エンドウ 育て方。 今年収穫したスナップエンドウの種を来年植えようと思っていま...

エンドウ(豌豆)の花や栽培方法まとめ!育て方のポイントは?

エンドウ 育て方

近所の畑 基本情報 エンドウはマメ科エンドウ属の一年草で実を食します。 原産地はエチオピアから中央アジア地域と言われています。 科名属名:マメ科エンドウ属• 原産地:エチオピアから中央アジア• 分類:一年草,耐寒性,つる性• 日照条件:日なた• 水やり:冬の乾燥が激しいときは水やり• 注意:早く種まきしすぎると、つるが大きくなりすぎて冬越しできない。 遅いと発芽しない。 樹高:草丈(150~200㎝)• 種まき期:10月中旬~11月上旬• 開花期 4~5月• 収穫期 4月中旬~6月上旬• 植えつけから収穫までの期間 タネまきから180日• 開花から収穫までの期間 さや用エンドウは10~15日、実とり用は28~35日 エンドウの代表的な品種 スナップエンドウ スナップエンドウは'70年代に米国から導入された品種です。 当時はスナックエンドウとも呼ばれていましたが、1983年から、農林水産省によって、スナップエンドウと呼ぶことが奨励されました。 ただ、現在でもサカタのタネからはスナックエンドウ(エンドウ スナック)という商品名で種が販売されています。 絹さやえんどう 若取りしたエンドウ、通称絹さや。 さやの部分を食します。 オランダさやえんどう 普通のさやえんどうより、さやが大きい品種。 主に関西に多く出回っています。 さやの部分を食します。 砂糖さやえんどう 砂糖さやえんどうはスナックエンドウよりも糖度が高く、食べた時に甘味を感じることからそう名付けられたと言われています。 見た目は絹さやよりも豆がふっくらして、 スナックエンドウよりも皮が薄く、サヤの表面に豆のふくらみがしっかりと現れているのが特徴です。 塩茹でしたり炒めると甘味を感じます。 グリーンピース マメを食べる品種です。 栽培のコツ 栽培日数や適温など エンドウの栽培日数は品種によりますが通常180日前後です。 冬越しの野菜で種まきの時期が大切です。 種まきが早すぎると、 発芽してもつるが伸びすぎて大きくなってしまうと、冬越しできないで寒さで枯れてしまします。 また、 種まきが遅れて発芽しない場合もあります。 種まき時期を守ることが大切です。 連作障害 エンドウはマメ科で 連作障害が出やすい野菜です。 マメ科の植物との連作は避け、 最低4年から5年は開けて栽培しましょう。 エンドウの栽培スケジュール 畑の準備 土つくり• 種まきの2週間ぐらい前に畑に苦度石灰をまき土壌を中和し、よく耕しておきます。 土壌が酸性に傾くことを嫌いますので苦土石灰を多めにまいておくといいでしょう。 適正土壌 pHは6. 0~7. 0です。 さらに7日から10日前までに、元肥を施し深く耕します。 堆肥の目安は1㎡あたり約2kgの完熟たい肥です。 同時に化成肥料を施肥しておくといいでしょう。 あまり窒素を多く含む肥料を多用すると、つるボケをおこして実成が悪くなる場合があります。 畑の石や木片など根の障害になるようなものは取り除いておきましょう。 畝立て• 水はけを良くするために、幅60cm高さ10cmほどの畝を立てマルチを張ります。 マルチを張ることで土の跳ね返りによる病気を防ぎ、土を保温し生育を促進んしてくれます。 栽培管理 株間と種まき• 株間は標準的な品種で20cm~30cmぐらい確保して、マルチに穴をあけておきます。 缶珈琲の底などを、マルチの穴から土に押し付けて植穴を作ります。 1か所に3~5粒づつ点播きし、1cmほど軽く盛り土しておきます。 たっぷり水を与えておきましょう トンネル• 苗が小さいうちは鳥や害虫から守るために不織布のべたかけやトンネルを作っておくと、冷間対策にもなります。 冬越し 種まきの適期を逃さなければ、雪が降っても大丈夫です。 支柱 つるがある程度伸びる前に支柱を立てて上に伸ばす準備をしておきます。 支柱の立て方にはいくつかの方法があります。 支柱の立て方をまとめておきましたので参照してください。 合掌式がおすすめです。 間引きと追肥• 本葉2~3枚のころに1回目の間引きを行います。 発芽遅れの苗や害虫被害にあった苗を間引きます。 そのころに1回目の追肥を行います。 1㎡あたり50~60g程度を目安に施肥し土をかぶせておきます。 (1株に対して20g~30g程度)• 本葉が5~6枚のころ2回目の間引きを行い1か所に1株にします。 そのあと2回目の施肥を行い(1回目と同量程度)土寄せしておきます。 1カ月に1度割で栽培終了まで追肥します。 品種にあった栽培日数を目安によく太ったものから順に収穫していきます。 畑に長く放置していると亀裂や霜による被害がありますので収穫時期を逃さないようにしてください。 コンパニオンプランツ 〇 混植に適している植物 good 野菜類• ほうれん草 成長促進• ニンジン 互いに成長がよくなる• トウモロコシ 害虫が減りお互い良く育つ 花類 ハーブ類• フレンチタラゴン(虫よけ)• ボリジ ミツバチなどを呼び寄せて害虫被害を減らす• ペチュニア 野菜を元気にする• マリーゴールド センチュウ退治 〇 前作に植えるとよい植物 good ダイコンなどのアブラナ科野菜がエンドウの前作に適しています。 ニンニク 生育を妨害してしまう• にら 生育を妨害してします.

次の

スナップエンドウの育て方・栽培方法

エンドウ 育て方

おはようございます。 まさに~いいとこどり! <サヤエンドウ> さやえんどうの中でも絹さやは色鮮やかで食感もよく、 煮物やお吸い物などの彩りとして最適。 シャキシャキした食感は、初春を代表する?野菜でもあります。 筋をとってからゆで、ちらし寿司やお弁当の彩りにするほか、 和え物やサラダにしたり、卵とじや煮物、炒め物、スープに利用できます。 [ スナップエンドウ ] さやと実の両方を食べられる種類です。 さやは肉厚で食感がよく、実は甘い。 筋をとってからゆでて、 そのままマヨネーズをつけて食べるのが一般的。 サラダのほか煮物や炒め物にも向いています。 [ さとうさや ] 見た目は絹さやよりも豆がふっくらして、 スナップエンドウよりも皮が薄く、 サヤの表面に豆のふくらみがしっかり現れているのが特徴。 スナップエンドウ同様さやごと食べられ、甘みが強い。 サラダのほか、煮物や炒めものにも向いています。 (もっと野菜を。 もっと食卓に。 双きょう性が強く、不良条件下でも2サヤ着生する。 さやはブルームが全くないので、鮮やかな緑色が際立ち市場性が高い。 もちろん11月にタネまきで3~5月収穫もできます。 暑さに強い豊産種なので、プリプリな肉厚スナップエンドウがたくさんとれます。 3cm、濃緑で粒の肥大も良い。 中間地暖地では夏まき~年内どりも楽しめます。 種まき後は、マメ科なので?鳥などの被害に合うことがあります。 必ずネットなどをかけるなどして、育苗しましょう~ 無事、発芽後、本葉3~4枚、 草丈7~8センチになった頃がエンドウの定植時期です。 <植え付け> エンドウマメには、様々な品種がありますが・・ 大きく分けて、「つるあり種」と「つるなし種」に分かれます。 今回は「つるあり種」で、そのほとんどが 草丈が120センチと高く収穫量も多くが収穫まで時間がかかるのが特徴です。 支柱をたててあげましょう。 <防風・害虫予防> 夏まきの場合~幼苗の頃は台風や大雨による被害、 または害虫予防のために、防虫ネットで覆うと良いでしょう。 <追肥> 開花時期に肥料や水分が不足すると、 花が咲かなかったり、サヤが成長せず小さくなってしまうので 2週間に1回の追肥をスタートさせましょう。 ・スナップエンドウは、開花後20日~25日。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 毎日のブログ更新の励みとなっています.

次の

スナップエンドウの栽培方法は?家庭菜園/水やり/苗/肥料/種まき

エンドウ 育て方

アルカリ性に近い土壌を好みます。 石灰はしっかり入れて耕しましょう。 元肥を多く施すと茎葉がしげり、つるぼけになってしますので 控えめにしましょう。 また、連作障害になりやすいので、 3〜5年空けた場所で育てるようにしましょう。 種植え・植えつけ 中間地では 10月中旬〜11月上旬に種まきをおこないます。 早くまきすぎると冬場に苗が大きくすぎて、 低温障害を受けやすくなります。 小さな苗は寒さに強く、本葉2〜3枚程度が 最も耐寒性が高いです。 冬の間にしっかり根を張って、春になると生育が早く進みます。 東北地方や高冷地など、雪深い地域や、越冬が難しい地域は 3月の春まきが適します。 株間30cmとし、 深さ2cmの穴に1穴当たり3〜5粒をまいて覆土します。 冬に育ちすぎると 寒さに負けてしまいます。 管理 間引き 発芽後、生育の良いもの早めに2本残し、そのほかは間引きましょう。 間引きが遅れると 苗が徒長して冬季の冷害を受けやすくなるので、早めにおこないましょう。 防寒・支柱立て 寒冷期はワラや草を敷いたり、周りに笹竹を立てたりして防寒します。 本葉4〜5枚の頃、気温の上昇とともにつるが伸び始めたら支柱またはネットを張って誘引します。 追肥・除草 春の暖かさとともにつるがどんどんと伸びてきて、 花が咲き始めるころが 追肥を施すタイミングです。 株元に化成肥料をまいて、土にすき込んで合わせて 土寄せもおこないましょう。 水やり・敷き草 早いものは 4月ごろから開花します。 気温が上がってくるので、 水やり、敷き草などをして乾燥を防ぎます。 整枝 つるの整枝は、必要がなく放任で構いません。 しかし、つるが混みすぎて 風通しが悪くなって、つるを整理したいときは、孫づるは花つきがよくないので、 優先して取るようにしましょう。 収穫 サヤエンドウ サヤエンドウはまだ サヤにすじが入らず実が膨らみ始めたころに収穫します。 開花の約10日後。 サヤの長さが 6cm〜7cmが目安です。 スナップエンドウ スナップエンドウは 実がある程度膨らんだころが収穫適期です。 開花の約10日後が目安です。 グリーンピース グリーンピースは サヤのつやがなくなってシワが出始めたころ収穫します。 開花の約30日後が目安です。 発生しやすい病害虫 病気 うどん粉病 葉が生い茂り温度が上がる時期や、 乾燥したときにうどん粉病になりやすいです。 うどん粉病になると、葉や茎の表面に、白い粉をまぶしたようなカビが発生します。 日当たりと風通しをよくすることで発生を軽減できます。 モザイク病 ウイルスが原因で発生します。 葉がモザイク模様になったり、株全体が萎縮したりします。 ウイルスを媒介する アブラムシを防除しましょう。 発症した株は 抜き取り処分します。 立ち枯れ病 連作障害です。 地面に近い茎の部分が腐り、株が萎れて倒れます。 連作を避け、間引きを正しくおこない、風通しを良くして予防しましょう。 害虫 アブラムシ アブラムシは葉や莢に発生して、汁を吸います。 多く発生すると生育が悪くなり、排泄物でネバネバして黒く汚れることがあります。 また、ウイルスを媒介してしまうことがあります。 ハモグリバエ ハエの仲間で、白い幼虫が葉の中に潜り、葉に白い筋をつけるように食害します。 ひどくなると葉全体が白し筋だらけになって生育が悪くなります。 発生したら、農薬散布で防除しましょう。 栽培方法は普通のエンドウと同じなので、もし手に入れたらぜひ育ててみてください。 豆苗用の品種がありますが、さやとり用の株のわき芽を摘み取ることができます。 大株になると 葉がかたくなるので、若い株からとることができます。 ただし、あまり摘み取りすぎるとさやや豆の生育に影響するので注意です。

次の