オフィス ステーション 年末 調整。 労務ステーション(オフィスステーション)から年末調整の申告情報をインポートする機能をリリースしました

年末調整業務の電子化とは?全体の流れや課題、電子化のメリットから導入方法まで解説!

オフィス ステーション 年末 調整

年末調整とは 年末調整とは、企業から従業員に対して、1年間(1月〜12月)に支払った報酬の総額を再計算し、実際に支払われた報酬から本来徴収すべき所得税を再計算し、その過不足分を調整する手続きです。 所得税は、1年間の報酬によって、徴収税額が変わります。 企業勤務の方は、報酬(給与・賞与)から所得税が徴収されます。 報酬から自動的に源泉徴収されますが、源泉徴収は概算であり、給与の変更や転職、家族構成の変化により、徴収する税金に過不足が生じます。 そのため、正確な所得税額を再計算する必要があります。 年末調整では、税金の過不足を補うための業務であり、企業勤務の方に対して行われます。 個人事業主に業務依頼をして報酬を支払う場合は、事業主本人による確定申告となるため、企業による年末調整は対象外となります。 年末調整の実施時期 年末調整は1年間の給与総額をもとに所得税の再計算をするため、年末に実施することが一般的です。 しかし、以下のような場合でも年末調整を実施します。 海外転勤をして日本に居住しなくなった場合• 死亡に伴い退職した場合• 体調を崩して退職し、なおかつその後の復職ができない場合• 12月の給料などを事前に受け取って退職した場合• アルバイトなどの退職者で1年間の給与総額が103万円以下、なおかつ同年に他社から給料をもらわない場合 退職、転職や定年退職後、別の会社から給与が支払われないことがわかっている場合、年末を待たずに年末調整を行います。 年末調整の流れ 年末調整は、以下のような流れで実施します。 年末調整は企業と従業員双方で記入しなければならない書類があるため、11月頃には従業員から必要な書類を回収し、記入を行います。 書類の回収・記入後、12月に年末調整に必要な徴収額の再計算に移ります。 再計算の結果、所得税の納付に過不足が発生していた場合、12月あるいは1月の給料で過不足分を調整します。 また、年末調整での過不足に関係なく、年明けの1月10日までに、税務署に所得税(源泉徴収額)を納付しなければなりません。 年末は繁忙期になることが多く、従業員が書類提出に遅れることもあるため、スケジュールには余裕を持っておきましょう。 年末調整に必要な書類 年末調整を行う場合、扶養控除等(異動)申告書や保険料控除申告書などの書類を提出します。 扶養控除等(異動) 申告書 扶養控除等(異動) 申告書は、従業員が扶養している配偶者や親族の有無を申告する書類です。 配偶者控除や障害者控除が必要な従業員に配付します。 記入する内容は以下の通りです。 配偶者控除等申告書 【出典】[手続名]給与所得者の配偶者控除等の申告|国税庁 配偶者控除等申告書は配偶者控除を希望する従業員には配付します。 配偶者控除は、配偶者の所得がない、または配偶者の年収103万円未満の場合に申請できます。 また、配偶者の年収が103万円以上の場合、配偶者の年収に応じて配偶者特別控除が認められます。 【参考】配偶者特別控除|国税庁 住宅借入金等特別控除申告書(住宅ローン控除) 住宅借入金等特別控除申告書は、住宅ローンを利用して、住宅の購入やリフォームを行った時に申請できる控除です。 年末調整の際は、住宅ローン控除が適用されるため、2年目以降に適用可能な年数分の「住宅借入金等特別控除申告書」を提出します。 住宅ローン控除の適用初年は確定申告が必要なため、事前に対象となる従業員に知らせしましょう。 年末調整の手順 年末調整は以下の手順で行います。 年末調整の手順については、以下の記事で詳しく解説しています。 こちらも参考にしてみてください。 年末調整で注意したいポイント 近年、税制改正や男性の育児休暇など変更・手続きを行う機会が増えているため、年末調整では以下のポイントで注意が必要です。 2020年の税制改正への対応 2020年の税制改正に、年末調整に関わる内容が4つあります。 期日までに年末調整関連の書類を提出していない従業員には、依頼メールだけでなく、社内SNSや業務用携帯電話への通知、上長へのアナウンスなど複数の経路を通じて、通知すると効果的です。 また、企業によっては人事総務担当が年末調整業務を兼務することも珍しくありません。 税務署発行の年末調整冊子の配付・研修の実施や、前年の業務手続きフローの確認など実作業に向けた前準備をしておきましょう。 そのためにも年末調整業務のスケジュールを可視化し、余裕を持って取り組むことが大切です。 年末調整に欠かせない源泉徴収票の作成は、一般的に11月から翌年1月までの間で行われます。 限られた期間内のみで源泉徴収票を作成することは、人為ミスの誘発や人事労務担当者の長時間労働につながってしまいます。 そのため、毎月の給与支払い業務の中に源泉徴収額や給与支払い額を記載しておくプロセスを追加すれば、年末調整の作業を進めやすくなります。

次の

税制改正で年末調整はどう変わる?2020年に向けて改正内容を解説

オフィス ステーション 年末 調整

年末調整とは 年末調整とは、企業から従業員に対して、1年間(1月〜12月)に支払った報酬の総額を再計算し、実際に支払われた報酬から本来徴収すべき所得税を再計算し、その過不足分を調整する手続きです。 所得税は、1年間の報酬によって、徴収税額が変わります。 企業勤務の方は、報酬(給与・賞与)から所得税が徴収されます。 報酬から自動的に源泉徴収されますが、源泉徴収は概算であり、給与の変更や転職、家族構成の変化により、徴収する税金に過不足が生じます。 そのため、正確な所得税額を再計算する必要があります。 年末調整では、税金の過不足を補うための業務であり、企業勤務の方に対して行われます。 個人事業主に業務依頼をして報酬を支払う場合は、事業主本人による確定申告となるため、企業による年末調整は対象外となります。 年末調整の実施時期 年末調整は1年間の給与総額をもとに所得税の再計算をするため、年末に実施することが一般的です。 しかし、以下のような場合でも年末調整を実施します。 海外転勤をして日本に居住しなくなった場合• 死亡に伴い退職した場合• 体調を崩して退職し、なおかつその後の復職ができない場合• 12月の給料などを事前に受け取って退職した場合• アルバイトなどの退職者で1年間の給与総額が103万円以下、なおかつ同年に他社から給料をもらわない場合 退職、転職や定年退職後、別の会社から給与が支払われないことがわかっている場合、年末を待たずに年末調整を行います。 年末調整の流れ 年末調整は、以下のような流れで実施します。 年末調整は企業と従業員双方で記入しなければならない書類があるため、11月頃には従業員から必要な書類を回収し、記入を行います。 書類の回収・記入後、12月に年末調整に必要な徴収額の再計算に移ります。 再計算の結果、所得税の納付に過不足が発生していた場合、12月あるいは1月の給料で過不足分を調整します。 また、年末調整での過不足に関係なく、年明けの1月10日までに、税務署に所得税(源泉徴収額)を納付しなければなりません。 年末は繁忙期になることが多く、従業員が書類提出に遅れることもあるため、スケジュールには余裕を持っておきましょう。 年末調整に必要な書類 年末調整を行う場合、扶養控除等(異動)申告書や保険料控除申告書などの書類を提出します。 扶養控除等(異動) 申告書 扶養控除等(異動) 申告書は、従業員が扶養している配偶者や親族の有無を申告する書類です。 配偶者控除や障害者控除が必要な従業員に配付します。 記入する内容は以下の通りです。 配偶者控除等申告書 【出典】[手続名]給与所得者の配偶者控除等の申告|国税庁 配偶者控除等申告書は配偶者控除を希望する従業員には配付します。 配偶者控除は、配偶者の所得がない、または配偶者の年収103万円未満の場合に申請できます。 また、配偶者の年収が103万円以上の場合、配偶者の年収に応じて配偶者特別控除が認められます。 【参考】配偶者特別控除|国税庁 住宅借入金等特別控除申告書(住宅ローン控除) 住宅借入金等特別控除申告書は、住宅ローンを利用して、住宅の購入やリフォームを行った時に申請できる控除です。 年末調整の際は、住宅ローン控除が適用されるため、2年目以降に適用可能な年数分の「住宅借入金等特別控除申告書」を提出します。 住宅ローン控除の適用初年は確定申告が必要なため、事前に対象となる従業員に知らせしましょう。 年末調整の手順 年末調整は以下の手順で行います。 年末調整の手順については、以下の記事で詳しく解説しています。 こちらも参考にしてみてください。 年末調整で注意したいポイント 近年、税制改正や男性の育児休暇など変更・手続きを行う機会が増えているため、年末調整では以下のポイントで注意が必要です。 2020年の税制改正への対応 2020年の税制改正に、年末調整に関わる内容が4つあります。 期日までに年末調整関連の書類を提出していない従業員には、依頼メールだけでなく、社内SNSや業務用携帯電話への通知、上長へのアナウンスなど複数の経路を通じて、通知すると効果的です。 また、企業によっては人事総務担当が年末調整業務を兼務することも珍しくありません。 税務署発行の年末調整冊子の配付・研修の実施や、前年の業務手続きフローの確認など実作業に向けた前準備をしておきましょう。 そのためにも年末調整業務のスケジュールを可視化し、余裕を持って取り組むことが大切です。 年末調整に欠かせない源泉徴収票の作成は、一般的に11月から翌年1月までの間で行われます。 限られた期間内のみで源泉徴収票を作成することは、人為ミスの誘発や人事労務担当者の長時間労働につながってしまいます。 そのため、毎月の給与支払い業務の中に源泉徴収額や給与支払い額を記載しておくプロセスを追加すれば、年末調整の作業を進めやすくなります。

次の

【労務管理】「オフィスステーション」を徹底的に調べてみた

オフィス ステーション 年末 調整

年末調整の課題 現状、多くの企業が年末調整において、書面による必要書類の配付、手書きでの申告書記入をしており、企業・従業員ともにさまざまな課題が生じています。 年末調整に関する企業・従業員の主な課題 企業の課題 従業員の課題 従業員毎の必要書類の配付・回収 銀行や保険会社、税務署などから送られた複数の控除証明書の保管 計算・記入内容のチェック・修正依頼 控除対象保険料額の集計・計算の手間 給与システムへのデータ入力 手渡しや郵送による書類の提出 7年間の各控除申告書の保管 毎年重複した内容を記入する手間 また、2020年の税制改正に伴い、さらに手続きが煩雑化するため、多くの課題が生じる可能性があります。 年末調整業務電子化のメリット 年末調整業務の電子化とは、控除証明書の受領や各種申告書の作成・提出といった作業を、紙ベースではなく電子的方法を用いて行うことを言います。 年末調整業務の電子化には「手間・コストの削減」、「利便性の向上」、「入力・提出状況の一元管理」などのメリットがあります。 業務効率化とコスト削減 年末調整業務には多くの作業時間と、作業を担う人件費や事務経費の増加などの多大なコストが必要です。 年末調整業務を電子化すれば、年末調整関連の書類の印刷・配付や回収、仕分け・封入・郵送、またデータ入力といった企業側の業務の大幅削減が可能です。 年末調整業務にかかる時間が約半分になった事例もあります。 年末調整にかかる時間が平均約半分に削減!|オフィスステーション 年末調整 入力・提出状況の一元管理 民間各社が提供するクラウド年末調整システムなどでは、多くの場合、必要書類の配付・入力や提出状況の確認・回収・修正といった全工程をWeb上で一元管理し、スマートフォンやパソコン上で適切な対応を行うことができるインターフェースを用意しています。 従業員ごとの進捗状況を可視化し、「未着手」、「作成中」、「提出済み」、「修正中」などの入力・提出状況を一元管理することで、修正が必要な従業員や作成・提出が遅れている従業員にメールで直接催促することもできます。 控除証明書の保管も、クラウド上にアップロードすれば、書類の紛失や損壊の心配もありません。 過去の申告書データの流用 電子化された申告書データはオンライン上に蓄積することができます。 過去のデータを流用することで毎年同じ内容を入力するといった二度手間を省き、従業員のストレス軽減につながります。 また転記ミスなどのリスクを軽減することにもなります。 年末調整業務電子化の導入ポイント 年末調整の電子化は業務効率化やコスト削減に高い効果があります。 その導入も年末調整業務の電子化のためのクラウド型システムの登場により容易になっています。 導入する際は以下のポイントを押さえて、進めてください。 承認申請書の提出 従業員が勤務先に年末調整申告書に記載すべき事項を電子データに提出するためには、事前に税務署へ承認申請書を提出する必要があります。 ただし、税務署側からの「承認された」という通知は基本的にありません。 提出した月の翌月末日までに、連絡が無ければ「承認された」こととなります。 承認までかかる日数を踏まえて、早めに申請手続きを完了させておきましょう。 従業員の承諾 企業側・従業員側の双方にとってメリットの多い年末調整業務の電子化ですが、企業側が一方的に推し進めることはできません。 たとえば、源泉徴収票を紙での交付から電子化に切り替える際には、従業員に事前の承諾を得る必要があります。 なお、事前承認を得るための書類には、下記の内容を盛り込むことが奨励されています。 電子交付する書類の名称• 電子交付する方法(電子メールや電子閲覧、磁気媒体など)• 受信者ファイルへの記録方法(XML形式やPDF形式など)• 交付予定日• 交付開始日 年末調整に適したソフトウェアの導入 年末調整の電子化を進めるにあたり、年末調整に関する各種申告書を作成するために利用するソフトウェアの検討が必要です。 国税庁が開発を進めている「年末調整控除申告書作成用ソフトウェア」を利用するほかに、民間各社からリリースされているクラウド型システムを導入する方法があります。 クラウド型システムを利用することにより、以下のようなメリットを得られます。 各種給与システムへの連携• タブレットやスマートフォンなど各種端末からの利用• クラウドストレージ上での控除証明書の保管 労務SEARCHを運営するは、年末調整の情報を各種端末で収集でき、システム上でデータ管理ができる「」をリリースしています。 ご使用の給与システムそのままでご利用いただくことが可能で、30日間の無料トライアルも受け付けているため、まずはお気軽にお問い合わせください。 国税庁が進める電子申請 年末調整業務の煩雑さを改善するために国税庁は2020年10月の年末調整の電子申請を進めています。 想定されている電子申請の手続きは、以下の通りです。 【参考】年末調整手続の電子化に向けた取組について(令和2年分以降) — 国税庁 【参考】年末調整手続の電子化について — 国税庁• 従業員が基本情報を控除申告作成用ソフトウェア(国税庁が開発中)に基本情報(氏名、住所など)を入力します。 銀行や保険会社、税務署送付される控除証明書データを取り込みます。 控除作成用ソフトウェアで各種控除申告書を作成し企業へ提出します。 企業は、内容をチェックして適宜修正・変更を加え、国税庁にオンライン上で年末調整のデータを提出します。 このように保険会社、銀行の発行する控除証明書を含め、企業での控除申告書の作成を電子化する仕組みを整える予定です。 まとめ• 年末調整の紙媒体の手続きでは、膨大な時間やコストが発生している• 2020年10月を目処に、国税庁は年末調整の電子化を目指している• オンライン申請が可能となることにより、業務効率化や利便性の向上につながる• 政府は、年末調整だけでなく、他手続きへの展開や応用も目指している• 年末調整を電子化するにあたって、税務署への承諾申請書の提出や、従業員の承諾を得る必要がある.

次の