手作りストラップ 作り方。 カメラストラップの作り方!真似したいオシャレ&かわいいDIYアイデア集

おしゃれなストラップの作り方。素敵な手作りストラップまとめ

手作りストラップ 作り方

目次 初めてママになる人の中には、授乳ストラップを知らない人もいるのではないでしょうか。 授乳ストラップとは何なのか、またどのように使う物なのかを紹介します。 授乳しやすいよう服を固定する物 授乳ストラップとは、服をまくり上げた状態で固定するためのアイテムです。 「服をまくるだけなら手でやれば済むのでは?」と思われるかもしれませんが、赤ちゃんに授乳しながらずっと服をまくり続けるのは、意外と大変です。 特に授乳回数が多いと、赤ちゃんの顔に服がかからないように気を遣い続けることすらストレスになっていきます。 そこで授乳ストラップを使うと、服がずり落ちるのを気にせず授乳に集中できるため、便利です。 また、授乳ストラップを持っていると、服の脇や前部分が開くようになっている『授乳服』でなくとも授乳がしやすいというメリットがあります。 出産後も手持ちの服を着ながら育児をしたいママにおすすめです。 初心者ママにはとっても便利 授乳ストラップを使うと、片手が自由になるため、授乳中に赤ちゃんの口を拭いたいときや物を取りたいときなどにすぐ動くことが可能です。 初めての育児の場合、慣れない授乳に手間取ることも多いため、授乳ストラップを使った方が赤ちゃんのお世話に専念しやすくなるでしょう。 「授乳中に服を押さえなくていい」というだけで気持ちに少しゆとりが生まれるので、授乳中のストレスを減らしたい場合は試してみてはいかがでしょうか。 おすすめストラップと使い方 「スムーズに授乳ができる便利アイテムなら欲しいけど、どれを選べばいいの?」と迷うママも多いのではないでしょうか。 授乳ストラップは、メーカーによって少しずつ特徴が違います。 おすすめストラップとその特徴について紹介しましょう。 安全第一の犬印本舗 『犬印本舗』の授乳ストラップは、使いやすい機能性と服になじむデザインが特徴です。 ストラップにゴムが入っているためよく伸び、首が痛くなりません。 普通の服の場合は洋服を持ち上げた状態で、授乳服の場合は授乳口を開いた状態でしっかりとキープしてくれます。 小花柄やドット柄など、服に合わせやすくもかわいらしいデザインが多いのもポイントです。 商品名: 授乳リボンストラップ 価格: ¥1,650(税込) 購入前に使い方をチェック 授乳ストラップの使い方はとても簡単です。 授乳服でない普通の服の場合、以下の手順で装着します。 ストラップを首にかけ、服の裏側に垂らす。 服の裾から表側にかけてストラップを引き上げ、首にかける。 洋服が持ち上がった状態でしっかりとキープされていれば、正しく装着できている証拠です。 授乳服の場合は、服の裏側に垂らしたストラップを授乳口から引き上げて首にかけましょう。 見た目はシンプルな授乳ストラップですが、正しく使うと授乳が楽になる便利なアイテムです。 購入する前に使い方をチェックして、手に入れたときにスムーズに使いこなせるようにしておきましょう。 ハンドメイドに挑戦してみても 「授乳をすると吐き戻されて、すぐにストラップが汚れてしまう」という場合、お店で買った授乳ストラップだともったいなく感じてしまいますよね。 そんなときは、授乳ストラップを手作りするのがおすすめです。 安価にそろう材料で簡単に手作りできるので、アクセサリーを作るつもりで自分好みのストラップを作ってみてはいかがでしょうか。 材料は100均でもそろう 授乳ストラップの材料はシンプルです。 裁縫道具のほかに、1mほどのゴムと、ゴムを覆う布が2mほどあればすぐに作れます。 布の色味や柄でデザインが決まるので、完成形をイメージして選びましょう。 ゴムを使うと伸縮性があって首に負担がかからないためおすすめですが、よりデザイン性を重視するのであれば、革ひもとボタンでストラップを作る方法もあります。 いずれにしても、授乳ストラップ作りに使う材料は100円ショップでも入手できる場合が多いので、気軽に手作りできるのがポイントです。 機能性を重視した物とデザイン性を重視した物と、両方作るのもすてきですね。 いろいろな作り方 授乳ストラップの作り方は、使う材料によって違います。 定番のゴムと布で作る場合は、まず5cm幅の布を2m分用意しましょう。 短い布や違う柄の布をつなぎ合わせて2mにしても構いません。 次に、布の両端0. 5cmほどのところに折り目を付けます。 そのまま縦半分に折ってアイロンで折り目を付けたら、端の部分を縫い合わせていきましょう。 手縫いでも大丈夫ですが、ミシンを使うと楽ですよ。 縫い終わったら、ゴムを通して結び合わせ、ゴムの出入り口をふさぐように縫って完成です。 革ひもとボタンを使って作る場合は、ボタンを通したひもの両端を結ぶだけで完成します。 どちらもシンプルな作り方なので、裁縫や図工が苦手な人も気軽にチャレンジしてみましょう。 便利アイテムを使ってストレスを軽減 授乳ストラップは、授乳時のストレスを軽減してくれるママにとってのお助けアイテムです。 使い方は簡単な上、近年ではたくさんのかわいいストラップが売られています。 材料をそろえれば簡単に手作りもできるので、買わずに済ませたい人や、何個か持っておいて使いまわしたい人にはおすすめです。 授乳ストラップを上手に活用して、赤ちゃんとの時間に専念できる授乳タイムを手に入れましょう。

次の

【授乳ストラップの使い方】100均で手作りする方法やおすすめ商品も!|ウーマンエキサイト

手作りストラップ 作り方

自作キーホルダーを手作りするに使える100均の材料・パーツの5つ目は、金具です。 キーホルダーやストラップを作るときには、上記Amazonの商品のようなキーホルダー金具や、プラバンなどのパーツと繋げるための丸カン、ビーズを留めるためのボールチップなど、いろいろな金具が必要になります。 キーホルダー作りに必要の金具も100均で購入できます。 ビーズ販売コーナーにありますのでチェックしてみてください。 また、金具を加工したり取り付ける際に必要なラジオペンチなどの工具も、100均で購入できます。 プラバン• ヘアスプレー• UVレジン• ラメなどの装飾• 穴あけパンチ• プリンター(イラストデータ)• クッキングシート• ハサミ• オーブントースター• 電話帳などの厚い本(プラバンを挟みます。 ) プラバンキーホルダー・ストラップの作り方• 1プラバンにヘアスプレーを吹きかけます。 (印刷がキレイにできます。 2プラバンにイラスト印刷します。 好きな絵をマジックで描いてもOKです。 3イラストの周りを残しながらハサミでカットします。 4穴あけパンチで金具を付けるための穴を開けます。 (加熱すると穴は小さくなります。 5クッキングシートを敷いて、オーブントースターで加熱します。 縮んで平らになったら取り出します。 6クッキングシートに挟み厚い本で押しをして、平らに仕上げます。 7プラバンの表面にUVレジンを塗って硬化させます。 ぷっくり仕上がり、インクジェット印刷も落ちにくくなります。 8レジン硬化前にラメなどでデコレーションをしてもおしゃれなのでお試しください。 100均のUVレジンは硬化するアイデアでいろいろなキーホルダーが作れます。 今回は初心者の方におすすめの金属の型にレジンを流し込み固めて作るキーホルダーをご紹介します。 100均で購入できるチャームなどでさらに可愛くデザインして、キーホルダーパーツを付けたら完成です。 UVレジンキーホルダーの詳しい作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 UVレジンキーホルダーの材料• UVレジン• マスキングテープ• ラメなどの装飾品• キーホルダー金具• UVライト UVレジンキーホルダーの作り方• 1型の裏にマスキングテープを貼って、UVレジンの液がこぼれないようにセッティングします。 2レジン液を流し入れてラメなどの装飾を入れます。 硬化前には装飾が移動できます。 3UVライトで硬化します。 100均にはおしゃれなビーズがたくさんありますので組み合わせをよく考えてステキなオリジナルキーホルダーを作りましょう。 ビーズはテグスに通してもいいですし、写真の様にチェーン金具につけてもOKです。 ビーズストラップの詳しい作り方は以下の手順と動画を参考にしてください。 以下の動画はピンと紐を使った作り方になっています。 同じ作り方で作っても、ビーズの種類を変えるだけで全く違うオリジナルに仕上がるので、ぜひ作ってみてくださいね。 ビーズストラップの材料• ビーズ• Tピン・9ピン• ストラップ金具• 丸カン ビーズストラップの作り方• 1Tピンに好きなビーズを通し、やっとこやラジオペンチでトップを丸めます。 2真ん中に来るパーツには9ピンを使用しましょう。 3それぞれのパーツを、ペンチで繋げます。 フェルトは柔らかく軽い素材になります。 基本の作り方は、同じ形にカットしたフェルトをはぎ合わせて、中に綿を詰めてふっくらさせます。 フェルト同士をはぎ合わせる縫い方はどんな縫い方でもOKですが、見た目も美しいので縁かがりのブランケットステッチがおすすめです。 フェルトキーホルダーの詳しい作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 フェルトキーホルダーの材料• フェルト• 裁縫セット• 丸カン(大きめのもの)• キーホルダー金具 フェルトキーホルダーの作り方• 12枚同じ形にフェルトをカットします。 2ブランケットステッチではぎ合わせます。 半分ほど塗ったら中に綿を詰めましょう。 3最後まで縫う前に、大きめの丸カンを挟みながら縫います。 100均で購入できる可愛い子瓶やボトルをラッピングに使用してみましょう。 瓶のふた部分にキーホルダー金具を固定すれば、ぶら下がった状態でラッピングできます。 写真の様に、瓶にも装飾を施すと、そのままインテリアとして飾ることもできますね。 ボトルを開けて中のキーホルダーを取り出してしまうのがもったいない、ステキなラッピングです。 100均オリジナルキーホルダーを手作りしよう! いかがでしたでしょうか?100均で購入できる材料で、いろいろな種類のキーホルダーが作れることが分かりました。 あなたの作ってみたいキーホルダーはありましたか?ご紹介した作り方にあなたのアイデアをプラスして、ぜひ100均オリジナルキーホルダーを手作りしてくださいね!.

次の

カメラストラップの作り方!真似したいオシャレ&かわいいDIYアイデア集

手作りストラップ 作り方

目次 初めてママになる人の中には、授乳ストラップを知らない人もいるのではないでしょうか。 授乳ストラップとは何なのか、またどのように使う物なのかを紹介します。 授乳しやすいよう服を固定する物 授乳ストラップとは、服をまくり上げた状態で固定するためのアイテムです。 「服をまくるだけなら手でやれば済むのでは?」と思われるかもしれませんが、赤ちゃんに授乳しながらずっと服をまくり続けるのは、意外と大変です。 特に授乳回数が多いと、赤ちゃんの顔に服がかからないように気を遣い続けることすらストレスになっていきます。 そこで授乳ストラップを使うと、服がずり落ちるのを気にせず授乳に集中できるため、便利です。 また、授乳ストラップを持っていると、服の脇や前部分が開くようになっている『授乳服』でなくとも授乳がしやすいというメリットがあります。 出産後も手持ちの服を着ながら育児をしたいママにおすすめです。 初心者ママにはとっても便利 授乳ストラップを使うと、片手が自由になるため、授乳中に赤ちゃんの口を拭いたいときや物を取りたいときなどにすぐ動くことが可能です。 初めての育児の場合、慣れない授乳に手間取ることも多いため、授乳ストラップを使った方が赤ちゃんのお世話に専念しやすくなるでしょう。 「授乳中に服を押さえなくていい」というだけで気持ちに少しゆとりが生まれるので、授乳中のストレスを減らしたい場合は試してみてはいかがでしょうか。 おすすめストラップと使い方 「スムーズに授乳ができる便利アイテムなら欲しいけど、どれを選べばいいの?」と迷うママも多いのではないでしょうか。 授乳ストラップは、メーカーによって少しずつ特徴が違います。 おすすめストラップとその特徴について紹介しましょう。 安全第一の犬印本舗 『犬印本舗』の授乳ストラップは、使いやすい機能性と服になじむデザインが特徴です。 ストラップにゴムが入っているためよく伸び、首が痛くなりません。 普通の服の場合は洋服を持ち上げた状態で、授乳服の場合は授乳口を開いた状態でしっかりとキープしてくれます。 小花柄やドット柄など、服に合わせやすくもかわいらしいデザインが多いのもポイントです。 商品名: 授乳リボンストラップ 価格: ¥1,650(税込) 購入前に使い方をチェック 授乳ストラップの使い方はとても簡単です。 授乳服でない普通の服の場合、以下の手順で装着します。 ストラップを首にかけ、服の裏側に垂らす。 服の裾から表側にかけてストラップを引き上げ、首にかける。 洋服が持ち上がった状態でしっかりとキープされていれば、正しく装着できている証拠です。 授乳服の場合は、服の裏側に垂らしたストラップを授乳口から引き上げて首にかけましょう。 見た目はシンプルな授乳ストラップですが、正しく使うと授乳が楽になる便利なアイテムです。 購入する前に使い方をチェックして、手に入れたときにスムーズに使いこなせるようにしておきましょう。 ハンドメイドに挑戦してみても 「授乳をすると吐き戻されて、すぐにストラップが汚れてしまう」という場合、お店で買った授乳ストラップだともったいなく感じてしまいますよね。 そんなときは、授乳ストラップを手作りするのがおすすめです。 安価にそろう材料で簡単に手作りできるので、アクセサリーを作るつもりで自分好みのストラップを作ってみてはいかがでしょうか。 材料は100均でもそろう 授乳ストラップの材料はシンプルです。 裁縫道具のほかに、1mほどのゴムと、ゴムを覆う布が2mほどあればすぐに作れます。 布の色味や柄でデザインが決まるので、完成形をイメージして選びましょう。 ゴムを使うと伸縮性があって首に負担がかからないためおすすめですが、よりデザイン性を重視するのであれば、革ひもとボタンでストラップを作る方法もあります。 いずれにしても、授乳ストラップ作りに使う材料は100円ショップでも入手できる場合が多いので、気軽に手作りできるのがポイントです。 機能性を重視した物とデザイン性を重視した物と、両方作るのもすてきですね。 いろいろな作り方 授乳ストラップの作り方は、使う材料によって違います。 定番のゴムと布で作る場合は、まず5cm幅の布を2m分用意しましょう。 短い布や違う柄の布をつなぎ合わせて2mにしても構いません。 次に、布の両端0. 5cmほどのところに折り目を付けます。 そのまま縦半分に折ってアイロンで折り目を付けたら、端の部分を縫い合わせていきましょう。 手縫いでも大丈夫ですが、ミシンを使うと楽ですよ。 縫い終わったら、ゴムを通して結び合わせ、ゴムの出入り口をふさぐように縫って完成です。 革ひもとボタンを使って作る場合は、ボタンを通したひもの両端を結ぶだけで完成します。 どちらもシンプルな作り方なので、裁縫や図工が苦手な人も気軽にチャレンジしてみましょう。 便利アイテムを使ってストレスを軽減 授乳ストラップは、授乳時のストレスを軽減してくれるママにとってのお助けアイテムです。 使い方は簡単な上、近年ではたくさんのかわいいストラップが売られています。 材料をそろえれば簡単に手作りもできるので、買わずに済ませたい人や、何個か持っておいて使いまわしたい人にはおすすめです。 授乳ストラップを上手に活用して、赤ちゃんとの時間に専念できる授乳タイムを手に入れましょう。

次の