エポス ゴールド。 エポスゴールドとエポスプラチナを比較!迷っている方にプラチナにする目安を紹介!|わーぷDayz

エポスゴールドカードの審査基準(2020年版)。どのくらいエポスカードを使えば、エポスゴールドカードのインビテーションが届く?

エポス ゴールド

エポスゴールドカードの保有方法とは? エポスゴールドカードはエポスカードと比較するとよりサービスが手厚くなるという特徴を持つクレジットカードですが、入会方法が2つあります。 1つめはエポスゴールドカードを申込み、審査を受けて通過後入会という流れです。 この場合クレジットカードの年会費として5,000円がかかります。 2つめがエポスカードに入会し、インビテーション(エポスゴールドカードへのご案内)を受けて手続きを行い入会という流れです。 この場合 年会費無料となります。 ただしインビテーションには申込期限があり、この 期限を過ぎてしまうと通常と同じく年会費5,000円を支払わなければならないため注意が必要です。 インビテーションは郵便・PC・アプリの3つの方法で通知されます。 そしてPCやアプリの方が通知のタイミングが早いのですが、こちらは普段からチェックしておかないと気付きにくいと思いますが、少しでも早くインビテーションを受け取れたか知りたい方は、インストールしておくと良いでしょう。 エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るための条件とは エポスゴールドカードのインビテーションを受け取る条件はエポスカードの会社基準とされ、詳細は後悔されていません。 実際にエポスゴールドカードのインビテーションを受けた方の事例を調べてみても、条件はさまざまです。 しかし事例を読み込む中で事故なくエポスカードを利用したということ以外にも、ある傾向が見られたことは確かなのでそれについてお伝えします。 エポスカードを年間50万円以上利用する エポスゴールドカードのインビテーションを受けた方の事例の中で一番多かった条件がこちらです。 どうして50万円という基準なのか考えてみると、エポスゴールドカードの年会費は年間利用額が50万円以上になると、翌年以降永年無料となります。 このことからエポスカードでは 年間利用額が50万円以上の会員の方と、そうではない会員の方に一つの線引きを設けていると言えるのではないでしょうか。 そのためエポスゴールドカードのインビテーションを受けたい方は、年間利用額50万円、月間利用額にすると4万2千円ほどを目安にエポスカードを使用してみるのがよいでしょう。 定期的にエポスカードを利用する エポスゴールドカードのインビテーションを受けた方が、それまでにエポスカードをどのような支払いに利用していたのかを見てみると、• スーパー・コンビニでの支払い• 家賃・公共料金の支払い• 国内外の旅行や出張での支払い• 出産費用の支払い• 生命保険の支払い• ETC利用分の支払い• ガソリン代の支払い などで、これは生活費の中の固定費が多いと言えます。 固定費は毎月必ず生活のためにかかるお金なので、クレジットカード会社側から見ると 一定の利用頻度を維持してくれる支払いです。 エポスゴールドカードのインビテーションを受けたい方にとっては、エポスカードを定期的に使用するという意志表示をわかりやすく会社に示す方法が固定費の支払いと言えるのかもしれません。 インビテーションが届いた事例紹介 次にエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をいくつかご紹介します。 事例1 まずは3か月、利用金額が3ヶ月・17万円使うことでエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をご紹介します。 カード発行後1年ほど経過してからエポスゴールドカードのインビテーションを狙って、計画的に固定費やコンビニなどの支払いにエポスカードを使用していました。 短期間で、多額のお金をエポスカードで支払うことで、短時間でインビテーションを受け取れたのだと思います。 事例2 そして8か月、利用金額10万円以下でエポスゴールドカードのインビテーションが届いた事例をご紹介します。 固定費と変動費をバランス良く、しかし定期的に行うことで、年間50万円も使用しなくてもインビテーションを受け取れていました。 事例3 最後に私がエポスゴールドカードのインビテーションを受け取った経緯もご紹介します。 エポスカードを作成したのが2017年4月で、インビテーションを受け取ったのが2017年11月なので、 結果的に、 7ヶ月でインビテーションを受け取れました。 この時のエポスカードの利用金額は下記の通りです。 月 利用額 4月 13,656円 5月 19,841円 6月 100,085円 7月 45,286円 8月 23,432円 9月 32,286円 10月 32,771円 11月 途中まで 13,707円 合計 281,064円 6ヶ月でおよそ28万円分使った所、エポスゴールドカードのインビテーションを受け取ることができました。 エポスゴールドカードに切り替えた場合のエポスカードとの違いについて 次はエポスゴールドカードのインビテーションを受けてエポスカードからエポスゴールドカードへと切り替えた時の違いと注意点について説明します。 選べるポイントアップショップでポイント最大3倍! エポスゴールドカードに切り替えた場合、300以上の対象ショップの中からよく利用するショップを3件選んでエポスNetで登録するだけで、 登録した当日からポイントが最大3倍となります。 具体的には利用200円ごとに1回、2回、ボーナス払いの場合は通常1ポイントに2ポイントがボーナス加算、リボ払いの場合は通常2ポイントに2ポイントがボーナス加算されるのです。 公共料金なども登録可能なので、大きな金額を支払っているショップを登録しておくと、より多くのポイントを効率よく貯めることができるでしょう。 年間ボーナスポイントがもらえる エポスゴールドカードの年間利用金額に応じて、最大10000ポイントのボーナスポイントがもらえます。 ポイント利用分、キャッシング利用分、現金での支払いは年間利用金額に含まれないので注意が必要です。 旅行での特典が増える エポスゴールドカードの場合、海外旅行傷害保険の最高保証金額が1000万円となり、空港ラウンジが無料で使用可能となります。 具体的には、以下の空港のラウンジが 無料で使用できます。 ・羽田空港 ・成田国際空港 ・新千歳空港 ・函館空港 ・仙台国際空港 ・小松空港 ・中部国際空港 ・大阪国際(伊丹)空港 ・関西国際空港 ・神戸空港 ・広島空港 ・松山空港 ・福岡空港 ・北九州空港 ・長崎空港 ・阿曽くまもと空港 ・大分空港 ・鹿児島空港 ・那覇空港 ・ホノルル空港(ハワイ) ・仁川空港(韓国) ・ホノルルラウンジ 空港ラウンジを無料で使用するためには、当日の航空チケットとエポスゴールドカードの提示が必要なので注意しましょう。 エポスゴールドカードに切り替えた時の注意点 エポスゴールドカードにエポスカードから切り替えた場合、クレジットカード番号が変わります。 このことにより、もしインターネットショッピングや公共料金の支払いでクレジットカードの番号を登録していた場合、変更の手続きが必要です。 ただし一部手続き不要の会社もありますので、詳細はで確認するのがよいでしょう。 まとめ エポスゴールドカードのインビテーションを受け取るためにはエポスカードの利用額が年間50万円となることが目安であり、さらに固定費の支払いを行うとより望ましいのがおわかりいただけたのではないでしょうか。 エポスゴールドカードに切り替えをすると特典がエポスカードより増加し、しかもインビテーションを受けて切り替えることにより年会費も無料で使用できます。 エポスカードを現在使用している方は、エポスゴールドカードへのインビテーションにぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の

エポスゴールドカードの審査基準(2020年版)。どのくらいエポスカードを使えば、エポスゴールドカードのインビテーションが届く?

エポス ゴールド

JQエポスゴールドとは? このカードは マルイとJR九州のコラボカードとなります。 基本的な性能は通常のエポスゴールドと同じです。 通常のカードと異なるのは下記の3点となります。 エポスポイントの代わりにJRキューポがたまる• エポスポイントとJRキューポが手数料なしで相互交換可能• 突撃によるWEB申し込みが不可 1、2がかなり重要で、これが 陸マイラー最強カードと言われるゆえんです。 通常のエポスカードでは、JRキューポに交換できないので大きなメリットです。 また、エポスカードは年間100万円以上決済すると10,000ポイントもらえる特典や、選んだ3店舗でのポイント取得が3倍になる特典があります。 上記全ての特典を組み合わせてもらえる理想のANAマイル還元率はなんと 2. 少し前にでたエポスファミリーゴールドの家族グループを利用することで、さらなるポイントアップも可能です。 JQエポスゴールドのスペックはこちらから JQエポスゴールドの取得方法 さて、JQエポスゴールドの取得方法ですが、 残念ながらWEBフォームからの申し込みはできません。 通常のエポスゴールドなら、下記のリンクからいわゆる突撃申込が可能ですが、JQカード エポスゴールドには申込ページが存在しません。 JQエポスゴールドを入手する方法は下記の2種類。 JQエポスカードを取得後、カードを使いインビテーション(招待)を待つ• JRおおいたシティ、大分・鹿児島アミュプラザで、エポスゴールドをJQエポスゴールドへ切り替える 私は今回招待を待ちましたが、 実はJRおおいたシティ、大分・鹿児島アミュプラザで通常のエポスゴールドからJQエポスゴールドへの切り替えができます。 公式からも切り替え可能な旨の案内が出ていますね。 数年前、これができるかどうか必死に調べていたのを思い出しました。 なので、それぞれの取得時期と支払額を振り返りたいと思います。 インビテーションまでの期間 まず、ポイントサイト経由でエポスカードを取得したのが 2017年9月です。 次に 2017年10月にJQエポスカードをエポスカードからの切り替えで取得 そして、JQエポスゴールドの今回インビテーション(招待)をいただいたのが、 2018年7月14日となります。 エポスカードを取得してからだと丁度11カ月(1年)。 JQエポスカードを取得してからだと10カ月となります。 明細にはエポスカードを取得した段階からの記録が残っていましたので、基本的には 通常のエポスカードを入手してから約1年の使用が必要ということになると思います。 インビテーションまでの使用額 私の場合は通常のエポスカードの際に約10万分支払いをし、JQエポス時に90万ほど支払いをしているので、合計100万円ほどの利用となります。 ただし上記はあくまで私の場合です。 口コミをみると50万ほどの利用でインビテーションがきた方もいるようなので、 支払額は50万~100万程度でよいと思われます。 その他条件 巷では、九州のアミュプラザでの利用実績やSUGOCAオートチャージの利用有無がインビテーションに影響するという噂もありましたが、あくまで噂です。 とーみねはこのカードを九州で使ったこともなければ、SUGOCAとして利用したこともありません。 なので、この九州利用やSUGOCA利用はインビテーションに一切関係ないと思います。 そもそもイシュアはエポスですしね。 まとめ おそらくインビテーションには期間と使用額が重要となると思われます。 1年間使用• 50万~100万の決済 上記2点を満たすことができれば、インビテーションの可能性がぐっと高まると思います! 陸マイラーの方は是非取得を目指してみてください! 以上、陸マイラー最強カード「JQエポスゴールド」のインビテーション(招待)が届いたので条件を解説してみた件でした。

次の

エポスカードゴールドの口コミや評判は?年会費や海外旅行保険、メリットやデメリットなども詳しく解説!

エポス ゴールド

一定の条件を満たすことで、年会費無料で持つことが出来るエポスゴールドカード。 このゴールドカードを入手するためにはどうすれば良いのか…そんな情報を調べている方のために、今回はエポスゴールドカードの入手条件について詳しくまとめてみたいと思います。 『年会費無料のゴールドカードが欲しい!』と思っている方は是非、参考にしてみてくださいね。 エポスゴールドカードの入手条件まとめ: 直接申し込めるけど、申し込んではダメ: まず、単純にエポスゴールドカードが欲しいというだけの方であれば、下記サイトより申込をし、エポスカード側の審査に通過すればエポスゴールドカードの入手は可能です。 しかし、エポスゴールドカードを直接申し込んだ場合には、残念ながら年会費無料ではなく有料のゴールドカードの出来上がり。 みなさんが希望しているような『年会費無料のゴールドカード』にはならないのでご注意ください。 無料のエポスカードから作成する: ではどうすれば年会費無料のエポスゴールドカードを入手することが出来るのかというと、それは年会費無料で作成可能な一般カード『』を作るところから始める必要があります。 というのも株式会社エポスカードでは、一定の条件を満たしたエポスカード保有者に対して、招待状(別名:インビテーション)を送ることでエポスゴールドカードへの切替を促しているため。 そう、 この招待状を入手できた方のみが、年会費無料のエポスゴールドカードを入手出来るのですね。 エポスゴールドカードを直接申込:年会費は有料• エポスカード作成後に招待状入手:年会費はずっと無料 年会費について 通常年会費:5,000円• 年間ご利用金額50万以上で翌年以降永年無料• 当社からのインビテーションにてゴールドカードを発行されたお客様は、年会費永年無料です。 前述のように直接、エポスゴールドカードを申し込んだのでは年会費を無料にすることは出来ません。 イオンカードのゴールドカードも狙い目: エポスゴールドカードほどはお得ではありませんが、年会費無料のイオンカードを利用することでインビテーションが届く可能性のあるイオンゴールドカードも、年会費無料ゴールドカードとして人気のカードです。 普段からマルイよりもイオンモールで買い物をすることが多いという方なら、最初からこちらのゴールドカードを狙ったほうが効率がいいかもしれませんね。 併せておすすめです。 エポスゴールドカード招待状入手の条件: 前置きが長くなりましたが、引き続き、エポスゴールドカードの招待状入手のためにはどうすれば良いのか?についてまとめていきたいと思います。 招待状の入手基準は公開されていない: 早速、気になるエポスゴールドカードを無料化できるインビテーションの入手条件ですが、これは残念ながら公表されてる情報はなし(下記はエポスゴールドカードを直接申し込みした際に適応される審査基準)。 つまり審査対象が20歳以上であるってこと以外は、エポスカード社内の人間でもなければ正確な入手条件はわかりません。 それがエポスゴールドカード審査基準の実情です。 保有1年以上、年間50万円利用が入手条件: しかし、時代はIT社会、インターネット上で探せばその手がかりは見えてくるもの。 あくまでエポスカード側の公式情報ではありませんが、下記の条件を満たすとエポスゴールドカードの招待状が届く可能性が高いと言われているので、このカードが欲しいなら兎にも角にも年間50万円以上の利用を目指してみてください。 エポスカード作成後1年が経過していること• エポスカードを年間50万円以上利用していること そうすれば高い確率で、エポスゴールドカードの招待状が自宅に届けられることでしょう。 年間50万円利用は目安でしかない: 但し、この条件を満たしていても招待状が届かなかった…という方もいるようですし、逆にこの条件を満たす前に招待状が届いた…という方もいる模様なので、100%これが正しいというわけではありません。 また、いくら入会基準を満たしていたとしても、毎月のカード代金引き落としに遅れがちだったり、キャッシング枠を上限まで活用してしまっている…という場合には、招待状が届かない場合もありえます(カード会社にとって優良顧客だと思われなかったということ)。 正確には5つの審査基準をクリアする必要性あり: つまり正確には前述の条件だけでなく、下記5つの条件を満たす必要性あり。 利用金額を増やすだけではエポスゴールドカードを作るのは難しいので、その他の点にも注意してもらえればな…と思います。 エポスカード作成後6ヶ月以上が経過していること• エポスカードを年間50万円以上利用していること• 毎月の支払いを期日通りに行っていること• リボ払いやキャッシングを上限まで使っていないこと• エポスカードにとって優良顧客だと思われること これでエポスゴールドカード入手は楽勝でしょう。 エポスカード S90の刑について: エポスゴールドカード保有を目指している方の間で有名なのが通称S90の刑です。 これはエポスカード側がエポスゴールドカードの発行審査をした際、『この人にはまだエポスゴールドカードを発行をするわけにはいかないなぁ…』と判断した際に付けられるショッピング枠90万円を揶揄した言葉。 ショッピング枠90万円=S90の刑 要するにみなさんが保有しているエポスカードの利用限度額が90万円に設定されていたとしたら、それすなわちエポスゴールドカードの発行審査に落ちた可能性がある…ってことなので、引き続き、インビテーションを貰えるようにエポスカードを使い続けてもらえればと思います(S90の刑に処されてもその後にインビテーションが届く可能性はある)。 実際にエポスゴールドカードを狙ってみた: 論より証拠、私も年会費無料のエポスカードを保有している人間なので、エポスゴールドカードのインビテーション獲得を目指してみました。 ここから先は、その入手までの状況を体験談として紹介します。 エポスカード保有歴は約10年: 私がエポスカードを持ち始めたのは2008年頃。 約10年ほどこのクレジットカードを保有していましたが、正直、カラオケボックスやロイヤルホスト等で割引を受けていた以外には利用頻度は低く、年間利用額は数千円~せいぜい1万円程度でした。 まぁお世辞にも、エポスカード側が優良顧客と判断するような保有者では無かったと言えますね。 支払い遅延等は一切なし: しかしながら、エポスカードで過去に支払い遅延を起こしたことや、リボ払いやキャッシング等を利用したことは一度もなし。 支払い遅延:履歴なし• リボ払い:利用歴なし• キャッシング歴:利用歴なし 常に支払期日通りにエポスカードの利用代金を払っていた状況だったので、この点はエポスカード側から評価されやすいポイントになるかと思います。 エポスゴールドを目指したのは8月27日: そんな状況下でエポスゴールドカードのインビテーション獲得を目指したのが2018年8月23日。 年間50万円使うと、年会費無料のゴールドカードに切り替え可能と言われてるエポスカード。 今まではポイント還元率がいまいちで50万も使ってられないなぁと思っていましたが、仕事としてそろそろゴールドへ切り替えてみようと思います。 入手できたらまた記事にしますね。 — クレジットカードの読みもの cardmics この日からエポスカードの利用金額を増やし、年間利用額の合計が50万円になるように動き始めてみました。 3週間ちょっとでインビテーション獲得: それから3週間ちょっとが経過した2018年9月20日。 特に目的もなくエポスカードのネットシステムである「エポスNet」にログインしてみたところ、下記のような表示が発生。 エポスNetログイン後にエポスゴールド招待状が表示 同日、自宅宛に封筒でもエポスゴールドカードの招待状が届いたので、予測するに9月17日頃にはこの画面が表示されていたことになる感じです。 つまりエポスカード側では年に何回かの審査を経てエポスゴールドカードを発行しているのではなく、逐一、エポスゴールドカードの審査基準に適合した利用者が現れればその都度、インビテーションを送ってるってこと。 仮にみなさんの元にエポスゴールドカードの招待状が届かないのであれば、それすなわち、基準をまだ満たしていないというだけなのかもしれません。 利用した金額は30万円ちょっと: ちなみにこの間、エポスカードを利用した金額は…というと下記の通り。 エポスゴールドカード入手までに利用した金額 結果的にエポスゴールドカード入手に必要だと言われている、年間50万円の利用額よりもかなり少ない金額でインビテーションを貰ったことになるわけ…ですが、ネット上でもだいたい30万円くらいの利用でインビテーションを貰った方が多いようなので、別段、珍しいことでもないみたいですね。 特にエポスカードの利用歴が長い方であれば、年間30万円利用というのがひとつの目安になりそうな気がします。 エポスカード利用歴が短い人:年50万円が目安?• エポスカード利用歴が長い人:年30万円が目安? 是非、お試しください。 大学生のうちに作ると入手しやすい? これはあくまで噂程度の情報でしかありませんが、大学生のうちにエポスカードを作っておくと、就職と同時にエポスゴールドカードが貰いやすい傾向もあるとのこと。 たださすがに年間利用額が数千円程度の人のところには届かないかと思いますけど、年間数万円~10万円程度、エポスカードを使っている方であれば、エポスゴールドカードの招待状が優先的に貰えることもあるのかもしれませんね。 学生の場合:利用額が少なめでも招待状が来る• 一般の場合:最低でも年30万円の利用が必要 眉唾な情報程度に、参考にしてもらえればなと思います。 とにかくエポスカードを作るところから: ここまでエポスゴールドカードの入手条件や私の体験談等を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか? ご覧のように年会費無料のエポスゴールドカードがほしいなら、まずは年会費無料の一般カードであるエポスカードを作るところから。 その後、マルイで買い物をしたり、コンビニやスーパーマーケットでエポスカードを利用しまくると、だいたい1年程度でエポスゴールドカードの招待状が届く可能性が高いので、是非、会費0円のゴールドカード入手に挑戦してみてください。 きっと入手後は、使い勝手がよく、ポイントが溜まりやすいゴールドカードとして重宝するものと思いますよ。 以上、エポスゴールドカードの審査基準(2020年版)。 どのくらいエポスカードを使えば、エポスゴールドカードのインビテーションが届く?…という話題でした。 参考リンク: エポスカードを持っていると受けられる割引サービスや特典、そして審査基準などについては下記記事を参考にどうぞ。 私自身も保有していますが、エポスカードは持っているだけで様々な割引が受けられるお得なカードですよ。 おすすめです。 : 実際にはエポスゴールドカード入手後に、年間50万円以上のカード決済をすると翌年から年会費無料にすることは可能ですが、その場合でも1年目の年会費が別途必要になります(完全無料ではないということ)。 : 年間50万円…というのは、エポスカード作成後1年間の話です。 たとえばエポスカード作成後、半年が経過した後に25万円を利用し、更に半年後に25万円を利用する場合だと、エポスカード側では年間25万円しか使っていないと判断することでしょう(1年経過後でエポスカードの利用額はクリアされてしまうということ)。 : 例えば家電量販店で50万円のパソコンを1台購入して1年経過させても、招待状が届くことは稀でしょう。 他にも所得税や法人税の支払いを1度しただけで放置する…なんていうのも同じ。 クレジットカードを発行している側からすれば、年に1度、大金を使う利用者よりも、毎月、コツコツと支払いに使ってくれるほうが有り難いものです(更に税金や広告費支払いというのはカード会社側の儲けが少ないというのもある)。 cardmics.

次の