出光 株価。 今期業績予想が下方修正、減収見込みの出光興産の今後の株価はどうなるのか|株価予想は本当に当たるのか?

今期業績予想が下方修正、減収見込みの出光興産の今後の株価はどうなるのか|株価予想は本当に当たるのか?

出光 株価

順位 企業名 売上高 1 97,436 2 出光昭和シェル 57,478 3 コスモエネルギーHD 22,443 出光の売上は、石油製品が8割を占める [5019]出光興産は、石油製品の売上高が約8割を占めています。 サービスステーションでのガソリン・灯油・軽油の販売はもちろん、産業用エネルギーとして灯油・軽油・A重油・C重油、ジェット燃料、船舶用燃料などを電力会社、 一般産業、航空会社、海運会社などへ販売しています。 特にジェット燃料については、業界随一の 空港給油ネットワークを有しています。 また、C重油の販売においても各地に製油所、油槽所を効率的に配置するとともに他社との物流提携により、適正な価格で安定的に供給できる体制を有しています。 (公式HPより引用) [5019]出光興産 株価 ( 2020/06/26時点) [5019]出光興産の 株価は、 2276円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約22.8万円です。 1年チャート 5年チャート [5019]出光興産 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [5019]出光興産の配当金関係の基本情報です。 ( 2020/06/26時点) 配当金 [5019]出光興産の 1株当たりの配当金は、 0円です。 100株保有の場合、 年間0円の配当金が支払われます。 配当利回り [5019]出光興産の 配当利回りは、 0%(税引き前)です。 79685= 0% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [5019]出光興産の 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [5019]出光興産の 配当性向は、 0%です。 [5019]出光興産 配当金まとめ 株価 2276円 年間配当 0円 最低購入額(100株) 約22.8万円 年間配当(100株) 0円 利回り(税引き前) 0% 実質利回り(税引き後) 0% ( 2020/06/26時点) [5019]出光興産 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [5019]出光興産の 配当利回りの推移です。 50円で安定的配当でしたが、今年は合併に伴い、1. 6倍に増配されています。 配当利回りの推移 [5019]出光興産の 配当利回りの推移です。 元々2%程度の利回りでしたが、増配に伴い、一気に4%後半までつけてきました。 購入の検討に値するといえます。 配当性向の推移 [5019]出光興産の 配当性向の推移です。 低い配当性向で推移しています。 もう少し株主への配当還元をしてもよいのでは?と思います。 [5019]出光興産 業績 売上高 [5019]出光興産の 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [5019]出光興産の 営業利益です。 (単位:百万円) 経常利益 [5019]出光興産の 経常利益です。 (単位:百万円) 純利益 [5019]出光興産の 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [5019]出光興産は、合併後の高利回りが魅力銘柄です。 業績面では安定銘柄とは言えないため、引き続き様子を見ながら購入のチャンスをうかがいます。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

【半年で株価が50%減】配当利回り5%超の出光興産(5019)への投資

出光 株価

こんにちは! 総合商社マンです! 出光興産の決算発表内容を見てみましょう!• ちなみに以下記事が前回下方修正をした際のものです。 それでは早速見て行きましょう! 2020年度3月期決算内容 「出光興産」の2020年3月期決算内容です。 第1四半期決算の業績を見ていきましょう。 まずこちらのスライドが概要になります。 赤枠は私が付け足したものですが、これが2020年3月期の実績になります。 その結果、 減収減益と厳しい決算内容です。 続いて営業利益+持分法投資の対前年比増減の内訳です。 2018年度は2,183億円あったものが、2019年度は在庫影響を除いた結果631億円で着地した要因をセグメント別に示した表です。 ほぼほぼ全てのセグメントで減益要因となっていますが、その中でも特に 燃料油(ガソリン等)や基礎化学品セグメントの影響が大きいようですね。 尚、2020年3月期の配当は以下の通り発表されています。 特にこちらは変更なく期末配当80円とし、年間配当は160円となりました。 今回の赤字転落は在庫評価損とベトナムでの製油所において株式評価損を計上したというキャッシュアウトのしない要因がメインだったことから配当は維持したということでしょうね。 2021年3月期業績見通し、配当予想は? 2021年3月期業績はどうでしょうか? こちらのスライドをご覧ください。 赤枠は私が付け足したものですが、 業績未定とすることなくしっかりと予想を出してきました。 そしてこの業績予想の前提として• ドバイ原油:25ドル• ブレント原油:30ドル• ドル円為替:105円 で置いています。 この記事執筆時点でドバイ原油は30ドル、ブレント原油は35ドル程度で推移していますので、保守的な予算前提となっている印象です。 ちなみにこちらが原油価格と為替の感応度です。 しかも為替も前提の105円よりも円安となっていますので、実際はもっと収支が改善する見込みですね。 そして気になる配当予想はどうでしょうか。 こちらをご覧ください。 御覧の通り、 今期2021年3月期の配当予想は未定としました。 業績予想は出したものの、配当を減配とするのか維持する方針なのか、そのあたりが現時点で決められなかったのでしょうね。 うーん、株主さんはこの点心配ですね。。。 出光興産の株価は? 出光興産の株価の状況はどうでしょうか。 こちら日足チャートになります。 コロナが本格化する前の2月に2,900円台まで上昇していたものの、その後いっきに暴落し3月に年初来安値となる2,115円を付け、その後反発して足元2,500円台で推移しているという状況です。 最後に:配当予想が待たれる いかがでしたでしょうか。 総合商社同様にコロナショックで資源価格暴落の憂き目にあい、厳しい決算となりました。 ただ個人的な印象ですが、 今期の予算前提の原油価格・為替を保守的に見ているので、上振れ余地はあるのかなと思っています。 一番気になる点は「配当を未定」としているところですね。 いくら上振れ余地といっても2019年度決算ほどまで回復しないでしょうから、今後減配となる可能性も高く、この点がリスクですね。 配当予想をいつ出すのか、ここに今後注目していきたいと思います! ということで今回は以上になります。

次の

出光興産やオリックスの株価は、“理論株価”より60%超も割安!「理論株価より割安な株」と「ROEが高い株」の2つのランキングの上位5位(全10銘柄)を公開!|株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!|ザイ・オンライン

出光 株価

保有する出光興産の株価が気になり、株価予想を見て安心したい気持ちは良く分かる。 だが明日の株価が上がるのか?下がるのか?そんな事を気にするのでは、安定的に利益を手にする事はできないだろう。 自分で投資判断ができないのなら、一旦は撤退して冷静に考えた方が良い。 そもそも大儲けできる投資チャンスは、カモ投資家が保有株をブン投げる相場の暴落時くらいなのだから。 出光興産で儲けるポイント• 毎年、11月前後が底値になって株価の再上昇を再開する傾向にある• 支持線として機能する1,700円前後まで、株価が下落した時に勝負したい• Box相場が長く続き2,400円前後が天井園。 この価格帯で買い向かうなよ!• デイトレを勧める株価予想を信じても、痛い目にあってオシマイ バーゲンセールを待つ忍耐力は、儲かる投資家の必須スキル (2016年6月11日公開) 短期売買を推奨する株価予想を信じる限り、安定的な利益を手にする事はできない 株式投資の短期売買は難易度が高く、普通の人が参入するとボロ負けして相場から退場する事になるだけです。 上位数%のセンスある人が全ての利益を手にする訳で、 株価予想を頼りに売買した日には、光速で資金を溶かす事になるでしょう。 当サイトでは他人の投資情報に頼らず、個人投資家が利益を得る方法について解説しています。 年1回の取引でも十分に満足ができる利益を出す事が可能です。 まずは株価予想の問題点について見てみましょう。 5万円 21万円 年1回の暴落時に売買した場合(後述) 7万円 16万円 5,000円の損失を出した佐藤勝己氏の買い予想 では佐藤勝己氏による株価予想をチェックしてみましょう。 有機ELを「iPhone」に採用するとの情報が伝わってきている事から、関連銘柄として株価が上がると想定し「買」推奨しています。 予想が外れて21万円の投資に対して、損失が5000円です。 たしかに有機EL特需のような形で好業績を出し続ければ、長期的に株価上昇が見込めるかもしれません。 だとしたら中長期的な投資目線で、取引をするべきですね。 しかし株価予想では、1日で売買を終えるデイトレードを推奨しています。 長期投資の目線で短期売買に取り組んで、勝てるとは思えないですね。 簡単に言うと、短距離走を長距離マラソンのイメージで走るようなものです。 惨敗してオシマイとなる結末が、待っているだけですよ。 ちなみに株価予想前後のチャートを見ても、株価は停滞気味で上昇する気配が一切見えません。 投資材料を参考にして取引することは、難しいなと感じますね。 繰り返し注意喚起しますが、短期売買で儲けようと安易に考えない事です。 株価予想がデイトレードのような取引を推奨していたら、決して信じて売買しない事です。 まさに 軍人相手に、素人が株価予想という竹槍を用いて、勝負するようなものですよ。 一瞬で叩き潰されて、退場する事になるだけでしょうね。 個人投資家が、正面からプロ相手に戦いを挑んでも勝てる訳がないのです。 持久戦に持ち込んで、ここぞというチャンスの時にだけ、勝負を挑むべきでしょう。 そんな投資チャンスは、いつ訪れるのか?実は年に1回程度は、最後の買い手が恐怖で保有株をブン投げるような暴落が発生します。 そんな 誰も買いたくない時にこそ、勝負するべきですね。 ただ暴落を待つのでなくて、、と上手に組み合わせると、利益を得る可能性が高まります。 買い場の価格帯まで株価が下落するのを待ち、勝負したい 石油元売り大手企業の出光興産は、石油製品事業、石油化学製品事業、資源(石油開発)事業、資源(石炭他)事業の4部門が収益源です。 売上の8割は石油製品事業が占めており、原油の価格変動の影響をかなり強烈に受ける事になります。 原油価格が安定している時でさえ、営業利益率が1~4%台ですから、収益体質としては今一つです。 項目 内容 コメント 企業名(銘柄コード) 出光興産 (5019) 上場市場 東証1部 業種 石油・石炭製品 株価 2,319円 単元株数と最低購入単価 100株:23万1,900円 時価総額 3,710億円 資本金 1,086億円 発行済株式数 1億6,000万株 浮動株数 992万株 利益剰余金 1,781億円 有利子負債 1兆130億円 保有者比率 外国 19. これは原油価格が半分程度に下落したため、巨額な在庫損失が発生したからです。 在庫損の影響が無ければ黒字でしたが、経営リスクの一つとして考えると、商売としては安定してないと感じます。 では出光興産の過去チャートをチェックして、値動きの特徴を把握しましょう。 2009年まで遡ってみると、11月前後で底値に達してから、株価の再上昇が始まる傾向にあるようです。 チャートを見る限りでは、ですね。 このように投資判断が簡単そうな銘柄を利用する事は、堅実に儲けるコツの一つです。 明日の株価が上がるのか?下がるのか?不安と戦いながら株価を眺めずに、年末頃にバーゲンセールがやってくるイメージを持ち、ゆったりとチャンスを待つスタンスで良いと思います。 さて具体的に直近のチャートを見て、投資判断を考えてみましょう。 まずは投資判断の参考になる支持線、抵抗線を引いてみます。 ぜひを参考になさって下さい。 ここ数年はBox相場が継続しており、1600~1800円が買場の価格帯になりまして、2400円前後が売り場の価格帯になります。 加えて 出光興産は年末頃に底値園に達する傾向が強いので、年後半に1700円前後で買い向かうスタンスで良いでしょう。 具体的にはを参考にして下さい。 仮に上述の投資戦略を採用して2016年12月頃に購入価格帯の1,600円で購入して、2016年3月頃に売却価格帯の2300円で売却すると、 16万円の投資に対して利益が7万円となります。 利益率は43%と、かなり儲かるようですね。 間違っても、売り場(下記チャートの赤色エリア)である1700円前後で買い向かわないように!!この価格帯で購入する人は、最後の買い手のカモ投資家だけである可能性が高く、待っているのは暴落による損失です。 ちなみに現時点では、売却エリアの価格帯に位置するので、購入価格帯付近まで株価が下落するのを待ちましょう。 年末頃に投資チャンスが、訪れるイメージです。 なお最低でも20万円を超える投資資金が必要になるので、これから投資を始める人にとっては精神的に不安になる可能性が高いです。 冷静な投資判断ができる金額から、取引を始めた方が良いですからね。 SMBC日興証券のサービスを利用すると少額取引ができますから、ご検討をおススメします。 最後に出光興産と日経平均株価指数を比較した下記チャートをご覧ください。 相場が好調な時であれば、市場平均の方が良いパフォーマンスを出せたようですね。 相場全体が好調な時期ならば、 を利用しても良いです。 面倒な銘柄選びから解放される上に、平均的な利益を手にする可能性が高いからです。 紺色線:出光興産 ピンク色線:日経平均株価指数 2016年6月時点で管理人がチェックした石油・石炭製品銘柄.

次の