特別 定額 給付 金 足立 区。 東京・足立区が特別定額給付金を誤支給 7世帯140万円(2020年6月10日)|BIGLOBEニュース

特別定額給付金について|江東区

特別 定額 給付 金 足立 区

10万円の給付金 国民の世論と野党の要求が国を動かした! 日本共産党は最初から「10万円の一律支給」を求めていました。 当初は「収入減の方だけに30万円支給」としていましたが、これだと自治体が窓口になって収入確認も必要となりいつになるか全くわからない状況で、野党は一致して改善を求めていました。 そんな中、政府は一度閣議決定したものを変更して、10万円の一律給付となり4月30日に共産党はじめ野党も賛成して補正予算が成立しました。 国民の世論と野党の要求が国を動かしました。 支給は6月以降に TVでは「早ければ連休明けに配布」と報道されています。 しかし各自治体が動けるのは国の補正予算成立後です。 住民登録者が70万人近い足立区では、4月30日に国の補正予算成立を前提に、即刻「専決処分」を行う(議会の議決を後回しにする)ことに。 日本共産党も「スピード優先で」と合意しました。 GWをはさむため連休明けにただちに「個人情報・情報公開審議会」を急遽開催し、合意して初めて「個人名印刷」に入れます。 どうしても1カ月かかるとのこと。 足立区では、最大級の努力をしても6月以降になるとのことでした。 4月27日時点の住民登録住所に世帯主あてに郵送(住民登録している外国人も含む)。 区役所から通知が届いたら、振込口座の確認書類に記入し本人確認書類のコピーと共に区役所に返送します。 申請書送付5月末 申請受付6月1日~ 振込6月末~ 実は決まっている区は8区で15区は「未定」です。 共産党は具体的に提案 安倍首相が再度TVで「早ければ5月の連休明けから支給」などとPRしたために、「足立区は遅い!」との声が私たちのもとにも殺到。 収入減で苦しんでいる方の命綱になる給付金。 とりわけ窮迫している方には、速やかな対応が必要です。 4月30日には、区議団として「緊急要望」も行い提案しました。 ちなみに江戸川区では、足立区同様の郵送通知(返信申請)とマイナンバーカードによる申請に加え、急ぎでの給付をもとめる区民に対しては、5月1日から50人体制でコールセンターを設け、白紙の申請用紙での申請を受け付け、1~2週間で支給できるようにし、さらに窮迫している区民に対しては6か所の区民事務所で現金を準備(1日1か所30人分)し予約制で手渡しすることで、5月初めから給付できるようにしています。 松戸市でも「早期支給を求める方」については、市で申請用紙をダウンロードして申請できるようにしています。 こういった対応も行い、5月から支給できるよう工夫をと提案、求めました。 5月1日の区議会新型コロナ対策会議では、同様の質問・提案が他の議員からも出されました。 私は、「白紙でダウンロードすれば、一か月待たなくでも申請できる」と迫り、それに加えDVなどで住民票を移せない人への対策を求めました。 それ以降の申し出でも対応してくれます。 必要書類がありますので、お問合せ・ご相談ください。 しかし、カードがなくても郵送で申請ができ、足立区では郵送での申請をおすすめしています。 各団体が緊急要望する中、今回は特例で受け取ることができるようになりました。 足立区では5月末まで郵送通知は届きません。 また、給付金の関係で「区役所が電話する」「口座番号や暗証番号を確認する」ことは一切ありません。 どうかご注意ください。

次の

特別定額給付金について|足立区

特別 定額 給付 金 足立 区

概要 令和2年4月20日『新型コロナウイルス感染症緊急経済対策』が閣議決定された。 家計への支援を目的に、 『特別定額給付金』を給付対象者1人につき10万円給付する。 申請条件 ・給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において、住民基本台帳に記録されている者 ・受給権者は、その者の属する世帯の世帯主 申請期間・給付日 市区町村において決定される。 足立区は以下の日程。 【オンライン申請方式】 5月1日(金曜日)から受付開始 給付は口座振込で5月中旬以降 【郵送申請方式】 6月1日(月曜日)から受付開始予定 (5月末を目途に、順次、世帯主宛に申請書等を発送予定) 給付は口座振込で6月下旬以降 申請期限はともに8月31日(月曜日)まで 申請方法 を利用してオンラインで申請する方法と、郵送にて申請する方法が用意されている。 オンライン申請の方が1か月程早く実施・給付される。 オンライン申請には、マイナンバーカードと銀行口座が必要。 また、マイナンバーカードの読み取りを行う必要があるため、PCではICカードリーダーが、スマホではNFC機能が必要となる。 申請はより。 不明点がある場合 足立区HPに詳細がまとめられたページが用意されています。 また、5月7日(木曜日)以降にコールセンターが設置予定です。

次の

10万円の給付金。「足立は遅すぎる!」の声が殺到

特別 定額 給付 金 足立 区

特別定額給付金の郵送申請について 世帯主あてに郵送したご案内や申請書の記入例をよく読んで記入してください。 記入漏れがあった場合、給付が遅れたり、給付できないことがありますので、封筒に入れる前に必ず再度確認してください。 よくある質問 No. 質問 回答 1 本人確認書類は何を送付すればいいですか。 1 原則は、以下の顔写真付き公的証明書の写しを送付してください。 運転免許証、パスポート、個人番号カード、住基カード 顔写真あり 、在留カード、電気工事士免状、宅地建物取引士証、官公署がその職員に対して発行した身分証明書などの顔写真付き公的証明書など 2 顔写真付き公的証明書をお持ちでない場合は、以下のようなお名前や住所などが確認できるものの写しを送付してください。 2 本人確認書類は誰の分を送付すればいいですか。 申請者である世帯主の分を送付してください。 世帯構成員の分は必要ありません。 3 代理申請は可能ですか。 代理申請は可能です。 その際は、上記No. 1の世帯主の本人確認書類に加えて、代理人の方の顔写真付き公的証明書の写しを送付してください。 健康保険証、年金手帳、住基カード 顔写真なし 、クレジットカード、診察券、公共料金領収書、宛名入りの郵便物、生活保護受給者証明書、マイナンバー通知カードなど 4 振込先確認書類は、キャッシュカードと通帳のどちらがいいですか。 また、インターネットバンキングの場合はどうすればいいですか。 通帳とキャッシュカードのどちらでも構いません。 また、インターネットバンキングの場合は、その画面をそのまま写真撮影したものまたは画面キャプチャ(スクリーンショット)などを印刷したものを送付してください。 申請書の送付 申請書は、5月30日(土曜日)までに、全世帯への発送を完了しました。 申請書は「世帯主あて」に届きます。 原則として、世帯主の申請に基づき、世帯主の口座に給付金を振り込みます。 同じ住所に住んでいても、住民登録(住民票に記載される世帯)が別の場合は、別々に申請書が届きます。 その場合には、別々に申請してください。 必ず同封されている返信用封筒を使用して返送してください。 窓口での申請書受取りはしません。 必ず郵送してください。 すでにオンライン申請をされた方にも申請書は郵送されます。 ご了承ください。 その場合、申請書等の返送は不要です。 郵送で届いた申請書類を必ず使用して申請してください。 「希望する」「不要」のどちらかにチェックしてください 特別定額給付金を受け取りたい方は、申請書の「給付対象者」欄の「希望する」にチェックをしてください。 「不要」にチェックをすると、支給されませんのでご注意ください。 また、必ず世帯全員のチェックをお願いします。 振込口座を指定してください 振込口座の指定方法は2種類あります。 足立区と直近で入出金(引落または振込)の実績もしくは予定のある口座を指定する 4月時点で足立区での登録が確認できた口座であれば、その口座を「チェック」するだけで指定できます。 下記の表をご参照ください。 その場合は、振込口座がわかるものの添付が不要となります。 対象となる取引口座 引落または振込月 1 住民税引落口座 2020年6月 2 国民健康保険料(後期高齢含む)引落口座 2020年3月 3 児童手当受取口座 2020年2月、6月 4 障がい者手当受取口座 2020年4月 5 難病患者福祉手当受取口座 2020年4月 6 生活保護費受取口座 2020年4月• 振込口座を記入する 振込みを希望する銀行または郵便局の口座を記入してください。 添付資料が必要です 本人確認は、記入していただいた「氏名・生年月日・現住所」と、添付していただいた「本人確認書類(コピー)」で行います。 振込先口座確認は、記入していただいた「金融機関名・口座番号・口座名義人」と、添付していただいた「振込先口座がわかる書類(コピー)」で行います。 代理申請 特別定額給付金では、世帯主の代わりに代理人が手続きを行うことができます。 代理人が行う手続きは「申請・請求のみ」、「受給のみ」、「申請・請求及び受給」です。 必要な書類は関係性によりそれぞれ異なります。 詳しくは下記をご確認ください。 原則として、委任状(申請書の委任欄への記載を含む)を提出することに加え、代理人の本人確認書類及び申請・受給権者との代理関係を明示するものが必要となります。 「特別定額給付金申請書送付依頼届」をダウンロードしていただくか、足立区10万円給付金ダイヤル(03-3880-6155)にご連絡いただければ、依頼届を郵送します。 ご記入の上、ご返送ください。 依頼届を受理後、申請書を送付いたします。 依頼届には申請者本人確認書類の写しの添付が必要です。 住所地以外に申請書の送付を希望する場合は、現在の居所がわかる書類の添付も必要になります。 なお、申請書が区に返送されており、4月27日現在の住民票記載の住所地に郵送する場合は、依頼届の提出は不要です。 世帯主の方より、足立区10万円給付金ダイヤルにご連絡ください。 【提出先】 〒120-8706 足立区中央本町一丁目17番1号 足立区福祉部特別定額給付金担当課 申請書の訂正について 申請書の記入を間違えてしまった場合は、二重線で訂正してください。 欄外のスペースでも分かるように記入していただければ問題ありません。 申請書の郵送後、記載内容に間違いがあったことが分かった場合、「特別定額給付金申請内容訂正請求書」を記入してご提出ください。 ただし、提出時期・支払処理状況により、申請内容の訂正ができないこともありますので、ご留意ください。 【提出先】 〒120-8706 足立区中央本町一丁目17番1号 足立区福祉部特別定額給付金担当課.

次の