僕は君の運命の人じゃない 歌詞。 Official髭男dism Pretender 歌詞

angela 僕じゃない 歌詞

僕は君の運命の人じゃない 歌詞

2019年4月16日にで Videoが公開された、髭男dismの「Pretender」。 とりあえずまだ聴いてない方は聴いてみてください。 君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まれば一人芝居だ ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ 感情のない アイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで痛いや いやでも 甘いや いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えはわからない わかりたくもないのさ たったひとつ 確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンと来なくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ もっと違う設定でもっと違う関係で 出会える 選べたらよかった 至って純な心で 叶った恋を抱きしめて 好きだとか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ グッバイ 繋いだ手の向こうに 引き伸ばす度に 疼き出す未来には 君はいない その事実にCry… そりゃ苦しいよな グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えはわからない わかりたくもないのさ たったひとつ 確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスのさだめなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 これはもう「髭男dism」というアーティストのこれまでが昇華された、一つの完成形でしょう。 今回はこの「Pretender」という曲の魅力を、3つの観点から熱く真面目に、思う存分語りたいと思います(以下あくまでも個人の意見です)。 「Pretender」の魅力その1…メロディ まずなめらかに耳に入ってくるイントロ。 すでにこの時点で、映画のエンドロールを見ているかのような気持ちになるのは私だけでしょうか。 Aメロで静かに現実を語り、Bメロで叶うはずのない願いを込めてサビに持っていく。 このBメロが、歌詞とともにものすごくサビを引き立てています。 コース料理で言うオードブルか、メインディッシュ前のスープです。 「次は何が来るんだ?もう待てねえよ!」そんな気分になるサビ前になっています。 そしてサビです。 もうこれは言うまでもないでしょう。 また、このメロディ面で言及したいのがラストです。 それもこれもロマンスのさだめなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 の部分です。 こんな美しい終わり方は21年間生きてきて、生まれて初めてでした。 そしてその次の アウトロはイントロと同じなんですよ!なので、この曲をリピートしていると、ずっとつながっているような感じがします。 ピアノにして終演を思わせておきながら、「グッバイ」と言いながらも、続いていってしまう… こんなストーリー性の高いメロディ構成がいまだかつてあったでしょうか。 もはやバンド版オペラと言っても過言ではない。 「Pretender」の魅力その2…歌詞 次は歌詞です。 男性視点の曲だと思いますが、歌詞の一つひとつの言葉が女性の私にも痛いほど心にきます…。 至って純な心で 叶った恋を抱きしめて 好きだとか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ こことか読むと禁断の恋系っぽいですが、私はちょっと違うんじゃないかなと思っています。 MVや「コンフィデンスマンJP」を知ってるからかもしれませんけどね。 (この2つについては後述します) それに、ただの失恋ソングでもない。 全体的になよなよしていないところがいいんですよね。 叶わない願望を言いながらも、厳しい現実をきちんと受け止めています。 また、自分のことも、相手のことも、誰のことも否定していない。 「君は綺麗だ 」 単純に真っ直ぐな気持ちで言っているのか、色々な思いがこもっているのか、そのどっちもなのか…。 いずれにしても、「Pretender」な相手への、嘘偽りのない確かな言葉ということが伝わります。 そして最後には、 それもこれもロマンスのさだめなら 悪くないよな 私にはわかります。 この人絶対いい人。 「Pretender」の魅力その3…映像 Music Video この「Pretender」にはMusic Videoがあるので、そちらも紹介します。 フルバージョンを出してくださった公式チャンネルさんには感謝しかありません。 舞台は台湾でしょうか。 全てが素晴らしいです。 ヒゲダンの演奏シーンとストーリーシーンが絶妙に合わさって、大好きな雰囲気です。 ボーカルがピアノってバンドはあまり知らないんですが、かっこいいですね…。 ストーリーシーンの終わり方もめっちゃ気になる。 曲だけでも最高ですが、映像も加わると鬼に金棒。 虎に翼。 弁慶に。 コンフィデンスマンJP 「コンフィデンスマンJP」は、2018年の春クールで放送された月9ドラマです。 そのエンディングがヒゲダンの 「ノーダウト」でした。 この曲もめっちゃいいです そして、2019年5月17日に公開される 映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌 がこの「Pretender」なのです!! この曲が映画館で聴けるなんて…どんな天国ですか…。 主演はさん、周りを固めるのはさん、さんなどの豪華キャストです。 ドラマ「」シリーズ、映画「」シリーズ、映画「」あたりが好きな方は、 さんの脚本作品ですので必見です! 「Pretender」も映画と組み合わさってどんな形になるのか、とても楽しみです。 終わりに ひたすら「Pretender」について語っていたら、いつの間にか3000文字近く書いていました。 普段のレポートもこのくらいするする仕上がったら嬉しいんですけどね…。 完全に自己満足の文章ですが、少しでもこの曲に興味を持っていただけたら幸いです。 そして 「髭男dism」を知らなかった方はこの機会にぜひ、他の曲も聴いてみてください!.

次の

「Pretender」で描かれる男性目線の恋心

僕は君の運命の人じゃない 歌詞

「Pretender」は、直訳すると「ふりをする人、詐称者」という意味がありますが、なぜこの単語が使われているのでしょうか。 おそらくですが、この曲は映画「コンフィデンスマンJP」主題歌に起用されていますから、映画の内容に沿って「Pretender」と曲名につけられているのでしょう。 では、曲中ではどういう意味で使われているのでしょうか。 歌詞を簡単に見たところ、どうやらこの曲は「恋愛」について歌われているようです。 なので、あくまで予想ですが、Pretenderとは「好き」という気持ちを詐称するという意味で使われているのかもしれません。 曲名だけで意味を捉えるのは難しいので、歌詞を詳しく見ていきましょう。 解釈 君と付き合うことは予想できていた。 それでも、付き合えば何か変わると思っていたけど結局何も変わらず一人芝居。 ずっとそばに君がいたって、結局君は僕の人生の観客でしかない。 「付き合う」とは一般的に愛し合った二人が互いを呪縛するために取る形式のことです。 わざわざ「付き合う」という行為をとる人間の心理には様々あると思いますが、代表的なものは「自分を満たして欲しい」という気持ちと、「誰にも取られたくない」という心理だと思います。 その代表的な心理のうちの「自分を満たして欲しい」という心理でこの曲の主人公は「君」と付き合い始めたのではないでしょうか。 だから思っていたように自分が満たされなくて、「一人芝居をしているかのようだ。 」と歌っているのでしょう。 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 解釈 もっと違う状況で、もっと違う関係性で 出会えたら何かが変わっていたかもね。 もっと違う性格で、もっと違う価値観で。 君に愛を伝えられたらいいのに。 もっと違う状況で、もっと違う関係性で....。 もっと、もっと。 と切なくすがるような歌詞は主人公の心の奥底の思いを表現しているのかもしれませんね。 ここの歌詞だけ見ると主人公はパートナーのことを本当に好きだったように感じますね。 もしかしたら元から大好きだったけれど、パートナーの日頃の態度から「自分を満たして欲しい」という欲求が満たされなくなってしまったから別れてしまったということなのかもしれません。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 解釈 さようなら。 君の運命の人は僕ではなかったようだ。 辛い事実だけどもう否定できない。 それでも別れたくはないのさ。 その髪に触れただけでも心が痛むのさ。 いやでもそんなんで別れなかったら甘いな。 いやでも... さようなら。 こんな気持ちを感じるってことは僕にとって君はなんなんだろう? 答えはわからないし、わかってはいけないのさ。 たったひとつ確かなのは、「君は綺麗だ」ということ。 どうやらPretenderという歌は主人公はパートナーのことが大好きだけれどパートナーの運命の人ではないから別れるという歌のようですね。 「いやでも」や、「いやいや」という歌詞からは主人公にいかに未練があるかという様子を表現していますね。 しかし、長年連れ添ってきた人と別れるというのは、相当な心理的ストレスがかかります。 ストレスを避けようとするのが人間ですから、未練を感じてしまうのも仕方ないのかもしれません。 解釈 さようなら。 一緒にいれば必ず終わりは来る。 その終わりを引き延した先の未来には君はいないという事実に涙がでる。 そりゃあ苦しいよ。 恋人と付き合えば、「死別」や「浮気による別れ」、「すれ違いによる別れ」など必ず何かしらの「別れ」は来ます。 もし今、読んでいただいている方に大切なパートナーがいらっしゃるなら... 少しでも今の幸せな時間を大切にすることが重要なのかもしれませんね。 グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」.

次の

僕が「運命の人」を信じない理由

僕は君の運命の人じゃない 歌詞

そうですね、自分も最初見たときは歌詞の内容と PVの最後のシーンがかみ合わないなーと思いました。 でも何度かこのPVを見ているうちに、 この歌詞から受ける切ないイメージが不思議と強くなっていました。 そこで、あくまで歌詞に出てくる「僕」と「君」がPVの中の登場人物と 同一人物であるという前提ではありますが、 このPVをどのように解釈すればいいのかを自分なりに考えてみました。 まず自分がこの歌詞から受けた曲のイメージすが、 もともと自分なんかでは釣り合いがとれないんじゃないかと不安に 思うくらい、高嶺の花だった「君」と付き合うことが出来たけれど、 いざ付き合い出してみれば予想通り、自分ばっかり浮足立って 空回りして… やっぱり自分では彼女とは釣り合わないし、 この関係も長くは続かないだろうなと 自分の性格やこれまでの経験から築き上げた 「人生柄」から悟ってはいるけれど、 それでもやっぱり彼女の事が好きで仕方無くて 離れ難いし別れたくないという 「僕」の心の中の葛藤の歌かなと思いました。 ちなみにホント、この曲が面白いなと思ったところは 実際に「僕」は彼女から愛想尽かされて 別れを切り出されてるわけでもないですし、 この壮大な葛藤すら「僕」のひとり芝居である可能性が あるところですねw そしてその結論として「僕」が出した この曲を象徴するようなインパクトのある2つの歌詞。 「君の運命のヒトは僕じゃない」 「君は綺麗だ」 これらの歌詞に込められている「僕」の切なさを より一層聞き手に伝わるように手助けするには どんなPVを作ればよいか? もしこのPVを作った人がそう考えたのであれば、その答えとして、 歌詞の中ではそこまで細かく描かれていない2人の人柄や 付き合い出す前の2人の関係性をより具体的に聞き手に イメージしてもらう事で、より深くこの「僕」の切なさに 感情移入してもらえればと考えたのではないでしょうか? つまり、歌詞の中の「君」が単純な見た目だけでなく 内面的にもどれだけ綺麗で素敵な人であるか、 そして「僕」は付き合い出す前からそんな「君」に対して、 どれだけ好きという感情を抱きながら、 どんな関係性と距離感で接していたのか? それをイメージしてもらうために描かれたのが このPVなのかなと思います。 仲間内の中でも常に皆の中心にいて明るくキラキラしている「君」。 それに対して、 仲間内の中でもどこか地味で大人しめで突き抜け切れていない「僕」。 友人として身近に接し、とても強く「君」に惹かれながらも、 仮に告白して振られて友人としての関係性が壊れるんじゃないかいう 不安以前に、そもそも仮に付き合えたとして、自分なんかが本当に 彼女と釣り合うのか?隣にいてもいいのか?という「僕」の心の中の 葛藤がとてもよく描かれているんじゃないかなと思います。 そして最後に、そんな不安を抱えながらも好きという気持ちを 抑えきれずに告白する直前で終わるあたりも、 「僕」の「君」に対する気持ちの大きさを表しつつ、 その先を気にさせるような終わり方で上手い演出かなと思いました。 (すいません、文章力が乏しくてあまり上手くお伝え出来て いないと思いますが、既にご覧いただいてるように、 PV全体を通じて俳優さんたちがそのあたりを上手く表現して くれていると思うのでそちらを参考にしてください(汗) 個人的には3分16~18秒あたりの屋上のシーンで、 「君」に向ける「僕」の表情がとても印象的です) なので自分が考える一連のストーリの時間軸としては、 PVの世界が先(付き合い出す前の2人の関係性)で、 歌詞の世界が後(付き合い出した後の「僕」の葛藤)です。 PVの作り手としても、PVの時間軸を先に持ってくることにより、 まずは前菜としてぼんやりとPVを見ながら2人の人柄と 付き合い出す前の関係性をイメージしてもらった後で、 メインディッシュである歌詞の世界をよりじっくりと かみしめて味わってください、ってとこですかね。 まあ、あくまで自分の解釈なので 実際にはまったくの見当違いかもしれません。 他の人も言われているようにPVの作り手と作詞した人は別の人なので そんなに深く考えて無理やり関連付ける必要も無いかもしれませんが、 自分なりにそう結論付ける事で、冒頭でも述べたような、 最初は歌詞の内容とPVの最後のシーンがかみ合わないなーと思いながらも 何度かこのPVを見ているうちに、この歌詞から受ける切ないイメージが 強くなっていた事にも納得する事が出来ましたので、ご参考までに。

次の