フィギュア スケート と ほか の 何 か。 今度はコーチが!負の連鎖が止まらないフィギュア界の裏で一体何が?

フィギュアスケートの“フィギュア”って何?その意外な意味!!

フィギュア スケート と ほか の 何 か

フィギュアスケートのはじまりはとてもシンプル!? フィギュアスケートは今でこそとても華やかなスポーツですが、意外や意外。 初めの頃はウィンタースポーツの中でもとてもシンプルなルールでした。 フィギュアスケートが始まったのは17世紀の半ば。 ただ氷上を滑るだけのスケートに物足りなさを感じたオランダ人の貴族たちが編み出した、 片足で氷上に曲線を描きながら優雅に滑りだした『ダッチロール』が起源といわれています。 そのダッチロールに関心を抱いたイギリスの上流階級の人たちが、曲線を滑る技術に磨きをかけてスケートの曲線滑走術を次々に編み出し、そうしているうちに氷上に 図形(フィギュア)がいくつもうまれ、その図形をどれだけ正確に滑ることができるかが目的のスケート競技が誕生します。 それが、のちに フィギュアスケートと呼ばれるようになりました。 フィギュアスケートとは、図形のスケートという意味だったのですね。 やがてエキサイティングな技が続々登場 そして時代が進み、1892年には国際スケート連盟ができ、フィギュアスケートはれっきとした競技へと進化していきました。 しかし、時代が進むにつれて見た目に地味な規定競技は人々の関心から外れていき、華やかでエキサイティングなフリースケーティングが重視されるようになっていきます。 そしてとうとう、 1990年を最後に、氷上に図形を描く規定演技はリングから姿を消しました。 今でいう ショートプログラムの誕生です。 実はあの伊藤みどり選手もしていた、規定競技 さて、1990年を最後に姿を消してしまった規定競技。 行われていた当時は コンパルソリー(規定)競技と呼ばれていました。 実はかつてトリプルアクセルの代名詞として活躍、伝説的な存在であった伊藤みどり選手も、1988年にコンパルソリー競技に挑んでいたのです。 パワーやスピード、瞬発力にさらにスタミナまで持ち合わせていた伊藤みどり選手でしたが、実は何よりも正確性を問われるコンパルソリー競技は苦手だだったそうです。 伊藤みどり選手が現役のうちに、コンパルソリーは廃止されましたから、彼女にとっては朗報であったかもしれませんね(笑) 当時から競技時間が長く、見た目も地味なコンパルソリーは観客から不評だったため、テレビ放送もほとんど行われませんでした。 そのためか、コンパルソリー競技はフィギュアの原点であったのに、知らない人も多いのです。 コンパルソリーは、すべての基礎 しかし、現在もフィギュアスケートの選手たちはこの規定の図形を描くコンパルソリーを、練習として日夜行っています。 コンパルソリーをしっかりと練習することによって、スケートのエッジの正確さや、ステップの美しさ、スケーティングそのものの質を高めることができるからです。 現在の花型であるジャンプでさえも、失敗の理由を探るためにコンパルソリーを滑り、体の重心のズレを整えたり、どう身体を動かしたら正しいエッジに乗れるか、などを知ることができるそうです。 一見地味でつまらないフィギュアスケートの原点、コンパルソリー(規定競技)。 フィギュアスケートは、コンパルソリーにはじまり、コンパルソリーに終わるのかもしれませんね。

次の

フィギュアスケートの羽生結弦、カメラマンが見た素顔

フィギュア スケート と ほか の 何 か

習い事をすると、必ず級や段、クラスといったもので実力を測ることがあります。 英語や数学、漢字は検定試験で級がもらえます。 武道であれば段というものがあり、年に数回昇段審査というものがあります。 華道や茶道は色々な流派があり免状や免許などがありますね。 スポーツで級や段、資格があるものでは武道をよく聞きます。 特に、柔道の初段以上は唯一の「国家資格」となるそうです。 スキーやサーフィン、水泳にも級や検定があり、指導者になるためには公認の資格が必要です。 しかし、サッカーや野球では、指導者や審判には資格が必要ですが、選手ではあまり資格というのを聞いたことがありませんね。 それではフィギュアスケートにはどんな資格があるのでしょうか。 フィギュアスケートの級やレベルは、出場する大会に、どう影響するのでしょうか。 フィギュアスケートのバッジテストと級 フィギュアスケートを本格的に習うと、他の習い事のようにバッジテストというテストを受けて「級」を取る、というのがあります。 バッジテストは、他の英語検定や漢字検定とは逆に、初級が一番下で一番上が8級と、数字が大きくなるほど、上の級になります。 わかりにくいという人もいますが、ちょっと面白いですね。 大きな公式の大会は、このバッジテストに合格していないと、出場できないものもあるため、習い始めると、テストを受けることになります。 バッジテストは、その名の通りバッジ代と、受験費用を合わせて5,500円くらいからになります。 英検などと違うのは、リンク代によって違いますので、場所によっては受験費用が6,000円以上になります。 この受験費用というのも、演技する内容一つ一つにお金がかかります。 初級は「エレメンツ」といってリンクの上で円を描くようなスケーティングで、エッジが描いた円が美しいいこと、はじめに描いた円と次に描いた円がきれいに重なること、ターンやループなどのステップがきれいにできることなどで評価されます。 習い始めると、早い人では1カ月くらいで取ることができるようです。 フィギュアスケートのバッジテスト, 級と大会の関係 1級はエレメンツではスリージャンプやサルコウジャンプ、5回転以上のスピンが入ります。 2級からはシットスピンやループジャンプの他、2分間のフリースケーティングも評価の対象になります。 級によって受験料が高くなるのは、英検などと同じです。 3級からはジャンプのコンビネーションや難易度の高いスピンなどもフリーで演じることになります。 8級は最高位ですが、世界選手権やオリンピックに出る選手でも8級を持っていない選手は大勢います。 4級までは、エレメンツの他、フリーだけで、フリーの長さは男女とも3分になります。 ダブルジャンプが飛べることも合格の条件になります。 佐野稔や渡部絵美が活躍をしていたころは、ダブルジャンプを跳んだだけで、ものすごいと評価されましたが、今では、ほとんどの子どもが小学生のうちで跳んでいるようです。 5級からはフリーの時間が男子は4分、女子は3分30秒になります。 その他にショートプログラムも入り、本格的な大会に近い形式となります。 6級で二回転半(ダブルアクセル)、7級で二種類のトリプルジャンプを飛ぶことが条件になります。 シニアの大会は、バッジテスト7級以上、15歳以上が出場できますが、年齢が達していなくても伊藤みどり(13歳)浅田真央(14歳)のように参加を認められる選手もいます。 フィギュアスケートの有名選手の級は? バッジテスト8級が最高難度ですが、英検などと違い、8級を持っている選手はほとんどいません。 ノービス(小学生)の大会で名前を上げる選手のほとんどは6級で、7級を取るのはなかなか難しい湯です。 本田真凛、本田望結の妹本田紗来が小学四年生で、7級合格をしたという話がありましたが、歴代の選手と比較しても、これはかなり早いようです。 姉の望結は小学六年生、浅田真央は中一の時特例でシニアの大会に出ていましたので、おそらく小学六年より前には7級合格をしていたのではないかと言われます。 数少ない8級保持者では、2000年代に活躍しNHK杯優勝、Gファイナルで2位という実績のある中野友加里が有名です。 浅田真央、羽生結弦など多くの有名選手は皆さん、7級保持者になります。 フィギュアスケートの大きな大会に出るのは何歳から? 2級までの小さい子どもは大きな大会はありませんが、地方大会などで活躍することができます。 男子は3級以上、9歳以上でノービスB大会に出られます。 女子は、同じ9歳ですが5級以上になります。 11歳になるとノービスA大会に出ることができますし、ノービスの大会で3位以内に入賞すると、ジュニアの大会に出ることもできます。 ここまでは、普通の習い事よりも少しお金がかかる程度になります。 本格的になると、遠征費や衣装代、振付代とお金がかかりますので、ここまでに貯金もしておきましょう。 全日本ジュニアは、ノービスAで3位以内に入った小学生と、13歳以上19歳までで6級以上の、各地の予選の上位入賞者と強化選手などの予選免除選手が出場できます。 年齢が達していなくても伊藤みどり(13歳)浅田真央(14歳)のように参加を認められる選手もいます。 フィギュアスケートのバッジテストまとめ ・フィギュアスケートを習い始めたら、バッジテストにチャレンジしましょう。 4級までは頑張れば取ることができるようですが、7級に合格するのは、とても大変なことだということです。 ・バッジテストの上の級に合格することで、より大きな大会に出ることができます。 6級、7級になると世代別の大きな大会への出場が可能になるので、とても楽しみです。 ・小学生で7級合格は数少ないですが、最近はジュニアの層が厚くなり小学生でも7級保持者が増えています。 ・有名選手でも持っている級は7級まで、8級を持っている中野友加里はすごいですね。 今回は、フィギュアスケートの級「バッジテスト」のお話でした。 言葉では簡単なように書いていますが、実際に7級を取るのは司法試験並みに難しいとか、世界で活躍する選手は本当にすごいですね。 ちなみに、当記事以外のフィギュアスケート記事をまとめた記事は以下になります。 ぜひ他の記事も読んでみてください! カテゴリー• 150• 136•

次の

フィギュアスケートの羽生結弦、カメラマンが見た素顔

フィギュア スケート と ほか の 何 か

フィギュアスケートの羽生結弦選手(ANA)のオンライン写真展や大判の写真集が話題になっています。 いずれも、新聞社の報道カメラマンが収めた作品です。 華麗なる氷上の決戦を見届けてきたカメラマンたちに、レンズ越しに見る羽生選手の魅力を聞きました。 「素」を感じさせる一枚を求めて 7月1日に始まった羽生選手のオンライン写真展「」。 2019年9月のオータムクラシックから20年2月の四大陸選手権まで5試合の写真約60枚を、読売新聞オンラインで無料公開します。 これまでは百貨店などで開催してきましたが、新型コロナウイルスへの対応からオンラインでの公開になりました。 四大陸選手権SP(若杉和希撮影) 写真はすべて、読売新聞の若杉和希カメラマンが撮影したものです。 羽生選手の魅力について、若杉さんはこう語ります。 「羽生選手が出てくると、会場の空気が変わるんです。 歓声も上がるし、撮る方も緊張感が高まる。 演技に入ると、スピードが非常に速く、ジャンプも高い。 ほかの選手はジャンプのための助走がありますが、羽生選手は演技の流れの中にジャンプがあって、助走を助走と感じさせません。 指先の表現、顔の表情まで気を配っていて、アスリートであり、表現者なんです」。 演技に引き込まれ、撮影を忘れて見入ってしまう瞬間もあるといいます。 オータムクラシックSP(若杉和希撮影) 若杉さんが昨シーズンで最も印象的だった試合は、グランプリファイナルだそうです。 「レンズ越しでも感じるほどのものすごい熱量で、ゾクゾクしました。 感動して、ファンになりました。 すっかり羽生選手に魅了されたという若杉さん。 撮影時には、「彼の素が出た一枚を撮ること」を意識しているそうです。 羽生選手のプロ意識は徹底していて、公式練習でも観客を楽しませようとするほどなので、リンクの上でなかなか素の表情は見せないのだそうです。 「先輩やフリーランスのカメラマンに技術面では足りないかもしれませんが、自分がどう感じたのかも含めて、羽生選手を写真で表現できたら。 そのために、演技だけでなく、彼の『素』を見逃さないようにしています」 そうした観点から、NHK杯のエキシビションの演技後に捉えた表情は、会心の一枚だと言います。 「なんとなく安心したかのような表情をしています。 ひとりの人としての彼を見たような気がしたんです」 羽生選手の魅力について語る若杉カメラマン また、シーズンを通して見ることで、「細かい振りの違いなどが変わって面白い」と話します。 「試合ごとに微妙にかわる雰囲気や表情の意味を考えながら撮影しています」。 だからこそ、試合を見たら、そのとき感じたことを誰かと話したくなるといいます。 若杉さんは、「ファンの方々にとって、『このときはこんな演技だったよね』『羽生選手はやっぱりすごいね』などと思い出を共有でき、その時々でジーンとした気持ちがよみがえる写真展になったらうれしいです」と話しています。 写真集の表紙に使用した四大陸選手権のフリー「SEIMEI」(若杉和希撮影) 写真展は8月2日まで。 作品を収めた写真集「羽生結弦展2019-20」(A4判、60P、税込み1100円)は、ネットで販売しており、すでに1万部を売り上げました。 ほかに写真展のオリジナルグッズも販売しており、売り上げの一部は新型コロナ関連の寄付にあてられます。 タオルやキーホルダーなど写真展のオリジナルグッズ 写真集、グッズの販売はから。 選手の心境を想像する 写真集「羽生結弦 2019-2020」 一方、6月17日に発売された報知新聞の(写真=矢口亨、文=高木恵、税込み2750円)は、初版2万部が発売前の予約で売り切れたほどの人気です。 約30センチの正方形で、164ページ。 昨シーズンの6試合、200点以上の写真が詰まっているという充実ぶりに、ファンも歓喜しています。 報知新聞の矢口亨カメラマンは「音楽が聞こえてくる」ことだと言います。 つまり、羽生選手の動きが音楽と一体化しているということ。 「試合中、撮影に集中していても音楽が聞こえてくるのです。 曲を覚えて音楽に合わせてシャッターを切れば、動きのタイミングにも合うのです」 昨年10月のスケートカナダで優勝し、表彰式でフリー曲「Origin」のバイオリンムーブを披露する羽生選手(矢口亨撮影) ほかのスポーツの撮影と異なる、フィギュアスケートならではの苦労もあるようです。 「例えば、野球であれば選手との関係も近く、プレーの疑問点などを聞くこともできるのですが、スケートは試合の回数が限られ、近づけないし会話もできません。 どんな心境なのかは、想像するしかない。 でも、彼の心境に共感できないと、動きを追うだけになってしまう。 それではファンの心に訴える写真は撮れない」と、選手の内面に近づく難しさを語ります。 矢口さんも、撮影を通して羽生選手に魅せられています。 「試合中だけでなく、試合前も練習中も真剣。 そして言葉に説得力があって、優しい。 そういうところに触れて、羽生選手のすごさがわかったし、尊敬する気持ちが強くなった。 本当にすごいアスリートです」 2月の四大陸選手権のエキシビションでの演技(矢口亨撮影) 写真集の編集では、「1枚で見せるのではなく、何枚も見せることで羽生選手の全体を表現しよう」と考えたそうです。 また、本の形を正方形にして、スペースの広い見開きのページで余白を有効に使ったレイアウトにしました。 今回は競技写真を収録していますが、「次はアイスショーをどうやって作り上げていくのか、舞台裏から追いかけてみたい」と話します。 カメラマンを 虜 とりこにする羽生選手。 アスリートであり、表現者である羽生選手の写真は、ファンならずとも楽しめるに違いありません。 【あわせて読みたい】.

次の