もんじゃ 焼き。 【もんじゃ焼き】とは?由来・発祥は?起源と歴史、作り方を解説

お好み焼きともんじゃ焼きの違いとは?【粉ものライバル!?】

もんじゃ 焼き

概要 [ ] いわゆる「」料理の一つで、小麦粉を水に溶き、鉄板の上に流して焼く料理である。 に似た食べ物であるが、生地の粉液比が非常に低いうえに、などのを一緒に混ぜ込んでしまうため、加熱後の鉄板上においても糊状で固形化しないのが特徴である。 にで押さえつけて焼きながら食べるので、鉄板に接する部分は程良く焦げた状態で歯ごたえもあるが、押さえつけによる加熱が足りない部分などは粘った状態となる。 現在は、東京のと南部・東部、東部と南部に店が多い。 歴史 [ ] 2年 刊の『』に「文字焼き屋」の挿絵があり、この時代既ににもんじゃ焼きに類するものがあったことがわかっている。 焼くときにでを書いて遊んだことから「文字(もんじ)焼き」と呼ばれ、これが訛って「もんじゃ」となったとされる。 現在に繋がるもんじゃ焼きのスタイルはの20年代に誕生し、近辺が発祥地とされる事が多いようである。 当時盛んであったの物流、近代開通した地域の大動脈である、旧であるなどの集積地であるこの付近を基点に、の他の地域に伝播したと言われている(異説もあり。 源流 [ ] 日本におけるの元祖は、の「」であるとされる。 麩の焼きとは、巻いた形がを彷彿とさせる事から、用のとして使われていたもので、茶会の茶菓子としてが作らせていたという。 その「麩の焼き」がに伝わり、に、麩の焼きに使われていたに替えてを巻く「」ができた。 助惣焼はと名を変えて、現在も東京のお好み焼き屋やもんじゃ焼き屋で提供されている。 の「街の姿 」には「文字焼はうどんの粉に蜜を入れて、溶解せしを子供に与え、小なる匙にて文字を書くが如く、自由に銅板の上に垂らせば、直ぐに焼けるを以て文字焼と言う。 」と書かれている。 また、の「明治東京逸聞史2 」にも「饂飩粉に蜜を加えたものを、銅の板の上で、手ン手に焼いて食べる」とあり、江戸時代や明治時代の文字焼きは現在とは異なり甘味のある駄菓子であったことがわかる。 駄菓子屋ともんじゃ焼き [ ] 東京・下町のには、昭和40年代ころまでは大抵もんじゃ焼きの鉄板があった。 駄菓子屋は子供たちの社交場として機能しており、もんじゃを焼く鉄板上での陣取りはゲーム的要素のある遊びとして親しまれていたという。 昭和20年代は物資が欠乏していたため、単にを水で溶き、ソースや醤油で味付けしただけのものが多かったが、昭和30年代になるとやなどの具材が加わるようになっていった。 は自著において、1960年代頃までにみられた初期の形態を「子供もんじゃ」、1950年代に誕生した、、などの具材が伴うものを「大人もんじゃ」、1980年代以降にブームとなった、、など新しい食材を用いたものを「革新もんじゃ」と分類している。 もんじゃ焼きは東京の子供達に広く親しまれていたが、駄菓子屋そのものの減少に加えて、や嗜好の変化もあって、提供する店が激減している。 近年、もんじゃ焼きは東京下町の伝統的な食べ物として全国的に認知されるようになるも、世相の隆盛により客層がやなどに代わったことで単価の上昇を招いた結果、子供たちの小遣いで手の届く価格帯ではなくなってしまった。 それでも下町の一部にはまだ1杯あたり80円 - 300円といった昔ながらの価格で提供する駄菓子屋もんじゃも残存している。 どんどん焼き・お好み焼きとの関係 [ ] にもんじゃ焼きから派生したが生まれ、そしてどんどん焼きは関西にとの名で広まり、それがやに発展していった との説が一般的であったが、近年の研究により明確に否定されている。 呼称 [ ] 東京の年配者の間では「もんじゃ焼き」ではなくもっぱら「 もんじゃ」と呼ばれることが多い。 これを「もんじやき」の訛り、省略形と解釈するならば、現在一般的となっている「もんじゃ焼き」という表現はとなる。 「もんじゃ」以外の呼び方としては、以下のようなものがある。 もじ焼き• もんじ焼き• じじ焼き• 水焼き• ぼったら焼き(川口、浦安など)• おいの• たらし焼、たらし() 東京のもんじゃ焼き [ ] 全域に分布しているわけではなく、古くからの店が残るのは・・・・・等のに限られる。 地区においてもでもんじゃ焼きを提供する店は確認できるが、歴史もなく浸透度は低い。 観光地として有名なのは、とである。 月島西仲(もんじゃ通り) の「西仲通り商店街」は「もんじゃ焼きの街」「」と呼ばれ観光客で賑わう。 月島には現在もんじゃ屋が75店ほどあるが、歴史のある店は数店であり、ほとんどは1980年代後半の「もんじゃブーム」で他の商店からくら替えしたものである。 大半の店はもんじゃ焼きだけではなくも提供している。 「いちごみるくもんじゃ」などアレンジされたもんじゃを提供している店もある。 群馬のもんじゃ焼き [ ] キャベツ以外の具の量は少なく、焦がして食べる事も少ない。 「発祥地は群馬であり特産品のを作った際の余りのうどん粉を水で溶いて焼いたのが起源」としているが、東京のを基点とするにより、途中に伝播しつつ、群馬に伝わったともされている。 では、こどもがおやつ代わりにの打ち粉を水で溶き、を加えて鉄板で焼いたものが「伊勢崎のもんじゃ焼き」のルーツとされる。 その当時は家が多くソースが家庭に無かったため、醤油以外にに使われるイチゴやを入れることがあり、それが現在もとしてイチゴシロップを入れた「あま」、カレー粉を入れた「から」、両方を入れた「あまから」として存在する。 足利もんじゃ 栃木のもんじゃ 焼き [ ] 駄菓子屋のもんじゃと同様に、小麦粉と水のみの水気の多いネタを使いのように薄く焼いて食べる。 焦がすことはないが、食べた跡を放置して「」として食すこともある。 もんじゃ焼きの語源の一つと言われる「文字焼き」の逸話として「で文字を教える際に、薄く焼いた小麦粉の生地に文字を書いた」がある。 しかしの、坂東の大学と評されたと関連付けたはほとんどない。 現存するもんじゃ焼屋は少なく、その中でも多くは「月島もんじゃ」も扱うが、今でも地域由来のではこの足利もんじゃをおやつとして出すこともある。 埼玉のもんじゃ焼き [ ] をはじめ各地で食べられており、(45年)頃のでは駄菓子屋に鉄板のテーブルがあり、もんじゃ焼きは子供たちのおやつであった。 また、の幸町、青木町あたりを中心として、(昭和年間)くらいまでは数店の駄菓子屋で提供されていた。 川口においても呼称は『もんじゃ』ではなく、もっぱら『 ぼったら』と呼ばれていた。 しかし、店主の高齢化などにより駄菓子屋自体が減少し、今ではほとんど見られなくなった。 讃岐のもんじゃ焼き [ ] で有名なには「讃岐のもんじゃ焼き」などと呼ばれる料理がある。 具としての讃岐うどんが入っている事が大きな特徴である。 「の食糧難の時期に少量の讃岐うどんでボリュームある料理を作ろうと内のが考案した」などとされているが根拠に乏しく、また香川県内での知名度も殆ど無い ことから、近年のブームに乗って創作されたものと思われる。 作り方 [ ] 一般的な作り方。 水で溶いた小麦粉と具をすべて混ぜる。 加熱して油を引いた鉄板に、まず具だけを載せて焼く。 具がある程度温まったら、広がらないように土手を作って汁を流し入れる。 よく混ぜて一体化させ、ヘラ(はがし)で鉄板に具を押し付けて焦がしながら食べる。 材料 [ ]• 生地 - 、、あるいはなど• 調味料 - 、など• 野菜 - のみじん切り、など• 乾物 - 、、、、など• 生もの 、、生、など• その他 、、ラメック(ラーメン菓子)など 味付けになどを用いることもある。 は基本的に用いないが、オプションとして追加されることもある。 道具 [ ] もんじゃをはがすための「」は、「」あるいは「はがし」と呼ばれることもある。 幅20-30mm、長さ10-15cmの製で、お好み焼き用のヘラよりもかなり小さい。 東京・などのやなどで販売されている。 で調理する場合は、のヘラを使うとなどのコーティングを剥がしてしまうことがあるため、製やを使用する場合がある。 関連商品 [ ]• - 東京ではこののソースを使用するもんじゃ屋が比較的多い。 - 東京の下町での代名詞となっていたトッピングの定番。 製造中止となったが業務用としては流通しており、一部のもんじゃ屋では用いられている。 もんじゃ焼き - の地域。 袋麺の様なパッケージに、のトレイと食品が入っており、湯または水で練って食べる。 ベビースターもんじゃ焼きせんべい - おやつカンパニーの地域限定商品。 そのまま食べる菓子。 月島もんじゃまん - で限定販売しているの一種。 もんじゃ焼きの具が入っている。 脚注 [ ]• 『街の姿 晴風翁物売り物貰い図譜』、1983年。 森銑三『明治東京逸聞史2』、1969年。 『もんじゃの社会史』、2009年。 2013年8月16日 JB PRESS• 2013年8月16日 JB PRESS• 2015年10月08日 WEB歴史街道 PHP• 近代食文化研究会『お好み焼きの物語 執念の調査が解き明かす新戦前史』、2019年。 岡田哲『たべもの起源事典』、2003年、453頁。 埼玉県やと、ごく一部では「ぼった」「ぼってら」千葉県近辺の一部地域では昔から「のいお」と呼ぶ。 の「ぼったら」は、もんじゃ焼きとはやや異なり、固めでもちもちしている。 「」(制作・系列『』2009年1月10日放送) 関連項目 [ ]• - 助惣巻を原型とする菓子• - が舞台。 主要な登場人物にもんじゃ屋を営む兄弟がおり、劇中、主人公たちがもんじゃ焼きを食するシーンが頻繁に登場する。 『』 - 原作・監督・主演のの映画。 月島商店街町おこしの映画でもある。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

★お好み焼き・もんじゃ焼き「つくし」

もんじゃ 焼き

【当店おすすめメニュー】 【ママより一言】 創業42年、老舗浅草お好み焼き・もんじゃ焼きの「つくし」でございます。 当店、オフィシャルホームページへのご来店、誠にありがとうございます。 創業当時は、お好み焼きともんじゃの2品からのスタートでしたが、お陰様で現在では60品目を越える、豊富なメニューをご提供できるお店になりました。 <浅草に来るとつくしに来ないと…>など<昔から変わらない味でおいしいね!>など、たくさんのありがたいお言葉を頂いております。 現在では、お客様への感謝の気持ちを込めまして【平日限定 食べ放題プラン】を開催致しております。 浅草では42年前からもんじゃ焼き屋を営む、本家本元の元祖浅草もんじゃのお店です。 ビートたけし師匠を初めたくさんの有名人、芸能関係者、格闘家の方々がご来店してくれております。 当店のお好み焼き・もんじゃ焼きはきっときっとお客様を、満足させて上げられます。 是非一度、ご来店なさっていただき、自慢のもんじゃ焼きをご堪能下さいませ。 従業員一同心よりお待ち申し上げております。 浅草という場所を見て楽しみ、食べて楽しみ、そして笑って家に帰って頂ければ私達も一緒に幸せになれます。 三社祭りの町<浅草つくし>で皆様をお待ちいたしております。 代表 店主 神田 菊子 【ランチタイム食べ放題】平日限定AM11:30〜PM14:00迄 男性 1,800円 女性 1,700円 子供 1,200円 中学3年生まで 【食べ放題メニュー】 -ウーロン茶1杯目サービス- -お好み焼き・もんじゃ焼き- イタリアン、豚、ポパイ、チーズ、ポテト、野菜、しいたけ、めんたいこ、生かき、牛挽肉、麻婆、生いか、切りいか、生エビ、コーン、牛すじ、おもち、ねぎ、紅生姜、桜えび、納豆、にら、カレー、キムチ、コンビーフ、ベビースター、たまご、たぬき -麺類- 焼きそば、オムそば、焼きうどん 【修学旅行スペシャルプラン】 事前予約に限り、お一人様1,000円よりご予約・貸し切り承ります。 平日限定のプランになりますが、引率の先生とご相談し対応致します。 ご遠慮せずにご相談下さいませ。 なお、修学旅行など学校行事でのご来店に限りウーロン茶を全員に1杯ずつサービスさせて頂きます。

次の

もんじゃ屋さんや自宅で使えるめちゃうまっ!トッピング5選

もんじゃ 焼き

概要 [ ] いわゆる「」料理の一つで、小麦粉を水に溶き、鉄板の上に流して焼く料理である。 に似た食べ物であるが、生地の粉液比が非常に低いうえに、などのを一緒に混ぜ込んでしまうため、加熱後の鉄板上においても糊状で固形化しないのが特徴である。 にで押さえつけて焼きながら食べるので、鉄板に接する部分は程良く焦げた状態で歯ごたえもあるが、押さえつけによる加熱が足りない部分などは粘った状態となる。 現在は、東京のと南部・東部、東部と南部に店が多い。 歴史 [ ] 2年 刊の『』に「文字焼き屋」の挿絵があり、この時代既ににもんじゃ焼きに類するものがあったことがわかっている。 焼くときにでを書いて遊んだことから「文字(もんじ)焼き」と呼ばれ、これが訛って「もんじゃ」となったとされる。 現在に繋がるもんじゃ焼きのスタイルはの20年代に誕生し、近辺が発祥地とされる事が多いようである。 当時盛んであったの物流、近代開通した地域の大動脈である、旧であるなどの集積地であるこの付近を基点に、の他の地域に伝播したと言われている(異説もあり。 源流 [ ] 日本におけるの元祖は、の「」であるとされる。 麩の焼きとは、巻いた形がを彷彿とさせる事から、用のとして使われていたもので、茶会の茶菓子としてが作らせていたという。 その「麩の焼き」がに伝わり、に、麩の焼きに使われていたに替えてを巻く「」ができた。 助惣焼はと名を変えて、現在も東京のお好み焼き屋やもんじゃ焼き屋で提供されている。 の「街の姿 」には「文字焼はうどんの粉に蜜を入れて、溶解せしを子供に与え、小なる匙にて文字を書くが如く、自由に銅板の上に垂らせば、直ぐに焼けるを以て文字焼と言う。 」と書かれている。 また、の「明治東京逸聞史2 」にも「饂飩粉に蜜を加えたものを、銅の板の上で、手ン手に焼いて食べる」とあり、江戸時代や明治時代の文字焼きは現在とは異なり甘味のある駄菓子であったことがわかる。 駄菓子屋ともんじゃ焼き [ ] 東京・下町のには、昭和40年代ころまでは大抵もんじゃ焼きの鉄板があった。 駄菓子屋は子供たちの社交場として機能しており、もんじゃを焼く鉄板上での陣取りはゲーム的要素のある遊びとして親しまれていたという。 昭和20年代は物資が欠乏していたため、単にを水で溶き、ソースや醤油で味付けしただけのものが多かったが、昭和30年代になるとやなどの具材が加わるようになっていった。 は自著において、1960年代頃までにみられた初期の形態を「子供もんじゃ」、1950年代に誕生した、、などの具材が伴うものを「大人もんじゃ」、1980年代以降にブームとなった、、など新しい食材を用いたものを「革新もんじゃ」と分類している。 もんじゃ焼きは東京の子供達に広く親しまれていたが、駄菓子屋そのものの減少に加えて、や嗜好の変化もあって、提供する店が激減している。 近年、もんじゃ焼きは東京下町の伝統的な食べ物として全国的に認知されるようになるも、世相の隆盛により客層がやなどに代わったことで単価の上昇を招いた結果、子供たちの小遣いで手の届く価格帯ではなくなってしまった。 それでも下町の一部にはまだ1杯あたり80円 - 300円といった昔ながらの価格で提供する駄菓子屋もんじゃも残存している。 どんどん焼き・お好み焼きとの関係 [ ] にもんじゃ焼きから派生したが生まれ、そしてどんどん焼きは関西にとの名で広まり、それがやに発展していった との説が一般的であったが、近年の研究により明確に否定されている。 呼称 [ ] 東京の年配者の間では「もんじゃ焼き」ではなくもっぱら「 もんじゃ」と呼ばれることが多い。 これを「もんじやき」の訛り、省略形と解釈するならば、現在一般的となっている「もんじゃ焼き」という表現はとなる。 「もんじゃ」以外の呼び方としては、以下のようなものがある。 もじ焼き• もんじ焼き• じじ焼き• 水焼き• ぼったら焼き(川口、浦安など)• おいの• たらし焼、たらし() 東京のもんじゃ焼き [ ] 全域に分布しているわけではなく、古くからの店が残るのは・・・・・等のに限られる。 地区においてもでもんじゃ焼きを提供する店は確認できるが、歴史もなく浸透度は低い。 観光地として有名なのは、とである。 月島西仲(もんじゃ通り) の「西仲通り商店街」は「もんじゃ焼きの街」「」と呼ばれ観光客で賑わう。 月島には現在もんじゃ屋が75店ほどあるが、歴史のある店は数店であり、ほとんどは1980年代後半の「もんじゃブーム」で他の商店からくら替えしたものである。 大半の店はもんじゃ焼きだけではなくも提供している。 「いちごみるくもんじゃ」などアレンジされたもんじゃを提供している店もある。 群馬のもんじゃ焼き [ ] キャベツ以外の具の量は少なく、焦がして食べる事も少ない。 「発祥地は群馬であり特産品のを作った際の余りのうどん粉を水で溶いて焼いたのが起源」としているが、東京のを基点とするにより、途中に伝播しつつ、群馬に伝わったともされている。 では、こどもがおやつ代わりにの打ち粉を水で溶き、を加えて鉄板で焼いたものが「伊勢崎のもんじゃ焼き」のルーツとされる。 その当時は家が多くソースが家庭に無かったため、醤油以外にに使われるイチゴやを入れることがあり、それが現在もとしてイチゴシロップを入れた「あま」、カレー粉を入れた「から」、両方を入れた「あまから」として存在する。 足利もんじゃ 栃木のもんじゃ 焼き [ ] 駄菓子屋のもんじゃと同様に、小麦粉と水のみの水気の多いネタを使いのように薄く焼いて食べる。 焦がすことはないが、食べた跡を放置して「」として食すこともある。 もんじゃ焼きの語源の一つと言われる「文字焼き」の逸話として「で文字を教える際に、薄く焼いた小麦粉の生地に文字を書いた」がある。 しかしの、坂東の大学と評されたと関連付けたはほとんどない。 現存するもんじゃ焼屋は少なく、その中でも多くは「月島もんじゃ」も扱うが、今でも地域由来のではこの足利もんじゃをおやつとして出すこともある。 埼玉のもんじゃ焼き [ ] をはじめ各地で食べられており、(45年)頃のでは駄菓子屋に鉄板のテーブルがあり、もんじゃ焼きは子供たちのおやつであった。 また、の幸町、青木町あたりを中心として、(昭和年間)くらいまでは数店の駄菓子屋で提供されていた。 川口においても呼称は『もんじゃ』ではなく、もっぱら『 ぼったら』と呼ばれていた。 しかし、店主の高齢化などにより駄菓子屋自体が減少し、今ではほとんど見られなくなった。 讃岐のもんじゃ焼き [ ] で有名なには「讃岐のもんじゃ焼き」などと呼ばれる料理がある。 具としての讃岐うどんが入っている事が大きな特徴である。 「の食糧難の時期に少量の讃岐うどんでボリュームある料理を作ろうと内のが考案した」などとされているが根拠に乏しく、また香川県内での知名度も殆ど無い ことから、近年のブームに乗って創作されたものと思われる。 作り方 [ ] 一般的な作り方。 水で溶いた小麦粉と具をすべて混ぜる。 加熱して油を引いた鉄板に、まず具だけを載せて焼く。 具がある程度温まったら、広がらないように土手を作って汁を流し入れる。 よく混ぜて一体化させ、ヘラ(はがし)で鉄板に具を押し付けて焦がしながら食べる。 材料 [ ]• 生地 - 、、あるいはなど• 調味料 - 、など• 野菜 - のみじん切り、など• 乾物 - 、、、、など• 生もの 、、生、など• その他 、、ラメック(ラーメン菓子)など 味付けになどを用いることもある。 は基本的に用いないが、オプションとして追加されることもある。 道具 [ ] もんじゃをはがすための「」は、「」あるいは「はがし」と呼ばれることもある。 幅20-30mm、長さ10-15cmの製で、お好み焼き用のヘラよりもかなり小さい。 東京・などのやなどで販売されている。 で調理する場合は、のヘラを使うとなどのコーティングを剥がしてしまうことがあるため、製やを使用する場合がある。 関連商品 [ ]• - 東京ではこののソースを使用するもんじゃ屋が比較的多い。 - 東京の下町での代名詞となっていたトッピングの定番。 製造中止となったが業務用としては流通しており、一部のもんじゃ屋では用いられている。 もんじゃ焼き - の地域。 袋麺の様なパッケージに、のトレイと食品が入っており、湯または水で練って食べる。 ベビースターもんじゃ焼きせんべい - おやつカンパニーの地域限定商品。 そのまま食べる菓子。 月島もんじゃまん - で限定販売しているの一種。 もんじゃ焼きの具が入っている。 脚注 [ ]• 『街の姿 晴風翁物売り物貰い図譜』、1983年。 森銑三『明治東京逸聞史2』、1969年。 『もんじゃの社会史』、2009年。 2013年8月16日 JB PRESS• 2013年8月16日 JB PRESS• 2015年10月08日 WEB歴史街道 PHP• 近代食文化研究会『お好み焼きの物語 執念の調査が解き明かす新戦前史』、2019年。 岡田哲『たべもの起源事典』、2003年、453頁。 埼玉県やと、ごく一部では「ぼった」「ぼってら」千葉県近辺の一部地域では昔から「のいお」と呼ぶ。 の「ぼったら」は、もんじゃ焼きとはやや異なり、固めでもちもちしている。 「」(制作・系列『』2009年1月10日放送) 関連項目 [ ]• - 助惣巻を原型とする菓子• - が舞台。 主要な登場人物にもんじゃ屋を営む兄弟がおり、劇中、主人公たちがもんじゃ焼きを食するシーンが頻繁に登場する。 『』 - 原作・監督・主演のの映画。 月島商店街町おこしの映画でもある。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の