ジャーマン アイリス 植え 替え。 ジャーマンアイリスの特徴と育て方!栽培記録も紹介!

ジャーマンアイリスの育て方|植え付けの時期や株分けの方法は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ジャーマン アイリス 植え 替え

ジャーマンアイリスの好む環境 ジャーマンアイリスは、初夏の庭を豪華に彩る大きな花です。 色も多様にあるので、いろんな色のジャーマンアイリスが一斉に咲いたら、庭がパッと明るくなるでしょうね。 我が家にあるジャーマンアイリスは、オレンジ色。 十数年前から庭のど真ん中に咲き誇っていましたが、この夏初めて移植しました。 ジャーマンアイリスが好む場所は、とにかく日当たり良好で水はけがよい場所。 湿った場所では、軟腐病(なんぶびょう)になりやすいので、とにかく乾いた土地に浅めに移植するのがポイント。 庭植えの場合は、水やりも必要なく、基本的にほったらかしで大丈夫です。 肥料も、これまで一度も与えたことはないのですが、毎年きれいな花を咲かせます。 ホント、手のかからない花です。 2~3年ごとに植え替えを しかし、どんなに丈夫なジャーマンアイリスでも、何年も植えっぱなしにしていると、根が混んできます。 根詰まりは、花つきが悪くなるばかりか、病気にもなりやすいので、2~3年ごとに株分けをして植え替えるのが良いとされています。 実際、十数年ぶりに掘り返したジャーマンアイリスの根は、ギュウギュウで苦しそうだった。 ジャーマンアイリスの新芽 8月の真夏に掘り返したのは、株分けした断面をよーく乾燥させる必要があったから。 秋田は、日本一日照時間が短いとも言われているので、掘り起こしたジャーマンアイリスの株をよーく乾燥させるためには、夏が良いと思ったのです。 乾燥させたジャーマンアイリスの株は、日当たり良好の場所に背中を半分出すようにして、浅めに植え付けました。 これも、軟腐病予防のための対策です。 そして、ジャーマンアイリスを植え替えしてから2か月。 株の脇から新芽が出ているのに気付きました。 新しい命の誕生は、いつだって胸キュンです。 決して大袈裟ではなく、小さな植物に対してもこんなにほっこりするのは、やはり歳をとったからでしょうか。 ジャーマンアイリスの株のあちこちから、こんなに新芽が出てきました。 残念なことに、ひとつの株だけは、ちょっとブワブワと柔らかくなっていた! もしや軟腐病? しかーし! 脇から小さな新芽が出ているではありませんか。 なので、このまま再び地面に浅く植えました。 これから冬がきて、ジャーマンアイリスの上にも雪が降り積もりますが、きっと春には元気な葉っぱに出会えることでしょう。 自分で手をかけて育てると、植物も本当にかわいいもんです。 花壇の隅には、植えていないのに松葉ボタンの花が咲いていました。 お隣の家には、見事な松葉ボタンガーデンが広がっているので、きっと種が飛んできたんでしょうね。 このまま根付くといいなぁ。 来年も、きれいなジャーマンアイリスが咲きますように!.

次の

ダッチアイリス|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

ジャーマン アイリス 植え 替え

ジャーマンアイリスの植え替え方法。 添付写真のとおり、実家に植えっぱなしになっているジャーマンアイリスがあります。 高さは120cm程。 誰も手入れをせず、生い茂ってます。 根元に枯れた 茶色い葉も多々あり。 色々なサイトを見ましたが、植え替え時期は6月~9月となっています。 埼玉県の北部 熊谷 在住ですが、6月に植え替えてもいいのでしょうか。 親株から子株を取り、葉を15cm程の三角形にして植える事は分かりました。 あと苦土石灰を入れて土をアルカリ性にする それと根元の茶色くなった 古く枯れた 葉は腐る原因になる為取り除くとありましたが、引っ張って抜くのでしょうか。 それともハサミで切るのでしょうか。 庭いじりをした事がない初心者です。 引っ張ってみましたが、綺麗に取れるものと、なかなか取れないのがありました。 引っ張ってはダメでしたか? 宜しくお願いします。 綺麗に咲いてますね。 ジャーマンアイリスの育て方はすごく簡単です。 植え替え時期は6月でも好いし、今すぐもOKですよ。 苦土石灰を入れてアルカリ性にする!? 確かにそうですが、そんなことは普通の人間はしませんよ。 (笑) 引き抜いて力づくで株を分けて、植え替えればいいのですよ。 球根が割れるかもしれませんが、そんなことは意に介さずに、あなたの気の向くままご自由にやればいいのです。 株元の枯葉の除去もあなたの意の向くままです。 はさみでちょん切るのもよし、力づくに引っ張って切るのもよし! このような乱暴な回答ですが、それだけ丈夫な花木だということです。 今の花を堪能してから、植え替えればいいと思います。 植え替え時に気を付けることは、浅植ですよ。 球根にうっすらと土がかぶさる程度に浅く植えるのがポイントです。 花後に新株が発達し、当然新しい根も生じますので、その時が最適期です。 葉を切り詰めるのは移植して倒れないようにするため 倒れたら根が露出しますね ですから、労力と時間があるなら、葉を切らないで支柱を添えたいですね。 「三角に切る」なんて、吹き出しました。 土をアルカリ性にする? 現在のpHはいくらですか? 微アルカリが好適なのは事実ですが、他の諸条件が好適でなければ、そんなことにこだわっても無意味ですよ。 枯れた葉は腐る原因にはなりません。 あなたのジャーマンも腐っていないでしょう?なんでまた自分の事実を信じないで、どこの誰とも知れぬ人の言うことを信じるのですか ? 取りたければ、引っ張ろうがあなたが噛みきろうが、ご自由に。

次の

ジャーマンアイリスの植替え:ジャーマンアイリス通信販売 花さかじじいネット

ジャーマン アイリス 植え 替え

・ 高温多湿時期に植え替や株分けなどの作業はしない• ・アルカリ土壌でよく育つので、石灰を土に混ぜ込む• 花が一通り咲き終わったらそれ以上その花茎から花を付けることはありませんので花茎の根元から切り落とします。 そのまま花がら、花茎を付けたままにしておくとタネができてしまい、栄養がとられて株全体が消耗してしまいます。 日当たり・置き場所 日当たりの良い場所を好みますので良く日の当たる場所で育てます。 乾燥気味の土壌を好むので鉢植えは雨の当たらない場所で育てるようにしましょう。 水やりと肥料 乾燥気味を好む植物ですので、鉢植えの場合は土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えるようにします。 庭植えにしているものは極端に乾燥する時をのぞいて特に水を与えなくてもよく育ちます。 逆に過湿で腐らせないように注意しましょう。 肥料は3月と6月にゆっくりと効くタイプの化成肥料と骨粉を株元に与えます。 その際注意したいのは窒素分の多い肥料を与えると葉がひょろひょろに茂って病気にかかりやすい株になるということです。 全く窒素がゼロではいけないのですが、できればリン酸分の多い肥料を選んで与えましょう。 ちなみに骨粉を同時に与えるのはリン酸分が多く含まれているからです。 適した土 水はけが良くて有機質に富んだ土を好みます。 赤玉土(小粒)5:腐葉土5の割合で混ぜた土を使用します。 水はけの余りよくない庭に植え付けるときは土を山だかに盛ってその上のに植え付ける「高うね植え」が適しています。 土を山だかにすることによって水がたまりにくくなり水はけが良くなります。 弱アルカリ性の土を好むので植える場所には数日前に石灰を混ぜ込んで酸性を中和しておきましょう。 植え替え・植え付け 地植えは3年~4年に1回、株分けもかねて植え替えを行います。 植えっぱなしでもよく育つのですが、長期間同じ場所で育てていると根茎が重なり合い、過密になって枯れ込んだり腐ることがあります。 深く植えると球根が腐ってしまうので根茎の背中が土の上に見えるくらいの浅植えにします。 植え替えは秋が適期ですが、花後すぐでも可能です。 高温多湿の時期に行うと軟腐病にかかりやすいので絶対に植え替えなど根や茎を痛める作業は行ってはいけません。 鉢植えの場合は2~3芽を一株として7号鉢 直径21cm に一株を目安に植え付けます。 根茎がよく伸びるので、翌年以降も生長するスペースを考えて少し大きめの鉢に植えます。 ふやし方 株分けでふやすことができます。 株分けは植え替えと同時期に行います。 ひとつの株は芽が1~3個付くようによく切れるナイフで切り分けます。 その際、葉も半分くらいにばっさりと切りつめましょう。 葉を切りつめるのは葉から余分な水分が蒸発するのを防ぎ、根が付きやすくするためです。 切り取った根茎は背中が地上に露出するくらいの浅植えにし、複数植える場合は10cm以上の間隔をあけて植えるようにします。 茎根がぐらつくようでしたら支柱を立てましょう。 しつこいようですが、切り口から細菌が入りやすいので高温多湿の時期の作業は絶対避けましょう。 かかりやすい病害虫 害虫:軟腐病 丈夫な植物ですが、軟腐病にかかるとやっかいです。 この病気は植物の傷口から細菌が入り、溶けるように腐らしてしまう恐ろしい病気で、かかってしまうと手の施しようがありません。 梅雨などの高温多湿の時期に特に発生しやすいのですが、根や茎に傷がなければ細菌も侵入できませんのでこの時期に株分けや植え替えなどをして植物に傷が付かないようにしましょう。 関連する植物• 適応力が強く、一度根付いてしまうとあまり手間はかからない。

次の