり、ッツはにより姿を消し、敵機に察知されずに撃破するという運用がされるが、この機体は敵機の正面から突撃し、TP装甲とで射撃を効化しつつ撃破するという運用がされる。 また、大のパックを頭部に被せた強襲形態に変形することが可で、このパックは大気圏内での単独飛行が可なほどの推を持つ。 また、ゲシュマイディッヒのおかげで短時間なら中を潜行出来る。 とか言ったは。 となったのは解放。 によって「ンスト」として投入された。 手にしたニーズヘグで、軍のをバッサリり落とすという衝撃的なで初戦果を飾り、の度肝を抜いた。 その後、やと幾度とく交戦。 終盤で、自身を傷つけたに固執し集中的に狙うようになる。 とが相手だと決定打が与えられず、何度も撤退を強いられたが一般機相手のではし、級や、などを片端から餌食にしている。 最期は奇策を打ったに薄され、コクにを突き立てられ、。 のシャニごとに散った。 後期Tの中では一番初めに撃墜されてしまった。 武装 誘導プラズマ砲「フレスベルグ」 パックに内蔵された高出のであり、エクツァーンに装備されている誘導装置による磁場干渉を利用することでを曲げながら撃つことができる。 重刎首鎌「ニーズヘグ」 格闘用に用いられる巨大。 には通用しないが、その重量と大きさによる切れ味は鋭い。 88mmレールガン「エクツァーン」 パックに装備されている可動式の。 フベルグの誘導装置も兼ねる。 115mm機関砲「アルムフォイヤー」 両腕部に内蔵されている径。 ニーズヘグを所持した状態でも使用が可であるため、格闘戦で重宝する。 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」 T-Xやのに標準搭載されている。 実は後期T-Xでこれを持っているのはフォビドゥンだけ。 エネルギー偏向装甲「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」 パック両に搭載されている対防御用装甲。 の定着に使用された技術の一部を応用し、装甲に磁場をわせることでを曲げ、直撃を避けることができる他、度を変えることで敵に跳ね返すことも可である。 TP装甲との併用により、実弾、射撃に対する圧倒的な防御を実現しているが、 による撃にはやや弱い(後述のフォビドゥンがシュベルを防いでいる描写があるため、全くというわけではないと思われる)。 また、装甲の表面に展開するなので展開方向の反対側は防備となる為、運用の際には高い技量を必要とする。 消費電が非常に高いが、パックに内蔵されている大ジェネレーターとTP装甲による省電化により、使用に支障はない。 派生機 フォビドゥンブルー に登場した生機。 軍に対し用の開発に大きく遅れを取っていた軍は、その差を埋めるためフォビドゥンをにフォビドゥンを試作した。 耐圧にはゲシュマイディッヒしか用いておらず、何らかの原因でゲシュマイディッヒとフェ装甲が停止すれば一で圧に潰される危険性があった。 そのためからは「フォビドゥン・コ 禁断の 」と罵られる。 しかし稼動している限りは形成される場で圧砕される事はく、上は限に潜行できる。 フォビドゥンがを得物にしていたのに対し、フォビドゥン系はを用いている。 ちなみにパックの左右装甲内には格闘用としてニーズヘグのを内蔵しており、使用時には鋏のように展開する。 ・ヒュースによって開発が進められ、4機が試作された。 フォビドゥンとディーォビドゥン 後述 はのジフラル基地戦に投入され、で軍部隊と突。 フォビドゥンらは軍に対し高い性を発揮、やをに上げて壊滅に追い込んだ。 結果、は基地を放棄、からの撤退を余儀なくされた。 ディープフォビドゥン に登場。 フォビドゥンで得られたを基に開発された制式採用。 外見は系のようになった。 コク付近に合の耐圧装甲を配置した事でゲシュマイディッヒが停止しても機体が潰される事はくなった。 安全性が確保された事で軍の用開発は成功を見た。 少数ながらフォビドゥンとともに基地戦に投入され、軍部隊撃滅に貢献した。 フォビドゥンヴォーテクス に登場。 フォビドゥンの後継機で、見たはど変わっていない。 TP装甲を持ち、ディーォビドゥンで得られたも盛り込まれ一層度が増した。 潜行時間も更に増大している。 ヘブンズの防衛部隊として5機が配備され、から攻めて来る軍部隊とぶつかった。 序盤は性差もあって、で押し寄せるやを次々に撃破して優位に立っていた。 だが形勢が逆転し、軍側が不利になっていくとフォビドゥンテクスも押され始め、との連携で1機が撃破された。 その後の動静は不明だが、の部隊に上陸を許している所を見ると壊滅した可性が高い。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ フォビドゥンガンダムに関するを紹介してください。 関連項目•

次の

【EXVSMBON】フォビドゥンガンダムのキャラ解説

フォビドゥン

概要 国防連合企業体が初期GAT-Xシリーズのデータを基に開発した後期GAT-Xシリーズ3機中の1機。 機体名の「フォビドゥン」は英語で「禁断」(禁忌)を意味する。 パイロットはのブーステッドマン である。 と同系のX200番台フレームを採用した特殊戦闘用MSで、元となったブリッツと同じく特殊戦闘と敵地への電撃侵攻を得意とする。 実弾を無効化する新型PS装甲「」を採用したことによる電力の余裕を生かし、敵のビーム攻撃を曲げて無効化してしまう偏向装甲「」を装備している為、無敵ともいえる防御力を持つ。 また、バックパックを被ることで高速強襲形態に変形可能。 状況に応じてMS形態と強襲形態に分けて戦う事が出来る。 バックパックの推力が高く、サブフライトシステムを用いなくても大気圏内を飛ぶことが可能。 水中でもある程度戦うことも出来、作中ではオーブ軍イージス艦の隙を突くために水中から襲撃を仕掛けて撃破した。 しかし、パイロットのシャニは精神が不安定で、基本的に相手のビームを曲げて嘲笑するなどナメプで戦っていたため、機体の特性を生かして戦う場面はそれほど見られず、時たまにフレスベルグやパンツァーを乱発し、エネルギー切れ気味に陥ることもあった。 それでも、 敵の攻撃を一方的に無効化した上で敵を嬲り殺しにするという機能は、シャニにとっては相性ピッタリのガンダムだったのかもしれない。 連合の新型MSの中でも特に猛威を振るった機体で、ヤキン・ドゥーエの最終決戦においても活躍するが最後はの駆るの接近戦に敗れ撃墜、パイロットのシャニも戦死する。 3機の中では最初に撃破された機体であった。 ゲシュマイディッヒ・パンツァーの採用によって水圧を抑制したため、地球連合軍が保有する戦力の中でも数少ない 水中でも戦うことが出来る機体である事が注目され、本機をベースにした水中用MSが製造されており、本機は云わば地球連合軍の水中用MSの基礎となった。 武装 誘導プラズマ砲「フレスベルグ」 バックパック先端部に内蔵された高出力プラズマビーム砲。 そのままでもプラズマ砲として使えるが、最大の特徴はエクツァーンの砲身に設置された誘導装置によってビームの軌道を自在に変える事が出来る事である。 ただし1発のビームで曲げられる方向は1方向のみで、敵を正確に撃破する程の誘導は出来ない。 それでもMSを一撃で撃破できる程の破壊力を持ち、劇中ではこの武装でボアズを防衛していた複数のザフト軍MSを撃破した。 名前の「フレスベルグ」は北欧神話で伝えられる風を巻き起こす鷲の姿をした巨人「」に由来。 重刎首鎌「ニーズヘグ」 格闘戦用の巨大な鎌。 その刀身はのと同じくグレイブヤードの特殊精錬技術が用いられている。 実体兵器であるためPS装甲を搭載している機体(ガンダムタイプ等)には通用しないが、オーブ軍の護衛艦クラオミカミのブリッジを一振りで刎ねる程の威力を持つ。 見た目によらずかなりの重量を誇り、その重さを利用して鈍器として使うことも出来る。 名前の「ニーズヘグ」は北欧神話で伝えられる世界樹ユグドラシルの根を噛む蛇の名「」に由来。 重刎首鎌の読みは「じゅうふんしゅれん」 88mmレールガン「エクツァーン」 バックパック両側に設置された可動式。 レールガンである為PS装甲を持つ機体には通じないが、通常装甲のMSなら一撃で破壊可能。 砲身に誘導装置が設置されており。 フレスベルグの弾道を曲げるための磁場発生器としての役割も持つ。 名前の「エクツァーン」はドイツ語で「犬歯」の意味である。 115mm機関砲「アルムフォイヤー」 両腕に内蔵された大口径機関砲。 固定火器の為、他の武装を保持したままでの使用が可能。 「アルムフォイヤー」とはそれぞれドイツ語で「腕」、「火」を意味する。 75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」 連合軍製のMS及び戦艦に標準装備されているバルカン砲。 牽制射撃の他、ミサイルの迎撃にも使われている。 エネルギー偏向装甲「」 フォビドゥン最大の特徴である特殊装備。 バックパック両側に装備されている可動式のシールドに搭載されている。 ブリッツガンダムに搭載されているミラージュコロイドの技術を対ビーム防御システムに応用したもので、シールド表面にコロイドを散布し磁場を発生させてビームを歪曲させて命中させないようにする。 あくまでも対ビーム防御なので実弾は防げないが、フォビドゥンがTP装甲を搭載している為その弱点を解消している。 しかし粒子散布範囲を通り越しての至近距離から放たれたビームは曲げることが出来ない為、接近戦に対応できないという弱点が存在し、その上稼働するのに大量の電力を消費してしまう為、長時間の使用は出来ない 新型大容量ジェネレーターとTP装甲による省電力化で燃費問題はある程度解消された。 この技術はDESTINYに登場した大量破壊兵器レクイエムにも使われた。 名前の「ゲシュマイディッヒ・パンツァー」はドイツ語で「柔軟な装甲」という意味である。 関連タグ :本機をベースにして作られた水中用MS 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-19 18:00:00• 2020-07-19 17:00:00• 2020-07-19 12:00:00• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 19:47:36• 2020-07-19 19:47:35• 2020-07-19 19:47:35• 2020-07-19 19:45:33• 2020-07-19 19:44:33 新しく作成された記事• 2020-07-19 19:47:36• 2020-07-19 19:07:11• 2020-07-19 18:35:10• 2020-07-19 18:32:31• 2020-07-19 19:16:09•

次の