イントゥ ジ アンノウン カラオケ。 【日本語吹替版】アナと雪の女王2「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」ノーカット/ Japanese ver. Frozen2「Into The Unknown」Nocut

アナ雪2主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン」日本版とアメリカ版も比較(動画あり)♡|毎日をもっと楽しもう♡

イントゥ ジ アンノウン カラオケ

イベントの様子を報じたニュースはこちら。 「イントゥ・ジ・アンノウン」の歌詞 日本語訳の歌詞は、中本みずきさんのイベントにて少しだけ公開されましたね。 また、「アナと雪の女王2」の公式サイトでは「イントゥ・ジ・アンノウン」のミュージックビデオが公開されています。 英語Verですが、日本語訳がついているのでそちらをご紹介します。 disney. このあらすじを前提に歌詞について考えます。 まずは前半部分。 聞こえるわ でも お断り 面倒なことは 望まない 愛するひとたちが いるのだから 呼びかけても ムダなだけ 二度と危険は 冒さない なのに なぜ私を誘うの 前半部分は、前作からの幸せな生活を守ろうとするエルサの想いがみられます。 「自分になぜ不思議な力があるのか?」 という知りたい気持ちがある一方、今の幸せを守りたい葛藤もみられます。 自分自身に言い聞かせているようですね。 次に、歌のメイン部分です。 未知の世界へ 未知の世界へ 未知の世界へ サビの部分は一転、「未知なる世界へ」と踏み出そうとするエルサの想いが溢れます。 前作では「ありのままに」、今作では「心のままに」 言葉は違うけれど、自分自身に嘘をつかずに進もうとするのがエルサなのですね。 きっと、子供の頃からずっと思っていた事なんだと思います。 「どうして私は他人と違うのか?」 「どうして私は不思議な力があるのか?」 自分の力を恐れて外部と関わりを閉ざしていた間も、疑問に思っていたこと。 現在公開されているPVより、アナの「何があっても、エルサを守る」というセリフからも、今回も 姉妹愛がテーマのひとつであることは間違いありません。 あとは アナとクリストフの愛も関わってくるといいなぁ・・なんて思っています。 日本語吹替は前作と同じく松たか子さんがエルサ、神田沙也加さんがアナに声を当てるとのことで、 それぞれの歌声にも期待しちゃいますね。 公開1週間前の金ローにて『アナと雪の女王』がノーカット放送! 「アナと雪の女王2」の公開を記念して、前作「アナと雪の女王」が金曜ロードSHOWにてノーカット放送されます。

次の

【日本語吹替版】アナと雪の女王2「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」ノーカット/ Japanese ver. Frozen2「Into The Unknown」Nocut

イントゥ ジ アンノウン カラオケ

THE VOICE: Ah-ah-ah-ah ELSA: <sigh> THE VOICE: Ah-ah-ah-ahh—ah-ah ELSA: What do you want? Are you here to distract me So I make a big mistake? Into the unknown! Into the unknown!! THE VOICE: Ah-ah-ah-ah Ah-ah-ah-ah ELSA: Oh-oh-oh Are you out there? Do you know me? Can you feel me? Can you show me? Ah-ah-ah-ah! THE VOICE: Ah-ah-ah-ah ELSA: Ah-ah-ah-ah THE VOICE: Ah-ah-ah-ah ELSA&THE VOICE: Ah-ah-ah-ah Ah-ah-ah-ah Ah-ah-ah-ah Ah-ah-ah-ah ELSA: Where are you going? THE VOICE: Ah— ah— ELSA: How do I follow you Into the unknown? THE VOICE: Ah-ah-ah!

次の

パニック!アット・ザ・ディスコ、『アナと雪の女王2』エンドソングをリリース

イントゥ ジ アンノウン カラオケ

冒頭でも述べましたが、今回紹介していく 「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」は、ディズニーのアニメーション映画『アナと雪の女王』の続編 『アナと雪の女王2』のテーマソング。 「アナと雪の女王」は、元気で明るいキャラクター性を持つの妹アナ、生まれつき雪と氷を操る能力を持つ姉エルサの2人が、両者を想い合い、ラストは心を通わせ強い絆で結ばれる結末を描いた映画でしたが、その続編が『アナと雪の女王2』になります。 ちなみに、英語版の「イントゥ・ジ・アンノウン」は、エルサを務めるイディナ・メンゼルが歌唱。 MVの日本語版は前作に引き続きエルサの日本版声優を努める松たか子が歌唱。 日本版エンドソングを歌うのは『女性アーティストオーディション』に参加し、最終審査を通過した後、ディズニーUS本社による『アナと雪の女王2』エンドソングオーディションに合格した中元みずき。 未知の旅へ Into the unknown 踏み出せと Into the unknown 未知の旅へ Unknown-oh-oh, oh-oh Oh-oh, oh-oh, oh-oh, oh-oh Oh are you out there? Do you know me? Can you feel me? Can you show me? あなたはどこなの姿をみせてよ Where are you going? ここの歌詞で綴られる 肯定的で前向きな文章からは 障害を越えて自分の力と向き合おうとするさま。 が、そのまま描かれているのでしょう。 「でも無駄よ」 というワードから、強い意志が感じられる。 「~でも」は、一応肯定しながら、それがふつう結果として予想されるものに反する内容を導くときに用いる語であり、肯定した意見を凌駕して意見を伝えるため、 普通に伝えるよりも意志が強く伝わるのです。 愛する人たちはここにいるの 危険をおかすこと 二度としないわ 冒険にはもう うんざりしてる それでも あの声は 求めてる 前作で、エルサは制御しきれない能力が原因で、自ら作り上げた氷の城に引きこもっていました。 それこそ、愛する妹のアナを傷つけないように。 疎遠になった二人ですが「アナと雪の女王」のラストでは、ふたりの絆が能力を制御し、エルサは氷の能力をコントロールすることができるようになりました。 エルサは一人じゃないから 愛する人たちはここにいるの とあり、 アナや周囲の人々を二度と傷つけたくないから 危険をおかすこと 二度としないわ と、 決意の表明がなされている。 また、歌詞中の 「冒険」とは 一人で氷の城に引きこもっていたこと を指すのですが 冒険という言葉には 成功するかどうか成否が確かでないことを、あえてやってみること。 という意味も存在します。 「自分の能力に向き合うエルサ」 その情動全ては「冒険」と対比しても差し支えありません。 つまり、 冒険にはもう うんざりしてる それでも あの声は 求めてる という歌詞は 期待と不安が入り乱れたエルサの葛藤 を、ダイレクトに表現しているのです。 未知の旅へ 踏み出せと 未知の旅へ あなたはどこなの 姿を見せてよ 力強く響かされる 「未知の旅へ」 という歌声の奏。 英語に直すと Into the unknown イントゥ・ジ・アンノウン となり、楽曲タイトル名を担っているほど、メッセージ性が強いことが分かります。 自分の能力の根本と向き合うことで• エルサに力は与えられた理由• 彼女が目覚めさせてしまった精霊• アナとエルサに待ち受ける冒険と明かされるすべての秘密 が、紐解かれていくのです。 感想 壮大なスケールでリスナーに届けられる 「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」 まさに映画の壮大さをそのまま写すようです。 レットイットゴーを超える劇中曲になるのではと個人的に感じています。

次の