とう しょう けん 浜北。 【漢方:99番】小建中湯(しょうけんちゅうとう)の効果や副作用の解りやすい説明

小建中湯の効能:小児の虚弱体質、腹痛、便秘、夜尿症

とう しょう けん 浜北

その分、小児にも飲みやすい甘い味になります。 ただし、やはり「桂枝湯」の匂いは少し残ります。 膠飴とは、米や小麦のでんぷんに麦芽を加えて醗酵させたもので、いわゆる「アメ(水飴)」のことです。 甘くして飲みやすくしているだけではありません。 栄養を補う• 腸内環境を改善する• お腹の痛みを和らげる などの効果が期待されています。 膠飴の成分は、ほぼマルトース(麦芽糖)、とデキストリン。 ですが、これが薬と言われるほどの明確な作用機序はいまだ分かっていないことも多いです。 小建中湯の効能・適応症状• 虚弱体質、疲労倦怠感、病後の体力低下、冷え症、小児の鼻出血• 小児の夜尿症、夜泣き、尿失禁• 食欲不振、下痢・便秘・腹痛、過敏性腸症候群、神経質、朝に腹痛を訴える登校拒否• 急性胃腸炎、慢性胃腸炎、脱肛、乳幼児の便秘• (下痢や腹痛をともなう)虚弱者や小児のカゼ• 頻尿、多尿、寝汗、口や唇の乾き• アレルギー性疾患の体質改善 小児用量の目安 小児に使われることが多いので、小児用量の目安も載せておきます。 小児用量は、小建中湯に限ったものではなく、漢方薬の手引きとして以下のような用量が標準となっています。 保護者の指導監督のもとに服用させてください。 1才未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。 小建中湯のポイント 消化器機能を高め、胃腸虚弱による諸症状を改善させます。 小児の腹痛、便秘、夜尿症などにはファーストチョイスとなる方剤です。 膠飴には、気力を増して元気をつける効果と、急に起こる腹痛などの症状を緩和させるはたらきもあります。 甘味があり飲みやすく、小児の服用に適しており、小児に用いられることが多いですが、もちろん大人でも使われます。 小児の体質改善に用いられることが多いですが、たんに小児の体質改善といっても、その適応症状を具体的に言えば…風邪を引きやすい、疲れやすい、冷え症、顔色が悪い、貧血、不活発、常習頭痛、神経質、頻尿、食が細い、便秘、下痢、腹痛、夜泣き、夜尿症(おねしょ)、寝汗手足のほてり、鼻血、等々、非常に幅広いものになります。 小建中湯が処方されるもう一つの理由 小児が腹痛などの体調不良を訴える背景には、 時として、母親に十分に構ってもらえていない、 甘え足りない、というストレスの表現である場合があります。 そこで例えば、「小建中湯」を体質改善のために1日3回服用しましょう、となれば、 子供にとっては1日3回、母親に薬を飲ませてもらう、構ってもらえる機会が増えるわけです。 つまり、 薬のそのものの効果と一緒に、心を満たす効果も期待されています。 「黄耆建中湯」について 「小建中湯」に黄耆を加えると「黄耆建中湯」(おうぎけんちゅうとう)です。 「小建中湯」を使うよりも、脾(胃腸)の機能低下があり、気虚の程度が強い場合、 例えば、寝汗が多いとか、湿疹などの皮膚症状が多いとかのときは「黄耆建中湯」が使われます。 小建中湯を服用するときの注意点 膠飴が含まれている分だけ、1回の服用量が多い漢方薬です。 お湯に溶かすと桂皮のシナモンの香りが出ます。 小児で匂いが苦手な場合は、お湯に溶かさない方が飲みやすいです。 (胃熱による)膨満感や嘔吐があるときは慎重に。 (膠飴の含まない「」を使う方がいいかもしれません。 ) 長期間服用するときは、に注意してください。 煎じる場合、膠飴以外を先に煎じ、出来上がった煎じ液に膠飴を溶かし入れます。 吸湿により、固くなったり変色したりします。 品質が低下してしまっている可能性もあるので、色や形に変化がみられたものは服用しないでください。 湿気、水気• 直射日光 これらを避けて保管してください。 タッパーやチャック付きビニール袋に(あれば乾燥剤と一緒に)入れて、光の当たらないできるだけ涼しい場所に保管するのが理想です。 冷蔵庫に保管しても構いませんが、出し入れの際に、結露によって吸湿する場合があります。 小建中湯の出典 傷寒論(3世紀) 「傷寒、陽脈渋、陰脈弦、法まさに腹中急痛すべし、先ず小建中湯を与へ、瘥へざる者は小柴胡湯之を主る」 「傷寒、二三日、心中悸して煩する者、小建中湯之を主る」 金匱要略(3世紀) 「虚労、裏急、悸し、衂し、腹中痛み、夢に失精し、四肢痠疼、手足煩熱、喉乾口燥する者は、小建中湯之を主る」 「男子の黄し、小便自ら利すは、まさに虚労の小建中湯を与うべし」 「婦人、腹中の痛むは、小建中湯之を主る」 原則としては、虚証か実証か分からない、迷うときには、先に小建中湯のような虚証向きの方剤が使われることになります。 『傷寒論』では、こじれたカゼで、本来は小柴胡湯を使うべきところでも、虚弱体質の胃腸が弱い人で、腹痛があるときは、まずは小建中湯を用いた方が良い場合があって、それで治らなければ(少し実証向きの)小柴胡湯を用いる、と書かれています。 柴胡剤(に限定するわけではありませんが)の前にまず小建中湯によって脾胃(消化機能)を整えておいた方が、いきなり柴胡剤を使うよりも効果が高いことがあり、この点でも、小建中湯の建中(脾胃を建て直す)作用の役割はとても大事です。

次の

【楽天市場】【キャッシュレス5%還元6月30日まで】 【第2類医薬品】一元(イチゲン)小建中湯

とう しょう けん 浜北

山椒 2. 乾姜 4. 人参 3. 膠飴 20. 0g 山椒(さんしょう) ミカン科のサンショウの成熟した果皮で、種子をできるだけ取り除いたもの。 主要成分は、サンショオール。 主な薬効は、 駆虫、鎮痛、抗菌作用です。 漢方では、鎮痛、鎮痙、駆虫のために用いられてきました。 日本を含む東アジアに分布し、香辛料として幅広く用いられています。 若葉は「木の芽」と呼ばれており、お吸い物に浮かべたり、和風料理の添え物としてよく用いられています。 乾姜(かんきょう) ショウガの根茎を湯通し、または蒸したもので日本独特の生薬です。 主要成分は、ジンゲロール。 主な薬効は、 健胃作用、矯味作用です。 漢方では、健胃作用として用いられたり、独特の臭いで矯味作用として用いられています。 生姜は昔から広く料理や薬用に用いられてきました。 生姜を料理に使えば、肉や魚の臭い消しや、殺菌作用に役立ちます。 また、風邪の引き始めや冷え性、食欲不振の時に、すりおろした生姜をはちみつや黒砂糖と一緒にお湯に溶かして飲むなど、昔から民間薬として用いられてきました。 人参(にんじん) ウコギ科のオタネニンジンの細根を除いた根、またはこれを軽く湯通ししたもの。 主要成分は、ジンセノシド。 主な薬効は、 補精、強壮、鎮静、抗糖尿病作用です。 漢方では、健胃整腸、止瀉、強精など、多くの処方に配合されています。 一般には朝鮮人参の名前で知られています。 消化機能を高め「気」の生成を増やすことにより、体力を回復させる作用があり、新陳代謝を盛んにし、免疫機能を高める働きがあり、「補剤の王」とも呼ばれます。 膠飴(こうい) トウモロコシ、キャッサバ、ジャガイモ、サツマイモ、イネのデンプン、またはイネの種子を加水分解し、糖化したもの。 主要成分は、マルトース。 主な薬効は、 滋養、緩和、止痛、止咳作用があります。 漢方では、胃腸の状態を整えるために用いられています。 腹部膨満感• 胃アトニー• 過敏性腸症候群 3. 正しい飲み方・用法・用量 成人の場合、 1日15gを2〜3回に分けて食前または食間に服用します。 水よりもお湯で服用すると良いでしょう。 症状によって、量は増減可能です。 大建中湯の腹部膨満、イレウスへの効果と注意点 腹部の手術後などで腸が閉塞する症状(イレウス)に対する効果があることが最近注目されています。 腸閉塞による再手術を減らす効果や、腹痛、嘔吐などの症状も減らすとの報告があり、予防的に大建中湯を用いることが増えています。 また、臨床実験では、腸管の血流を増やし消化管運動を促進することが明らかとなっています。 従って、お腹が冷えて痛み、腹部や腸にガスが溜まって脹れるような腹部膨満感の状態に対して、大建中湯はお腹を温め、胃腸の働きを活発にすることで症状を改善します。 ただし、胃の不快感、腹痛、悪心嘔吐、下痢などの症状が出た場合は、服用を中止する必要があります。 大建中湯が向いている人 関連ページ 腹部膨満感(おなかの張り)や腹痛、肋間神経痛などの症状に使われることが多い漢方薬である当帰湯(とうきとう)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。 腹部膨満感(おなかの張り)をはじめ、下痢型の過敏性腸症候群(IBS)などの症状に使われることの多い漢方薬である桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。 腹部膨満感(おなかの張り)や腹痛、便秘型の過敏性腸症候群(IBS)に処方されることが多い漢方薬である桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。 腹痛をはじめ、のぼせや発汗、不定愁訴などの女性特有の症状に処方されることの多い漢方薬である加味逍遥散(かみしょうようさん)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。 薬剤師たからの無料セミナー開催中!.

次の

薬剤師が教える!大建中湯(だいけんちゅうとう)のおなら・腹部膨満感への効果と副作用

とう しょう けん 浜北

山椒 2. 乾姜 4. 人参 3. 膠飴 20. 0g 山椒(さんしょう) ミカン科のサンショウの成熟した果皮で、種子をできるだけ取り除いたもの。 主要成分は、サンショオール。 主な薬効は、 駆虫、鎮痛、抗菌作用です。 漢方では、鎮痛、鎮痙、駆虫のために用いられてきました。 日本を含む東アジアに分布し、香辛料として幅広く用いられています。 若葉は「木の芽」と呼ばれており、お吸い物に浮かべたり、和風料理の添え物としてよく用いられています。 乾姜(かんきょう) ショウガの根茎を湯通し、または蒸したもので日本独特の生薬です。 主要成分は、ジンゲロール。 主な薬効は、 健胃作用、矯味作用です。 漢方では、健胃作用として用いられたり、独特の臭いで矯味作用として用いられています。 生姜は昔から広く料理や薬用に用いられてきました。 生姜を料理に使えば、肉や魚の臭い消しや、殺菌作用に役立ちます。 また、風邪の引き始めや冷え性、食欲不振の時に、すりおろした生姜をはちみつや黒砂糖と一緒にお湯に溶かして飲むなど、昔から民間薬として用いられてきました。 人参(にんじん) ウコギ科のオタネニンジンの細根を除いた根、またはこれを軽く湯通ししたもの。 主要成分は、ジンセノシド。 主な薬効は、 補精、強壮、鎮静、抗糖尿病作用です。 漢方では、健胃整腸、止瀉、強精など、多くの処方に配合されています。 一般には朝鮮人参の名前で知られています。 消化機能を高め「気」の生成を増やすことにより、体力を回復させる作用があり、新陳代謝を盛んにし、免疫機能を高める働きがあり、「補剤の王」とも呼ばれます。 膠飴(こうい) トウモロコシ、キャッサバ、ジャガイモ、サツマイモ、イネのデンプン、またはイネの種子を加水分解し、糖化したもの。 主要成分は、マルトース。 主な薬効は、 滋養、緩和、止痛、止咳作用があります。 漢方では、胃腸の状態を整えるために用いられています。 腹部膨満感• 胃アトニー• 過敏性腸症候群 3. 正しい飲み方・用法・用量 成人の場合、 1日15gを2〜3回に分けて食前または食間に服用します。 水よりもお湯で服用すると良いでしょう。 症状によって、量は増減可能です。 大建中湯の腹部膨満、イレウスへの効果と注意点 腹部の手術後などで腸が閉塞する症状(イレウス)に対する効果があることが最近注目されています。 腸閉塞による再手術を減らす効果や、腹痛、嘔吐などの症状も減らすとの報告があり、予防的に大建中湯を用いることが増えています。 また、臨床実験では、腸管の血流を増やし消化管運動を促進することが明らかとなっています。 従って、お腹が冷えて痛み、腹部や腸にガスが溜まって脹れるような腹部膨満感の状態に対して、大建中湯はお腹を温め、胃腸の働きを活発にすることで症状を改善します。 ただし、胃の不快感、腹痛、悪心嘔吐、下痢などの症状が出た場合は、服用を中止する必要があります。 大建中湯が向いている人 関連ページ 腹部膨満感(おなかの張り)や腹痛、肋間神経痛などの症状に使われることが多い漢方薬である当帰湯(とうきとう)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。 腹部膨満感(おなかの張り)をはじめ、下痢型の過敏性腸症候群(IBS)などの症状に使われることの多い漢方薬である桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。 腹部膨満感(おなかの張り)や腹痛、便秘型の過敏性腸症候群(IBS)に処方されることが多い漢方薬である桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。 腹痛をはじめ、のぼせや発汗、不定愁訴などの女性特有の症状に処方されることの多い漢方薬である加味逍遥散(かみしょうようさん)の構成生薬や飲み方、効能、注意点について薬剤師が解説します。 薬剤師たからの無料セミナー開催中!.

次の