肉豆腐 フライパン。 【肉の代用品 8選】豆腐・大豆ミート・油揚げなど肉の代わりになるものを紹介!

【肉の代用品 8選】豆腐・大豆ミート・油揚げなど肉の代わりになるものを紹介!

肉豆腐 フライパン

こんにちは、料理研究家のYuuです。 本日は、重ねて放置で完成の「肉豆腐」をご紹介致します。 肉豆腐といえば、たっぷりのお出汁でコトコト煮るイメージですが、水分を一切加えずに作ることも可能なんです。 作り方はとっても簡単で、フライパンに具材を重ねて、あとは蒸し焼きにするだけ。 豆腐と野菜の水分のみで蒸し上げるので、素材のうま味が凝縮! 豆腐も水切り不要なので、さらに楽チンです。 具材はいろいろとアレンジ可能ですし、 ズボラさんは豚肉と豆腐だけでも作れますので、お気軽にお試しくださいね! Yuuの「水なし肉豆腐」 【材料】(2人分)• 豚バラ薄切り肉 200g• 木綿豆腐 1丁(300g)• しょうゆ、酒、みりん 各大さじ2• 砂糖 大さじ1• 和風だしの素 小さじ1• しょうがチューブ 1~2cm (用意するもの)• フライパン(ふたがあるもの) 1枚 作り方 1. 豚バラ肉は食べやすい大きさに切る。 玉ねぎは薄切りに、しめじは石づきを取ってほぐす。 ふたをして中火にかけ、 6~7分蒸し焼きにする。 ふたをあけて豚肉だけ端によせ、豚肉の色が完全に変わるまで1~2分煮たら出来上がり。 さらにシミシミになる裏ワザ! 熱燗にも、白ごはんにもぴったりの簡単肉豆腐です! 時間があれば、 出来上がったあと一旦冷ますとさらに味が染みておいしくなりますよ。 辛いのがお好きな方は、食べる時に一味唐辛子をふって食べるのもオススメです。 まだまだ寒さが厳しい日が続きますので、この肉豆腐で体を芯から温めてくださいね!.

次の

あゆ

肉豆腐 フライパン

肉豆腐とは、豆腐とお肉をメインの具材とした煮込み料理です。 甘辛い味付けなのでご飯が進み、幅広い世代に人気のあるおかずです。 肉豆腐に使うお肉は牛でも豚でも構いません。 ご家庭の好みに合う方を選んでください。 肉豆腐の具材には長ネギを使うことが多いですが、玉ねぎに変えても美味しいです。 また他の野菜やキノコ類をプラスしてもOKです!栄養バランスの良い料理になり、心も身体もホッと温まりますよ。 ご紹介している肉豆腐のレシピは、ご家庭にある調味料でサッと作ることが出来ます。 簡単なのでぜひお試しください。 定番の肉豆腐の材料(2人分)• 木綿豆腐 1丁• 肉(牛でも牛でも良い)300g• 長ネギ 1本• サラダ油 適量• 【調味料】• 水 大さじ3• 醤油 大さじ3• 砂糖・酒・みりん 各大さじ2• 和風だし 小さじ1 定番の肉豆腐の作り方• 木綿豆腐を水切りし、食べやすい大きさに切ります。 長ネギは斜めに、お肉は食べやすいサイズに切ります。 鍋にサラダ油をひいてお肉を炒めます。 お肉に火が通ったら長ネギも加えて軽く炒めます。 調味料をすべて鍋に入れて、豆腐も入れて煮込みます。 10分程煮込んで全体に味が染みたら完成です。 美味しい肉豆腐のアレンジ方法|肉豆腐うどん 肉豆腐に合う付け合わせ・副菜の簡単メニューの4つ目は、焼きナスです。 焼きナスはフライパンを使って調理することも出来ますが、直火や魚焼きグリルで焼くと香ばしく仕上がります。 中までしっかりと火が通るので、とろけるような美味しさが味わえます。 また焼き上がったナスは水につけないようにしてください。 せっかくの香ばしい香りがなくなり、べちゃっとした食感になってしまいます。 粗熱がとれたらサッと皮を手でむいてくださいね。 トッピングにすりおろしたショウガやかつお節を添えると、風味豊かな味わいの焼きナスが楽しめます。 ホクホクとしたかぼちゃの甘みを味わえる、人気のあるサラダです。 かぼちゃは電子レンジで加熱すれば柔らかくなるので、簡単にマッシュすることが出来ますよ。 ナッツやレーズンを加えて、大人っぽく仕上げても美味しいです。 かぼちゃサラダは、残ってしまってもアレンジレシピがたくさんあります。 パンにはさんでサンドイッチにしたり、ホワイトソースとチーズをかけてグラタンにしても良いです。 また丸めてパン粉をつけて揚げれば、かぼちゃコロッケになります。 様々な料理に変身させることが出来るので、多めに作っておくのも良いですね。 フリットはメレンゲに小麦粉をまぶして揚げるので、フライよりも軽い食感に仕上がります。 ちょっと揚げ物のおかずが欲しいときには、重くならず手軽に食べられるのでおすすめです。 レモンを添えればさっぱりとした味わいをプラスすることが出来るので、ご家庭にあればぜひ用意してください。 フリットはお酒のおつまみにもぴったりですよ。 肉豆腐に合うおかずを知って食事を楽しもう! 肉豆腐に合う献立や副菜・もう一品のメニューを紹介しました。 いかがでしたでしょうか?肉豆腐に合うおかずは、たくさんあることが分かりましたね。 野菜や卵料理をプラスすると、全体的に栄養バランスの良い献立になります。 ご家庭で作りやすい料理のレシピを選んで紹介したので、ぜひ参考にしてください。

次の

肉豆腐をフライパンで作る 簡単&ヘルシーで一人暮らしの救世主!

肉豆腐 フライパン

肉豆腐の下ごしらえ この肉豆腐は 26㎝ほどのフライパンで作る工程で紹介しています。 はじめに木綿豆腐は 1丁を8等分ほどに切って、キッチンペーパーの上にしばらく置いて水を吸わせます。 水気を切ることで煮汁が水っぽくなったりせず、味もしみ込みやすくなります。 置く時間は10分ほどでOKです。 玉ねぎは10~12等分ほどのくし切りにします。 椎茸は軸を切り落として半分に、えのき茸は石づきを切り落として食べやすい大きさに手で割いておきます。 Aの調味料(醬油大さじ5、みりんと酒が各大さじ4、砂糖大さじ2、水100ml)を合わせて箸で混ぜて軽く溶かし、フライパンを火にかける前に、切った玉ねぎを入れておきます。 フライパンを中火にかけて沸くのを待ち、煮汁が沸いたら 玉ねぎを端に寄せて牛肉を入れるスペースを作ります。 煮汁が出た空いたスペースに、牛肉を入れて箸でほぐしながら全体的に色が変わるまで火を通します。 火が通った牛肉は箸ですくい上げて取り出します。 牛肉を取り出したら、玉ねぎを端に寄せたまま豆腐をそっと入れます(玉ねぎは重なってもよいので、豆腐が重ならないように)。 豆腐がすべて入れば、上にきのこを広げるようにのせます。 きのこを上にのせて少し煮るとしんなりしてくるので、 きのこをフライパンの端や、豆腐と豆腐の隙間など、入れ込むことができる部分に入れます。 きのこがある程度煮汁に浸かれば落し蓋をします(落し蓋をすれば自然とカサは減るのですべてが浸かる必要はありません)。 蓋の下の煮汁がぐつぐつと沸く火加減で、10~12分煮ます。 10分ほど煮れば、玉ねぎやきのこもしっかりとやわらかく煮上がり、煮汁も適度に煮詰まってきます。 きのこや玉ねぎを豆腐の上に移動させ、 先に取り出しておいた牛肉を煮汁に戻し入れ、1~2分煮てしっかり温めます。 これで出来上がり、煮汁をたっぷりかけて盛り付けてください。

次の