弾い て みた 著作 権。 カラオケ歌唱動画をYouTubeに投稿した男性が著作権法違反で敗訴。SNS上の「歌ってみた」「弾いてみた」「踊ってみた」アウトとセーフの判断基準

「踊ってみた」動画、ダンスに著作権はある?

弾い て みた 著作 権

Candy and TrappyのTORU です。 以前、YouTubeにて公開した、ディズニー映画トイストーリーの主題歌「君はともだち」の弾いてみた動画が著作権違反の申し立てをされてしまいました。 JASRACとYouTubeのルールは守ってたと思う。 ペナルティは無いにしろショックでかい。 引き続き YouTube には表示されますが、一緒に広告が掲載される可能性があります。 これが第三者の曲をカバーして演奏した動画である場合は、この動画から収益を受け取ることができます。 収益受け取りの設定を変更するにはこちらをクリックしてください。 この申し立てによって、アカウントにペナルティーが科されることはありません。 この動画に適用されるポリシーについて詳しくは、著作権情報のページをご覧ください。 - YouTube チーム 君はともだちはジャスラックが管理しています。 ジャスラックとYouTubeは包括契約を結んでいるので、CDなどの公式音源を使うのはダメですが、全ての楽器を自分で演奏するのはOKなんですよね。 全部自分で演奏・打ち込みをしている外国のバンドや弾いてみた系YouTuberが多いのもこういった背景があると思います。 JASRACと許諾契約を締結しているサイトでの利用であれば、一定の条件のもと、動画の投稿者が個別にJASRACの許諾を得なくても、JASRAC管理楽曲を含む動画をアップロードすることができます。 引用: 全ての楽器を自分たちで演奏しているCandy and Trappyのカバーでもダメということは、ピアノの弾き語りやアレンジした動画もダメになるかと思うので、今回の申し立ては非常に疑問が残ります。 (疑問については後ほど解決しましたので後述) ただ、YouTubeには著作権侵害があると申し立てされた場合、「異議申し立て」を行うことができるので実際にやってみました! 異議申し立てとやってみた結果 著作権者の団体を調べてみる まずは著作権侵害を申し立てた会社をネットで調べてみます。 著作権管理画面 上記画像を見てみると、著作権を訴えている団体が2つ。 EMI Music Publishing• UBEM EMIについてはソニーのグループ会社です。 UBEMはYouTubeと契約を結んでいるブラジルの音楽出版社とのことですが、どういった団体かは分からず仕舞い。 ただ、検索するとSony ATVのページが表示されるので、EMI同様、UBEMもソニーと何かしら関係があるのかと思います。 確認が必要なのはちゃんとした会社かどうかの判断なので深くは調べません。 異議申し立てをしてみる まずは著作権権利画面から「異議を申し立てる」をクリック。 すると、異議を申し立てる理由がいくつか表示されるので、今回は「正当な権利所有者からこのコンテンツを使用するライセンスまたは許可を得ています。 」を選択しました。 非営利かつ、YouTubeと包括契約しているジャスラックのルールに沿っているため。 該当すると思われる理由にチェックをし、次のページに飛ぶと今度は説明を要求されます。 僕が打ち込んだのは以下の通りです。 外国の会社なので、英語も記載しました。 この動画に使用されている音源に関する全ての楽器演奏、及びミックス、マスタリングは私どもが行っており、オフィシャルの音源は一切使用しておりません。 All musical instruments, mixes and mastering related to the sound source used in this video are done by us, and no official sound source is used. 異議申し立て理由にチェックして説明欄に記入したら、最後に以下の文章にチェックを入れて署名して完了です。 私は上記の申し立てが誤認に基づいており、上述の理由により、自分の動画にそのコンテンツを使用するのに必要な権利を所有していると確信しています。 私は故意に虚偽の陳述を行ってはおらず、この異議申し立て手続きを乱用して他者の権利を侵害しようという意図もありません。 また、不正な異議申し立てを行うと YouTube アカウントが削除されることを理解しています。 私は、申し立てを行ったユーザーが私の異議申し立てを審査するために私の動画を視聴できるようになることを理解しています。 署名とはチャンネル名ではなく、異議申し立てを行った自分のフルネームのことです。 異議申し立ての結果は・・・・ Candy And Trappy 様 お客様の異議申し立てを確認した後、EMI Music Publishing さんは著作権侵害の申し立てが依然として有効であるとの結論に達しました。 異議申し立てとして挙げた理由が不十分または無効です。 - YouTube チーム 却下されてしまいました。 もう一度異議申し立てをすることが可能なのですが、同一動画で2度目の異議申し立てをして同じ結果になった場合、動画の削除とペナルティが課せられる可能性があるとのことで、異議申し立てをもう一度するか否かの前にもう一度YouTube上の著作権の取り扱いについて調べてみました。 【弾いてみた系YouTuber大打撃】カバーでも著作権侵害になり得る!? 曲によってはカバーの収益化は大丈夫になっていたりと、ポリシーは統一されていない様子。 上画像がどういう意味なのかを説明します。 この曲を使用する場合の条件• 再生:248か国ブロックされています(動画の削除・音声の削除対象)• 広告:広告は表示されます ブロックされているのに広告は表示されるって不思議ですよね。 上記を読んで「どういうこと?」と思った方もいるかと思います。 これは、動画や音声を削除することも、削除せずに広告表示して著作権者が収益を得ることもできるということのようです。 簡単に言うと、どういう対策をされるかは著作権者に委ねられている状態と言えます。 カバー演奏した場合• 再生:全ての国で再生されます• 広告:広告は表示されます カバー演奏した曲も著作権者の収益となる模様。 Twitterで愚痴っていましたが、今回は僕がお門違いな文句を言っていたようです。 YouTubeとニコニコ動画で使う音楽は自前の演奏ならOKという認識があったので弾いてみたの意識が変わりました。 しかし、有名曲がこのようにしっかりと音楽ポリシーを表示しているのであれば、突然削除されてしまうという不安要素を回避することができるので安心ですよね。 ちなみに カバー動画の広告収益が全て著作権者に行くのか、それとも分配なのかは動画によって異なります。 まとめ.

次の

【YouTube】著作権侵害に異議申し立てしたら撤回してもらえた件について

弾い て みた 著作 権

メタル・ラウド系6弦ベーシスト 轟音ファクトリーのSUMI-chang すみちゃん です。 いろいろ調べた結果、• ソロベース動画をに• カバー動画をに アップすることにしました。 どうして別々の動画サイトにアップすることになったのか、理由を説明します。 と 弾いてみた動画でよくあるパターンが、 アーティストの原曲 CD音源 に自分の演奏を重ねてアップしてあるもの。 僕もこういった形で好きなアーティストのカバーを「弾いてみた動画」としてアップしたかった。 しかし、これは 法的にアウトらしい。 動画投稿サイトにおける音楽利用について のページで確認しました。 自分で演奏したもの これは当然オーケー• 自分の演奏に合わせて歌唱したもの バックも自分で演奏してればオーケー つまり、アーティストの音源を使用せず、 ぜーんぶ自分で演奏してたらいいよ。 ということらしい。 打ち込み でバッキングトラックを作るのもオーケーなんだって。 何が アウトかというと ・ レコード会社等の許可を受けていないCD音源 市販のCD音源や上の音源はもちろんアウト。 CD音源を切り抜いたり、音質を変えたり、音程を変えたりするのもダメ。 にアップされてる「弾いてみた動画」ほとんどアウトやん。 確かにギターやベースは「自分で」弾いているけど、思いっきりCD音源使ってるよね? 中にはアーティストや作曲者から直接許可をもらっている動画やフリー音源もあると思うので、CD音源=ではありません。 誤解なさらないように…。 みなさんのよく知っている「弾いてみた」動画って、アーティストの音源を許可なく使っている場合、グレーどころか完全な 黒。 訴えられたり削除されたりしてないだけで、立派な。 一応にはのある楽曲かどうかを自動検知するシステムもあるらしいですが、それをかいくぐった動画に関してはレコード会社・アーティストは 黙認しているという解釈でいいのかな?あまりに数が多くて「 」状態ってことですね。 みんなが渡ってるからって、やっぱり赤信号は怖いよなぁ 真面目。 わざわざ打ち込みでを作るのもめんどくさいし…ということで、 にはCD音源を使った「弾いてみた」動画はアップしない! それでもやっぱり、天下の。 どうせアップするならみんな使ってるがいいよね。 だから、ベースのみの 「ソロベース動画」をにアップしよう。 それがいい。 弾けるかどうかは別にして。 アーティストの音源を使いたい人は アーティストの音源をバックに弾いてみた動画をアップしたい人は「」へ。 ややこしい説明は抜きにして結論から言うと、 以下のページで楽曲検索してヒットすれば、そのCD音源を使った動画をアップしてもいいらしい。 さっそくカバーしたかったの" Pull Me Under"を検索してみたら、ありました。 やったね。 アーティストの音源を使った動画は、にアップすることにします。 おわりに 調べてみてわかったのこと。 中にはかなり詳細に権利について考察してあるサイトもあり、大変勉強になりました。 法的な解釈については様々なご意見があると思うので、今回の記事で「間違っている!」と思われる記述がありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。 アーティストの魂がこもった楽曲を大切にしながら、「弾いてみた」動画制作楽しもうと思います。 sumichang6bass.

次の

NexTone、YouTubeから再生数に応じた著作権料徴収へ 弁護士が語る法的ポイントは?

弾い て みた 著作 権

運営者の夢生 いぶき です。 Youtubeでは様々な楽曲のカバーや歌ってみた動画、 弾いてみた動画などが、投稿されていますね。 私もDTMで自作の曲を投稿したり、 カバー音源などを投稿しているのですが、 『カバー曲に関する著作権』などが気になって仕方がなかったです。 『どこまでがセーフでアウトなのか』がわかりづらいし、 実際、アーティストの原曲に合わせて、ギターを弾いている動画などが、 未だに沢山あります。 難しい話題は省いて、この記事では Youtubeに限定してこんな疑問を解消したいと思います。 これから演奏動画やカバー動画を投稿したいけど著作権が気になる• 弾いてみたや歌ってみた動画のOKラインとNGのライン• コピーバンドやカバー演奏の動画、音源の投稿について• Content ID の申し立てがあった場合• 動画がブロックされた場合• YoutubeとJASRAC YoutubeとJASRACとの間で 包括契約なるものが結ばれているため、 弾いてみた動画や歌ってみた動画を投稿するのは可能となっています。 著作権の使用料についてはYoutube側からJASRACに支払われているため、 投稿する人たちはルールを守ってさえいれば、恐れる心配はありません。 好きなアーティストの曲を歌ったり弾いたりするなら、 守るべきことは守るのが最低条件です。 原曲の使用は基本的にはNG 歌ってみたや弾いてみた動画で多いのが、原曲に合わせたものの投稿。 曲によっては著作権者が広告料を貰うのでOKという場合もあるそうですが、 原曲の使用は基本的にNGと思っていた方が良いでしょう。 もちろん、 ライブ音源などで合わせるのもNGです。 自分で全て演奏、打ち込みしたものならOK 全て自分で演奏なり打ち込みをした音源を使ったものの投稿、 DTMで制作したり、バンドメンバーとカバー演奏という名目での投稿はOKです。 また、Youtube上で誰かがカラオケ音源を制作していた場合、 その人に許可をとって自分の演奏や歌をあわせるのもOKです。 つまり、 原曲の使用はダメだけど、原曲通りに全て演奏したもの、 アレンジして演奏したものの使用は良いということです。 これをふまえて考えると、弾き語り等も 同じ条件です。 コピーバンドやカバーバンドの動画投稿 基本的には歌ってみたや演奏してみた動画と 変わらない位置づけになるので、投稿OKです。 ただ、 演奏した曲の中に使用許可が無いものはNGです。 そして 著作権とは別にもう一点注意することは、 肖像権やプライバシーの問題ですね。 ライブハウス等で 自分たちのライブ中の映像を投稿する場合、 お客さんが映っていることがありますね。 バンドメンバーであれば、 動画投稿の許可を取るのは容易ですが、 お客さんの顔が映っている場合は、 モザイク処理をするなど、適切な対応を 心がけましょう。 使用できる楽曲を調べる方法 JASRACと契約を交わしている以上、 使用できるのはJASRACと契約している楽曲のみ。 あとはアーティスト側が広告料を貰うということで OKを出しているものです。 海外の楽曲はJASRACの管轄外のものが多いので、 しっかり調べましょう。 調べる方法としては、Youtubeにログインし、 アカウントのアイコンからクリエイターツールへ行きます。 画面左側のメニューバーにある作成をクリックし、 音楽ポリシーをクリックすれば、検索ページになります。 そこで、アーティスト名や曲名で検索をすれば、 使用できるかできないかが、表示されます。 Content ID の申し立てがあった場合 投稿した動画の中に、「第三者の著作物が含まれている」という報告で、 ものによっては、『著作権者に広告料が払われますよ』という通知。 Youtubeの音楽ポリシーを調べても、使用可能であっても、 楽曲の著作権者が動画を収益化する場合は広告が表示されるとあるので。 好きなアーティストの援助になるのであれば、これはこれで良いですね。 ただ、少々『警告』のような印象もあるので、心配になるかと思います。 もし、心配ならば動画を削除するなどして対応すればなんら問題ありません。 動画がブロックされた場合 ルールを守っていても、たまに動画がブロックされてしまうことがあります。 そういった場合は、もう一度音楽ポリシーページで調べたり、 使用できるかできないかを確認しましょう。 その上で、問題があった場合は削除しましょう。 もし、問題が無かった場合は異議申し立てを行うことで、 ブロックが解除されます。 最初、この通知が来ると少々焦りますが、 何も違反していないのであれば、心配ありません。 ルールを守って楽しく利用しよう Youtubeの規約も今後変更される可能性もあるので、 その際はまたこのページも書き換えたいと思います。 不足している細かい情報は長くなりそうなので、 別記事でまとめてリンクしようと考え中です。 音楽を作ったり、芸術を産むのは結構な労力が必要です。 全てのアート作品は著作権者の権利を侵害しない範囲で、 楽しく利用しましょう。

次の