少年時代の歌詞。 井上陽水 少年時代 歌詞

風あざみの意味とは?少年時代の歌詞からわかる井上陽水の変人ぶり

少年時代の歌詞

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様 夢が覚め 夜の中 長い冬が窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき 夏まつり 宵かがり 胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様 これが一番の歌詞です。 メロディーを載せると、懐かしいような雰囲気ですが、歌詞だけを見るとなんだか意味が分かりにくいですよね。 想い出のあとさき…?宵かがり…? まず最初に出てくるのは「風あざみ」という言葉。 この言葉については、本人も意味がないことを語っています。 井上陽水の『少年時代』の歌詞に込めた意味とは 「夏が過ぎ 風あざみ」 から始まるこの曲は、夏の終わりによく流れる曲です。 この曲は夏休みの終わりに聞くから、新学期の憂鬱さを思い出す、という方もいるのではないでしょうか。 風あざみの意味から見る井上陽水の歌詞の作り方 「風あざみ」には明確な意味はありません。 SONGSで本人により、これが造語であることが語られ、ネットで話題になったことがありました。 「オニアザミ」という言葉のインスピレーションから生まれた言葉のようです。 他にも、「夏模様」「宵かがり」「夢花火」という言葉が出てきます。 井上陽水は、こういった言葉に意味はなくて「響きのよさで作った」ことを本人の口から語っているのです。 有名な歌手の中でも、歌詞の意味を重視せずに響きだけで作る人は多いですよね。 例えは椎名林檎の『丸の内サディスティック』もそうみたいですよ。 そのため難解で、いろいろな人に考察がなされていて逆に面白かったりします。 歌詞考察のし甲斐はあるかもしれませんね。 少年時代も、まさに考察のし甲斐がある歌詞です。 では1番の歌詞の考察をしていこうと思います。 敢えて、考察しない部分を残しますので、それぞれ考察してみて欲しいなと思います。 「夏が過ぎ 風あざみ」 夏はもう過ぎって、あざみも散って風に消えていった「誰のあこがれにさまよう」 時は過ぎるのに自分はここで立ち止まって、誰かにあこがれられたりしてるんだろうか。 それとも… 「青空に残された 私の心は夏模様」 こうして青空をひたすら見ている私の心は夏から抜け出せずに、立ち止まり続けているんだ。 「夢が覚め 夜の中」 青空から夜になると、人は眠るけど私は目が覚めてしまい 「長い冬が 窓を閉じて」 冬の長い夜の暗くなった窓を閉じて 「呼びかけたままで 夢はつまり思い出のあとさき」 だけど夏の鬼ごっこなんかして呼びかけた声が頭に残っている。 見ることのできる夢というのはつまり、思い出があるから見れるんだな… 「夏まつり 宵かがり」 夏祭りは青空とこの夜の間の宵の暮れそうなときだったな… 「胸のたかなりにあわせて 八月は夢花火」 胸がわけもなく高鳴るのに合わせて上がる八月の花火も、この夢の中に出てくるんだ 「私の心は夏模様」 まだ私は夏の思い出を夢で見ているんだ。 子供の頃の思い出を思い返して、 昼は青空を見ながら。 夜は夏祭りなどの夢を見ている自分を描いています。 こうした夢は想い出があるからこそ見ることが出来るものだな… としみじみ感じながら、 思い返すのはいつも夏。 思い返す自分は永い冬の中にいる。 私の考察では… 目が覚めて 夢のあと 長い影が夜にのびて 星屑の空へ 夢はつまり 想い出のあとさき 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 八月は夢花火 私の心は夏模様 この部分はぜひそれぞれ考察してみてください。 面白いですよ。 少年時代の概要をこちらに書いておきますね。 Wikipediaに面白いエピソードがありました。 『少年時代』の概要 1990年9月21日にリリースされた通算29枚目のシングル。 作詞は井上陽水 作曲・編曲は井上陽水と平井夏美。 当初、荻野目洋子のシングル『ギャラリー』のB面に使用される予定だった曲で、B面にしては良い出来だったのでシングル化されたそうです。 出典: まとめ 『少年時代』の歌詞考察をしてきましたがいかがでしたか? 「少年時代」というワードを挟まないまま、多くを語らなくてもその情景を思い起こさせる井上陽水って やっぱりすごいなと思います。 夏の終わりの歌か、と思いきや「冬」というワードも出てくる。 想い出を想起しながらも、夏の懐かしい時代を夢に見てノスタルジックになっている感じが十分伝わりますね。 メロディーに乗せると、その情景はもっと色濃くなるような感じもします。 これがプロだな… 皆さんも、井上陽水の歌詞考察してみてはいかがでしょうか。 この歌のこの歌詞の意味考察してほしい、というリクエストもお待ちしています。 良ければコメント欄に書き込んでいってください。

次の

井上陽水の「少年時代」という歌の歌詞の意味がわからない

少年時代の歌詞

との対比 この曲はと、ふたつのメロディからできています。 そして、そのふたつはそれぞれ違う世界を描いています。 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう 青空に残された 私の心は夏模様 最初のはこんな感じ。 そして次のは、 夏まつり 宵かがり 胸のたかなりに あわせて 八月は夢花火 私の心は夏模様 こんな感じです。 単語も文章のつくりも音韻もそっくりですね。 最後のにいたっては、上記2つのを組み合わせ直した構成になっています。 は3つありますが、どれも同じ内容を歌っているんだと予想できますね。 、というわけです。 一方で、はそれとはまたぜんぜん違う感じ。 夢が覚め 夜の中 永い冬が 窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出のあとさき ひとつめのを引用してみました。 先ほど引用したとはまったく毛色の違う単語がたくさん登場します。 例えば「冬」。 には「夏」が出てきましたが、は「冬」がでてきます。 こんな風に対照的な単語を探してみると、案外たくさん見つかるので驚きます。 夏 冬 青空 (日中を想起させます) 夜 風 窓を閉じて かがり 影 って感じ。 ここまできれいに符合するなら、それはもう狙ってやっているのだとしか思えません。 とは、対照的な歌詞のないようになるように構成し尽くされているみたいです。 「は」に注目。 さて、私が注目したのは、「は」です。 で、『少年時代』に戻るわけですが、この曲の歌詞にはいくつかの「は」があります。 そしてその「は」は、どれも連の最後にあります。 つまり、連の最後に「は」を持ち出して、その連がなにに関することだったのかを教えてくれる、という構成になっているのです。 たとえば、最初のを再度引用してみましょう。 夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう 青空に残された 私の心は夏模様 最後の行に「私の心は夏模様」とあります。 この文は、「私の心」について記されたもので、私の心が夏模様であることを示している部分です。 こんなことはわざわざ解説しなくても、日本語の文章が読める人なら迷ったりしないと思います。 で、大事なのはそこではなくて、それがこの連の最後にあるということです。 こんなことが書いてあるから、 この連の全体が、実は「私の心」について解説したものなのではないかと思うことができるってわけです。 夏が過ぎて、風あざみで、だれかのあこがれにさまよっていて、青空に残されている私の心が夏模様なのだと歌っている、ってわけです。 ふだん、私たちはたとえば友だちとしゃべっていて、いちいち自分の状況をこうして説明したりはしません。 私の心は夏模様だったよ!とか言わないでしょふつう。 夢は想い出のあとさきだとか絶対言わないわけです。 ふつうはそんなに、自分自身を突き放して解説したりすることはないのです。 でも、 この曲では自分自身の心を「夏模様」だと解説してくれています。 ここから、どんなことがわかるでしょうか? 私は、ここにとても切なさを感じました。 「私の心は夏模様」って解説してくれているのは、主人公が自分のことを突き放しているからです。 どうして突き放しているのかというと、それは、長い時間が経ったから、かな?と私は思いました。 主人公はもう少年時代から遠く離れた大人になって、懐かしい少年時代を懐かしんでいるのかな?と思ったのです。 がそうだとすると、はそれとは対照的な時制になるはず。 が過去なら、は現在になるはずですね。 それをさっきの表に組み込むなら、こんな感じになります。 夏 冬 青空 (日中を想起させます) 夜 風 窓を閉じて かがり 影 過去 現在 つまりこの曲、 で昔に思いを馳せたあとで現実に立ち返り、またで夢の世界へ旅立ったあとに再びで元に戻り、最後にもう一度で過去を振り返って、そのまま曲が終わる、という構成になっているのです。 すごいなそれ。 そして私は最後に、一人称に気づいちゃったのでした。 この曲の一人称は「私」です。 男性が「私」を一人称として使うのは、その人が十分に大人で、オフィシャルな場で自分を示したいときだけだと思います。 主人公はきっと、大人になったのです。 少年時代を思い返す時でも、その大人になった自分自身が歌詞の端からついにじみ出てしまいます。 でもだからこそ、遠く離れてしまった少年時代とのギャップが際立つのでしょう。 そしてだからこそ、少年時代が懐かしく思えるのでしょうね。 というわけで、『少年時代』でした。 一人称については、本当は違う読み方も考えたのです。 たとえば主人公は本当は女性で、少年のように振る舞うことができていた昔を懐かしんでいる、とか。 それでも十分にキレイに筋は通るのですが、女性である必然性も今ひとつ見当たらないので、今回は男性が主人公ってことにしてみました。 主人公と歌い手の性別についてはのときに考えたことがあるので、よければどうぞ。 宿題にしていた『』は次回かその次に持ち越しにしたいと思います。 読めそうな夏の曲がまだあったらそっちに浮気します。 ごめんなさいませ…。

次の

少年時代 歌詞「城南海」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

少年時代の歌詞

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれに さまよう 青空に残された 私の心は夏模様 1990年の9月21日にリリースされたこの「少年時代」は、もともと井上陽水が荻野目洋子に提供したシングル曲「ギャラリー」のB面になる予定だったという。 しかし曲を受け渡す直前になって、陽水が 「やっぱり自分で歌いたい」ということになり、自身のシングル曲として発表することとなった。 ちなみに荻野目のB面曲は、陽水が当時即興で作った「ON BED」に差し替えられたという。 この映画『少年時代』とは、戦時下の昭和19年に富山県に疎開した東京の少年と地元の少年との友情や葛藤を描いた物語で、柏原兵三の小説『長い道』を藤子不二雄Aが漫画化して、山田太一が脚本を書き、映画『瀬戸内少年野球団』の篠田正浩監督がメガホンをとった作品である。 そこには物質的には貧しいが、懐かしくも美しい日本の田舎を舞台に成長してゆく少年達の姿が瑞々しく描かれている。 そこには「ラララ…君と出会い君と笑い」というハミングで始まる、映画の内容にピッタリな歌詞が綴られていた。 依頼後…数週間経っても曲ができあがって来ず、ついには映画のポスターの印刷にも間に合わない事態となった。 これについて陽水があっさりと一言。 「歌詞は使わなかったけど、心はいただきました」 そして陽水の紡いだメロディーを元に、プロデューサー兼作曲家としても活躍していた川原伸司(同曲では平井夏美の名義)が曲をブラッシュアップさせて「少年時代」は完成した。 レコーディング本番でのピアノ演奏は、陽水の旧知の仲でもある来生たかおが担当した。 依頼した理由として陽水はこんなコメントを残している。 望み通りのピアノになったと思いますよ。 」 この曲の歌詞にでてくる「風あざみ」や「宵かがり」という美しい響きを持つ言葉たちは、陽水が創った造語であり、辞書をひいても載っていない。 ある時、これはどういう意味ですか?とインタビュアーに訊かれた陽水は 「意味ないんだよ」と、これもまたあっさりと答えたらしい。

次の