結婚 式 ご 祝儀 袋。 【結婚式】ご祝儀袋 書き方のマナー 表書き・中袋・金額はどう書けばいい?

結婚式ご祝儀袋へのお札の入れ方、包み方は? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

結婚 式 ご 祝儀 袋

中袋の書き方 ご祝儀袋の外袋の中には、用紙を袋状に折った中包み、もしくは封筒(中袋)が入っています。 中包み、中袋の表面には金額を書きます。 金額は「金 〇萬円」と書きます。 例えば、1万円を包む場合は「金 壱萬圓」といったように、頭に「金」、その後にスペースを入れて金額を記入します。 中包み、中袋の裏面には、左下に住所と名前を書きます。 住所はご遺族の方が分かるように、番地、マンション名、部屋の番号まで 正確に記入します。 郵便番号の書き方 郵便番号は住所の上、または住所の右側に記入します。 住所の右側に書く場合は、頭に〒のマークをつけて「〒〇〇〇-〇〇〇〇」と書きます。 数字は1,2,3のアラビア数字を使います。 ゼロの場合は、「零」ではなく「0」と書きます。 住所の番地・部屋番号の書き方 ご祝儀袋の中袋に住所を記入する場合は、基本的に縦書きです。 数字は漢数字を使います。 ただし、漢数字でないとマナー違反ということはないので、算用数字 アラビア数字 で書いても差し支えないです。 部屋番号の書き方も、漢数字でも算用数字でも問題ありません。 漢数字を使う場合、23番地は二三番地または二十三番地と記入します。 105番地なら一〇五番地と記入します。 也はつける? 金額を書く場合、最後に「也」をつけているのを見かけます。 例えば、1万円を包む場合は「金 壱萬圓也」 「也」は10万円以上包む場合のみで大丈夫です。 それ以外は「也」はつける必要はありません。 中袋なしのご祝儀袋は不適切 祝儀袋の多くは中袋が付いていまが、ポチ袋など中袋が付いていない簡単な祝儀袋もあります。 結婚などの正式なお祝いには不向きです。 結婚祝いなど改まったお祝には、中袋付きの祝儀袋を選ぶようにしましょう。 しかし、中袋付きの祝儀袋しか用意出来なかった場合はどうしたらよいのでしょうか 外袋の表面 中袋が付いていない祝儀袋の場合、外袋の表面には中袋の付いている祝儀袋と書き方は同じです。 外袋の上段中央に壽と書き、下段中央に「壽」に比べて少し小さめに自分の名前を書きます。 外袋の裏面 中袋が付いていない祝儀袋の場合、外袋の裏側に金額を書きます。 金額の書き方は漢数字でもアラビア文字でも構いません。 まとめ 結婚式のご祝儀袋の書き方には、マナーがあります。 金額や住所の番地の数字なども決まりがあります。 ご祝儀袋には外袋と中袋がセットになっていますが、中袋のない簡易的なものもあります。 中袋のないご祝儀袋は結婚式などのお祝いには向かないので、選ばないように気を付けましょう。

次の

【結婚式のご祝儀袋】選び方・書き方・入れ方・包み方をわかりやすく解説!|ゼクシィ

結婚 式 ご 祝儀 袋

結婚式に出席する際、「ご祝儀袋に3万円を包んで、結婚式当日、受付で渡す」のがマナーだと耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。 しかし、新郎新婦との関係によっては3万円より多めに用意する、蝶結びの水引がついたご祝儀袋はNGなど、金額の相場や細かいマナーを知らない人もいるかもしれません。 そこで今回は、結婚式に招待されたゲストがご祝儀を用意する際のマナーについて紹介します。 また、参考として、新郎新婦が結婚式でご祝儀を受け取った際にすべき対応についても解説します。 この記事の内容をざっくり言うと… ・結婚式のご祝儀相場は3万円!新郎新婦との関係性で金額は変える ・ご祝儀袋は結びきりの水引がついたものを用意し、毛筆で書く ・出席予定の結婚式を欠席することになったら、ご祝儀は渡すのがマナー この記事の目次• 新郎新婦との関係性別にみる結婚式のご祝儀相場 結婚式のご祝儀とは、ゲストが新郎新婦の結婚を祝って現金を包んで贈るものです。 一般的には、お祝いの気持ち(数千円)と引出物代(5,000円)、披露宴の食事代(1~2万円)で成り立っているといわれ、新郎新婦との関係性によって金額が異なります。 【新郎新婦との関係別】結婚式のご祝儀相場 友人 3万円 上司 3万円 or 5万円 同僚 3万円 親族 5万円 恩師 3万円 or 5万円 が行なったアンケート結果をもとに、それぞれの関係別のご祝儀相場を詳しく見てみましょう。 \100万円以上おトクになるかも?/ 友人がご祝儀を包む際の相場・ポイント 友人の結婚式に出席する際のご祝儀は、3万円が相場です。 実際に結婚式に出席したゲストが用意したご祝儀の金額割合は次のようになっています。 【友人】結婚式のご祝儀相場 3万円 83. 20代前半の若い人や、遠方から高額な交通費をかけて出席する人は2万円のご祝儀を用意する場合もあります。 3万円を目安に無理のない範囲で気持ちを包むようにしてくださいね。 上司・恩師がご祝儀を包む際の相場・ポイント 上司や恩師の用意するご祝儀は、3万円 or 5万円が相場といわれています。 割合は次のとおりです。 【上司・恩師】結婚式のご祝儀相場 上司 恩師 3万円 66. 9% 59. 7% 5万円 20. 4% 4万円 4. 7% 3万円を包む人の割合が友人に比べて下がり、5万円を用意する人が増えます。 基本的には友人同様に3万円で良いですが、年齢や役職の高い上司の場合は5万円を用意するのがおすすめ。 何らかの理由で4万円を包む人もいるようですが、「2(ペア)」「8(末広がり)」及びキリの良い「10」以外の偶数は「割り切れる=別れる」をイメージするため避けた方が無難です。 ちなみに、職場の同僚のご祝儀は、次のような割合になっています。 【同僚】結婚式のご祝儀相場 3万円 81. 親族がご祝儀を包む際の相場・ポイント 親族のご祝儀は5万円が相場です。 ただし、おじ・おば・いとこなど、関係の近さや年齢によって金額は異なるのが一般的。 次の金額を目安にすると良いでしょう。 【親族の関係別】結婚式のご祝儀相場 親族 5万円 おじ・おば 10万円 いとこ(20~30代) 2~5万円 いとこ(40代~) 5~10万円 通常、兄弟姉妹もお祝いとしてご祝儀を包みますが、実際に包んでいる金額は5万円が最も多いようです。 ただし、兄弟姉妹の場合も兄姉は5万円、弟妹は3万円、結婚しているなら5万円、独身なら3万円など、年齢や関係性によって金額を変えても問題ありません。 また、家によっては、独身の親族はご祝儀を用意しない、おじ・おばは一律10万円のご祝儀を渡すなどの親族間のルールがある可能性もあります。 事前に両親へ確認するようにしましょう。 親族・兄弟姉妹が実際に結婚式で包んだご祝儀の金額割合は以下のようになっています。 【親族】結婚式のご祝儀相場場 5万円 34. 繰り返しになりますが、ここでお伝えした金額を目安に、無理のないよう気持ちを包みましょう。 次に、ご祝儀袋について見ていきます。 しかし、ご祝儀袋といってもさまざま。 どんなご祝儀袋を選んだらよいのか、表書きはどうしたらいいのかなど、ご祝儀袋に関するマナーをご紹介します。 ご祝儀袋の選び方マナー ご祝儀袋を選ぶ際は、次のポイントに注意して選びましょう。 ご祝儀袋は白いものを選ぶ 2. ご祝儀袋の右上に「熨斗(のし)」がついているものを選ぶ 3. 紅白もしくは金銀で10本の水引がつき、「結びきり」「あわじ結び」のものにする 4. 用意するご祝儀の金額と、ご祝儀袋の格を合わせる 5. 中袋がついたご祝儀袋を選ぶ 1. ご祝儀袋は白いものを選ぶ ご祝儀袋は、白をベースにしたものが正式です。 最近では上包みに色や柄がついているご祝儀袋もあります。 友人など近しい間柄でカジュアルな結婚式の場合はデザイン性のあるご祝儀袋を選んでも良いですが、フォーマルな結婚式の場合は白いご祝儀袋を選びましょう。 ご祝儀袋の右上に「熨斗(のし)」がついているものを選ぶ 「熨斗(のし)」とは、もともとはアワビを薄くのばして乾燥させたものでしたが、簡略化されて今の形になりました。 この「熨斗(のし)」が付くのは、お祝い事の場合のみとされています。 さらに簡略化されて、袋に印刷されたものもありますが、結婚式の場合は、熨斗が張り付けてあるものがよいでしょう。 紅白もしくは金銀で10本の水引がつき、「結びきり」「あわじ結び」のものにする 水引はご祝儀袋の帯紐状の飾りのことで、「結びきり」「あわじ結び」とは、それぞれ水引の結び方のことを指します。 結婚のように、繰り返すことが良くないと考えられる場合には「結びきり」「あわじ結び」の水引を用います。 進学や出世のように何度あっても嬉しいことの場合は、「蝶結び」を選ぶのがマナーです。 水引は5本が基本ですが、両家が合わさるという意味から、結婚式のご祝儀袋では10本を選び、紅白や金銀の水引にしましょう。 不祝儀の場合も結び切りの水引がついたものを使用しますが、その場合は水引の色が白黒や銀などになるので注意してください。 用意するご祝儀の金額と、ご祝儀袋の格を合わせる ご祝儀袋は、中に包む金額にあわせて選びましょう。 3万円程度を包む場合に右端のような豪華な袋を使用すると、金額とご祝儀袋の格がちぐはぐになってしまうので正しいとはいえません。 中袋がついたご祝儀袋を選ぶ 結婚式のご祝儀袋は、画像のように上包みに中袋がついたものを選んでください。 最近は多くのご祝儀袋に中袋がついていますが、まれにデザイン性重視で中袋がないものもあります。 中袋がない場合は、半紙を折って代用しましょう。 \毎月更新!エリア別に紹介/ ご祝儀袋の書き方・包み方マナー ご祝儀袋に現金を包む前に、表書きと中袋を書きます。 その際のポイントをご紹介します。 書く際にサインペンやフフェルトペンを使うのはマナー違反ではありませんが、不慣れであっても、 毛筆や筆ペンを使って書くことをおすすめします。 また、弔事用の薄墨を使用しないよう注意しましょう。 表書き(上包み) 名目は、上包みの中央上部(短冊の上部)に、結婚式当日なら 「寿」や 「御祝」、結婚式よりも前ならば 「御結婚御祝」などと書くのが一般的です。 その下に、名目よりも少し小さめにフルネームを書きます。 夫婦の場合は右に夫のフルネーム、左に妻の下の名前を。 連名の場合は、右から五十音順もしくは役職の高い順にフルネームを書いてください。 4名以上の場合は、代表者名を記入し、「他一同」とするとすっきりします。 金額ごとの旧字体 1万円 壱萬円 2万円 弐萬円 3万円 参萬円 5万円 伍萬円・五萬円 10万円 拾萬円 裏には誰が贈ったものかわかるよう左下に 贈り主の住所・氏名を書きます。 ご祝儀の包み方 中袋が書けたら、ご祝儀用に用意した新札を図のような向きで入れ、上包みで包みます。 上包みを包む際は、幸せを受け止めるようなイメージで下の折り返しを外側にすると覚えておきましょう。 包み方がわからなくなりそう、と思ったら購入した際の状態を撮影しておくと安心です。 結婚式当日も焦らない!受付でのご祝儀の渡し方マナー ご祝儀が用意できたら、あとは当日渡すのみ。 ご祝儀袋は 袱紗(ふくさ)に包んで持ち歩きます。 結婚式で使用する袱紗は、 暖色系もしくは紫を選んでください。 ゲストの場合は、受付で「本日はおめでとうございます。 新郎(新婦)の友人です」とお祝いを述べます。 続けて、「心ばかりのお祝いでございます」という言葉をそえ、受付側が正面になるよう袱紗から出してご祝儀を渡しましょう。 ここまで、ご祝儀の準備や渡し方のマナーについてご紹介しましたが、何らかの理由で結婚式に出席できない場合、ご祝儀は渡すべきなのでしょうか。 結婚式を欠席する場合のご祝儀について、次で解説します。 \LINEで希望条件をタップするだけ!/ 状況別に解説!結婚式を欠席する際のご祝儀相場と渡し方 結婚式に招待された時点で欠席を伝えていた、招待状を受け取ったが欠席と伝えた、結婚式当日に急遽欠席することになったなど、結婚式を欠席する理由別のご祝儀相場をご紹介します。 招待状をもらったが欠席で返信した場合 招待状を受け取ったけれども欠席で返信する場合、5,000円~1万円のご祝儀(現金)もしくはお祝い(プレゼント)を贈りましょう。 結婚式の1週間前までに会って直接渡すか、現金書留を送る、あるいは郵送します。 「結婚式をするのだけれど、招待状を送ってもいい?」と聞かれた時点では出席の意向を伝えていたけれど、欠席で返信ハガキを送る場合は1万円をご祝儀として渡しましょう。 招待状を出席で返信したが欠席しなければならなくなった場合 招待状の返信ハガキでは出席としたものの、結婚式までに何らかの事情で行けなくなってしまった場合は、当日渡す予定だったご祝儀の半額~全額を目安に考えます。 結婚式まで1ヵ月を切る場合は、料理や引出物のキャンセル料が発生する可能性があります。 そのため、直前での欠席連絡の場合は少なくとも出席時のご祝儀の半額を渡しましょう。 この場合も、結婚式の1週間前までに手渡しもしくは現金書留で送るようにします。 出席予定の結婚式の当日に欠席しなければならなくなった場合 結婚式当日の欠席連絡は、できるだけ控えたいものです。 しかし、やむを得ず欠席する場合、しっかりお詫びを伝えるとともにご祝儀は全額渡します。 当日は難しいと思いますが、結婚式後にできるだけ早めに手渡しするのがおすすめです。 どうしても直接渡せない場合は現金書留で早めに送りましょう。 参考:結婚式に招待されていない・結婚式をしない場合のご祝儀の取り扱い方 「結婚式をするので招待状を送ってもいい?」と聞かれた時点で欠席を伝える場合は、5,000円~1万円を目安にご祝儀を渡しましょう。 結婚式をしない人へのご祝儀も、1万円が相場のようです。 あくまで本人から結婚式の話を聞いた時だけで大丈夫です。 ここまで、結婚式に招待されたゲストのご祝儀相場や取り扱い方についてご紹介しました。 次は、新郎新婦がご祝儀を受け取った場合のご祝儀の取り扱い方について見てみましょう。 新郎新婦が結婚式のご祝儀を受け取った際の対応の仕方 新郎新婦がご祝儀を受け取った場合のポイントは次のとおりです。 ・結婚式出席者からご祝儀をもらった場合は基本的に対応不要 ・結婚式のご祝儀が予想より多かった場合は内祝いなどを贈るのがおすすめ ・目上の人に高額なお返しは失礼にあたる可能性もあるので注意 ・結婚式に出席していない人からご祝儀をもらった場合は金額によってお返しを考える 詳しく解説します。 結婚式出席者からご祝儀をもらった場合は基本的に対応不要 ご祝儀制の結婚式の場合、ゲストからもらったご祝儀に対するお礼として料理や引出物を用意します。 そのため、 結婚式に出席した人へご祝儀のお礼として特別何か用意する必要はありません。 ご祝儀はありがたくいただき、結婚式後に「出席してくれてありがとう」など感謝を伝えるようにしましょう。 結婚式のご祝儀が予想より多かった場合は内祝いなどを贈るのがおすすめ 結婚式でもらったご祝儀の金額が予想より多かった場合は、引出物とは別に、内祝いを贈ることをおすすめします。 お祝いをいただいてから時間をあけてしまうのは失礼にあたりますので、結婚式後、できるだけ早めに用意するようにしてください。 目上の人に高額なお返しは失礼にあたる可能性もあるので注意 目上の人に高額なお返しをすると「あなたからのご祝儀は要りません」と受け取られる可能性があります。 上司やおじ・おばなどは友人よりもご祝儀の金額が上がります。 それを見越して、友人・同僚よりも金額の高い引出物を事前に用意します。 しかし、その予想以上にご祝儀を用意してくれることもあるでしょう。 その場合も内祝いを贈りたいところではありますが、 目上の人に対しては、高額なお返しは控え、お中元・お歳暮・ハネムーンのお土産など、代わりのものを贈るようにしましょう。 結婚式に出席していない人からご祝儀をもらった場合は金額によってお返しを考える 結婚式のご祝儀やお祝いに対するお返しは、その金額の半額程度(半返し)の品物をお返しするのが基本です。 受け取ったご祝儀の金額に応じて何をお返しするか決めましょう。 結婚式に出席しなかった友人数人から、まとめてご祝儀やお祝いをもらった場合は、1人ずつお返しするのが基本です。 しかし、1人ずつに半返しでは少額すぎて贈れるものがなくなってしまう場合もあるでしょう。 その場合、会社や飲み会などで集まる機会に、みんなで食べられるお菓子の詰め合わせをお返しするなどの対応でもかまいません。 また、会社の福利厚生としてご祝儀をもらった場合は、お返しの必要はありません。 まとめ 結婚式に招待されたゲストとしてご祝儀を用意する際のマナーと、ご祝儀を受け取る側の新郎新婦の対応についてご紹介しました。 要点をまとめると・・・・結婚式のご祝儀相場は3万円!新郎新婦との関係性で金額は変える・ご祝儀袋は結びきりの水引がついたものを用意し、毛筆で書く・出席予定の結婚式を欠席することになったら、ご祝儀は渡すのがマナー この記事を参考に、結婚式のご祝儀相場を知り、マナーを守ってご祝儀のやり取りを行ないましょう。

次の

友達(友人)の結婚式でご祝儀袋に入れる金額や書き方まとめ

結婚 式 ご 祝儀 袋

結婚式に出席する際、「ご祝儀袋に3万円を包んで、結婚式当日、受付で渡す」のがマナーだと耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。 しかし、新郎新婦との関係によっては3万円より多めに用意する、蝶結びの水引がついたご祝儀袋はNGなど、金額の相場や細かいマナーを知らない人もいるかもしれません。 そこで今回は、結婚式に招待されたゲストがご祝儀を用意する際のマナーについて紹介します。 また、参考として、新郎新婦が結婚式でご祝儀を受け取った際にすべき対応についても解説します。 この記事の内容をざっくり言うと… ・結婚式のご祝儀相場は3万円!新郎新婦との関係性で金額は変える ・ご祝儀袋は結びきりの水引がついたものを用意し、毛筆で書く ・出席予定の結婚式を欠席することになったら、ご祝儀は渡すのがマナー この記事の目次• 新郎新婦との関係性別にみる結婚式のご祝儀相場 結婚式のご祝儀とは、ゲストが新郎新婦の結婚を祝って現金を包んで贈るものです。 一般的には、お祝いの気持ち(数千円)と引出物代(5,000円)、披露宴の食事代(1~2万円)で成り立っているといわれ、新郎新婦との関係性によって金額が異なります。 【新郎新婦との関係別】結婚式のご祝儀相場 友人 3万円 上司 3万円 or 5万円 同僚 3万円 親族 5万円 恩師 3万円 or 5万円 が行なったアンケート結果をもとに、それぞれの関係別のご祝儀相場を詳しく見てみましょう。 \100万円以上おトクになるかも?/ 友人がご祝儀を包む際の相場・ポイント 友人の結婚式に出席する際のご祝儀は、3万円が相場です。 実際に結婚式に出席したゲストが用意したご祝儀の金額割合は次のようになっています。 【友人】結婚式のご祝儀相場 3万円 83. 20代前半の若い人や、遠方から高額な交通費をかけて出席する人は2万円のご祝儀を用意する場合もあります。 3万円を目安に無理のない範囲で気持ちを包むようにしてくださいね。 上司・恩師がご祝儀を包む際の相場・ポイント 上司や恩師の用意するご祝儀は、3万円 or 5万円が相場といわれています。 割合は次のとおりです。 【上司・恩師】結婚式のご祝儀相場 上司 恩師 3万円 66. 9% 59. 7% 5万円 20. 4% 4万円 4. 7% 3万円を包む人の割合が友人に比べて下がり、5万円を用意する人が増えます。 基本的には友人同様に3万円で良いですが、年齢や役職の高い上司の場合は5万円を用意するのがおすすめ。 何らかの理由で4万円を包む人もいるようですが、「2(ペア)」「8(末広がり)」及びキリの良い「10」以外の偶数は「割り切れる=別れる」をイメージするため避けた方が無難です。 ちなみに、職場の同僚のご祝儀は、次のような割合になっています。 【同僚】結婚式のご祝儀相場 3万円 81. 親族がご祝儀を包む際の相場・ポイント 親族のご祝儀は5万円が相場です。 ただし、おじ・おば・いとこなど、関係の近さや年齢によって金額は異なるのが一般的。 次の金額を目安にすると良いでしょう。 【親族の関係別】結婚式のご祝儀相場 親族 5万円 おじ・おば 10万円 いとこ(20~30代) 2~5万円 いとこ(40代~) 5~10万円 通常、兄弟姉妹もお祝いとしてご祝儀を包みますが、実際に包んでいる金額は5万円が最も多いようです。 ただし、兄弟姉妹の場合も兄姉は5万円、弟妹は3万円、結婚しているなら5万円、独身なら3万円など、年齢や関係性によって金額を変えても問題ありません。 また、家によっては、独身の親族はご祝儀を用意しない、おじ・おばは一律10万円のご祝儀を渡すなどの親族間のルールがある可能性もあります。 事前に両親へ確認するようにしましょう。 親族・兄弟姉妹が実際に結婚式で包んだご祝儀の金額割合は以下のようになっています。 【親族】結婚式のご祝儀相場場 5万円 34. 繰り返しになりますが、ここでお伝えした金額を目安に、無理のないよう気持ちを包みましょう。 次に、ご祝儀袋について見ていきます。 しかし、ご祝儀袋といってもさまざま。 どんなご祝儀袋を選んだらよいのか、表書きはどうしたらいいのかなど、ご祝儀袋に関するマナーをご紹介します。 ご祝儀袋の選び方マナー ご祝儀袋を選ぶ際は、次のポイントに注意して選びましょう。 ご祝儀袋は白いものを選ぶ 2. ご祝儀袋の右上に「熨斗(のし)」がついているものを選ぶ 3. 紅白もしくは金銀で10本の水引がつき、「結びきり」「あわじ結び」のものにする 4. 用意するご祝儀の金額と、ご祝儀袋の格を合わせる 5. 中袋がついたご祝儀袋を選ぶ 1. ご祝儀袋は白いものを選ぶ ご祝儀袋は、白をベースにしたものが正式です。 最近では上包みに色や柄がついているご祝儀袋もあります。 友人など近しい間柄でカジュアルな結婚式の場合はデザイン性のあるご祝儀袋を選んでも良いですが、フォーマルな結婚式の場合は白いご祝儀袋を選びましょう。 ご祝儀袋の右上に「熨斗(のし)」がついているものを選ぶ 「熨斗(のし)」とは、もともとはアワビを薄くのばして乾燥させたものでしたが、簡略化されて今の形になりました。 この「熨斗(のし)」が付くのは、お祝い事の場合のみとされています。 さらに簡略化されて、袋に印刷されたものもありますが、結婚式の場合は、熨斗が張り付けてあるものがよいでしょう。 紅白もしくは金銀で10本の水引がつき、「結びきり」「あわじ結び」のものにする 水引はご祝儀袋の帯紐状の飾りのことで、「結びきり」「あわじ結び」とは、それぞれ水引の結び方のことを指します。 結婚のように、繰り返すことが良くないと考えられる場合には「結びきり」「あわじ結び」の水引を用います。 進学や出世のように何度あっても嬉しいことの場合は、「蝶結び」を選ぶのがマナーです。 水引は5本が基本ですが、両家が合わさるという意味から、結婚式のご祝儀袋では10本を選び、紅白や金銀の水引にしましょう。 不祝儀の場合も結び切りの水引がついたものを使用しますが、その場合は水引の色が白黒や銀などになるので注意してください。 用意するご祝儀の金額と、ご祝儀袋の格を合わせる ご祝儀袋は、中に包む金額にあわせて選びましょう。 3万円程度を包む場合に右端のような豪華な袋を使用すると、金額とご祝儀袋の格がちぐはぐになってしまうので正しいとはいえません。 中袋がついたご祝儀袋を選ぶ 結婚式のご祝儀袋は、画像のように上包みに中袋がついたものを選んでください。 最近は多くのご祝儀袋に中袋がついていますが、まれにデザイン性重視で中袋がないものもあります。 中袋がない場合は、半紙を折って代用しましょう。 \毎月更新!エリア別に紹介/ ご祝儀袋の書き方・包み方マナー ご祝儀袋に現金を包む前に、表書きと中袋を書きます。 その際のポイントをご紹介します。 書く際にサインペンやフフェルトペンを使うのはマナー違反ではありませんが、不慣れであっても、 毛筆や筆ペンを使って書くことをおすすめします。 また、弔事用の薄墨を使用しないよう注意しましょう。 表書き(上包み) 名目は、上包みの中央上部(短冊の上部)に、結婚式当日なら 「寿」や 「御祝」、結婚式よりも前ならば 「御結婚御祝」などと書くのが一般的です。 その下に、名目よりも少し小さめにフルネームを書きます。 夫婦の場合は右に夫のフルネーム、左に妻の下の名前を。 連名の場合は、右から五十音順もしくは役職の高い順にフルネームを書いてください。 4名以上の場合は、代表者名を記入し、「他一同」とするとすっきりします。 金額ごとの旧字体 1万円 壱萬円 2万円 弐萬円 3万円 参萬円 5万円 伍萬円・五萬円 10万円 拾萬円 裏には誰が贈ったものかわかるよう左下に 贈り主の住所・氏名を書きます。 ご祝儀の包み方 中袋が書けたら、ご祝儀用に用意した新札を図のような向きで入れ、上包みで包みます。 上包みを包む際は、幸せを受け止めるようなイメージで下の折り返しを外側にすると覚えておきましょう。 包み方がわからなくなりそう、と思ったら購入した際の状態を撮影しておくと安心です。 結婚式当日も焦らない!受付でのご祝儀の渡し方マナー ご祝儀が用意できたら、あとは当日渡すのみ。 ご祝儀袋は 袱紗(ふくさ)に包んで持ち歩きます。 結婚式で使用する袱紗は、 暖色系もしくは紫を選んでください。 ゲストの場合は、受付で「本日はおめでとうございます。 新郎(新婦)の友人です」とお祝いを述べます。 続けて、「心ばかりのお祝いでございます」という言葉をそえ、受付側が正面になるよう袱紗から出してご祝儀を渡しましょう。 ここまで、ご祝儀の準備や渡し方のマナーについてご紹介しましたが、何らかの理由で結婚式に出席できない場合、ご祝儀は渡すべきなのでしょうか。 結婚式を欠席する場合のご祝儀について、次で解説します。 \LINEで希望条件をタップするだけ!/ 状況別に解説!結婚式を欠席する際のご祝儀相場と渡し方 結婚式に招待された時点で欠席を伝えていた、招待状を受け取ったが欠席と伝えた、結婚式当日に急遽欠席することになったなど、結婚式を欠席する理由別のご祝儀相場をご紹介します。 招待状をもらったが欠席で返信した場合 招待状を受け取ったけれども欠席で返信する場合、5,000円~1万円のご祝儀(現金)もしくはお祝い(プレゼント)を贈りましょう。 結婚式の1週間前までに会って直接渡すか、現金書留を送る、あるいは郵送します。 「結婚式をするのだけれど、招待状を送ってもいい?」と聞かれた時点では出席の意向を伝えていたけれど、欠席で返信ハガキを送る場合は1万円をご祝儀として渡しましょう。 招待状を出席で返信したが欠席しなければならなくなった場合 招待状の返信ハガキでは出席としたものの、結婚式までに何らかの事情で行けなくなってしまった場合は、当日渡す予定だったご祝儀の半額~全額を目安に考えます。 結婚式まで1ヵ月を切る場合は、料理や引出物のキャンセル料が発生する可能性があります。 そのため、直前での欠席連絡の場合は少なくとも出席時のご祝儀の半額を渡しましょう。 この場合も、結婚式の1週間前までに手渡しもしくは現金書留で送るようにします。 出席予定の結婚式の当日に欠席しなければならなくなった場合 結婚式当日の欠席連絡は、できるだけ控えたいものです。 しかし、やむを得ず欠席する場合、しっかりお詫びを伝えるとともにご祝儀は全額渡します。 当日は難しいと思いますが、結婚式後にできるだけ早めに手渡しするのがおすすめです。 どうしても直接渡せない場合は現金書留で早めに送りましょう。 参考:結婚式に招待されていない・結婚式をしない場合のご祝儀の取り扱い方 「結婚式をするので招待状を送ってもいい?」と聞かれた時点で欠席を伝える場合は、5,000円~1万円を目安にご祝儀を渡しましょう。 結婚式をしない人へのご祝儀も、1万円が相場のようです。 あくまで本人から結婚式の話を聞いた時だけで大丈夫です。 ここまで、結婚式に招待されたゲストのご祝儀相場や取り扱い方についてご紹介しました。 次は、新郎新婦がご祝儀を受け取った場合のご祝儀の取り扱い方について見てみましょう。 新郎新婦が結婚式のご祝儀を受け取った際の対応の仕方 新郎新婦がご祝儀を受け取った場合のポイントは次のとおりです。 ・結婚式出席者からご祝儀をもらった場合は基本的に対応不要 ・結婚式のご祝儀が予想より多かった場合は内祝いなどを贈るのがおすすめ ・目上の人に高額なお返しは失礼にあたる可能性もあるので注意 ・結婚式に出席していない人からご祝儀をもらった場合は金額によってお返しを考える 詳しく解説します。 結婚式出席者からご祝儀をもらった場合は基本的に対応不要 ご祝儀制の結婚式の場合、ゲストからもらったご祝儀に対するお礼として料理や引出物を用意します。 そのため、 結婚式に出席した人へご祝儀のお礼として特別何か用意する必要はありません。 ご祝儀はありがたくいただき、結婚式後に「出席してくれてありがとう」など感謝を伝えるようにしましょう。 結婚式のご祝儀が予想より多かった場合は内祝いなどを贈るのがおすすめ 結婚式でもらったご祝儀の金額が予想より多かった場合は、引出物とは別に、内祝いを贈ることをおすすめします。 お祝いをいただいてから時間をあけてしまうのは失礼にあたりますので、結婚式後、できるだけ早めに用意するようにしてください。 目上の人に高額なお返しは失礼にあたる可能性もあるので注意 目上の人に高額なお返しをすると「あなたからのご祝儀は要りません」と受け取られる可能性があります。 上司やおじ・おばなどは友人よりもご祝儀の金額が上がります。 それを見越して、友人・同僚よりも金額の高い引出物を事前に用意します。 しかし、その予想以上にご祝儀を用意してくれることもあるでしょう。 その場合も内祝いを贈りたいところではありますが、 目上の人に対しては、高額なお返しは控え、お中元・お歳暮・ハネムーンのお土産など、代わりのものを贈るようにしましょう。 結婚式に出席していない人からご祝儀をもらった場合は金額によってお返しを考える 結婚式のご祝儀やお祝いに対するお返しは、その金額の半額程度(半返し)の品物をお返しするのが基本です。 受け取ったご祝儀の金額に応じて何をお返しするか決めましょう。 結婚式に出席しなかった友人数人から、まとめてご祝儀やお祝いをもらった場合は、1人ずつお返しするのが基本です。 しかし、1人ずつに半返しでは少額すぎて贈れるものがなくなってしまう場合もあるでしょう。 その場合、会社や飲み会などで集まる機会に、みんなで食べられるお菓子の詰め合わせをお返しするなどの対応でもかまいません。 また、会社の福利厚生としてご祝儀をもらった場合は、お返しの必要はありません。 まとめ 結婚式に招待されたゲストとしてご祝儀を用意する際のマナーと、ご祝儀を受け取る側の新郎新婦の対応についてご紹介しました。 要点をまとめると・・・・結婚式のご祝儀相場は3万円!新郎新婦との関係性で金額は変える・ご祝儀袋は結びきりの水引がついたものを用意し、毛筆で書く・出席予定の結婚式を欠席することになったら、ご祝儀は渡すのがマナー この記事を参考に、結婚式のご祝儀相場を知り、マナーを守ってご祝儀のやり取りを行ないましょう。

次の