ヨーロッパ 入国 制限。 【日本への入国制限177ヶ国】新型コロナによる世界各国の入国規制まとめ

ヨーロッパおよびポーランドの新型コロナ対策措置・入国制限に関する情報

ヨーロッパ 入国 制限

2月28日よりトリニダード・トバゴ、マーシャル、バーレーンが増えました• 3月1日よりクック諸島、バヌアツ、仏領ポリネシア、インドが増えました• 3月2日よりキルギスが増えました• 3月3日よりジブラルタル、トルクメニスタン、ネパールが増えました• 3月5日よりガーナが増え、クウェートウェートが減りました• 3月6日よりシリア、マレーシアが増えました• 3月7日より韓国、ブータン、レバノンが増えました• 3月8・9日変更なし• 3月10日より中国が増えました• 3月11日よりクウェートが増えました• 3月12日変更なし• 3月13日よりエルサルバドル、オマーン、スリランカ、スロバキア、ニウエ、フィリピンが増えました• 3月14日よりアゼルバイジャン、アルゼンチン、アンティグア・バーブーダ、ウクライナ、グアテマラ、コソボ、スーダン、赤道ギニア、チェコ、デンマーク、ブータン、ペルー、ポーランド、モルドバが増え、キルギス、レバノンが減りました• 3月15日よりアラブ首長国連邦、エクアドル、エストニア、北マケドニア、キプロス、コロンビア、ノルウェー、バングラデシュ、ミクロネシア、モルドバ、ヨルダン、ラトビア、リトアニアが増え、フィリピンが減りました• 3月16日変更なし• 3月17日よりウズベキスタン、エジプト、カザフスタン、カタール、カナダ、ケニア、ジブチ、ジョージア、セルビア、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ベリーズ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ホンジュラス、南スーダン、モロッコ、リビア、レバノン、ロシアが増え、アラブ首長国連邦が減りました• 3月18~21日の間に75ヶ国から149ヶ国へ増えました• 3月22~23日の間にガンビア、キューバ、シエラレオネ、シンガポール、ハイチ、パプアニューギニア、ブルキナファソ、ブルンジ、ベルギー、ポルトガル、ミャンマー、モザンビーク、ルーマニアが増えました• 3月24~26日の間に158ヶ国から176ヶ国へ増えました• 3月27~31日の間に176ヶ国から180ヶ国へ増えました• 4月1日~4月4日は180ヶ国のままです• 4月5~7日の間に180ヶ国から181ヶ国へ増えました• 4月12日変更なし• 4月13. 14日の間に181ヶ国から182ヶ国へ増えました• 4月15~19日の間に182ヶ国から183ヶ国へ増えました• 4月20~25日の間に183ヶ国から184ヶ国へ増えました• 5月8~13日現在は184ヶ国のまま• 5月14~21日の間に184ヶ国から183ヶ国へ減りました• 5月22~28日の間に183ヶ国から182ヶ国へ減りました• 5月29日~6月8日は182ヶ国のまま• 6月9日~11日の間に182ヶ国から181ヶ国へ減りました• 6月12日~15日は181ヶ国のまま• 6月16日に181ヶ国から178ヶ国へ減りました• 6月17日~21日は178ヶ国のまま• 6月22日に178ヶ国から177ヶ国へ減りました• 6月22~25日は177ヶ国のまま• 2月28日ラトビア、タジキスタン、ジョージア、パレスチナ、ベトナム、ラオス、コロンビア、パラグアイ、スーダンが増えました• 3月1日ネパール、チリ、イスラエル、ベナン、バーレーンが増えました• 3月2日ロシア・サハリン州、カナダ・アルバータ州及びサスカチュワン州、ウガンダ、アゼルバイジャン、ナイジェリア、香港が増え、キルギスがなくなりました• 3月3日ブータン、パナマ、カナダのいくつかの州、ベネズエラ、キプロス、クロアチア、 トルコ、ヨルダン、ケニア、チュニジアが増え、仏領ポリネシア、ジブラルタル、トルクメニスタンがなくなりました• 3月5日アルメニア、ウズベキスタン、エクアドル、カナダ全体、カメルーン、キューバ、クウェート、ザンビア、ジブラルタル、セネガル、トルメキシタン、仏領ポリネシア 、ベラルーシ、南アフリカ、モナコ、ロシア全体が増え、パナマ、オマーンが減りました• 3月6日ウクライナ、ガイアナ、コスタリカ、赤道ギニア、セントクリストファー・ネービスが増えました• 3月7日エチオピア、コートジボワール、ジンバブエ、トーゴ、ブルネイ、ブルンジ、マリが増え、カナダ。 チュニジアが減りました• 3月8日変更なし• 3月9日マカオが増え、カザフスタンが減りました• 3月10日 ブルガリアが増え、シエラレオネ、仏領ポリネシアが減りました• 3月11日アルバニアが増え、クウェートが減りました• 3月12日アイルランド、アルゼンチン、北マケドニア、コンゴ民主共和国、スロバキア、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、モルドバ、モルドバが増え、ウガンダが減りました• 3月13日イラン、ギニア、コソボ、ニジェール、ニジェールが増え、 モルドバ が減りました• 3月14日アラブ首長国連邦、エストニア、キルギス、• サントメ・プリンシペ、シエラレオネ、チュニジア、ニュージーランド、ノルウェー、ベリーズ、ボリビア、ホンジュラス、ミクロネシア(ポンペイ州)が増え、 イスラエル、コソボ、スロバキアが減りました• 3月15日ウルグアイ、豪州、ポルトガル、ヨルダンが増え、北マケドニア、キプロス、コロンビアが減りました• 3月16日シンガポールが増えました• 3月17日ガーナ、スロバキア、スロバキア、パナマ、米国・グアム、ポーランド、マラウイが増えました、アルゼンチン、ウズベキスタン、エストニア、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、マラウイ、ラトビア、リトアニアが減りました• 3月18~21日の間に85ヶ国から79ヶ国になりました• 3月22~23日の間にソロモン諸島、米国(全体)、ベトナム(全体)、ルワンダが増え、ガンビア、トルクメニスタン、ブルンジ、ミクロネシア(ポンペイ州 が減りました• 3月24~26日の間に97ヶ国から66ヶ国に減りました• 3月27~31日の間に66ヶ国から60ヶ国に減りました• 4月1~4日の間に60ヶ国から64ヶ国に増えました• 4月5~7日の間に64ヶ国から67ヶ国に増えました• 4月12日の間に67ヶ国から69ヶ国に増えました• 4月13. 14日の間に69ヶ国から67ヶ国に減りました• 4月15~19日の間に67ヶ国から65ヶ国に減りました• 4月20~25日の間は65ヶ国のまま• 4月26~5月1日の間に65ヶ国から64ヶ国に減りました• 5月1~8日の間は64ヶ国のまま• 5月9~13日の間に64ヶ国から67ヶ国に増えました• 5月14~21日の間に67ヶ国から73ヶ国に増えました• 5月22~28日の間は73ヶ国のまま• 5月29日~6月2日に73ヶ国から76ヶ国に増えました• 6月3日~8日の間に76ヶ国から77ヶ国に増えました• 6月9日~11日の間に77ヶ国から78ヶ国に増えました• 6月12日~15日は78ヶ国のまま• 6月16日に78ヶ国から81ヶ国に増えました• 6月17日~19日に81ヶ国から84ヶ国に増えました• 6月20日~23日は84ヶ国のまま• 6月24~25日に84ヶ国から85ヶ国に増えました.

次の

入国制限はいつまで?ドイツの場合

ヨーロッパ 入国 制限

春うらら、花粉症の季節も佳境に入ってきたドイツからこんにちは。 TAKIママです。 今回は、新型コロナウィルスの感染拡大も落ち着き、制限緩和に向かう中で、実際 海外にはいつになったら旅行できるのか? 日本とドイツ EU内 の入国制限について簡単にまとめてみました。 日本とドイツ、EUの中のドイツを中心に考えてみたいと思います。 EU市民,シェンゲン協定加盟国の国民及びその家族• 長期滞在資格(Aufenthaltstitel)を有する外国籍者• 健康管理や高齢者ケアの専門家• 国境を越える通勤者• 国境を越える物流(貨物・物資輸送)の輸送人員• トランジット(入国を伴わない,トランジットエリア内での乗り継ぎ)• その他,緊急・人道的理由がある者等 入国者の14日間の自宅隔離 国籍を問わず、すべてのドイツへの入国者に対する14日間の隔離措置が実施されています。 しかし、そもそも日本からの旅行者の入境が認められていないので、日本人でこれに当てはまる人は少ないと思います。 【日本の入国制限措置】 過去14日以内にドイツに滞在していた渡航者は入国拒否。 日本国籍者• 特別永住者 入国者への検疫の強化 ・空港の検疫所において、質問票の記入、体温の測定、症状の確認などが求められます。 全員にPCR検査が実施され、自宅等、空港内のスペース又は検疫所長が指定した施設等で、結果が判明するまでの間待機いただくこととなります。 また、検査結果が判明するまで、ご自身で確保されたホテル、旅館等の宿泊施設には移動できません。 ・検査結果が陽性の場合、医療機関への入院又は宿泊施設等での療養となります。 ・検査結果が陰性の場合も、入国から14日間は、ご自宅やご自身で確保された宿泊施設で不要不急の外出を避け、待機することが要請されるとともに、保健所等による健康確認の対象となります。 上記の検査等は、検疫法に基づき実施するものであり、検疫官の指示にしたがっていただけない場合には、罰則の対象となる場合があります。 EU及びシェンゲン域内国境管理 現在、ルクセンブルクを除く全ての国境管理が続いており、緊急の渡航理由のない渡航者は渡航が制限されています。 期限は6月15日までとされていますが、相手国との協議によって変更になる可能性があります。 ドイツへの出入国について「十分に合理的な理由のない者」については、、当該出入国を拒否される。 ただし、ドイツ国籍者及びドイツの滞在資格を有する外国籍者は再入国可能。 国境を越える通勤者の出入国は可能(国境通過の必要性が存在することに関する適切な証明書類(労働契約書等)の携行が必要とされる)。 国境を越える物流(貨物・物資輸送)は維持される。 観光目的のシェンゲンビザを所持する第三国国籍者の渡航は原則として認められない。 EU市民及び第三国国籍者が、出身国または滞在資格(長期滞在資格)が与えられた国へ帰国する際に、ドイツを経由することは可能。 出典・参考サイト まとめ ドイツ国内の移動の制限は大幅に緩和されて、国内旅行も再開されました。 このままであればEU各国が夏休みに入る7月までにEU・シェンゲン協定国内間での移動の制限は緩和されて旅行が出来るようになりそうです。 では、EU域とその他の地域はいつになったら入国制限が緩和されるのか? これは、各国の状況によって差が出そうです。 日本とドイツの場合は、ドイツをEU圏のひとつとして考えEU圏内で新型コロナウィルスの感染拡大が大幅に抑えられたのを確認してからになるでしょう。 私の希望的観測では夏休み頃、実際は秋以降かな? 今現在、日本から行ける海外旅行先はほとんどありませんが、夏ごろから少しづつ行ける国が出てくるのではないかと思っています。 ドイツは乗り継ぎ 空港のトランジットエリアから出ない は認められているので、被害の比較的少ないクロアチアやギリシャなど、観光業で生計を立てている国が渡航制限を解除すればドイツ経由でヨーロッパ旅行も可能になるかもしれません。 ドイツに住んでいる身としては、夏休みまでは国内旅行に限ってお出かけしたほうがストレスなく楽しめそうですね。 以上、日本とドイツ、EU及びシェンゲン域内の入国制限についてまとめてみました。 AkiReisen.

次の

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

ヨーロッパ 入国 制限

2月28日よりトリニダード・トバゴ、マーシャル、バーレーンが増えました• 3月1日よりクック諸島、バヌアツ、仏領ポリネシア、インドが増えました• 3月2日よりキルギスが増えました• 3月3日よりジブラルタル、トルクメニスタン、ネパールが増えました• 3月5日よりガーナが増え、クウェートウェートが減りました• 3月6日よりシリア、マレーシアが増えました• 3月7日より韓国、ブータン、レバノンが増えました• 3月8・9日変更なし• 3月10日より中国が増えました• 3月11日よりクウェートが増えました• 3月12日変更なし• 3月13日よりエルサルバドル、オマーン、スリランカ、スロバキア、ニウエ、フィリピンが増えました• 3月14日よりアゼルバイジャン、アルゼンチン、アンティグア・バーブーダ、ウクライナ、グアテマラ、コソボ、スーダン、赤道ギニア、チェコ、デンマーク、ブータン、ペルー、ポーランド、モルドバが増え、キルギス、レバノンが減りました• 3月15日よりアラブ首長国連邦、エクアドル、エストニア、北マケドニア、キプロス、コロンビア、ノルウェー、バングラデシュ、ミクロネシア、モルドバ、ヨルダン、ラトビア、リトアニアが増え、フィリピンが減りました• 3月16日変更なし• 3月17日よりウズベキスタン、エジプト、カザフスタン、カタール、カナダ、ケニア、ジブチ、ジョージア、セルビア、パナマ、パプアニューギニア、パラグアイ、ベリーズ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ホンジュラス、南スーダン、モロッコ、リビア、レバノン、ロシアが増え、アラブ首長国連邦が減りました• 3月18~21日の間に75ヶ国から149ヶ国へ増えました• 3月22~23日の間にガンビア、キューバ、シエラレオネ、シンガポール、ハイチ、パプアニューギニア、ブルキナファソ、ブルンジ、ベルギー、ポルトガル、ミャンマー、モザンビーク、ルーマニアが増えました• 3月24~26日の間に158ヶ国から176ヶ国へ増えました• 3月27~31日の間に176ヶ国から180ヶ国へ増えました• 4月1日~4月4日は180ヶ国のままです• 4月5~7日の間に180ヶ国から181ヶ国へ増えました• 4月12日変更なし• 4月13. 14日の間に181ヶ国から182ヶ国へ増えました• 4月15~19日の間に182ヶ国から183ヶ国へ増えました• 4月20~25日の間に183ヶ国から184ヶ国へ増えました• 5月8~13日現在は184ヶ国のまま• 5月14~21日の間に184ヶ国から183ヶ国へ減りました• 5月22~28日の間に183ヶ国から182ヶ国へ減りました• 5月29日~6月8日は182ヶ国のまま• 6月9日~11日の間に182ヶ国から181ヶ国へ減りました• 6月12日~15日は181ヶ国のまま• 6月16日に181ヶ国から178ヶ国へ減りました• 6月17日~21日は178ヶ国のまま• 6月22日に178ヶ国から177ヶ国へ減りました• 6月22~25日は177ヶ国のまま• 2月28日ラトビア、タジキスタン、ジョージア、パレスチナ、ベトナム、ラオス、コロンビア、パラグアイ、スーダンが増えました• 3月1日ネパール、チリ、イスラエル、ベナン、バーレーンが増えました• 3月2日ロシア・サハリン州、カナダ・アルバータ州及びサスカチュワン州、ウガンダ、アゼルバイジャン、ナイジェリア、香港が増え、キルギスがなくなりました• 3月3日ブータン、パナマ、カナダのいくつかの州、ベネズエラ、キプロス、クロアチア、 トルコ、ヨルダン、ケニア、チュニジアが増え、仏領ポリネシア、ジブラルタル、トルクメニスタンがなくなりました• 3月5日アルメニア、ウズベキスタン、エクアドル、カナダ全体、カメルーン、キューバ、クウェート、ザンビア、ジブラルタル、セネガル、トルメキシタン、仏領ポリネシア 、ベラルーシ、南アフリカ、モナコ、ロシア全体が増え、パナマ、オマーンが減りました• 3月6日ウクライナ、ガイアナ、コスタリカ、赤道ギニア、セントクリストファー・ネービスが増えました• 3月7日エチオピア、コートジボワール、ジンバブエ、トーゴ、ブルネイ、ブルンジ、マリが増え、カナダ。 チュニジアが減りました• 3月8日変更なし• 3月9日マカオが増え、カザフスタンが減りました• 3月10日 ブルガリアが増え、シエラレオネ、仏領ポリネシアが減りました• 3月11日アルバニアが増え、クウェートが減りました• 3月12日アイルランド、アルゼンチン、北マケドニア、コンゴ民主共和国、スロバキア、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、モルドバ、モルドバが増え、ウガンダが減りました• 3月13日イラン、ギニア、コソボ、ニジェール、ニジェールが増え、 モルドバ が減りました• 3月14日アラブ首長国連邦、エストニア、キルギス、• サントメ・プリンシペ、シエラレオネ、チュニジア、ニュージーランド、ノルウェー、ベリーズ、ボリビア、ホンジュラス、ミクロネシア(ポンペイ州)が増え、 イスラエル、コソボ、スロバキアが減りました• 3月15日ウルグアイ、豪州、ポルトガル、ヨルダンが増え、北マケドニア、キプロス、コロンビアが減りました• 3月16日シンガポールが増えました• 3月17日ガーナ、スロバキア、スロバキア、パナマ、米国・グアム、ポーランド、マラウイが増えました、アルゼンチン、ウズベキスタン、エストニア、ペルー、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、マラウイ、ラトビア、リトアニアが減りました• 3月18~21日の間に85ヶ国から79ヶ国になりました• 3月22~23日の間にソロモン諸島、米国(全体)、ベトナム(全体)、ルワンダが増え、ガンビア、トルクメニスタン、ブルンジ、ミクロネシア(ポンペイ州 が減りました• 3月24~26日の間に97ヶ国から66ヶ国に減りました• 3月27~31日の間に66ヶ国から60ヶ国に減りました• 4月1~4日の間に60ヶ国から64ヶ国に増えました• 4月5~7日の間に64ヶ国から67ヶ国に増えました• 4月12日の間に67ヶ国から69ヶ国に増えました• 4月13. 14日の間に69ヶ国から67ヶ国に減りました• 4月15~19日の間に67ヶ国から65ヶ国に減りました• 4月20~25日の間は65ヶ国のまま• 4月26~5月1日の間に65ヶ国から64ヶ国に減りました• 5月1~8日の間は64ヶ国のまま• 5月9~13日の間に64ヶ国から67ヶ国に増えました• 5月14~21日の間に67ヶ国から73ヶ国に増えました• 5月22~28日の間は73ヶ国のまま• 5月29日~6月2日に73ヶ国から76ヶ国に増えました• 6月3日~8日の間に76ヶ国から77ヶ国に増えました• 6月9日~11日の間に77ヶ国から78ヶ国に増えました• 6月12日~15日は78ヶ国のまま• 6月16日に78ヶ国から81ヶ国に増えました• 6月17日~19日に81ヶ国から84ヶ国に増えました• 6月20日~23日は84ヶ国のまま• 6月24~25日に84ヶ国から85ヶ国に増えました.

次の