ピーリング スクラブ。 ピーリング・スクラブ

ツルリ 角栓溶かす ジェル&スクラブ|【公式】BCLブランドサイト|BCL BRAND SITE

ピーリング スクラブ

ゴマージュとスクラブ、ピーリング洗顔の違いとは? ゴマージュとスクラブ、ピーリング(ピーリング洗顔やケミカルピーリング)の違いは、用いるアイテムの違いです。 「古い不要な角質をケアする」という目的は同じです。 角質ケアすることで、肌の表面に蓄積していた古い角質によるくすみ・ごわつきをお手入れすることができます。 また、古い角質をお手入れすることで肌がやわらぐので、次に使う化粧品のなじみがよくなり、よりその化粧品の魅力を活かしやすくなるといわれています。 それぞれの特徴についてご紹介します。 本来のゴマージュとは、ハーブや植物の種や殻などの植物由来の原料を使って、肌をやさしく擦り古い不要な角質をお手入れするものです。 ただし、最近ではポリマーの粒子などを使ったスクラブと同じように扱われることも多いようです。 ゴマージュは、市販品を使って自宅で気軽に行うこともできます。 フェイシャルにもボディにも用いることがあります。 擦ってお手入れするという点で、ゴマージュと同種のお手入れといえるでしょう。 本来は、ゴマージュは自然由来の素材を使っている点で、独自の個性があったのですが、現在では、ゴマージュとスクラブはひとくくりに扱われることが多いようです。 いつもの洗顔料を置き換えて取り入れるだけなので、とても簡単な角質ケア方法です。 角質を溶かすケア方法なので、頻度や方法などに注意が必要です。 ネットでよく検索されているゴマージュのなかから、ドラッグストアなどで手に入れることのできる「ロゼットゴマージュ」を実際に使ってみました。 香り: 香りはほんのりなので、これなら顔に使っても気にならないと思いました。 使用感: 肌にのせて、円を描くようにくるくるとマッサージすると、数秒ほどで真っ白な消しゴムのカスのようなものが出てきました。 白くてポロポロした感じなので、古い角質や汚れを絡め取っているはずなのに不潔な感じはしません。 1分ほどマッサージしたあと、洗い流して、水分を拭き取った肌に触れてみると、肌触りがしっとりなめらかでした。 お手入れの仕上げに保湿すると、いつもより肌がやわらいでいるような気がしました。 (個人の感想です) 3. ゴマージュの魅力 ゴマージュの主な魅力を3つご紹介します。 また毛穴に詰まった角栓汚れなども洗い流すことができるので、毛穴の角栓汚れによる肌のざらつきが気になる方にもおすすめです。 肌がやわらぐと、次に使う化粧水や美容液などの美容成分が角質層に浸透しやすくなるので、各アイテムの魅力をより活かしたスキンケアをしやすくなります。 ゴマージュの注意点 ゴマージュを取り入れる際は、上手にその魅力を引き出すために、力加減と頻度、自身の肌の状態に気をつけることをおすすめします。 あわせて、それぞれの商品の使用方法、基本的な使用上の注意を守るように気をつけましょう。 ・力加減 力加減に注意が必要なのは、ゴマージュは美容法であると同時に、肌の表面に摩擦を与える行為でもあるからです。 強い力で擦ってしまうと、必要以上に肌の表面に力がかかってしまい、必要な角質まで奪ってしまったり、肌を傷めてしまったりします。 ・頻度 また、あまり頻繁に行うのも避けましょう。 2週間~1カ月に1回程度を目安に考えるのがおすすめです。 角質層は本来、私たちの肌を守るためのものです。 顔であればわずか0. 001mm程度の厚みしかない大切なヴェールのようなものです。 肌を磨くつもりが、削ることになってしまわないように気をつけましょう。 ・自身の肌状態 先ほどお伝えしたように、ゴマージュは肌に摩擦のかかる行為です。 肌の調子がよくないときや、敏感になっていると感じるときなどは行わないようにしましょう。 まだ、皮膚の薄い目のまわりや口のまわりへの塗布は、基本的に避けるようにしましょう。 ・基本的な使用上の注意 ゴマージュやスクラブの多くは不溶性の成分を含んだ化粧品です。 以下の点に気をつけて使用してください。 ゴマージュまとめ 「ゴマージュとスクラブ、ピーリング洗顔の違いとは?」からゴマージュの魅力、ゴマージュの注意点まで、まとめてご紹介しました。 ゴマージュは、誰にでも取り入れやすいスペシャルスキンケアです。 ボディにもたっぷり使ってお手入れするのがおすすめです。

次の

人気スクラブおすすめ10選!ボディ・フェイスの効果と口コミと使い方も

ピーリング スクラブ

体の中で不要になったものは体の外へ排出されていきますが、お肌の場合だと少し変わっていて、 皮膚の表層に古くなった皮膚が押し上げられている状態、これが 角質と言われるものです。 通常のターンオーバーは4週間程度のサイクルで行われていますが、 加齢やホルモンバランスの乱れなどによってこのターンオーバーが正常に機能しなくなることがあります。 《効果》 ・表皮のザラザラが取れる ・毛穴の詰まりが改善される ・クスミ解消につながる ・肌のキメ、化粧ノリが良くなる 《使い方》 1. まずは少しでも汚れを落とすという目的で洗顔をします 2. ジェルを塗った時の効果をアップさせるために水分を拭き取ります! 3. さくらんぼ2〜3個分だけ手に出します 4. 顔全体にジェルを塗布します 5. 指の腹でやさしくマッサージして全体になじませます 6. 洗顔料の中に細かな粒子を含んでいて、洗顔をする事で肌の上で細かな粒子が古くなった角質や皮脂、汚れなどを取り除きます。 お試しブライダルシェービングはホームページ限定で3,780円 税込 でご利用いただけます! また、ブライダルにはかかせないのがフェイシャルケアですが、ヒロ銀座では最新美容機器を導入しておりますが、実は「理容室価格」にてご利用いただけます。

次の

【全然違う!】ピーリング・ゴマージュ・スクラブの違いを徹底解説!

ピーリング スクラブ

肌は、古い角質を取ることでつるつるで元気な肌へと生まれ変わります。 通常は28日周期で自然とターンオーバーされますが、 加齢や肌への栄養不足などで周期が遅れることも。 その手助けをするのがピーリングやスクラブでの角質ケアです。 ピーリングやスクラブは両方とも角質ケアができるものですが、 どんな違いがあるのでしょうか? ピーリングは酸でケアする ピーリングは正式には、 【ケミカル(科学)の力でピール(peel皮を剥く)】ので、ケミカルピーリングと言います。 ケミカルピーリングは市販のピーリングジェルを用いて自宅で行う場合と、 皮膚科などの医療機関で行う場合と2パターンあります。 どちらも角質ケアには変わりありません。 ピーリング剤は市販、医療機関ともにピーリング剤を使用します。 市販品と医療機関ではピーリング剤に使われている成分や成分の強度が異なりますが、 主にアルファヒドロキシ酸(AHA)やサリチル酸などの酸がピーリング剤に含まれています。 前述したように酸のチカラで古い角質を浮かせ取り除くのがケミカルピーリングということですね。 自宅でのケミカルピーリングの効果 医療機関でのケミカルピーリングは、角質除去・ニキビ跡・シミ・たるみなどに効果があります。 対して自宅でのケミカルピーリングは、角質除去・毛穴の黒ずみ・くすみ・ごわつきなどに効果的。 自宅でのケミカルピーリングに使われるピーリング剤は成分が弱めのものが多いので、 ディープクレンジングの意味合いが強いです。 スクラブは粒子でケアする スクラブ(scrub)は【ごしごしこすって洗う】という意味の単語です。 ボディスクラブを手に取り、肌をこすり洗いしてケアをします。 ボディスクラブは塩や砂糖のなどの粒子とオイルを混ぜたものが一般的です。 また、ボディスクラブに使われる原料は植物由来や天然成分が使われていることが多いのも特徴です。 自宅でのボディスクラブの効果 肌にボディスクラブをつけて優しくマッサージすることで、肌を柔らかくする効果があります。 肌を柔らかくすることで、毛穴の黒ずみ除去・マッサージ効果・肌への浸透力UPなどが期待出来ます。 ピーリングと大きく違うところは、スクラブの種類によって保湿効果・むくみ解消効果があることです。 肌をきれいにしながら肌を守るという2つの役割があります。 シュガー、ソルト、米ぬかなど様々なボディスクラブがありますが、 それぞれテクスチャーや効果が違うので用途によって原料を選ぶことが出来るのもボディスクラブならではと言えます。 砂糖スクラブの効果&作り方 ピーリングとスクラブの違いがわかったところで、ボディスクラブのことをより深く知りましょう。 まずは砂糖スクラブ(シュガースクラブ)の効果と作り方をご紹介します。 砂糖スクラブの効果 砂糖は水に溶けやすい性質を持ち、浸透、保湿にも優れています。 お料理でも食材にだしや醤油などを染みこませる為に、先に砂糖から入れ始めますよね。 砂糖スクラブは ・肌を柔らかくして保水力アップ ・化粧水や美容液の浸透力アップ ・角質除去 ・毛穴等の汚れ除去 などの効果が期待出来ます。 砂糖スクラブはボディスクラブの中では特に低刺激で、赤ちゃんにも使えるほどと言われています。 肌が弱いけどスクラブを試してみたい、という方は砂糖スクラブから始めてみるといいかもしれませんね。 使い方はとしては、入浴中に気になる部分に優しくこするだけです。 週1~2回程度使用しましょう。 砂糖スクラブの作り方 作り方は驚くほど簡単です。 材料:砂糖(なんでもOK)・オリーブオイル(キャリアオイル)・お好みでアロマ精油 分量:砂糖1:オイル1 アロマ精油は数滴 作り方:混ぜるだけ なんて簡単なんでしょう!! アロマ精油はリラックス効果のあるもの、保湿力があるものなどお好みで選んでくださいね。 アロマ精油は妊娠中や乳幼児の肌に直接触れてはNGなものもありますので、 使用前によく確認しましょう。 塩スクラブの効果&作り方 ボディスクラブでは一般的な塩を使ったスクラブです。 効果と作り方をご紹介します。 塩スクラブの効果 砂糖スクラブと同様、角質除去・毛穴汚れ・保湿力アップの効果があります。 異なる点は、 ・塩に含まれるナトリウムイオンが角栓を取り除く ・血行促進、発汗作用 ・殺菌効果によるニキビ予防 などが挙げられます。 注意点としては、塩は傷口に塗るととっても痛い!ということです。 手荒れやニキビなど、塩スクラブが沁みて痛いときは肌にも強い刺激があります。 悪化させる可能性もありますので肌状態を見ながら使用しましょう。 塩スクラブの作り方 砂糖スクラブとほぼ作り方は同じです。 材料:塩(天然塩、粗塩はかかと用に!)・オリーブオイル(キャリアオイル)・お好みでアロマ精油 分量:塩1:オイル1 アロマ精油数滴 ほぼ砂糖スクラブと同じですが、塩を選ぶときは食卓塩などの精製塩ではなく天然の塩を使用してください。 特に海水塩はミネラルを多く含んでいますのでおススメです。 スポンサードリンク コーヒースクラブの効果&作り方 続いては驚きのコーヒーを使ったスクラブです。 コーヒー豆のかすの再利用にもGOOD! コーヒースクラブの効果 コーヒースクラブでマッサージする事で、 砂糖・塩スクラブ同様に、角質除去・毛穴汚れに効果があります。 コーヒースクラブの効果で特筆すべきは、 ・セルライト解消効果 ・脂肪燃焼効果 ・脱臭効果 です。 コーヒーに含まれるカフェインには脂肪を燃焼させる効果やデトックス効果があります。 気になる部分をコーヒースクラブでマッサージすると老廃物の排出を促し、 むくみ、セルライトの解消や、脂肪燃焼やむくみ解消による引き締め効果が期待出来ます。 さらに脱臭効果もありますので、足のにおいが気になる方にもおすすめですよ。 コーヒースクラブの作り方 砂糖・塩スクラブと作り方は同じです。 材料:コーヒー豆のかす・オリーブオイル(キャリアオイル) 分量:コーヒーかす1:オイル1 コーヒースクラブには保湿効果はありませんので、保湿効果も欲しいという方は砂糖を少し混ぜるのもOKです。 もしくは、キャリアオイルに保湿効果の高いアボカドオイルを混ぜても保湿効果アップになります。 お好みでブレンドしてくださいね。 まとめ ピーリング、スクラブ同様に週1~2回のペースで、スペシャルケアとして行ってくださいね。 市販品より超安価・しかも超安心ですから試してみない手はありませんね。

次の