ミニ 四 駆 ボール ベアリング。 ミニ四駆で丸穴ボールベアリングを買ったのですが…

ミニ四駆のシャフトとベアリングについて

ミニ 四 駆 ボール ベアリング

620ベアリングというのが一番いいらしいのですが、脱脂しないと速くならないとか、少々サイズが大きくて云々という話もあるようなので、まずは手軽そうな丸穴ボールベアリングでちょっとテストしてみました。 ミニ四駆の軸受けの種類 ミニ四駆のホイールシャフトを支える部分には、シャーシとは別の部品が使われています。 滑り軸受ならば、MSシャーシ等に標準で使われているハトメ軸受、前世紀にお世話になりまくった安くて高精度だけど耐久性に難があるかものメタル軸受け、最近はフッソコート620スチールベアリングなんてのもあるそうですね。 また、ボールが入っているタイプのベアリングとしては、六角、丸穴、620、それからMSシャーシ用の強化パーツ、ミニ四駆用パーツ GP. 411 N-04・T-04強化ユニット レッド 15411にセットできる520ベアリング(MS、MAシャーシのカウンターギヤ軸受け)なんてのもあります。 丸穴・六角ボールベアリングは、ボールベアリングとしてはかなりいまいちだそうで、内部もボールが入っているだけでボールの間隔を固定するパーツも入っていないとのこと。 精度の低さも相まって620ボールベアリングと比較してかなり性能が落ちるそうです(そう言われると、520ボールベアリングの中がどうなっているのか気になりますよね)。 でも620ベアリングより手軽に使えますし、なんといっても手元にありますので(前世紀の遺産を発掘したものです)、「ハトメ」、「低摩擦樹脂」、「丸穴ボールベアリング」をMSしゃーしに組み込み、ミニ四駆用スペードチェッカーで速度比較してみました。 ハトメ、低摩擦樹脂、丸穴ボールベアリング、まずは見た目の比較 「ベアリング」は「軸受け」なので、ハトメ軸受けも低摩擦樹脂軸受けもベアリングと言っていいのですが、どうも、ボールベアリング無しの改造で競い合うことを「ノン・ベアリング」と言ったりするようなので、ここでは、「軸受け」と表現することにします。 ハトメ軸受けの構造と重さ MSシャーシ以前のシャーシに標準で付属している軸受けで、ハトメという真鍮製のパーツと丸穴の空いた樹脂パーツで構成されています。 ハトメを樹脂パーツにはめ込んで使用します。 重さは4個で0. 5gでした。 形状も優れた低摩擦樹脂軸受け 続いて低摩擦樹脂(POM)で作られた樹脂製軸受けです。 MAシャーシとARシャーシに付属してます。 一見、先ほどのハトメに使われている部品とよく似ていますが、まず材質がPOMという滑りのよいエンジニアリングプラスチックで作られており、シャフトが効率よく回るようになっています。 また、形状がよく考えられており、ホイールと当たる面積が極めて小さくなるようになっています。 走行中にホイールが押し当たっても、抵抗の増加がかなり抑えられそうです。 重さは4個で0. 4gでした。 20年前の丸穴ボールベアリング 手持ちでストックから発掘したものですけど、まだ1セット600円のころのボールベアリングです。 保存状態は袋に入っていたのでたぶん大丈夫かと思います。 4個で1組となっています。 写真は左側と右側で表裏をひっくりかえして撮影していますが、プレスで作ったような形状になっています。 恐らく、実際に板をプレス加工して作られていると思われます。 実はこのベアリングはあまり好きになれないところがありまして、真ん中のインナーレースが動いちゃうですよね。 真ん中のインナーレース、少しアウターレースよりも厚みがあるのですが、こんな風に押されると動いてしまいます。 そのため、ホイールとの接触面積が増えてしまうのでそこで抵抗が増えてしまいそうです。 そんなわけで、ホイールのベアリングに当たる部分を円錐状に削って接触面積を減らす改造をする必要がありそうです。 重さは4個で1. 0gでした。 MSシャーシ+ノーマルモーターで100mタイムアタック シャーシはネオファルコンのMSシャーシを使います。 ホイール、タイヤ、モーターともにノーマルです。 実は300m走で実験を始めたのですが、数回実験したところで急にタイムが1秒ほど(44秒が45秒ぐらいに)落ちるようになりまして…300mを5回、それを複数セット行う実験はちょっとモーターに厳しいというか、単に消費をしてしまっているだけのような気がしまして…。 ということで、ジャパンカップジュニアサーキット5セット分(昔、よくこれぐらいでタイム測ってましたし)の100mにすることにしました。 ハトメ軸受け+ノーマルモーターの100mタイムアタック それではMSシャーシにハトメ軸受けをセットします。 MSシャーシ、なんかこうやってノーズパーツとテールパーツを分解しているだけでワクワクしちゃいますよね! ミニ四駆スピードチェッカーを100mに設定します。 まずは一発目、15. 43秒でした。 計測結果は、15. 43秒、15. 40秒、15. 31秒、15. 31秒、15. 21秒ということで、真ん中3つのデータを平均して15. 34秒を結果とします。 低摩擦樹脂軸受け+ノーマルモーターの100mタイムアタック 続いて低摩擦樹脂軸受けです。 この部品そのものはMAシャーシやARシャーシに付属しているものですが、MSシャーシにも取り付けることができます。 なかなか形状が良いので、ぜひ、GUPとかAOパーツで販売してほしいパーツです。 どうせエンプラにするならフッ素樹脂とかMCナイロンとかで発売してくれればもっといいかも。 シャフトのがたつきはハトメ軸受けよりだいぶ少ないです。 というわけで一発目、15. 21秒です。 ハトメ軸受けよりちょっと速いかも!と期待して実験を続けます。 計測結果は、15. 21秒、15. 12秒、15. 25秒、15. 31秒、15. 25秒ということで、真ん中3つのデータを平均して15. 24秒を結果とします。 丸穴ボールベアリング+ノーマルモーターの100mタイムアタック 最後に丸穴ボールベアリングです。 金属パーツは見栄えがいいですね。 それでは期待の一発目、お、15. 15秒です。 計測結果は、15. 15秒、14. 96秒、14. 90秒、14. 90秒、14. 84秒ということで、真ん中3つのデータを平均して14. 92秒を結果とします。 結果は順当に丸穴ボールベアリングが1位 ということで、結果は順当に丸穴ボールベアリングが1位となりました。 SiSO的には低摩擦軸受けがもうちょっといい結果がでることを期待していたのですが、ハトメよりはちょっといいかな、ぐらいでした。 軸受け種類 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 結果(中3つ平均) ハトメ軸受け 15. 43秒 15. 40秒 15. 31秒 15. 31秒 15. 21秒 15. 34秒 低摩擦樹脂軸受け 15. 21秒 15. 12秒 15. 25秒 15. 31秒 15. 25秒 15. 24秒 丸穴ボールベアリング 15. 15秒 14. 96秒 14. 90秒 14. 90秒 14. 84秒 14. 92秒 丸穴ボールベアリングはまだ使い始めたばかりで、慣らし(ブレークイン)は全くしていません。 なぜか手元に3組も丸穴ボールベアリングがあるので、1セットはブレークインしてみて慣らし効果の確認をしようと思います。 あ、その前に、カウンターギヤのベアリング有り無し比較かな。 今日の一言二言三言• なんだかんだと丸穴ボールベアリングは速くなる。 今回取ったデータは、ミニ四駆スピードチェッカー上での話なので、ミニ四駆のコースを走っている状態でいえばストレートだけ走っているようなものです。 そんなわけで、「コーナー中にホイールに横方向の力が加わり、ホイールが軸受けに強く当たる」という状況はまったくありません。 これが低摩擦樹脂軸受けが期待値より低くかった理由かな?なんて思います。 かといって、コースだと変化要素が多すぎて厳密な比較が難しかったりするので悩ましいところです。 ミニ四駆カテゴリのタグ解説 子供たちがミニ四駆を始めたので父も一緒に始めました。 前世紀はトルクチューン+プラローラーぐらいでどれくらい速くなるかな?とかやっていましたが、今もニッチに楽しんでいます。 タグでちょっとわかりにくいものがありますので説明付きでリンク貼っておきます。 小学3年生と年長さん(2016. 01現在)のSiSO-Jr. 1とSiSO-Jr. 2のミニ四駆活動記録です。 特に幼稚園児のSiSO-Jr. 2がどれくらいできるのかというあたりは他の親御さんの参考になるかも。 手軽に入手可能な道具と簡単な工作レベルで作った素組みミニ四駆(ノーマルモーター、追加パーツ無し、ほぼ改造無し)はどれくらい速くなるかな?と大げさに研究中。 ミニ四駆について考察をするふりをしながら妄想にふけっています。 でも、もっともらしい説明がされている有用かもしれないっぽい情報もあるかもしれません。

次の

【ミニ四駆最速改造計画】ノーマルパーツから交換したほうが方が良い5つの改造テク

ミニ 四 駆 ボール ベアリング

こんな人におすすめ• ミニ四駆のギヤ比で速度がどのくらい変わるか知りたい• ミニ四駆のギヤにボールベアリングをつけると速くなるのか知りたい ミニ四駆を速くするために必要なものとして、真っ先に思いつくのがモーターかもしれない。 だが、モーターだけ変えても速さには限界がある。 そこで考える必要があるのがギヤだ。 ミニ四駆にはギヤの種類が複数あり、ギヤを変える事でミニ四駆の速度とパワーをコントロールできる。 今回は ミニ四駆のギヤ比を変える事で、速度がどれくらい変わるのかを比較してみた。 最後には ギヤのボールベアリングの有無で速度がどれくらい変わるかも検証している。 ぜひミニ四駆のセッティングの参考にしてもらいたい。 Sponsored Links ミニ四駆のギヤ比とは 最初にギヤ比について説明する。 ギヤ比について一通りの知識がある人はこの部分は飛ばしてもらって構わない。 ギア比とはモーターの回転数とタイヤの回転数を表している。 左の数字がモーターの回転数。 右の数字がタイヤの回転数。 例えば、3. 5:1(水色)のギヤを取り付けたとする。 その場合、モーターが3. 5回転するとタイヤが1回転する。 もし3. 7:1(みどり)のギヤなら、モーターが3. 7回転するとタイヤが1回転する。 次に数字の大きさの違いについて説明する。 左の数字が小さいほどスピード(最高速度)が上がるが、トルク(パワー)が下がる。 逆に左の数字が大きいと、トルク(パワー)は上がるがスピード(最高速度)が下がる。 なので、基本的には直線コースが多ければスピード重視、カーブなどテクニカルなコースにはトルク重視のギヤをセットする。 ミニ四駆ギヤの種類(ギヤ比一覧) 次はミニ四駆のギヤ比の種類についてまとめておく。 片軸ギヤの種類 片軸モーターに対応するギヤ比は主に5種類。 5:1(水色)• 7:1(みどり)• 4:1(グラック)• 2:1(レッド)• 5:1(ブルー) 片軸ギヤの組み合わせ ギヤはカウンターギア(2段になっているギヤ)とスパーギヤ(大きな丸いギヤ)を組み合わせて使う。 組み合わせ方が決まっているため、間違えないようにする必要がある。 片軸ギアの組み合わせは以下の通り。 ギヤ比 カウンターギヤの色 スパーギヤの色 3. 5:1 水色 イエロー 3. 7:1 みどり イエロー 4:1 ブラック うす茶 4. 2:1 レッド うす茶 5:1 ブルー きみどり 通常ミニ四駆本体には1つのギヤセットしか入っていない。 そのため、付属しているギヤ以外を使用する場合はギヤセットが必要となる。 ただし、シャーシごとにギアセットが異なる点に注意。 対応シャーシ:FM-Aシャーシ、スーパー Xシャーシ スーパーXXシャーシ• シャーシ:ARシャーシ• モーター:ハイパーダッシュ3モーター• 電池:ネオチャンプ 300mタイムアタックの結果は次のようになった。 ギヤ比 タイム[秒] 3. 5:1 31. 21 3. 7:1 33. 78 4:1 36. 09 4. 2:1 37. 21 5:1 43. 09 グラフからわかるように、ギヤ比の左の数字が小さいものはスピード重視のギヤのためタイムが良い。 ギヤ比が大きくなるにつれて、徐々にタイムが落ちていった。 最終的に、 ギヤ比3. 5:1とギヤ比5:1では、約12秒の差だった。 ミニ四駆ギヤ比の速度比較 先ほどのタイムアタックの結果から、速度を計算して再度比較してみる。 ギヤ比別の速度は以下の通り。 5:1 34. 60 3. 7:1 31. 97 4:1 29. 93 4. 2:1 29. 02 5:1 25. ギヤ比3. この結果から、ミニ四駆の速度を上げるためには、モーターの種類を変えるだけでなく、ギヤを変えるだけでもかなりの速度アップが期待できると言えるだろう。 ただし、今回の測定はスピードチェッカーを使用したタイムアタックである。 あくまでも平坦な直線での比較なので、テクニカルなコースなどパワーを必要とする場合には結果は異なる可能性があるのであしからず。 ベアリング無し• プラベアリング(プラスチックのベアリング)• ボールベアリング ボールベアリングの速度比較の結果は次の通り。 ベアリングの種類 タイム ベアリング無し 35. 62 プラベアリング 35. 18 ボールベアリング 34. 59 わずかではあるが、 ボールベアリングをつけた場合が一番速かった。 次いでプラベアリング、そしてタイムが最も遅かったのがベアリング無し。 ボールベアリングとベアリング無しでは、約1秒ほど差があった。 たった1秒と思うかもしれない。 だが、その1秒でレースの勝者が変わるのがミニ四駆である。 正直、ベアリングをつけるだけでここまで差が出るとは思っていなかった。 もしギヤにボールベアリングをつけていないなら、つける事をおすすめする。 プラリングからボールベアリングに変えるだけでも、約0. 5秒の速度アップが可能だ。 この0. 5秒が勝敗を左右するかもしれない。

次の

ベアリング・チューニング

ミニ 四 駆 ボール ベアリング

メタル軸受けの効果と有効性 このパーツは意外と使う人が少ないですが、なかなか優秀なパーツです。 620ベアリングより少し摩擦が多いですが、安価で、非常に使い勝手がいいパーツです。 今回はこのメタル軸受けについてお話していきたいと思います^^ メタル軸受けの効果 メタル軸受けとはベアリングを含んでいない、中実(中身が詰まっている)のすべり軸受けです。 要するに鉄の玉が入っていない真鍮の軸受けです。 をする必要が無く、非常に使い勝手がいい軸受けです。 さらに、価格が1セット(4個)100円と安く、使い捨てで使っている人も居ます。 一方で、耐久性に難があり、きちんとメンテナンスしないと1レースで破損してしまうことすらあります。 また、シャフトの中だけでなく、の軸受けにも使うことができ、汎用性が高いパーツでもあります。 基本的には、AOパーツ(タミヤ・カスタマーサービスが提供するオリジナルパーツ)なので、カスタマーサービス部品を取り扱っている店なら簡単に入手できます。 お値段はちょっと高いです。 620ボールベアリングに匹敵する精度があり、ミニ四駆のスピードアップに貢献できる。 1セット(4個入り)の価格がとても安い。 お財布にとてもやさしい。 キチンとグリスを差し、汚れを掃除するのであれば、ある程度長持ちする。 耐久性が低い。 メンテナンスしなければ、1回レースをしただけで破損する可能性がある。 耐久性に難が無ければ、本当にお勧めできるパーツなんですが・・・^^; ただ、620ベアリングはかなり厚みがあり、シャーシとの干渉をシムやワッシャーなどで調整しないと今一効果が出ないパーツなので、そういう点に関してはこちらの方が上手です。 メタル軸受けを長持ちさせる方法 安いからといってやたら使い捨てるのももったいないですよね。 確かに、耐久性に難がありますが、長持ちさせる方法もあります。 それは、定期的にグリスを差すことです。 1レースが終わるごとに目で見て点検し、汚れがついていれば、ふき取ってグリスを差します。 使うグリスは、フッ素グリス、モリブデングリス(ラジコン用のグリスです)がお勧めです。 タミヤ 売り上げランキング : 907 グリスを差すことによって、ある程度は持つようになります。 とはいえ、ベストな状態を保ちたいのであれば、定期的に交換していく方が良いです。 目安として、グリスを差さないのであれば1レースごとに、差すのであれば2、3レースごとに交換していきましょう。 こんな時におすすめ 耐久性を犠牲にしてでも、安くてよく滑る軸受けがほしい場合や、ベアリングの使用が禁止されているレースでは特に有効です。 安いので緊急用に一つ持っておくのもいいかもしれませんね。 売り上げランキング : 2680 一時期私も金欠な時はよくお世話になりました^^ 値段の割に性能が高く、費用対効果の高いパーツと言っていいでしょう。 こんな目立たないような軸受け1つでも、ミニ四駆の走りは変わってきます。 こういうパーツを探すのも1つの楽しみですね。

次の