今日 の 天気 は 何 です か。 今日は何の日・明日は何の日

今日は何の日・明日は何の日

今日 の 天気 は 何 です か

疑問詞(what,who,howなど)を含む疑問文には、主に2種類があります。 この場合は後者ですので、(1)は簡潔に書かせてください。 (1) 疑問詞が主語のとき ・・・ 語順は 疑問詞(=主語)+動詞 ~ ? 例) Who wrote this story? -- I did. 誰がこの話を書いたのですか。 What is wrong with this computer? このコンピュータの何の調子が悪いですか。 疑問詞が主語になっています。 前者は「who」が主語、「wrote」が動詞。 後者は「what」が主語、「is」が動詞です。 意味は「明日の天気はどうなりますか。 」ですから、天気、が主語であって、疑問詞howは主語ではありません。 このとき語順は上のとおりで、疑問詞+[疑問文の語順] となります。 (2)においては、疑問詞を除けば残りは普通の疑問文と語順が同じ、すなわち、上にあるとおり be動詞or助動詞+主語+動詞~? (例/Is this a pen? 、Do you have a pen? ) となります。 Howを除けば Will the wheather be tomorrow? で、ちゃんと一般疑問文の語順になっていますよね。 普通の疑問文も主語のうしろに動詞が来ることを考えれば、beがその位置にあるのは、もっともなことです。 特に倒置などといった特別なことがおきているわけではありません。 be動詞が使われている文を疑問文にするときは、be動詞と主語を入れ替える。 助動詞が使われている文を疑問文にするときは、助動詞と主語を入れ替える。 (こちらが優先) という文法がありますから、それに従っているだけです。 This is mine. This will be mine. (the weather を it で置き換えています) It is fine today. It will be fine tomorrow. 「間に来る」のではなく、「助動詞+主語+動詞」の順になるのです。

次の

今日は何の日・明日は何の日

今日 の 天気 は 何 です か

伊豆諸島では、強風や高波、濃霧による視程障害に注意してください。 東京地方、伊豆諸島南部では、急な強い雨や落雷に注意してください。 三陸沖の低気圧から伊豆諸島付近に前線がのびています。 一方、大陸の高気圧が本州付近に張り出しています。 東京地方は、晴れや曇りとなっています。 15日は、高気圧にゆるやかに覆われるため、晴れ時々曇りとなりますが、午後は気圧の谷や湿った空気の影響で、雨や雷雨となる所があるでしょう。 伊豆諸島南部では、夕方まで雨や雷雨となる所がある見込みです。 東京都では高温が予想されるため、熱中症などの健康管理に注意してください。 16日は、高気圧にゆるやかに覆われるため、晴れ時々曇りとなりますが、午後は気圧の谷の通過により、雨や雷雨となるでしょう。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、晴れや曇りとなっており、伊豆諸島では雨の降っている所があります。 15日は、高気圧にゆるやかに覆われるため、晴れや曇りとなりますが、午後は気圧の谷や湿った空気の影響で、雨や雷雨となる所があるでしょう。 局地的に激しく降る所がある見込みです。 16日は、高気圧にゆるやかに覆われるため、晴れや曇りとなりますが、午後は気圧の谷の通過により、雨や雷雨となって激しく降る所があるでしょう。 関東地方と伊豆諸島の海上では、15日から16日にかけて、うねりを伴い波が高い見込みです。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の

関東・甲信の今日の天気

今日 の 天気 は 何 です か

伊豆諸島では、強風や高波、濃霧による視程障害に注意してください。 東京地方、伊豆諸島南部では、急な強い雨や落雷に注意してください。 三陸沖の低気圧から伊豆諸島付近に前線がのびています。 一方、大陸の高気圧が本州付近に張り出しています。 東京地方は、晴れや曇りとなっています。 15日は、高気圧にゆるやかに覆われるため、晴れ時々曇りとなりますが、午後は気圧の谷や湿った空気の影響で、雨や雷雨となる所があるでしょう。 伊豆諸島南部では、夕方まで雨や雷雨となる所がある見込みです。 東京都では高温が予想されるため、熱中症などの健康管理に注意してください。 16日は、高気圧にゆるやかに覆われるため、晴れ時々曇りとなりますが、午後は気圧の谷の通過により、雨や雷雨となるでしょう。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、晴れや曇りとなっており、伊豆諸島では雨の降っている所があります。 15日は、高気圧にゆるやかに覆われるため、晴れや曇りとなりますが、午後は気圧の谷や湿った空気の影響で、雨や雷雨となる所があるでしょう。 局地的に激しく降る所がある見込みです。 16日は、高気圧にゆるやかに覆われるため、晴れや曇りとなりますが、午後は気圧の谷の通過により、雨や雷雨となって激しく降る所があるでしょう。 関東地方と伊豆諸島の海上では、15日から16日にかけて、うねりを伴い波が高い見込みです。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の