コナン 解決 bgm。 名探偵コナン BGM 作業用 人気のフリー動画おすすめまとめ集!

【名探偵コナン】え!?そんな理由で殺したの!?犯人の意外な動機(2020年4月13日)|BIGLOBEニュース

コナン 解決 bgm

『名探偵コナン』概要 シャーロック・ホームズに憧れる高校生の工藤新一は、並外れた推理力で度々難事件を解決していた。 そんなある日、密かに恋心を抱いている幼なじみの毛利蘭と遊園地に行き、その帰りに怪しい組織の取引現場を目撃する。 目撃しているのを知られてしまった新一は、口封じのために開発途中の毒薬を飲まされる。 その薬は神経以外の組織が退行する薬であり、子供の体となってしまう。 その後、江戸川コナンとして日々、難事件を解決しながら、子供になったきっかけである「黒の組織」を追う。 青山剛昌が描く推理漫画であり、『週刊少年サンデー』で1994年5号より連載開始。 現在も絶賛連載中の作品であり、『週刊少年サンデー』歴代史上最長の連載期間となっている作品である。 2001年、第46回(平成12年度)小学館漫画賞少年部門受賞。 2017年8月時点での単行本総発行部数は2億部。 漫画・アニメともに、世界各国で翻訳・刊行・放映されている。 原作も、アニメも、その時の季節に合わせた事件を連載及び放映するというこだわりもある。 但し、季節のみループするといった感じで、その季節の行事は基本的に1度しか登場しない。 劇場版も好評で、1997年から毎年ゴールデンウィーク前後の期間に上映されており、2011年からは興行収入が右肩上がりになっている。 その知名度は、もう日本国民で知らない人はいないのではないかというぐらいの人気作品になっている。 そんな作品の中で様々なキャラクター達が人生の指針とも言えるような名言を残している。 工藤新一(江戸川コナン)の名言・名セリフ 人が人を殺す動機なんて、知ったこっちゃねーが、人が人を助ける理由に…論理的な思考は存在しねーだろ? 大学時代の仲間達との同窓会に参加する毛利小五郎。 そこで小五郎は、柔道部の主将だった中道和志や、当時その中道と付き合っていた堀越由美らとも再会する。 しかし、中道と由美はとっくに別れていて、中道には婚約者がいることを本人たちの口から知る。 そんな中、由美は1人部屋に戻るが、いつまでたっても降りて来ない由美。 そんな由美を心配し、皆で由美の部屋に様子を見にいくのである。 そして、由美が泊っている部屋で額を銃で撃たれて亡くなっている姿を発見するのである。 状況から中道が犯人だと推理する小五郎。 その予想通り由美を銃で殺したのは中道だった。 そこで、中道が由美を殺した動機を話し出す。 実は中道と由美はつい最近まで付き合っていて、何度もプロポーズまでしていたのだった。 しかし、由美の答えはいつも「NO」だった。 中道が仕方なくお見合いをし、婚約を決めると由美はその婚約者に嫌がらせをするようになったうえ、2人で撮った写真をその婚約者に送ると中道を脅してくる。 あまりにも自分勝手な由美に強い殺意を覚え、殺したのだ。 客観的にみれば犯人の中道も気の毒に思う。 あまりにも自分勝手な被害者に殺意を抱いてしまった気持ちも分からなくはない。 しかし、やはり殺人は正当化出来るわけがないという小五郎の一本筋が通った気持ちが込められたセリフである。 そして、いつもはチャラけているイメージの小五郎だが、心に一本正義を持っていることが分かるセリフの1つであると言える。 毛利小五郎のファンが増えたエピソードでもある。

次の

名探偵コナン (アニメ)

コナン 解決 bgm

曲名:胸がドキドキ アーティスト:ザ・ハイロウズ 作画監督:高谷浩利、石野聡 1話〜30話(1996年01月08日〜1996年08月26日)までのOP曲。 動きに定評のある高谷浩利さんが作監されているだけあってか、細かくよく動きます。 細かい動きを見てるだけでも楽しめますよ。 星空を背景に地球儀・時計・コナンが描かれているシーンは、後のOPにもよく使われるようになりました。 <冒頭ナレーション> 「俺の名は工藤新一。 数々の事件を解決してきた、高校生名探偵さ!ジェットコースター殺人事件を難なく解決!だが、謎の組織に毒薬を飲まされてしまった。 マジでヤバイ!蘭、俺はどうなるんだ?!」(2話) 「俺は工藤新一。 全国的に有名な高校生名探偵さ!ところがある組織に毒薬を飲まされて、江戸川コナンになっちゃった!小さくたってかまわない。 頭は17歳の名探偵。 大人もドキドキ!事件をスッキリ解決さ!」(3話) 「高校生名探偵工藤新一は、ある組織に毒薬を飲まされ、身体が縮んで、江戸川コナンになっちゃった!小さくたって構わない。 頭は17歳の名探偵!大人もドキドキ難事件、今日もすっきり解決さ!」(4話) 「僕の名前は江戸川コナン。 高校生の新一が、薬を飲まされ小さくされた。 見た目は小さい小学生。 だけど推理は負けないぞ!ほんとの謎解き見せてやる! <放送内容の説明>」(5話) 「僕の名前は江戸川コナン。 高校生の新一が、薬を飲まされ身体が縮んだ。 小さくたってかまわない。 頭脳は元の名探偵。 頭を抱える難事件。 謎解き・推理も完璧さ! <放送内容の説明>」(6話) 「俺の名は工藤新一。 ちょっと前までは全国的に有名な高校生名探偵さ!ところが謎の組織に薬を飲まされ、江戸川コナンになっちゃった!小さくたって構わない。 頭は元の名探偵。 どんな事件が起きたって、真実はいつも一つ!」(7話) 「僕の名前は江戸川コナン。 高校生の新一が、薬を飲まされ小さくされた。 小さくたってかまわない。 頭は元の名探偵。 <放送内容の説明>どんな事件でも、真実はいつも一つ!」(8話) 「僕の名前は江戸川コナン。 高校生の新一が、薬を飲まされ小さくされた。 けれども頭脳は名探偵。 視点の変わった推理を使って、どんな事件も解決さ! <放送内容の説明>真実はいつも一つ!」(9話) 「俺の名前は工藤新一。 難事件をいくつも解いた高校生の名探偵。 しかしあるとき謎の組織に薬を飲まされ、身体が縮んで江戸川コナンになっちゃった!小さくたって頭脳は同じ。 正体隠して名推理!どんな事件も、真実はいつも一つ!」(10話) ・・・などなど、 このころは話ごとに台詞が変化するので、多数のパターンが存在しています。 基本的に自己紹介や小さくなった経緯を語るものがほとんどで、コナンが一人で話すものから、新一と二人で話すものまで。 第7話からは劇場版等でよく耳にするキメ台詞「真実はいつも一つ!」を使うようになり、第10話では、コナンと新一が2人でキメ台詞を発します。 都会の夜景をバックに哀愁漂う新一の表情や、蘭のグラビアショットが印象的! 大人っぽい演出が多い気がしますが、ラストはデカデカとポップな星が描かれて子供アニメらしく終了します。 いい意味で90年代らしいOP。 <冒頭ナレーション> 「時代の進歩と難事件の増加は比例する。 高校生の新一が、薬で身体が小さくなって、江戸川コナンになっちゃった! <放送内容の説明>。 見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(31話など) 「時代が進めば進むほど、難事件は増えてくる。 <放送内容の説明>。 人の心の真実見抜く。 見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(37話) 「時代が進めば進むほど、難事件は増えてゆく。 <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(38話など) 「新しい年を迎えるたびに、難事件も複雑になってくる。 今日でコナンは2年目突入!さっそくコナンの大ピンチ!たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(43話) ・・・など、『胸がドキドキ』ほどではないものの、台詞が微妙に変化しています。 キメ台詞も 「真実はいつも一つ!」から 「見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」に変更されました。 曲名:謎 アーティスト:小松未歩 作画監督:須藤昌朋 53話〜96話(1997年4月7日〜1998年3月23日)まで。 いまでも人気が高い主題歌&放送期間も長かったため、 「コナンのOP曲といったら謎!」 という方も多い曲です。 犯人が黒いシルエットではなく全身タイツだったり、コナンのくねくね走りがちょっと気になる・・・(^^;) <冒頭ナレーション> 「現代社会の犯罪に人が絡んでいる限り、解けない謎は絶対ない! <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(53話) 「現代社会の難事件、人が絡んでいる限り、解けない謎は絶対ない! <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(54話) 「走る秒針、流れる彗星、飛び出す人形、壊れた鏡。 渇いた人の心には、謎解き推理が役に立つ。 <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、迷宮なしの名推理。 その名は名探偵コナン!」(58話) 「走る秒針、流れる彗星、飛び出す人形、かけたセラミック。 渇いた人の心には、謎解き推理が役に立つ。 <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、その名は名探偵コナン!」(59話) 「走る秒針、流れる彗星、落ちる人形、われたメダル。 渇いた人の心には、謎解き推理が役に立つ。 <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、迷宮なしの名探偵コナン!」(60話) 「走る秒針、流れる彗星、さける人形、人の波。 乾ききった心の壁を謎解き推理がさっと潤す。 <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(61話) 「走る秒針、流れる彗星、さける人形、人の波。 乾いた心砂の壁。 謎解き推理で潤せる。 <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、名探偵コナン!」(62話) 「走る秒針、流れる彗星、現代社会に乾いた心。 謎解き推理がちゃんと潤す。 <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(63話) 「走る秒針、流れる彗星、現代社会に疲れた心。 コナンの推理がよく効くよ! <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(65話) 「走る秒針、輝く流星。 現代社会に乾いた心。 コナンの推理がいい薬! <放送内容の説明>。 たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(78話) 第53話〜第57話までは「現代社会の〜」、第58話から「走る秒針〜」に変更されました。 第62話からはラストにエコーがかけられるようにもなります。 97話〜123話『運命のルーレット廻して 』 ZARD『運命のルーレット廻して』 — ZARDbot ZARDbot 曲名:運命のルーレット廻して アーティスト:ZARD 作画監督:須藤昌朋 97話〜123話(1998年4月13日〜11月9日)まで放送。 2016年にはLa PomPonが同曲をカバーして、OP曲に使われました。 みんながカラオケしているシーンを見ると、なんとなく歩美ちゃんがヒロインっぽい。 『謎』同様、今でも根強い人気の曲です。 <冒頭ナレーション> 「人の出会いは摩訶不思議。 それより事件は謎めいて、あなたに会えてほんとによかった。 <放送内容の説明>たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(97話など) 「人の出会いは摩訶不思議。 それより事件は謎めいて、あなたと一緒でほんとによかった。 <放送内容の説明>たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(99話など) 「人の出会いは摩訶不思議。 それより事件は謎めいて、あなたと一緒でほんとによかった。 <放送内容の説明>今日はとくに真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(106話) 「人の出会いは摩訶不思議。 それより世の中謎めいて、あなたと一緒でほんとによかった。 <放送内容の説明>たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(110話など) 「人の出会いは摩訶不思議。 それより大阪謎めいて、あなたと一緒でほんとによかった。 ) 当初は「それより 事件は謎めいて」でしたが、110話以降は「それより 世の中謎めいて」に変更。 以降はスペシャル以外固定となりました。 124話〜142話『TRUTH〜A Great Detective of Love〜』 曲名:TRUTH〜A Great Detective of Love〜 アーティスト:TWO-MIX 作画監督:須藤昌朋 124話〜142話(1998年11月16日〜1999年4月26日)まで。 こちらの曲を担当したのは、 コナン役の高山みなみさんと作詞家の永野椎菜さんの2二組ユニットTWO-MIX。 いままでのものよりドラマチック&緊張感が増した演出で、スピーディでカッコいいOPです。 途中に映る爆破シーンは、劇場版の爆破シーンが再制作されて使われています。 <冒頭ナレーション> 「アリバイ、暗号、トリック、取引。 ミステリアスな黒の組織。 <放送内容の説明>たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」 「アリバイ、暗号、事件、取引。 ミステリアスな黒の組織。 <放送内容の説明>たったひとつの真実見抜く、見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナン!」(134話) 基本的に台詞は固定。 134話のみ 「トリック」部分が 「事件」に変更されました。 (次のページへ続きます)•

次の

名探偵コナンの自白の時に流れるBGMのタイトルが知りたいです...

コナン 解決 bgm

1996年1月8日より、讀賣テレビと東京ムービー(現トムス・エンタテインメント)の制作で、讀賣テレビ・日本テレビ系列にて放送開始。 日本テレビ系列において、全国同時ネット放送の30分レギュラーアニメ番組としては最長寿作品である。 トムス制作のテレビシリーズでは『それいけ! アンパンマン』に続いて放送が20年を突破した。 プロデューサーの諏訪道彦によると、小学館の編集部には連載の第5、6話くらいのタイミングで「アニメ化したい」という話をしていたが、当時は放送枠が空いていなかった。 その後、1995年の2、3月頃に同じく諏訪がプロデューサーを担当していた『魔法騎士レイアース』の後続番組として、夜7時半の枠で『名探偵コナン』ができるという動きになった。 諏訪によると、漫画の連載開始から間もない状況でのアニメ放送だったため、原作にアニメが追いつかないように最初の段階からアニメオリジナルの話も入れていきたいと、原作者のとやり取りをし、実際に1996年2月12日放送の第6話「バレンタイン殺人事件」からアニメオリジナル回が始まった。 その後もアニメオリジナルが頻繁に挿入されるため放送は長期化しており、2015年以降は原作の長期休載などもあって、アニメオリジナルエピソードが放送される頻度も増加している。 なお、アニメオリジナルのプロットを選ぶ際には特に明確な基準があるわけではないが、監督の山本泰一郎は「コナンが何を解き明かすのか」がハッキリとしているかどうかを見て、プロデューサーの米倉功人は「ちゃんとコナンが動ける物語か」を見ていることから、主人公であるコナンが謎を解くという根幹部分やコナンが介入する必然性や妥当性および「トリックが面白い」ことが一定の基準にはなっている。 出典 名探偵コナン アニメ - Wikipedia 511〜522話「殺人犯工藤新一」 犯人を養子に迎えた村の村長が病に侵され妻を殺し無理心中を図った…とコナンが新一の姿だった頃に解決した事件がありました。 「この無理心中には深い理由があり…」と新一は事件の真相を話します。 しかし、犯人は家族を失ったショックで上の空…新一の話しは聞いていません。 そして1年後…犯人は村長のかかっていた病気は治る病気だったことを知り、「的はずれな推理をしやがって!」と逆恨み。 自分の顔を新一そっくりに整形し、新一のフリをして殺人事件をおこし新一に容疑をなすりつけようとしました。 新一「だから、それには深い理由がある」 犯人「先に言えよ!」 警察「言ってましたよ!!」 犯人「!?」 というコントみたいなやり取りをしていました。 人の話は聞きましょう!.

次の