自動車保険 等級 割引。 自動車保険の等級制度とは?無事故で保険料が安くなる!

自動車保険の等級と割引率

自動車保険 等級 割引

スポンサーリンク 等級は1〜20等級で付けてあり、数字が大きいほど無事故で優良ドライバー、保険料は安いということになります。 自動車保険の新規契約時は6等級からスタートし、以後1年間保険を使う事故がなかったら、次の年は等級が1等級ずつ上がっていき、保険料が安くなっていきます。 逆に事故を起こし保険を使うと、1事故につき3等級下がり、保険料がアップします(事故の種類によっては等級据え置きの場合もある・また等級プロテクト特約を付けていれば据え置き)。 万が一事故を起こしてしまった場合、損害の負担額がごくわずかであれば、保険を使わずに自腹を切ったほうが、保険料との兼ね合いから長期的に見ると安上がりとなる場合もあります。 また、この等級は契約更新時などで保険会社を変える際にも、それまでの等級が引き継がれます。 以下2012年改正後の等級と割引率の表です。 しかし、割引率が最大である17等級以上と最低の1等級では、保険料に4倍以上の差ができてしまうこともありますので、いかに事故を起こさないかが、自動車保険料を安くするための大事なポイントです。 等級を上げると自動車保険が割引になるのは確かにそうなのですが、等級を上げていくには時間がかかります。 特に若い人であれば、自動車保険の等級が低い場合が多いので、自動車保険料が高くなりがちです。 自動車保険料を安くするには、見積もりサービスを利用するのもおすすめです。

次の

ノンフリート等級別割引・割増制度(始期日が「平成24年10月1日以降」の契約にご加入の場合)|あいおいニッセイ同和損保

自動車保険 等級 割引

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。 自動車を購入すると、ほとんどの人が加入している自動車保険の任意保険ですが、加入する際に等級が設定されていることに気づくかと思います。 さらに加入時の免許の色も聞かれますので、それによっても自動車保険の保険料が大きく変わってくるのがわかるでしょう。 自動車保険で定められている等級は、ほぼすべての保険会社間で同様の扱いになるので、保険会社を乗り換えたとしても割引率や基本となる保険料は若干異なりますが、システム自体はあまり変わりません。 この記事では、自動車保険の等級やそれに伴う保険料が条件によってどのように変わるかを紹介していきます。 初期の契約時には6等級からスタートしますが、この時点でも通常の保険料より割引になるように設定されているので、ある意味ではこの時点の保険料が基準になると言っても良いでしょう。 保険の乗り換えなどでは保険会社が変わっても等級が引き継げる制度があり、ほぼすべての保険会社で引継ぎが可能です。 3等級以下では割引ではなく割増しの保険料になり、負担金額が大きくなってしまうので、最初のころはなるべく等級を下げないようにしていきたいものです。 等級の上がり方ですが、一年間保険の適用をしなかった場合に1等級上がります。 通常自動車保険は3年で満期を迎えるため、6等級から最高の20等級まで14年間保険の適用を受けなかった場合で最短の到達になるというわけです。 一方で、事故を起こしてしまい、保険金の適用を受けることになった場合には、3等級ランクダウンしてしまいます。 そのため、また等級を積み上げて元の等級に戻るのに3年かかり、その間の保険料も高くなってしまう仕組みです。 以前は等級が下がらないという特約もあったようですが、あまりにも気軽に保険を使う人が増えてしまい、保険会社の採算が合わなくなってしまったので、現在では廃止されてしまっています。 ただし、この特約の対象になっていた軽度の損傷については1等級ダウン事故として処理されるようです。 自動車保険のノンフリート等級制度とは 自動車保険における等級の扱いはノンフリート等級制度とよばれており、ほぼすべての自動車保険会社で採用されています。 そもそもノンフリートとは、自動車保険の契約対象の台数が9台以下である契約のことを指し、フリート契約は10台を超える自動車保険の契約になります。 10台以上の契約は法人でもない限りはまず関係ないので、多くの自動車保険会社はノンフリート契約のみの扱いとなっているようです。 事故などにより車の修理費用に対して保険金の支払いが行われた場合、等級が下がってしまいますが、そこで他の保険会社に乗り換えようとしても、下がった状態の等級が適用されます。 これは、事故による等級ダウンの情報を保険会社間で共有しているからで、継続して保険を利用している限り等級はそのままです。 6等級より下がってしまった場合は、13か月間自動車保険を解約した状態になると等級がリセットされるので、仮に4等級以下になってしまい、車を運転しなくても問題ないのであれば一度自動車保険を解約して13か月後に再契約をするのも良いでしょう。 また等級の引継ぎは家族間でも有効で、新規に契約するよりは既に契約している家族の等級を譲り受けた方が保険料も安くなることが多いです。 例えば、親の等級が20等級で、子供が新規に自動車保険の契約をするときに親の等級を引き継いで20等級で契約することができます。 その場合、親の等級は6等級に下がってしまいますが、トータルの保険料としては子供に継承した方が安くなるという理屈です。 親の等級を引き継がなくても、同世帯での2台目以降の契約については7等級からスタートすることが出来ます。 この等級の引継ぎについては、新規で車を購入するか、現在のっている車を廃車にして別の車で適用させるかのどちらかを満たしている事が条件です。 ノンフリート契約でもう一点気を付けたいのは、7等級以上の等級に対しては事故の有無(つまりは保険金の請求有無)で割引率に差が出てしまう事です。 これは7等級以上の場合には事故有割引係数と事故無割引係数とに分かれ、事故有の方では割引率が低くなっています。 この事故有割引係数は、3等級ダウン事故の場合で3年間、1等級ダウン事故の場合で1年間適用され、その後新たな保険金の請求などがなければ事故無割引係数に戻る仕組みです。 自動車保険の等級まとめ 自動車保険の加入は車を運転するならば必ず加入しなければならないものなので、少しでも保険料を安くするために等級を上げていくのが良いでしょう。 最大割引を適用できるようになれば、年間の負担額もかなり下がるので、なるべく保険金の適用を受けないようにしていくのがポイントになります。 等級が下がってしまうと、再度等級がもとに戻るまでに3年(1等級ダウンなら1年)かかります。 25倍の保険料を支払う事になり、その上乗せ分に対して受け取った保険金の額が少なくなってしまうようなら保険を適用しない方がいいという事です。 また10代での加入は、年間保険料が特に高くなっているので、できるだけ安くする工夫をしていくのがおすすめです。 例えば、保険料率が低めに設定されている車種を選ぶ、親の等級を引き継ぐ、車両保険を外すなどがあります。 ただし、車両保険に関しては自損事故による修理費用が全額自己負担になってしまいますから、中古の軽自動車など車両の購入価格が安い車にしておいて、車両保険を外すという選択をするほうが無難と言えます。 自動車保険は以前と比べると、簡単に使えるものではなくなってきていますが、それでも大きな事故をしてしまい、個人では抱えきれない賠償を背負うことになってしまうリスクがあることを考えると、万が一の事態に備えるための保険はどうしても必要になります。 運転状況に合わせて、保険料と保障内容を見直しながら契約しましょう。 この記事を書いた人 ちくわ 私の住んでいる信州はクルマは贅沢品ではなく生活必需品!! だからちょっとでもいいクルマに乗りたくていろいろ調べています(^^v 新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは? 「この車、予算オーバーだ…」 「値引き交渉したいけど苦手で…」 「ディーラーを回るのが面倒だ…」 「新車を最安値で手に入れたい…」 「車種を比較する時間ないな…」 「ディーラーの売り込みがイヤ…」 など、新車の購入を 検討しているけど 悩みが尽きない… と悩んでいる方は 非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえず また聞いてもらったところで 欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザを ご紹介します。 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! 下取りは必ず一括査定サイトを使うこと! ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも 多々あります。 一括査定サイトを使うことで、 大手下取り会社の最大10社が あなたの車の買取価格を 競ってくれるので、 結果的に値段が吊り上るのです。

次の

自動車保険の等級引き継ぎには条件がある?損をしないように考える

自動車保険 等級 割引

自動車保険会社はたくさんあるんだ。 同じ保証内容なのに保険料が3万円も安いなんてこともあり、損している人があとを断たない。 私はこういった人をたちを救いたいんだ! ではどうやって安くてお得な保険を探す方法だが、それはの 無料一括見積もりをすることだ! これを使えば大手損保約20社からアナタにあった1番安い自動車保険を見つけることができるぞ!時間もわずか3分だ! 運営チームも数名試した結果、 同じ保証内容なのに保険料が『44,520円』も安く半額以下に。 中には5,0000円以上も安くなった人まで。 同じ保証でここまで違うなんて…普段比較することがないから、損し続けていても誰でも教えてくれません! なら最大20社の一括見積もり&比較が3分で可能。 電話勧誘も一切なく、無料で自分に合った最安値の保険が探せますよ。 ここでは3等級下がる場合について考えてみましょう。 一般的な交通事故の加害者になってしまい、自動車保険を使って損害賠償をしたとします。 この場合は3等級ダウンとなるのです。 事故の被害が軽微であるのなら保険を使わないという選択肢もあります。 保険を使わなかった場合は、等級が下がりません。 事故を起こすのではなく、その後に保険を使うかどうかが重要になります。 1等級下がる ダウン 場合と保険料について 自動車保険を使う場合、3等級のダウンばかりではありません。 補償を受ける内容によって1等級ダウンという場合もあるのです。 これは車両保険に加入している場合に発生します。 または自分が交通事故の被害者であるケースもそうです。 いたずら• 落下物• 台風 などのような自分に原因がない場合、保険を使うと1等級ダウンになるのです。 ただこちらも被害が軽微であるのなら、保険を使わずに対処するケースも少なくありません。 保険料のアップと車両の修理代などを考えてみるといいでしょう。 等級が下がらないノーカウント事故について 最後に保険を使っても、等級が下がらないノーカウント事故も紹介しておきましょう。 これは完全に自分が被害者となってしまった時のパターンです。 赤信号でとまっていたら、後ろから激突された• 中央車線を越えて、相手の車がぶつかってきた などのようなケースが該当します。 交通事故の過失割合が10対0になる場合に、このノーカウント事故となります。 この場合は等級が下がりませんので安心して保険を使うことができるでしょう。 1等級下がった場合の「事故有係数」と「無事故係数」 交通事故によって自動車保険を使ってしまった、その内容によって3等級ダウンと1等級ダウンというペナルティーがあります。 さらに2013年からは事故有係数と無事故係数が導入されました。 等級ダウンをした人と、もともとその等級だった人が同じ保険料を払うのは不公平であるとする考えからです。 具体的には保険を使うと、3等級ダウンでも1等級ダウンでも事故有係数が翌年からつきます。 これは本来の等級よりも低い割引率が適用されるというものです。 15等級から14等級へと等級ダウン• 14等級本来の割引率は50%• 事故有係数が適応されると31% といったように本来の14等級の人とは、差がつくようになっています。 ちなみに1等級ダウンの場合は1年間無事故なら、翌々年からは無事故係数に戻ります。 家族が2台目購入した場合は等級引継ぎで大幅な割引を 等級の引継ぎをする時には、いくつかの方法があります。 最も代表的なのが家族が2台目となる自動車を購入した時です。 父親が所有するA車 15等級 息子が新規購入したB車 7等級 という状況だとします。 7等級なのはセカンドカー割引を適用しているからだと考えてください。 この時に息子が新規で購入したB車と父親のA車の等級を入れ変えることができるのです。 仮に息子が20歳だとすれば全年齢補償を受けることになるので、7等級スタートでも保険料は割高になります。 しかし父親の持つ15等級と交換ができれば、保険料を大幅に節約できるのです。 対して父親の方は7等級になるので保険料はアップします。 ですが年代などの条件から息子ほど割高な保険料を払わずにすむのです。 結果として家族全体の保険料の割引きが行われるという形になります。 親子間でも等級が引継ぎ・入れ替えできない場合 別居・同居 上で紹介したケースで、1つ注意しておきたいことがあります。 それは等級を引き継ぐことができるのは、同居している親族か配偶者に限られるという点です。 ここでポイントになるのが、同居しているかどうかでしょう。 例え親子間での等級の引継ぎであっても、同居していなければ引き継ぎができません。 逆に言えば、等級の引継ぎの契約時に同居していれば問題ないのです。 契約後に就職や転職で家を出たとしても、既に等級の引継ぎは行われています。 等級の引継ぎは様々なケースが考えられますが、基本はこの同居している親族に限られるのを、覚えておくといいでしょう。 ちなみに配偶者の場合はまた少し扱いが違ってきます。 ただ悪い方にではなく、優遇される方に扱いが異なるので、心配しないでください。 夫婦間での引継ぎは可能!別居でも等級は譲れる 夫婦間での等級の引継ぎは可能です。 夫婦の場合は親族と違って同居が条件にならないのが、ポイントだと言えるでしょう。 仮に旦那さんが単身赴任をしていて、現在は別居中だとします。 この条件でも夫婦間であれば、等級の引継ぎができるのです。 配偶者も親族となるので、同居していなければ等級の引継ぎができないと考える人も少なくありません。 しかし自動車保険において配偶者と親族は別となっているので、別居していても問題なく等級の引継ぎが可能です。 等級の引き継ぎ期間はいつからいつまで?7日間まで 等級の引継ぎをする時に注意したいのが、等級継承期間の存在です。 これは満期日の翌日から計算をして7日以内に手続きをしなくてはいけないというものです。 この期間を過ぎてしまうと、原則として等級の引継ぎができません。 ただ保険会社によっては救済措置があるようです。 ですので等級の引継ぎをする場合、早めに手続きをしておくことが大切です。 一般的に満期日の3ヶ月前から、新規の自動車保険契約ができるようになっています。 もし等級の引継ぎを予定しているのなら、早めに保険会社に連絡をとっておくといいでしょう。 ちなみに新規契約をする時に別の保険会社と契約をしても大丈夫です。 ただこの場合も等級の引継ぎを行いたい旨を連絡して、必要な手続きは早めにすませるのがお勧めです。 等級に関するQ&A一覧• といった点にスポットをあてていきます。 【Q1】保険が満期切れ…自動車保険の等級は復活・戻せるの? 自動車保険が満期で切れてしまった時に、等級はどうなるのでしょうか。 一般的には期限が近くなると更新のお知らせなどがくるので、満期で切れてしまうケースは少ないはずです。 ただ起こる確率がゼロではないので解説をしていきます。 通常、自動車保険が満期切れした場合ですが、等級は13ヶ月間保持されるようになっています。 14ヶ月を過ぎるとリセットされて、次回の契約は新規扱いとなって6等級スタートです。 つまり13ヶ月以内に自動車保険の契約をすれば、等級はそのままで復活することができます。 ただ様々な事情によって、この期間内に再度契約ができない時は、中断申請をしておくといいでしょう。 自動車保険の中断を行うと、最長で10年間は等級が維持できます。 折角の等級ですから、高ければ高いほど確実に更新をするか、中断を選ぶようにしてください。 【Q4】保険を途中解約すると等級はリセット?中断・休止が可能 自動車保険を途中で解約する、というケースもあります。 この場合の等級はどうなるのでしょうか。 基本的には先にもお伝えしたように、13ヶ月以内であれば保持されることになっています。 ですのでこの期間内なら、いつでも復活できるのです。 満期日で切れるのか、解約をしたのかという違いはありますが13ヶ月等級が保持されるのは変わりません。 ただ注意したいのが、それ以上の期間契約をしない場合です。 この時は自動車保険の中断を使うといいでしょう。 自動車保険の中断をすれば、最長で10年間は契約をしなくても等級はそのままにできるからです。 ちなみに中断からの再開をする時には、本人ではなく配偶者や同居の親族でも引継ぎができます。 さらに異なる保険会社で契約をしても問題ありません。 おすすめ記事一覧• 【Q5】等級の据え置きは可能?等級プロテクトってなに? 等級の据え置きはできるのかですが、これも先ほどと同じ答えになってしまいます。 解約から13ヶ月以内なら特別な手続きをしなくても、等級は以前のものが使えます。 これ以上の期間になるのなら中断を使って等級のプロテクトをしてください。 ただし等級の中断をして、プロテクトを受けるには条件があります。 再開後の等級が7等級以上であること• 事故を起こしていて、7等級以下になる場合は中断できない ということです。 これは再開後の等級が、正確には翌年に更新したものとなるからです。 つまり10等級で中断をして、その時点で無事故なら11等級からの再開になります。 反対に8等級で事故を起こしていて3等級ダウンをする場合は、再開が5等級からになるので中断が使えません。 等級が分かったら一括見積もりで保険料を徹底比較しよう 等級というのは自動車保険の保険料に、大きく影響を与えるものです。 そのため自分の等級で保険料が左右されると言っても過言ではありません。 そこで等級が分かっているのなら、一括見積もりを使って保険料を比較してください。 最近では様々な企業が自動車保険に参入をしていますので、各社ともに差をつけるのに独自のサービスを行っています。 つまり同じ補償内容でも、保険会社によって保険料がまったく違ってくるのです。 だからこそ保険料を比較することが大切です。 保険会社によって2割から4割は、保険料が違ってくるとも言われていますので、節約するのなら比較は絶対でしょう。 そこで役だってくれるのが、保険料の一括見積もりです。 複数の保険会社に一括して依頼ができるので、効率よく見積もりを集められます。 自動車保険一括見積もりについて• 一括見積もりサイトで入力するだけ• すべて無料• 入力は自動車保険証券の内容・氏名やメールアドレスなど• たった3分ほどの入力• 入力後、リアルタイムで見積もり比較• 営業電話なし!電話のやり取り不要 「自動車保険一括見積もり」サービスを提供するサイトは複数ありますが、当サイトで紹介しているのは信頼性が高いところのみです。 『』は株式会社ウェブクルーという大手企業が運営していますし、『』のSBIホールディングス株式会社はソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたものです。 安全に使える便利なサービスなので、使わなければ損!と断言できます。 無駄な保険料を毎年支払い続ければ、その金額は数十万、数百万となっていきます。 ぜひ早いうちに、どこよりも安く、どこよりもお得な保険を調べて加入してください。 最後に当サイトがおすすめする自動車保険一括見積もりサイトをランキングで紹介しておきます。 どれを使かえばいいか迷った方は参考にしてください。 【編集部おすすめ】日本で最初の自動車保険比較サイト『保険スクエアbang! 』 一目でわかる!参加中の大手保険会社の比較一覧表 参加保険会社 保険スクエアBang! 』と『保険の窓口インズウェブ』ではどちらも有名どころの保険会社が参加しています。 保険会社は信頼できる一括見積もりサイトでなければ提携しないため、『保険の窓口インズウェブ』と『保険の窓口インズウェブ』が安全な証明であると言えます。 当サイトではどちらの一括見積もりサイトも利用しましたが、見積額に大きな違いはありませんでした。 ただ、日本初の比較サイトなので保険スクエアbang! の方が信頼感は上です。 どちらか迷っている方は、保険スクエアbang! を選択すれば間違いありません。 等級は1等級から20等級まであって、20等級になると60%以上の割引きが適用されます。 反対に5等級以下となると、保険会社によっては契約を断られる可能性もでてくるのです。 料金的にも割増になってしまうので、絶対に避けておきたいところでしょう。 等級は1年間無事故であると、1つ上がる仕組みになっています。 この等級を上手に使うことで、保険料の節約ができるのです。 具体的には等級の引継ぎを使って、本来なら割高な保険料を支払う人に高い等級を渡せます。 ただ配偶者や同居の親族に限られるのがポイントです。 自分の等級がわかっていると、保険料の見積もりもしやすくなります。 等級を確認したいのなら保険証券を確認してください。 保険料の見積もりは、必ず複数の保険会社から取りましょう。 その時に一括見積もりを使うと便利です。

次の