奥歯 部分 入れ歯。 初めての部分入れ歯、噛むと歯茎が痛みます

部分入れ歯とは?特徴から構造・素材・治療費まで解説

奥歯 部分 入れ歯

部分入れ歯とは? 特徴から構造・素材・治療費まで解説 歯医者さんから部分入れ歯を勧められたけど、部分入れ歯ってどういうもの?部分入れ歯はインプラントやブリッジと何が違うの?見た目は自然なの?など、初めての入れ歯に不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。 部分入れ歯は歯を失ったスペースを埋めて歯の機能を補う装置です。 お口に合った部分入れ歯を装着することで、食べ物をしっかり咀嚼し(噛むこと)、飲み込むことができます。 また、歯を失う前と同じように発音が可能になるので会話も不自由しないでしょう。 そして歯が欠損している部分を補うことで見た目の審美面も補うことができます。 天然の歯の色や歯ぐきの色に近い「自然な見た目の入れ歯」を装着することで、歯を失う前と変わらない笑顔により自信を取り戻せるでしょう。 部分入れ歯は、欠損している歯の両隣の歯を支えとし、クラスプという金属のバネをかけます。 バネを隣や周りの歯に引っ掛けるように固定することで、部分入れ歯が浮いてしまわないように支えます。 公的医療保険で使用されるバネは、主に2種類あり、針金のような細いバネ コバルトクロム や、金属の太めのバネ 金銀パラジウム合金・ニッケルクロムなど を使用します。 このバネの役割は大きく分けて3つあります。 1、維持[いじ]・・・部分入れ歯がはずれないように抵抗する働き 2、把持[はじ]・・・噛んだ時や着脱の時の揺れや負荷から支台歯を守る働き 3、支持[しじ]・・・入れ歯の沈み込みを抑え、歯ぐきや骨への負担を軽減させる働き バネの太さはそれぞれ違うの?.

次の

部分入れ歯(部分義歯)

奥歯 部分 入れ歯

奥歯をなんとかしたい方 当院では、奥歯を治す方法として、「ブリッジ」と「入れ歯」の2つの方法で対応しております。 (インプラントでの治療ををご検討中の方は、もご覧ください) まずは、実際の症例をご覧いただけたらと思います。 なお、歯の状態によって、使える方法が制限されることがございます。 (ですので、具体的にどの方法で治療するかは、実際にご来院いただいた上で、決めていくこととなります。 ) 入れ歯を考えている・今使っているものが不便な方 もし、奥歯がすでに無いのでしたら、多分、現在、入れ歯を入れていらっしゃることと思います。 でも、この入れ歯、用途や、目的によって、いろいろな種類があるんですよ! これから紹介する入れ歯は、既に入れ歯をしている方にとっては、ひょっとすると、目から鱗(うろこ)の落ちるような物ばかりかも知れません! 入れ歯だからしょうがない・・・なんてあきらめていた方も、ぜひご一読下さいませ! 大げさかも知れませんが、これからの、人生が、全く変わってしまうかも知れませんよ! 奥歯のお悩み別に、ご紹介しますので、スクロールしてご覧ください!• 》笑ったときに入れ歯の金属の腕の部分が見えてしまうのが気になる方 》2、3本無い奥歯の為だけなのに、入れ歯が大きくて使いづらく困っている方• 》大きく厚ぼったい入れ歯のために、おいしくものが食べられない方はこちら!• 》ビール好きの方必見!ビールがおいしく飲める入れ歯があるんです!• 》装着するときに「引っかける」のがイヤな方必見!引っかけない入れ歯のご紹介!• 》入れ歯を使っているが、噛むときに痛みを感じている方へ 笑ったときに入れ歯の金属の部分が見えてしまうのが気になる方・・・一般的な入れ歯 ここを読んでくださっているあなた様は、おそらく、現在、入れ歯を使っていらっしゃることと思います。 でも、普通の部分入れ歯は、残っている歯に金属の腕(スプリング:専門用語でクラスプといいます)で引っかけていることが多いんです。 そうすると、笑って歯が見えた際に、 その金属の部分がチラリと見えてしまうんですね。 人というのは、見ていないようで、見ている物で、あなたには言わないかも知れませんが、チラリと見えたその金属の部分、しっかりと見ているものなんです。 この入れ歯は、従来の金属の腕の部分を、透明色や歯肉と同じピンク色で製作いたしますので、今までのように入れ歯を装着しているようには見えないんです。 ちょっと、分かりづらいかもしれませんので、実際の写真を載せておきます。 左側が従来の金属の腕のある入れ歯です。 (保険対応で作れる一般的な入れ歯です) そして、右側がおすすめの、金属の腕のない部分入れ歯です。 (ノンクラスプデンチャーと言います) せっかくなので、他の例もお見せしましょう! 左側が、装着時。 そして、右側が外した状態です。 最後に、もう一つお見せしておきましょう。 これは、何カ所かの歯が、数本ずつ無い方の入れ歯です。 人工歯茎の部分を透明にしてありますので、装着していても、ほとんど目立ちません。 ・・・という具合に、いくつかの種類の入れ歯を見ていただきました。 さて、この部分入れ歯、作成するとしたら、何回ぐらい通院する必要があると思います? なんと、 最短、たったの2回の来院で完成いたします! しかも、入れ歯の作成には、通常約2週間かかりますが、 特にお急ぎでしたら、1週間で作ることも可能です! この入れ歯を使うことで、すっきりした笑顔で、親しいお友達と楽しく会話をしていただけたら嬉しいです! 興味のある方は、今すぐお問い合わせ下さい。 ・・・からご覧くださいませ。 奥歯が2-3本無いだけなのに、大きな入れ歯が入っていて、 それが使いづらくて困っている方へ・・・アタッチメント義歯 奥歯が2-3本無いと、非常に困ります。 食べ物を噛み砕けなくなってしまいますからね!! そこで、通常の治療を受けると、無いのは、奥歯だけなのに、 なんとも不格好な大きな入れ歯を渡されてしまいます。 例えば、こんな形です。 (模型を使って説明します!) まず、奥歯の数本が無いとします。 ・・・口の中は、下の写真のような状態です。 そこに装着する入れ歯は、通常、こんな感じになります。 かなり、大きな入れ歯です。 ・・・え?分かりづらい? はいはい、それでは、外してみましょう! 分かりましたか? 現在、使用している方は、当然おわかりでしょうが、これが、奥歯、たったの 2本分の入れ歯なんです! 大きいですよね? 実は、この入れ歯、これよりも全然小さく作れるんですよ! 大きく分けて、2種類のやり方があるので、両方とも紹介いたしましょう! まず、一つ目は、 「アタッチメント義歯」と呼ぶ方法です。 これは、 義歯を維持する歯(通常2-3本)にクラウン(差し歯)を装着し、その一部にアタッチメント(義歯連結装置)を取り付け、小さな義歯のみを装着する方法です。 おっと、これでは、よく分かりませんね。 専門用語ばかりですもんね! それならば、論より証拠。 見ていただくのが、一番早いでしょう! というわけで、写真を見ていただきましょう! これが装着時の模型です。 一番手前の奥歯、2本が入れ歯になってます。 どうやって、固定されているかと言いますと・・・まずは、次の写真を見てください! これが、入れ歯を外した状態です。 歯から、なにやら金属が飛び出てますね! 上から見てみましょう! この様になってます。 つまり、この輪になっている部分に、入れ歯をカチッとはめ込むようになっているんです! そして、肝心の入れ歯本体ですが、 こんな大きさです。 どうです?小さいでしょ?ほとんど、歯、2本分と同じ大きさですからね!! これなら、口の中でも邪魔にならないでしょう。 興味のある方は、今すぐお問い合わせ下さい。 さて、冒頭で言ったとおり、もう一つの方法もご紹介しましょう。 2つ目の方法は 「PFTクラウン義歯」と呼んでいる方法です。 ・・・またまた、専門用語ですみません。 わかりやすく、説明しましょう。 この方法は、 義歯を維持する歯に金属のキャップ(内冠)を装着し、その外側にピッタリ被さるクラウン(外冠)を被せます(金属の茶筒のような感じ)。 しかも、その間に硬弾性プラスティック(人工心臓などに使う樹脂です)のボタンが入り(これは当院のオリジナルです!) クラウンと義歯が一体となった方法なんです。 あれれ・・・。 これでは、まだまだ分かりませんねぇ。 言葉で説明するには、複雑すぎます。。。 それならば、これも写真で説明しましょう! まず、装着した状態がこれです。 (下の写真) そして、入れ歯の部分はこの様になっております。 (下の写真) 一つ目の方法に比べると、歯が2本余分に付いてますよね? これが、この方法の特別な部分です。 入れ歯を取った模型を見ると、 この様な感じです。 銀色の歯が2本有りますが、ここに入れ歯をカチッとはめ込むようになっております。 追伸その1:この方法を応用して、 自分で着脱できるブリッジの製作も可能です。 追伸その2: 一度ブリッジを製作したけれど、のちにその土台となっている自分の歯を抜歯することになり再度、一からブリッジ製作した経験のある方に特におすすめです! というわけで、興味のある方は、今すぐ、お電話かメールにてお問い合わせ下さい。 ・・・からご覧くださいませ。 一度でも義歯を入れたことがある方なら、わかると思いますが、床(ピンクの人工歯茎)がとても違和感があり、食べるどころか、話をするのもままならないと感じたことが有るかと思います。 床の部分は通常、プラスティックでできているため、強度を保つために、通常3-5mmぐらいの厚みが必要となります。 これが、厚ぼったくなる原因です。 さらに言うと、これが、 おいしく物を食べられない原因なんです。 通常、食べ物の味というのは、舌で感じる物なんですが、食べ物をおいしいと感じるときには、味だけでなく、その食感(例えば、硬い、柔らかい、熱い、冷たい、滑らか、などなど。。。 )が重要かと思います。 こうなると、食感は、舌だけでなく、口全体で感じる物だと言うことに気づいていただけますでしょうか? でも、この厚ぼったい床のせいで、その食感をフルに楽しむことが出来なくなってしまうんです。 そこで、当院では、この様な提案をさせていただきます。 なんと、通常、プラスティックで作っている、床の一部を金属で作ります。 そうすることにより、薄く、コンパクトに仕上げることが可能となります。 この部分に使用する金属は、数種類有るのですが、特にチタンを使用すると、とても軽く、しかも上部で、厚みが0.5mm~1.5mm程度とすることが可能となります。 ・・・からご覧くださいませ。 ビール好きの方必見! ビールがおいしく飲める入れ歯があるんです!・・・トルティッシュ義歯 入れ歯をしていらっしゃるビール好きの方へ。 もう、慣れてしまったから分からないかも知れませんが、実は、入れ歯のせいで、ビールの味が落ちてるんです。 「うそだろ?」っておもいました? ちょっと、解説させていただきましょう。 ビールの味は、舌の上やのどごしだけではなく、口全体で感じているんです。 ということは、あの入れ歯の「ものものしい、ピンクの人工歯茎の部分」のせいで、口の中全体に、ビールの液体が行き渡りません。 つまり、知らず知らずのうちに、 ビールを味わう楽しみの何割かを楽しめないようにされてしまっているんです!! ビール好きにとっては、ショッキングな情報ですね。。。 でも、この入れ歯なら、ビールをおいしく飲めるんです! え?どんな入れ歯だって? まぁ、そう慌てないでくださいませ! その名を、 「トルティッシュ義歯」といいます! あぁ、また専門用語ですねぇ。。。 まずは、百聞は一見にしかず、写真を見た方が、分かりやすいと思いますので、まず、写真を見てくださいませ!! いかがですか? 少しはイメージできたでしょうか? さて、改めて、これが、どんな物なのかを、説明させていただきます! この、「トルティッシュ義歯」は、上の総入れ歯(それに準ずる大きさの義歯)の上あごの部分が多層構造のあみ目状となっているんです。 (上の写真は、その模型で、右側半分が、網目状にしてあります) え?・・・それが、ビールの味と、どう関係してるかですって? はいはい、分かりました。 説明させていただきましょう。 この多層構造の網目状の部分ですが、、水分(特にアルコール)の透過が可能となっているんです! だから、飲み物の味がよくわかるようになっております! なお、ここで、「特にアルコール」と書いているのには、理由があります。 あまり知られておりませんが、水の分子よりもアルコールの分子の方が、小さいんです。 だから、ビールがトルティッシュ義歯の網目を通り越して、しっかり味わうことが出来るようになるんですね! ・・・あぁ、ビール好きには、たまらない話です! 私も、入れ歯をしなければいけなくなったら、絶対にトルティッシュ義歯にしようと思ってるんですよ! だって、 仕事の後の一杯が、楽しめなくなっちゃいますからね!! ・・・からご覧くださいませ。 入れ歯を装着するときに、 歯に「引っかける」のがイヤだという方必見! 歯に引っかけないでいい入れ歯のご紹介!・・・マグフィット(磁石) 通常、入れ歯を装着する際には、残っている歯にクラスプ(スプリング)で入れ歯をとめます。 入れ歯という物は、そういうものだから、毎日、毎日、歯に引っかけて留めていることと思います。 でも、このクラスプ、無かったらいいと思いませんか? なんと、クラスプ無しで、入れ歯を留める方法があるんです。 何を使うと思います? ・・・・・なんと、 磁石です! 驚きました? 実際にどういう物なのか、模型を使って説明しましょう! まずは、写真をご覧下さい。 こちらの模型、向かって右側が通常のクラスプ(スプリング)で、残っている歯(犬歯)に引っかけている状態です。 そして、見えにくいですが、左側は、犬歯の部分で磁石でとめています。 (見えにくいって言うことは、見た目が自然できれいだということです!) クラスプの部分を拡大した写真を見てみましょう。 見てのとおり、クラスプが目立ってますね! 食事をしても、この部分に、食べかすが引っかかってしまったりして、清潔とは言い切れません。 それでは、その2つの入歯を、両方とも外した状態をご覧下さい。 向かって右の歯は、残っているそのままの歯。 向かって左の歯は、残っている歯に加工をして、磁石を装着してあります。 最後に、これが、この模型の入れ歯を裏側から見た写真です。 どういう感じなのか、おわかりになりましたでしょうか? なお、この入れ歯、特に、 「すでに部分入れ歯を入れている方で、スプリングをかけている歯が虫歯などの理由で折れたり、抜けたりしたために、いままで使っていた部分入れ歯を、作り直した経験のあるかた」にお薦めです!! なぜなら、スプリングの場合に比べて、 磁石にした場合の方が、入れ歯をとめるための土台となる歯にかかる負担が少なくなり、土台の歯が抜けてしまう可能性を低く抑えられるのです。 さらに、その 土台の歯の露出が減りますので、虫歯になる可能性も低くなります。 つまり、 土台の歯の寿命が延びるんです! ・・・ということは、 その状態で作成した入れ歯を長く使えるということになるんです! しかも、 土台の歯が多少グラグラしていると、スプリングを引っかけることで、 その歯の寿命をさらに 縮めてしまい、 同時に、その時に使っている入れ歯の使用期間も短くなってしまうのですが、その歯に、磁石を装着して土台とした場合、その入れ歯は、スプリングを使った入れ歯に比べて、長い間、使用可能となるはずです! 残っている歯は、貴重な歯ですので、1日でも長く、抜けたり、虫歯になったりせずに、頑張ってもらいたいですよね! そして、同時に、 せっかく手間暇かけて作った入れ歯ですから、なるべく長く使いたいものです! その、 両方の問題を解決してくれるのが、この磁石を利用した入れ歯なんですね! でも、磁石では、お煎餅を噛んだときとかに、外れるんじゃないかですって? この入れ歯で使う磁石は、1個で、最大900gの維持力(つまり、この磁石で、900gのものをぶら下げることが出来ます!)があるので入れ歯を確実にとめますので、食事中に外れることは、滅多にないと思います。 でも、噛み方によっては、外れてしまうこともあるかも知れません。 大きな負荷がかかったために、入れ歯が外れたとしたら、それは、土台の歯に過大な負担をかけないため、つまり、寿命を縮めないためだとお考え下さい。 (逆に、もし、スプリングの入れ歯で同じ状況だとしたら、ものすごい力がその土台の歯に、かかってしまうわけですから、その歯に対する負担は、非常に大きくなってしまいます。 それこそ、その歯の寿命を縮めることになるかも知れません。 ) どうですか? 磁石の入れ歯、なかなかいいと思いませんか? 最後に、もう一つメリットを付け加えておきましょう! この入れ歯は、形がシンプルなので、磨きやすく、衛生的です! ながく、つきあえそうですね! ・・・からご覧くださいませ。 入れ歯を使っているが、噛むときに痛みを感じている方へ・・・特殊総入れ歯(歯茎がすごく痩せてしまっている方向け) 入れ歯を使っていて、食事で硬い物を噛んだりすると、入れ歯の部分が痛くて、思うように食べられなかったりすることがあります。 こうなると、おいしい物を食べるにしても、硬い物が出てきたとたん、食事が楽しい物から、苦痛にかわってしまいます。 この原因、なんだか分かりますか? すべての場合が、そうだとは言い切れませんが、 歯茎や下顎の骨がやせてしまったせいで、痛むことが多いようです。 歯茎や下顎の骨がやせると、入れ歯の安定が悪くなるため咬むと痛みを伴うんです。 さらに、悪いことに、こういうときは、咬んでも力が入らない。 また、入れ歯がすぐ浮いてしまうこともあるでしょう。 いずれにしても、通常の生活に支障をきたしてしまいますので、早めに対策をとることをお薦めいたします。 では、その対策ですが、この場合、どうするかといいますと、通常の入れ歯の製作工程と異なり、時間をかけて(複数回)、アゴの型とかみ合わせを取り、入れ歯を製作いたします。 そうすることで、入れ歯が完成した後に何回も調整しなくてもしっかりと咬める入れ歯を手に入れることが出来るんです! この入れ歯も、どういうものなのか、写真をお見せしておきましょう! わかりますか? 通常の入れ歯とは、だいぶ、形が違うんです。 もう少し、それを理解していただくために、この入れ歯を裏返しにした写真をご覧下さい! ちょっとグロテスクですが。。。 ズバリ、人工歯茎が、通常の入れ歯に比べて、大きめです。 なぜなら、歯茎や下顎の骨がやせてしまっておりますので、その部分を埋めるために大きめの人工歯茎が必要になってくるため、こういう形になるんです。 ちなみに、通常の入れ歯は歯茎に載せるだけなのですが、 この入れ歯の場合は、ほっぺた(頬の内側)で包み込むような感じになります。 そうすることで、 より安定感が生まれ、しっかりと噛むことが出来るようになるんです!.

次の

30代、インプラントと総入れ歯どちらがよいでしょうか?

奥歯 部分 入れ歯

奥歯が抜けたままに放置するリスク 1-1. 挺出 ていしゅつ 歯が抜けたまま放置してしまうと、抜けた歯とそれまで噛み合っていた歯が空いたスペースを埋めようと伸びてくる可能性があります。 これは歯が根本から歯肉の外に出て来ている状態で、歯自体が長く伸びている訳ではありません。 挺出を放置してしまうと更に歯は伸び続け、最終的には抜けてしまいます。 一度伸びてしまった歯は元には戻せないので、挺出し始める前に歯を補う治療を受けるようにしましょう。 1-2. 傾斜 歯が抜けたままでいると、失った歯と隣り合っていた歯が空いたスペースを埋めるように傾いてきます。 歯が傾くと噛み合わせが悪くなり、正常な噛み合わせとずれた噛み癖がついてしまったり、局所的に負担が掛かってしまったりなど、健康な歯への影響も出て来ます。 噛み合わせが悪くなると、体全体のバランスも崩れ、肩こりや腰痛、頭痛や目眩などの体調不良にも繋がります。 全身的な不調を防ぐ為にも、歯が抜けてしまった場合は早い段階で歯科医院を受診しましょう。 1-3. 噛み締め 物を持ち上げる時や、スポーツなどで瞬間的に力を入れる時など、奥歯でグッと踏ん張ったり噛み締める事で力が出ます。 その為、 噛み締める歯が無いままそれまでと同じ負荷がかかると、残っている歯への負担が大きく、力の掛かり方によっては歯が欠けてしまったりぐらついてしまう事があります。 反対に、歯が抜けたままでいると奥歯で噛み締める事が出来なくなり、スポーツをする時に今までのような力を発揮出来なくなる事もあります。 きちんと治療をする事で、噛む力を取り戻し、他の歯の健康も守る事が出来るので、どんな治療法がご自身に合っているのか歯科医師にご相談下さい。 1-4. 機能面での不具合 奥歯が無いと、空いた隙間から空気が漏れる事により、「き」「し」「ち」といった音が発音しにくくなります。 又、お食事の際には奥歯が無い事で十分に噛む事が出来ず、消化不良になってしまう事もあります。 噛めない場所を避けて噛み続けていると、お顔の筋肉のつき方が変わり、輪郭に変化が出て来る事もあります。 奥歯が無くても、最初は問題無く過ごせると思われるかもしれませんが、長期間に渡り放置する事で様々な問題が生まれてくるのです。 歯が抜けた時には、放置する事無く歯科医院を受診しましょう。 1-5. 1番奥の歯が抜けた場合 抜けたのが1番奥の歯であった場合、手前の歯が健康な状態で噛み合わせにも問題が無ければ、そのまま何もしなくても良いと判断する歯科医師もいるでしょう。 その場合は、歯科医師の診断通り何もせず、定期検診の際に歯全体の状態を診てもらえば良いでしょう。 何か不便な事があれば歯科医師に相談し、必要に応じてブリッジや入れ歯、インプラントのいずれかで歯を補う治療を進めて下さい。 奥歯が抜けた際の治療方法 2-1. ブリッジができない歯 ブリッジは、失った箇所の両隣の歯を土台にして、連結した人工歯を被せる治療法です。 保険でブリッジを作製する場合、奥歯は連続して2歯の欠損(歯が無い状態)までなら適用されます。 連続して3歯以上の欠損となると、保険で作製する事は出来ず自費となります。 又、1番奥の歯が抜けた場合は、例え補うのが2歯以内であっても保険での作製は出来ません。 延長ブリッジという、手前の2歯を支えにする特殊な作りのブリッジになる為、自費での作製となります。 延長ブリッジは、1番奥の歯の部分が浮いた状態になる為、手前の2歯に掛かる負担が大きく、あまり勧められないという歯科医師もいます。 手前の2歯の健康状態によってはブリッジに出来ない事もありますので、その場合は、部分入れ歯かインプラントをご検討下さい。 ブリッジの作製費用は、保険で作製される場合奥歯1歯欠損で約11,000円、自費で作製される場合は、歯科医院や使用される材料によって差がありますが、ブリッジのみの値段は1歯欠損で5万円〜15万円程が相場と言われています。 しかし、自費で作製される場合は、全ての作製工程が自費となるので、総額だと15万円〜45万円程掛かるでしょう。 ・ブリッジ治療については、以下の記事で詳しく説明しています。 2-2. 奥歯の部分入れ歯の種類 部分入れ歯は、欠損本数が何本であっても保険で作製する事が出来ます。 歯が抜けた場所や本数により形はさまざまですが、左右片方の奥歯が抜けた場合には、通常抜けた歯の両隣の歯にクラスプという金属のバネを掛けて装着します。 左右両側の奥歯が抜けた場合や、片側だけでは安定性が悪い場合は、反対側の歯にもクラスプを掛け、歯茎と同じ色のプラスチックの材料を上あごや下の歯の裏に沿わせるような形で両側にまたがった入れ歯を作製する事となります。 1番奥の歯が抜けた場合は、両隣の歯にクラスプを掛ける事が出来ない為、手前の歯何本かにクラスプを掛けますが、安定性を考慮し両側にまたがった形にする事もあります。 両側にまたがる入れ歯だと、上あごや下の歯の裏に掛かる プラスチックの厚みが気になるという方もいらっしゃいます。 そういった場合は、自費(保険外)での作製にはなってしまいますが、プラスチック部分を金属にした入れ歯にすると、入れ歯を薄く仕上げることができ、違和感が少なく使用することができます。 2-2-1. 自費の部分入れ歯の種類 クラスプが目立つのが気になるという方(入れ歯が見えないようにしたい方)には、 クラスプ部分がピンク色のプラスチックで出来ているノンクラスプデンチャーや1本〜全ての歯が抜けた方用のコンフォートソケットという入れ歯があり、歯茎と色が馴染む為、入れ歯が目立ちません。 両方とも、保険のものとは違う特殊なプラスチックを使用しており、自費での作製となります。 より審美性と安定性に優れた入れ歯は、歯の根っこに金属の土台を立て、その上から入れ歯を被せるアタッチメント義歯や、コーヌス・テレスコープという種類もあります。 コーヌス・テレスコープの場合は、技術的にも非常に難しく、費用も100万円を超える高額になる場合が多く、歯科医院によってはお取り扱いの無い場合もあります。 2-2-2. お悩みのない入れ歯にする為に 入れ歯の場合、 材質を保険外の自費のものを使用すれば、お悩みが必ずしも解消できるという訳ではなく、歯科医師や、入れ歯を作る歯科技工士の高い技術がとても重要になります。 お悩みの方は、かかりつけの歯科医院に、歯の状態と合わせてよく相談されるてみてください。 ではこのほかにも沢山の入れ歯の種類を取扱っております。 部分入れ歯の作製費用は、保険で作製される場合は上下いずれか1つで5,000円〜13,000円程。 自費でのお作りになると金属床は上下いずれか1つで40万円〜、ノンクラスプデンチャーは20万円〜、アタッチメント義歯は30万円〜というのが相場です。 いずれも歯の本数や歯科医院の値段設定により大きく変動する可能性があります。 ・部分入れ歯の種類については、以下の記事で詳しく説明しています。 ・部分入れ歯の費用については、以下の記事で詳しく説明しています。 2-3. 奥歯のインプラント 奥歯にインプラントを入れる場合、奥歯の近くには上顎洞や下顎管という神経や血管が通っている場所がある為、より慎重に治療を進める必要があります。 上顎洞や下顎管を傷付けてしまうと、手術後に痺れや麻痺などの後遺症が残る場合があります。 こういった危険性を回避する為には、しっかりと骨の厚みがある事が大切になってきます。 奥歯の骨が薄い場合は、インプラントを埋め込む手術をする前に、まず骨を増やす手術をしなければなりません。 奥歯は前歯に比べて遥かに噛んだ時の負荷が大きく掛かるので、そういった点でも骨に厚みをもたせる事は大切なのです。 安全に手術をする為にも、長くインプラントをお使い頂く為にも、事前の検査をしっかり受けて下さい。 インプラントの作製費用は、1歯20万〜30万円程と言われていますが、骨を増やす手術など処置が増えるとそれだけ費用も掛かってきますので、治療を開始される前に全ての治療に掛かる費用について確認して下さい。 ・良いインプラントをする条件については、以下の記事で詳しく説明しています。 ・インプラント治療と健康状態については、以下の記事で詳しく説明しています。 ・1本はを失った時のインプラントについては、以下の記事で詳しく説明しています。 まとめ 今回は奥歯が抜けた場合の治療法、放置する事の危険性をご紹介致しました。 歯はそれぞれ違う役割を持っている為、その部位によってブリッジの種類やインプラントの前処置、部分入れ歯の形など、適したものが変わってきます。 何故その治療が必要なのか、何故その種類が適しているのか、そういった疑問があれば、その都度歯科医師にご確認頂き、納得のいく治療を受けて下さい。

次の