お尋ね したい こと が あります。 [犯罪・刑事事件]交通違反についてお尋ねしたいと検察庁から呼び出し状が来ました。

敬語で質問する時のビジネスメール例文5選!お聞きしたい/お尋ねしたい

お尋ね したい こと が あります

誰かの話を聞くことによって自分の知識を増し加えられることは少なくありません。 実際のところ、周りの人の話に耳を上手に傾けることができないのであれば、自分よがりな傾向になってしまうことがありますし、場合によっては、限られた知識だけで行動してしまうことになるので、失敗へとつながってしまう可能性があります。 そのような失敗を避けるためにも「お聞きしたい」という言葉の敬語表現を使うことができるようになる必要があるでしょう。 「お聞きしたい」の敬語表現を使うことができなかったとしても、周りの人が意見を述べるように促すことはできます。 しかし「お聞きしたい」の敬語表現を正確に使うことができれば、気持ちよく相手も自分の意見を言ってくれるに違いありません。 上手に周りの人とコミュニケーションを取るためにも「お聞きしたい」の敬語表現を理解するのは非常に大切なことです。 お聞きしたいのですが 「お聞きしたい」の敬語表現を「お聞きしたいのですが」というフレーズに言い換えることによっても作成することができるでしょう。 「お聞きしたいのですが」という敬語表現が使われることによって「お聞きしたい」と同じ意味であったとしても、優しい使い方で相手に対して意味を伝えることが可能になります。 例えば「この前の会議についてお聞きしたいのですが」というフレーズを職場の上司に対して使うのであれば、職場の上司も会議の中で話した内容について、あなたに優しく教えてあげたいという気持ちになることでしょう。 しかし「この前の会議についてお聞きしたいです」という率直な敬語表現が使われているのであれば、職場の上司からしても、ダイレクトな言葉遣いがされていることから困惑してしまうに違いありません。 「お聞きしたい」の敬語での使い方 お聞きしたいのであれば 具体的には「お聞きしたいのであれば」という敬語表現を使用することができます。 例えば「この手続きについてお聞きしたいのであれば、3番窓口にお近づきになってください」という敬語表現の使われているフレーズを作成できるでしょう。 市役所などで使用することができるフレーズとも言えます。 市役所や特定のお店の中にはたくさんの窓口が設けられています。 そのため、お客さんが知りたい内容によって近づくべき窓口は変わってくることになります。 それでも、自分が職員としてどの窓口に近づかなければならないのかを、お客さんに対して説明しなければならないのであれば「この手続きについてお聞きしたいのであれば、3番窓口にお近づきになってください」と言う敬語表現を使用することができるでしょう。 使い方 「お聞きしたい」の敬語表現についてある程度の理解を得ていたとしても、使い方に精通しているとは限りません。 「お聞きしたい」の敬語が使われている例文を、どのような状況で使うことができるのかよく理解することが大切です。 お聞きしたいと感じられるのであれば 「お聞きしたいと感じられるのであれば」という敬語表現を使用することができるでしょう。 「お聞きしたい」と同じような意味を相手に対して伝えることが可能になりますが「感じられるのであれば」というフレーズが付け足されていることに気づくことができます。 そのため「聞きたいと感じているのであれば」という意味を相手に対して伝えていることになります。 物事を仮定していることになります。 メールでの使い方 例えば「お聞きしたいことがございます」という敬語表現を使用することができるでしょう。 意味としては「お聞きしたいことがあります」と相手に対して言っていることになります。 そのため、目上の人に対して何かを聞かなければならない時に使用することのできるフレーズと言えるでしょう。 「お聞きしたいんですけど」というフレーズを使うことによっても同じ意味を相手に対して伝えることができます。 しかし、このフレーズには敬意が少ししか示されていないため、相手によっては不快に感じてしまうことがあるでしょう。 言葉遣いの面での失敗を避けたいのであれば「お聞きしたいことがございます」という敬語表現を使うほうが良いでしょう。 そのようにして、なるべく相手を不快な気持ちにさせるのを避けることができます。 ビジネスでの使い方 「お聞きしたい」の敬語表現をビジネスの場面で使うことは非常に重要です。 正しい敬語を使うことができれば相手の意見を聞くことができますし、そうすることによって 、相手の信頼を勝ち得ることにも繋がることでしょう。 しかし、ビジネスの場面では言葉遣いが独特な言い回しで使われることが少なくありませんので、どのようにして「お聞きしたい」の敬語表現をビジネスで使うことができるのか詳しく理解する必要があります。 について伺いたいのですが 「お聞きしたいのですが」という敬語表現を使う代わりに「について伺いたいのですが」というフレーズを使用することができるでしょう。 理由は簡単で「について伺いたいのですが」の方が相手に対する敬意が示されていることになるからです。 普段から取引先の人に対して交渉や話しをしなければならない立場に置かれているのでしたら「について伺いたいのですが」という敬語表現を使用することができるように努力する必要があるでしょう。 ビジネスマンとして活躍している人にとって必要最低限のスキルが「について伺いたいのですが」というフレーズになります。 「お聞きしたい」と同じような意味を伝えていることになります。 「お聞きしたい」を敬語表現するときの例文 「お聞きしたい」の敬語表現が使われている別の例文についても理解することは大切です。 実際のところ「お聞きしたい」は他のフレーズと組み合わせ使われることがほとんどなので、他のフレーズと組み合わせた例文をこれから詳しく紹介します。 お聞きしたいことがございます すでに紹介しましたが「お聞きしたいことがございます」も非常に実用的なフレーズです。 かなり目上の人と会話をしている時であったとしても「お聞きしたいことがございます」という敬語表現を使うことによって話を切り出すことができるでしょう。 お聞きしたいと存じます 「お聞きしたいと存じます」でも自分が何かの話を聞きたいと願っていることを相手に対して伝えることが可能になります。 「お聞きしたい」というフレーズが前半に使われているものの、後半の部分では「と存じます」というフレーズと組み合わせて使うことによって、相手に対する深い敬意を示すことが可能になります。 お尋ねしたい どんな人でも間違いを犯します。 そのため、仕事上のトラブルを防ぐためには、間違いを少なくすることが重要と言えるのではないでしょうか。 場合によっては、間違いをほとんどしない人の仕事が高く評価されることもあるからです。 そのように間違いを避けることを望んでいるのであれば「お聞きしたい」の敬語表現を使うことができる必要があるでしょう。 なぜなら「お聞きしたい」の敬語表現を使うことによって、目上の人の意見を求めることができるからです。 実際のところ、経験豊かな人の意見は非常に貴重ですし、そのような人の意見を聞くことによって、新たな発見を得られる場合も少なくありません。 そのため「お聞きしたい」の敬語を使いながら上手に意見を求めることができるようになりましょう。 いずれ、自分の向上心を評価してくれる上司が現れるはずです。

次の

「聞きたいことがある」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

お尋ね したい こと が あります

ディーラーに見てもらったところ、排気ガスの有害物質を感知するセンサーの故障らしく、そのセンサーを交換しなければならないという見立てでした。 中古車とはいえ、正規ディーラーで納車前にBMWご自慢の100項目点検を済ませており、納車して1ヶ月もしないうちに、心臓部のエンジンに関する警告ランプが点灯してしまったことはかなりショックです。 パッと見は分かりませんが、角度を変えてみれば明らかであり、塗料の剥げには至っていません。 自宅はマンションの外置きの駐車場で、絶えず住人以外のドライバーが方向転換をするために傍若無人に駐車場に乗り入れたり、またここ2週間ぐらいは、その駐車場の前の通りで地面を掘り起こすような工事も昼夜を問わずやっていました。 通勤で使っていて、勤務先の駐車場もだだっ広い外置きの状態ですので、見ていないときに、どんなことをされているのかも分かりません。 その凹みと関連があるのか分かりませんが、フロントガラスの運転席の私の目の前の部分にわずかな飛び石で出来たようなミリ単位のキズもありました。 納車以来、自分が運転中に飛び石が当たったような記憶はありません。 この凹みやキズの原因をみなさんにお尋ねしたところで問題の解決にはならないかもしれませんし、過度に神経質であるとお叱りを受けるかもしれませんが、きっと似たような経験をされた方がいらっしゃるのではないかと思い、質問させていただいております。 先週末は3日ほど不在にしておりましたので、念のためボディカバーを被せて留守にしておりました。 ボディカバーをしていたことが、逆に反感を買ってイタズラをされたのか…などと邪推してみたりもします。 とにかくいずれも納車から1ヶ月足らずの出来事で、憂鬱で愚痴のようになってしまいましたが、経験や知識を持たれた方のご意見ご見解を伺いたいと思います。 補足 具体的な部品の名前をお知らせいただき、ありがとうございます。 もう一方の叱咤もごもっともだと思いました。 確かに神経質過ぎますね。 ご指摘の通り、ボディカバーの装着時に自分でキズを付けてしまった確率が高いように思います。 逆に追加で伺いたいですが、自らが装着するボディカバーでキズを付けてしまったという方はいらっしゃるでしょうか… 1について 人間でも健康診断で異常ありませんと言われた翌日に風邪をひく人はいますよ。 それを「何で健康診断でわからなかったんだ」と逆ギレしている様なものですね。 購入から24日目にと書かれていますが、24日間普通に使用してたんですよね?購入して24日間ずっとディーラーに置いていた訳ではないのですよね?なら普通に起こる現象かと思います。 ましてや中古車だし。 2について 神経質過ぎます。 被害妄想気味? ガラスの傷はあなたに記憶が無いだけで、走行中についた物だと思います。 もしくは気づかなかったか。 ボディカバーで傷がつくことはよくありますよ。 どうしてもイタズラが怖いならガレージ付きの一軒家にでも引っ越した方が精神的に落ち着くかもしれません。 んで、日中は車にガードマンをつけて監視してもらう。 逆エクボなんて内側から衝撃加えないとそう簡単にできませんよ?常にボンネットを開けて駐車しているなら別ですがね。 私の車はアルミボンネットですが、走行中にパワステベルトが切れて逆エクボができましたが、微々たるものです。 補足 新車のゴルフにボディカバーをかけようと「ボディカバーサービスしてくれ」とディーラーに言ったら「傷つくよ、まぁ欲しいなら付けるけどね」と言われて貰ったのはいいけど、かけた事はありません。 未開封でリサイクルショップに売りました。 ナイス: 0.

次の

国民健康保険料の減額交渉(和歌山県・40代男性[パート・アルバイト]の相談)|お尋ねしたいことがあります。 コロナのために4週間自宅待機を余

お尋ね したい こと が あります

いわゆる「慰安婦問題」の強制連行の有無をめぐる論争でしばしば使われる言葉である。 この言葉の意味やニュアンスについてはWikipediaに詳しい記載があるので下記に引用する。 従軍慰安婦問題の研究者、吉見義明も「強制とは『本人たちの意思』に反する行為をさせること」であり「本人の意思に反して連行していくことは『強制連行』」であると定義している。 民間人による就職詐欺のケースも強制連行に含め朝鮮半島や台湾で慰安婦の強制連行が行われたのは事実であり、軍はこれに通行許可書を発行するなどの関与をしたと主張している。 このように拡大された定義を「広義の強制連行」と呼ぶ。 吉見によれば、自発的に慰安婦になる女性が存在するはずはなく、「たとえ本人が、自由意思でその道を選んだようにみえるときでも、実は植民地支配、貧困、失業など何らかの強制の結果」なのだという。 こうした吉見の「広義の強制連行」論は、貧困・就職詐欺や戦地での軍規違反のケースまで含めるなど、強制(連行)という言葉の解釈を拡大する手法には批判も出ている。 秦郁彦はこの拡張した定義について「この論理を適用すると、当今の霊感商法やねずみ講のたぐいまで、国は被害者への補償責任を負うことになってしまう」といっている。 朝日新聞の木村伊量社長が記者会見し、従軍慰安婦に関する報道と東京電力福島第1原発事故の「吉田調書」をめぐる報道の誤りを謝罪して記事を取り消した。 特に慰安婦の問題は報道機関の歴史認識や言論の自由に対する姿勢が問われるもので事態は深刻だ。 (中略) 吉田証言は虚偽だったが、朝鮮半島の女性を慰安婦として戦地に駆り出した重大な人権侵害があった事実は変わらない。 記事取り消しに乗じて負の歴史を否定する動きが広がることを危惧する。 (中略) 慰安婦問題に関する93年の河野談話は、日本軍が慰安所の設置や管理に関与したことや、本人の意思に反した慰安婦の募集があったことを認めている。 強制連行に関する一証言が否定されても、広義の強制性は否定できない。 国立公文書館は昨年、強制連行したオランダ人女性を慰安婦とした旧日本軍将校の裁判記録を開示した。 日本兵の性のはけ口となることを女性たちに強いた証言があり、歴史の事実として無視できない。 テレビ朝日を含む朝日新聞グループは、1990年代に吉田清治氏の大ウソが発覚すると、いつの間にか論点をすり替えました。 それが、「狭義の強制」か「広義の強制」かという愚にも付かない議論です。 「国家的な人さらい」のような本当の意味での強制はなくとも、「意に反して、その仕事に就いたのであれば広い意味で強制性があった」というわけです。 9月11日の「謝罪会見」のときも、朝日新聞はこの主張を繰り返しています。 もちろん、「意に反した」慰安婦の方もいらっしゃるでしょうし、親に売られていたという悲しい境遇の方もいたでしょう。 戦争中だから仕方がない、というのも乱暴な議論かと思います。 ただ、朝日的な人たちがいつも触れたがらないのは、慰安婦の方々が報酬を得ていたということです。 それもかなり高額だったことは、当時の資料でも明らかです。 お金をもらっていたから悪いわけではありません。 お金をもらっていたということは、そういう契約だった、つまり「ビジネス」だったということです。 戦況の悪化でもらえなかった人もいたかもしれませんが、最初の契約ではもらえるということだったのです。 これを「広義の強制性」などというのなら、私たちの現代社会も成り立ちません。 嫌な上司を我慢して嫌な仕事をするのも、人のやりたがらない危険な仕事に就くのも、夜の街で風俗の仕事に就くのも対価があるからであり、「意に反して、その仕事に就いたのであれば広い意味で強制性がある」などと言ってしまえば、多くの人は失業してしまいます。 朝日新聞の方はエリートですので、「意に反して」その仕事に就いたわけではないと思いますが、世の中には「意に反した」仕事についている人はたくさんいるのです。 余談ですが、「広義」「狭義」などという言葉遊びのようなことまでして日本を貶めたい人たちは、もっと古い日本史にも目を向けて、さらに糾弾ごっこをしてみてはどうでしょうか。 例えば、「戦国の旅 30万人大虐殺を問う 足軽の家族に謝罪と補償を」とか、「奈良の大仏造営、そのブラック企業体質を問う」とか。 さて、古舘氏ですが、「さるぐつわをはめた状態」だからか、川内原発の意図的な誤報編集があったからかは知りませんが、最近は少し元気がないように思います。 代わって「世の中の右傾化」を連発する若い社会学者や、朝日新聞論説委員の方やらに朝日的な主張を述べさせているような気がしますが、それほどご自身の「意に反している」仕事ならば、やはりお辞めになったらいかがでしょうか。 特異な語彙力と話芸でプロレスアナとして一時代を築いた古舘氏について、私はその才能を否定するものではありません。 だからこそ、原点に立ち返ってほしいのです。 原点とは、ご自身も「人間模様と重ねる」とおっしゃっているプロレスです。 古代ローマの時代より人間は人間同士の戦いを見世物として楽しんできました。 それは、いくら平和を叫ぼうが、いくら世の中の右傾化を憂いようが、悲しいかな人間の性 さが なのです。 「なぜ人と人が争うのでしょう」「平和のありがたみを感じたいものです」…。 そんな詰まらないコメントを意味ありげに語るぐらいなら、声を張り上げてプロレスの実況に戻ってほしいものです。 自分から技をかけられるレスラーには、「これは広義の強制かー、それとも狭義かー」などと煽っていただければ、さらに盛り上がるかもしれません。 皆川豪志.

次の