メンチカツレシピ。 メンチカツ!人気レシピ1位は?つくれぽ1000以上の殿堂入り&簡単な作り方

【みんなが作ってる】 メンチカツ 1位のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

メンチカツレシピ

盛り付ける皿をまず冷蔵庫に入れて冷やしておく。 サーモンや生ハムは食べやすい大きさに切っておく(はじめから切ってあるやつでもかまいません。 玉ねぎは千切り、トマトはくし切り、キュウリはスライサーにかけて細くするか、千切りする。 後は調味料を全部ボールで混ぜるだけ。 メンチカツというのは、中に肉と野菜とキャベツがなどが全部入った揚げ物です。 揚げ物がでてくれば、少しはサッパリ感が欲しくなりますよね。 でも暑い季節にスープとなると、コンソメでは体が暑くなるばかりですし、ビシソワーズだとクリーム系になるので少し重くなり高齢の方では食べづらいですよね。 なのでサラダだと年齢層問わず誰でも食べやすいですし、サーモンが苦手であれば、生ハムに変えることも可能です。 冷蔵庫にある使えそうな野菜を食べやすいサイズに切ります。 我が家ではキャベツ、ニンジン、玉葱、ジャガイモを入れます。 ベーコンやウインナーもあればそれもカットします。 鍋に適量の水を温めそこに先ほどカットした具材を全部入れ柔らかくなるまで煮込みます。 その後コンソメ、塩、こしょうで味付けをして完成です。 野菜が足りないので野菜がたくさん取れるスープを一緒に出したいというときは、このスープが定番です! 冷蔵庫の余りものの野菜を使えて、そしてカットして煮て味付けるだけととても簡単です。 メンチカツは少し手間がかかるのでスープは簡単でかつ栄養満点なものを選ぶと時短にもなりますよね。 メンチカツの献立例.

次の

牛肉メンチカツ|レシピ|ゆとりの空間

メンチカツレシピ

キャベツはにする。 キャベツはひき肉と同量!たっぷり混ぜることでふっくらとして軽い口当たりになる。 ひき肉:キャベツは1:1がふっくらの決め手• 玉ねぎはみじん切りにする。 玉ねぎは炒めなくてOK。 パン粉は生パン粉を使うと、しっとり仕上がるのでおすすめ。 ボウルにひき肉、溶き卵、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまで手でよく練り混ぜる。 キャベツ、玉ねぎ、パン粉を加えてまんべんなく混ぜ、さらに手のひらで押すように混ぜて、なめらかにする。 手のひらで押し込むようにするとたねに粘りが出て、なめらかになる。 キャベツをしっかり混ぜ込む• たねを半分にし、約2cm厚さの小判形に整える。 ひびが入らないように。 入ったら手でならす。 中央はくぼませず、平らにする。 たねの表面に小麦粉をまぶす。 このとき、たねに直接小麦粉をふり、手で軽くたたきつけるようにして、しっかり、まんべんなくまぶす。 小麦粉は、肉や野菜のうまみを閉じ込める役割。 野菜から水分が出やすいので、写真のようにしっかりと、均等につける。 小麦粉をしっかりつけてうまみをガード• 溶き卵と水をよく混ぜ合わせた卵水をつける。 側面にもつける。 返すときは、フライ返しを使うと形がくずれにくい。 たねをパン粉が入ったバットに入れ、上からもパン粉をかけ、形を整えながら軽く押さえて、たっぷりつける。 生パン粉を使うと、サクッと揚がるのでおすすめ。 側面にもつけて。 3のたねを1個入れて約1分待つ。 菜箸で側面をさわって、ころもが少し固まったら裏返し、もう1個を入れる。 2個のたねを一度に揚げ油に入れると油の温度が急激に下がり、サクッと揚がらなくなるので、時間差で入れる。 フライ返しを使うと、静かに入れられる。 時間差で揚げればサクッとジューシーに!• 2個目のたねを入れたら1分待ち、ころもが少し固まったら裏返す。 全体にころもが固まったら時時上下を返しながら、5〜6分ずつ、こんがり色づくまで揚げる。 食べやすい大きさに切って皿に盛り、つけ合わせのキャベツ、レモンを添える。 ソースをかけて食べる。 時々上下を返すことで、むらなく色づく。 色や時間のほか、パチパチという音が大きくなるのも揚げ上がりの目安。 基本の扱い方 1枚ずつはがす(1) 少量を使うときは、まるのままの状態で、かたい軸のつけ根に包丁を入れます。 1枚ずつはがす(2) そこから指を入れて1枚ずつはがします。 1枚ずつはがす 葉を大きいまま使うとき ロールキャベツなど、葉を大きいまま使いたいときに。 葉をはずしやすいように、芯(しん)のまわりに包丁を入れ、ぐるりと芯をくりぬき、水にくぐらせてラップに包み、電子レンジ強で約2分加熱します。 ラップをはずし、外側から1枚ずつ葉をはずします。 加熱によってしんなりするので、破れずうまくはがせます。 加熱しすぎないように、大きさによって時間調整を。 電子レンジがない場合は、熱湯につけても。 大きい鍋にたっぷりの湯を沸かし、芯をくりぬいたキャベツを入れ、表面がしんなりしたら1枚ずつはがします。 芯を落としてからはがす 半割りのキャベツから葉をはがすときは、芯の両側から斜めに包丁を入れて芯を取り除き、その切り口から指を入れてはがすとスムーズ。 軸を取る 葉脈の厚い部分はかたいので、用途によっては除きます。 かたい部分の両脇に包丁を入れ、切り取ります。 ゆでて使う 葉を大きいままゆでるときは、かたい軸の側からさっと湯に通し、ざるに広げてさまします。 春キャベツはやわらかく、クタッとなるのが早いので注意。 電子レンジ加熱の場合は、洗って水をきらずに耐熱皿に入れ、ラップをかけて加熱します。 切り方 ざく切り 葉を3〜4等分して重ね、横にして端から用途に応じた大きさにザクザク切っていきます。 炒めもの用は大きめに 炒めものなどにはやや大きめの切り方で。 何枚か葉を重ねて切ればスピーディー。 特に、春キャベツはやわらかく、加熱するとすぐにクタッとなるので、大きめに切るとよいでしょう。 せん切り(1) キャベツを四つ割りにして軸のかたい部分を切り取ります。 せん切り(2) 内側と外側の2つに分けます。 せん切り(3) 外側の部分をまな板に押しつけてなるべく平らにし、端からせん切りにします。 内側も同様にして切ります。 1枚ずつはずして、扱いやすい大きさに切って重ね、端からせん切りにしても。 せん切り(4) 切ったらすぐに冷水に放し、シャキッとさせます。 変色を防ぐ効果も。 皮むき器でせん切りに 扱いやすい大きさに切ったら、葉をはがさず、大きめの皮むき器や薄切り用スライサーでせん切りにします。 手でちぎる 半分や四つ割りなら、葉を手で一口大にちぎりながら芯も取り除きます。 切り方 皮をむく(1) 上下を落として皮をむく。 皮をむく(2) 残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。 輪切り 玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。 みじん切り(1) 縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。 みじん切り(2) 90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。 右側から細かく切るとみじん切りに。 くし形切り(1) 根元を切らないよう、根を切り落とす。 くし形切り(2) 包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。 薄切り 縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります 画像のもの。 形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。 横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横 輪切りと同じ向き に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。 サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。

次の

子供も喜ぶ!残り物のメンチカツで作るリメイクレシピ5選

メンチカツレシピ

キャベツはにする。 キャベツはひき肉と同量!たっぷり混ぜることでふっくらとして軽い口当たりになる。 ひき肉:キャベツは1:1がふっくらの決め手• 玉ねぎはみじん切りにする。 玉ねぎは炒めなくてOK。 パン粉は生パン粉を使うと、しっとり仕上がるのでおすすめ。 ボウルにひき肉、溶き卵、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまで手でよく練り混ぜる。 キャベツ、玉ねぎ、パン粉を加えてまんべんなく混ぜ、さらに手のひらで押すように混ぜて、なめらかにする。 手のひらで押し込むようにするとたねに粘りが出て、なめらかになる。 キャベツをしっかり混ぜ込む• たねを半分にし、約2cm厚さの小判形に整える。 ひびが入らないように。 入ったら手でならす。 中央はくぼませず、平らにする。 たねの表面に小麦粉をまぶす。 このとき、たねに直接小麦粉をふり、手で軽くたたきつけるようにして、しっかり、まんべんなくまぶす。 小麦粉は、肉や野菜のうまみを閉じ込める役割。 野菜から水分が出やすいので、写真のようにしっかりと、均等につける。 小麦粉をしっかりつけてうまみをガード• 溶き卵と水をよく混ぜ合わせた卵水をつける。 側面にもつける。 返すときは、フライ返しを使うと形がくずれにくい。 たねをパン粉が入ったバットに入れ、上からもパン粉をかけ、形を整えながら軽く押さえて、たっぷりつける。 生パン粉を使うと、サクッと揚がるのでおすすめ。 側面にもつけて。 3のたねを1個入れて約1分待つ。 菜箸で側面をさわって、ころもが少し固まったら裏返し、もう1個を入れる。 2個のたねを一度に揚げ油に入れると油の温度が急激に下がり、サクッと揚がらなくなるので、時間差で入れる。 フライ返しを使うと、静かに入れられる。 時間差で揚げればサクッとジューシーに!• 2個目のたねを入れたら1分待ち、ころもが少し固まったら裏返す。 全体にころもが固まったら時時上下を返しながら、5〜6分ずつ、こんがり色づくまで揚げる。 食べやすい大きさに切って皿に盛り、つけ合わせのキャベツ、レモンを添える。 ソースをかけて食べる。 時々上下を返すことで、むらなく色づく。 色や時間のほか、パチパチという音が大きくなるのも揚げ上がりの目安。 基本の扱い方 1枚ずつはがす(1) 少量を使うときは、まるのままの状態で、かたい軸のつけ根に包丁を入れます。 1枚ずつはがす(2) そこから指を入れて1枚ずつはがします。 1枚ずつはがす 葉を大きいまま使うとき ロールキャベツなど、葉を大きいまま使いたいときに。 葉をはずしやすいように、芯(しん)のまわりに包丁を入れ、ぐるりと芯をくりぬき、水にくぐらせてラップに包み、電子レンジ強で約2分加熱します。 ラップをはずし、外側から1枚ずつ葉をはずします。 加熱によってしんなりするので、破れずうまくはがせます。 加熱しすぎないように、大きさによって時間調整を。 電子レンジがない場合は、熱湯につけても。 大きい鍋にたっぷりの湯を沸かし、芯をくりぬいたキャベツを入れ、表面がしんなりしたら1枚ずつはがします。 芯を落としてからはがす 半割りのキャベツから葉をはがすときは、芯の両側から斜めに包丁を入れて芯を取り除き、その切り口から指を入れてはがすとスムーズ。 軸を取る 葉脈の厚い部分はかたいので、用途によっては除きます。 かたい部分の両脇に包丁を入れ、切り取ります。 ゆでて使う 葉を大きいままゆでるときは、かたい軸の側からさっと湯に通し、ざるに広げてさまします。 春キャベツはやわらかく、クタッとなるのが早いので注意。 電子レンジ加熱の場合は、洗って水をきらずに耐熱皿に入れ、ラップをかけて加熱します。 切り方 ざく切り 葉を3〜4等分して重ね、横にして端から用途に応じた大きさにザクザク切っていきます。 炒めもの用は大きめに 炒めものなどにはやや大きめの切り方で。 何枚か葉を重ねて切ればスピーディー。 特に、春キャベツはやわらかく、加熱するとすぐにクタッとなるので、大きめに切るとよいでしょう。 せん切り(1) キャベツを四つ割りにして軸のかたい部分を切り取ります。 せん切り(2) 内側と外側の2つに分けます。 せん切り(3) 外側の部分をまな板に押しつけてなるべく平らにし、端からせん切りにします。 内側も同様にして切ります。 1枚ずつはずして、扱いやすい大きさに切って重ね、端からせん切りにしても。 せん切り(4) 切ったらすぐに冷水に放し、シャキッとさせます。 変色を防ぐ効果も。 皮むき器でせん切りに 扱いやすい大きさに切ったら、葉をはがさず、大きめの皮むき器や薄切り用スライサーでせん切りにします。 手でちぎる 半分や四つ割りなら、葉を手で一口大にちぎりながら芯も取り除きます。 切り方 皮をむく(1) 上下を落として皮をむく。 皮をむく(2) 残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。 輪切り 玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。 みじん切り(1) 縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。 みじん切り(2) 90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。 右側から細かく切るとみじん切りに。 くし形切り(1) 根元を切らないよう、根を切り落とす。 くし形切り(2) 包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。 薄切り 縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります 画像のもの。 形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。 横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横 輪切りと同じ向き に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。 サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。

次の