マイクロソフト オフィス アカウント。 マイクロソフトオフィス何台まで使える?複数台同時に使用したいときはどれ?

Windows10でマイクロソフトアカウントを作成・登録する方法

マイクロソフト オフィス アカウント

Office365Businessを購入する前から、OneDriveを使っていたので、Microsoftアカウントを取得していました。 現在、WordやExcelを使うとき、ふたつOneDriveがあるようになっています。 また、以前からもっているMicrosoftアカウントでログインすると、365の購入を勧められます。 365のアカウントでは、Microsoftアカウントにはログインできません。 私は、この2つの関係がわかりません。 できれば、一緒にしたいのですが、一緒にできません。 どなたか、365のマイアカウントとOneDriveで使うMicrosoftアカウントの違いや、使い方、一緒にできるかなどをおしえていだけませんか。 いくら検索してもわかりません。 Bussinessアカウントと一般アカウントの差です。 OneDriveでは、二つのアカウントを同時に有効にできます。 1 一般のMicrosoftアカウントおよびOffice 365 solo・・・個人向け一般アカウント 2 Office 365 for business およびOneDrive for Business・・・組織向けBussinessアカウント 契約の単位が異なるものが、それぞれあるということです。 もっとも、セキュリティ的に両方を有効にしてしまうと、組織内で共有しているファイルを、外部に持ち出し放題になってしまいますから、個人向け一般アカウントを企業内で使わせることは基本的にさせたくない企業が多いでしょう。

次の

マイクロソフトアカウントがないとOfficeがインストールできない

マイクロソフト オフィス アカウント

「アカウント」をクリックします。 今回は新しく作成するので、「作成しましょう!」をクリックします。 「新しいメールアドレスを取得」をクリックします。 他のユーザーと被らなければ、使用できますの表示が出ます。 アカウントを削除したり作り直したりは出来ますが、Officeを登録した後だとOfficeの移行は出来なくなります。 パスワードを忘れてしまったり入力を間違えたりすると、アカウントにログイン 出来なくなるので気を付けて下さい。 万が一パスワードを忘れてもログインできる方法やパスワードを省略する方法もありますが、いずれ記事にする予定です。 携帯の電話番号を入力します。 パスワードを忘れてしまった時などにコードが送られてきたりするのですが、 抵抗がある場合はメールアドレスでもOKです。 その場合、電話番号は入力せず「代わりに連絡用メールアドレスを追加」を クリックします。 YahooでもGoogleでもいいので予備のメールアドレスを入力します。 YahooやGoogleのメールアドレス取得方法は下記の記事を参考にして下さい。 入力したら「次へ」をクリックします。 赤枠の「Microsoftにお客様の情報を利用させて下さい。 」の所に チェック が入っているので、チェックを外しておく事をオススメします。 現在利用している、ローカルアカウントでパスワードを設定している 場合は、パスワードを入力して下さい。 パスワードを設定していない場合は空白で「次へ」をクリックします。 「次へ」をクリックします。 PINを作成するように促されますが、後からでも設定できるので ここではスルーします。 「キャンセル」をクリックして下さい。 アカウントの作成後、PINコードを設定される場合は下記の記事を参考に してみて下さい。 「後でPINを設定する」をクリックします。 アカウント作成画面が閉じ、ユーザーの情報の名前の所がOutlookの メールアドレスに切り替わればOKです。 すぐに切り替わらない場合もあるので、設定画面を開き直したりすると 大体切り替わります。 Microsoftアカウントの情報を管理する 「Microsoftアカウントの管理」をクリック アカウントの情報管理のページが開くので「あなたの情報」をクリックします。 「名前の追加」と「生年月日の追加」をそれぞれ設定していきます。 名前の追加ではこのような画面が開くので、名前を入力して変形している文字を 下に入力しましょう。 本名でなくても登録できるので、会社名などでもOKです。 入力したら保存をクリックします。 生年月日の追加ではこのような画面が開くので、それぞれの項目を入力します。 ここに関しては説明しなくても入力できるかと思います。 タイムゾーンだけは東京、日本にしておかないとOutlookメールの送受信などで 時差の関係でタイムラグが出てしまうので気を付けましょう。 また、個人情報を埋めておかないとCortanaなど利用する時にいちいち生年月日 などの情報を催促されるので煩わしいです。 また、でたらめな情報を入力するとパスワードを忘れた時などに個人情報を聞か れる事があるので、答えられなくなるとログインできなくなる可能性があります。 入力したら保存をクリックします。 あなたの情報画面で入力した情報が適用されていればOKです。 アカウントの本人確認の方法 本人確認の手続きをしないと、一定の期間が経った後に本人確認をするようメッセージで促されます。 またOutlookメールなどの機能が使えなくなったりアカウント情報が編集できなくなったりします。 「セキュリティ」をクリックします。 赤枠の「更新情報」をクリックします。 登録したメールアドレスや電話番号が表示されます。 今回はメールアドレスで本人確認を取ります。 確認をクリックすると記載してあるメールアドレスにコードが送信されます。 こんな感じの画面が出てくるので、メールで送られてきたコードを入力します。 確認が消えて、削除だけの表記になったら本人確認完了です。 以上で、マイクロソフトアカウントの作成は終了になります。 マイクロソフトオフィス2016を設定される場合は以下の記事を 参考にしてみて下さい。 では、また次回に。。。

次の

マイクロソフト アカウントとは?Officeをアカウント管理する方法を紹介!

マイクロソフト オフィス アカウント

アカウントについて紹介していきます。 この記事を読めばアカウントとは何か、なぜOfficeをアカウントに関連付ける必要があるのかを知ることができます。 そして、職場または学校アカウントとの違いについても紹介していきます。 アカウントとは? 目次• アカウントとは アカウントとは、 から提供しているサービスを1つのアカウントで管理できるアカウントのことです。 特に、Officeを使うには欠かせないものです。 Officeをアカウントに関連付けることで、Office のライセンス認証、Officeのインストール、再インストール、複数のデで Office を使用することが可能です。 その他、アカウントがあれば、Office Online や OneDrive を利用することが可能です。 各項目の説明は以下です。 Office のインストール パッケージ版のOffice 2013以降のバージョンまたはOffice 365では、インストール用のDVDを廃棄して、アカウントを通してOfice のーをダウンロードするようになりました。 そして、Officeをインストールするには、購入したOfficeのプロタクトキーをアカウントに関連付ける必要があります。 Office アカウント関連 ライセンス認証 Office のプロタクトキーがアカウントに関連付けられているため、アカウントで自動認証されます。 Officeのインストール用のプロタクトキーがアカウントに関連付けられています。 このインストール用のプロタクトキーは初めてアカウントに関連付けたプロタクトキーと異なるものです。 そして、プロタクトキーを1つのアカウントだけで管理できます。 プロタクトキー Office の再インストール Office の再インストールは、アカウントで行います。 プロタクトキーを再入力する必要はありません。 プロタクトキーを再入力しても「このプロタクトキーがすでに使われています」と表示されます。 このプロダクト キーは既に使用されています その時の解決方法はアカウントから再インストールします。 以下は、Office 2016の再インストール方法です。 Office 2019とOffice 2016の再インストール方法は同じですので永続ライセンスをご利用している方は参考にしてください。 Office を2台以上インストールする Office の永続ライセンスは2台のPCでインストールできます。 Office 365の版は複数のデでインストールできます。 そのOfficeを複数のデでインストールするにはアカウントからインストールします。 その他 以上、アカウントをプロタクトキーと関連付ける必要性を紹介しました。 その他、アカウントを利用して、無料のOffice OnlineやOneDrive 5GBを無料で使うことが可能です。 以下の記事では『Office Online』の使い方を紹介していますので参考にしてください。 officekun.

次の