競馬 ネット 購入 ゆうちょ。 JRAの即パットにゆうちょ銀行で登録したんですが…全く入金出来ないし…

即PATで、馬券購入のゆうちょの手数料がかかるみたいですが、わからない点が...

競馬 ネット 購入 ゆうちょ

Q 即PATの出金処理について、JRAの即PATのQ&Aで、いまいち理解できない部分がありますので教えてください。 「払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられますので、馬券の購入ごとに入金処理をおこなう必要はありません。 」 「ご利用のネット銀行の提携ATMから馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります(これを「出金処理」と呼びます)。 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます。 ただし、競馬開催終了前に提携ATMからの引き出しを希望される場合は、会員ご自身で出金処理をおこなうこともできます。 」 この文章で、 1 払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられます 2 馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります 3 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます 1 と 2 は内容の意味が繋がるのですが、 3 の「自動的におこなわれます」が 1 と 2 に内容が繋がりません(理解できません) イーバンクで即PATご利用の方がいましたらよろしくお願いします。 即PATの出金処理について、JRAの即PATのQ&Aで、いまいち理解できない部分がありますので教えてください。 「払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられますので、馬券の購入ごとに入金処理をおこなう必要はありません。 」 「ご利用のネット銀行の提携ATMから馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります(これを「出金処理」と呼びます)。 出金処理は競馬開催終了後(通... A ベストアンサー 具体例で言うと、こんな感じですかね。 銀行口座の残高1000円の状態で全額入金指示して全額投票券を購入し、それ が的中して10000円の払い戻しがあったとします。 この10000円で次のレース以降の投票券を購入することはできますが、この 時点ではまだ銀行口座の残高は0ですので、現金を引き出すことはできません。 このまま放置しておくと、この10000円は、自動的に日曜の夜に銀行口座に 移り、現金引き出しが可能になります。 A ベストアンサー 私も即PATを登録して使用しておりますが、何も今のところ送られては来ません。 3ヶ月立ちますが ですが口座の入出金での記録が残りますので こっそりは無理です 家族が今残高はいくらかな? とか今月の取引は? なんて見たときには 速攻でばれます だって チュウオウケイバ って書かれてしまいますから ですがそこを見られないと言う自信があるのなら大丈夫でしょう ジャパンネットバンクからは入出金の明細は送られてこないですし 即PATの登録はすべて画面上だけだし 当然パスワードやコード番号などは印刷しておくか 携帯にでもメールで飛ばしておくことをしておく方が良いのですが まあ大丈夫と思いますよ。 ダメ元でしてみるのかな。 もし年齢が足りてないのならだめですよ。 A ベストアンサー 即PATユーザです。 まず勘違いしてる方も多いのですが、申込みに抽選があるのは「A-PAT」です。 一度単語を整理しましょう。 【A-PAT】 従来の電話投票のサービス名です。 (要抽選) 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) ・ARS方式(電話) ・PAT方式(パソコン専用ソフト、専用端末) 【即PAT】 ジャパンネットバンクの口座を持っている人が利用できる電話投票サービス名です。 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) つまりA-PATでも即PATでもI-PATは利用できます。 即PATの手数料は無料です。 競馬用口座への入金手数料も無料ですが、1日に入金を3回以上すると、3回目から1回につき15円の手数料がかかります。 また節(土日)が終わると自動的に残額はジャパンネットバンクの口座に振り込まれます。 (手数料無料) ただしジャパンネットバンクの口座を開設することから、銀行の口座手数料が必要となります。 (月額105円) なお口座維持手数料は一定の条件を満たせば無料となります。 (月平均10万円以上預金しておく/月に2回以上振込みがある/キャッシング機能付きのキャッシュカードを作る等) ということで基本的に手数料はかかりません。 ジャパンネットバンクの口座維持手数料についてはキャッシング機能付きのキャッシュカードを申し込めば無料(キャッシングを使わんなくても良い)ですし、それが嫌なら月に2回競馬用口座にお金を移し、ジャパンネットバンクの口座に振り込んであげればよいでしょう。 即PATユーザです。 まず勘違いしてる方も多いのですが、申込みに抽選があるのは「A-PAT」です。 一度単語を整理しましょう。 【A-PAT】 従来の電話投票のサービス名です。 (要抽選) 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT方式(インターネット) ・ARS方式(電話) ・PAT方式(パソコン専用ソフト、専用端末) 【即PAT】 ジャパンネットバンクの口座を持っている人が利用できる電話投票サービス名です。 以下の方式にて馬券購入が可能です。 ・I-PAT...

次の

競馬のネット購入をスマホで始める方法!馬券購入は簡単だった。おすすめは即PAT|ゆうちょでの投票も簡単|うましる

競馬 ネット 購入 ゆうちょ

馬券はスマホ購入できる時代 スマホで手軽に馬券を購入できるのが『即PAT』と呼ばれる方法です。 スマホならではの簡単な操作で投票ができるので、手軽に競馬を楽しめるようになりました。 即PATが対応しているのは『iOS』または『Android』を搭載しているスマホが対象です。 使用するブラウザは初期搭載のもので問題はないので、スムーズに使い始めることができます。 国内競馬のほか海外競馬の投票も可能 即PATのメリットは、国内競馬の馬券に限らず海外競馬の投票も楽しめるというところ。 ネット投票の販売時間を守れば、開催される国内外のレースの投票ができるので色々な予想ができるのも楽しみの1つです。 発売開始と締め切りの時間 ネット投票の『販売開始時間』は、地方競馬の場合が『10:00スタート』で、海外競馬の場合が『前日7:00または、当日7:00』です。 海外競馬の場合にはそのほかの注意点などもあるためJRA公式サイトを確認しておきましょう。 『締め切り』は地方競馬の場合『レース発走の4分前』、中央競馬の場合『レース発走の1分』、海外の場合『発走予定時刻の4分前』です。 ネット投票でもギリギリまで予想ができるので、しっかりと用意しておきましょう。 即PATの会員になる必要がある 即PATは便利なサービスですが、会員登録をすることで初めて使えるものです。 会員のサービス内容とシステム利用料など、知っておきたい即PATの基本を確認していきましょう。 サービス内容とシステム利用料 即PATのサービスは、1カ月の利用制限や、面倒なシステム利用料はないので、無料会員登録だけで使えます。 新規登録は馬券投票券の販売時間帯のみなので、深夜などに登録はできないという部分を覚えておきましょう。 馬券購入時に決済される口座は『JRA指定銀行の普通口座』です。 利用可能な銀行については後述します。 馬券投票券は1回あたりの最低購入額は100円なので、通常の馬券と変わらない価格で投票ができます。 また、『JRAが指定している販売レース』であれば、どれでも購入できるのも便利なポイントです。 加入手続きは口座によって分けられているため、JRA公式サイトの『加入手続きガイド』を確認してみましょう。 利用可能な銀行は? 即PATでの決済に使う口座は『JRA指定銀行の普通口座』です。 ジャパンネット銀行• 楽天銀行• 三井住友銀行• 三菱UFJ銀行• 住信SBIネット銀行• ゆうちょ銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• じぶん銀行 上記の普通口座であれば問題ありません。 口座を開設する場合は約1〜3週間かかるので注意してください。 すでに口座がある場合は、即日で馬券の購入が可能です。 ポイントが貯まる銀行も 楽天銀行では『ハッピープログラム』と呼ばれる優待プログラムの対象です。 楽天銀行を使って即PATを利用することで『楽天スーパーポイント』を貯めることができるサービスで、お得にポイントを貯めることができます。 無駄な手間がいらず、即PATへ入金することで貯まるので、『競馬を楽しんでいる間』に溜まります。 振込手数料などの費用を貯まったポイントで補えるのでお得です。 スマホでのログインから投票まで 会員登録をしたらスマホでログインして投票をしていきましょう。 専用のアプリはないので、既存のブラウザで専用のページを開いてログインをして、投票を進めていきます。 ログインから入金までを確認していきましょう。 ログインして入金 まずはスマホで専用のページを開きます。 スマートフォン投票サイトにアクセスをしたら、『ネット投票ログイン』をしてみましょう。 アクセスできるのは投票受付時間のみなので注意してください。 ログインを行った後は、『入出金メニュー』を開きます。 入金指示に従い、入金金額を入力して手続きを続けていきます。 暗証番号の入力の後、入金指示結果が表示されればOKです。 投票前に必ず入金を行っておかないと、馬券の購入手続きができないので注意してください。 通常投票とオッズ投票が簡単にできる 即PATに入金をしたら投票をしていきます。 即PATでは『通常投票』と『オッズ投票』を使うことができます。 投票したい種類を選んだら、指示に従い項目を埋めていきましょう。 通常投票とオッズ投票のどちらも画面の指示に従って、入力していくだけなので簡単操作で馬券の購入ができます。 『入力を間違えたら戻るボタンを押す』ようにして、ブラウザの『戻る』を使用しないように注意してください。 1着的中を狙うWIN5投票 5つのレースの1着馬を予想して当てるのが『WIN5投票』です。 この投票も即PATで気軽にできます。 WIN5には買い方が3通り用意されているので好みの購入方法を選んでみましょう。 完全セレクト・・・5つのレースを全て自分で予想して投票する• 一部セレクト・・・4つのレースまで自分で予想し、残りはコンピューターに任せる• ランダム・・・宝くじ気分で味わう、5つのレースすべてをコンピューターに任せる 予想がしたい人は完全セレクトを、初心者でも楽しみたいならランダムを選ぶのもおすすめです。 自分だけの楽しみ方を見つけてみましょう。 便利なツールを活用し、競馬をもっと楽しもう 競馬場に足を運ばなくても、便利なツールを使うことで競馬をより身近に感じることができます。 どれもログインをして投票するだけなのでとても簡単です。 ツールを活用して、より競馬を楽しめるように即PATの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

楽ちん!!競馬場に行かずインターネットを使って馬券を買う方法3選

競馬 ネット 購入 ゆうちょ

競馬の馬券を買う方法としては競馬場や「WINS」と呼ばれる場外馬券売り場で購入するのが一般的ですが、現地に行かなくてもインターネットや電話を活用することで 自宅で馬券を購入する方法があります。 残念ながら現在コンビニで馬券を購入することはできませんが、オンラインバンキングの口座を持っていれば自宅やスマホからどこでも手数料無料で馬券を買えるようになりますので、コンビニで馬券を購入したい人は後述する「即PAT」への登録をおすすめします。 購入の方法にはいくつか種類があり、少しわかりづらいため本記事でまとめたいと思います。 なお、本記事では 中央競馬(JRA)の馬券購入方法をまとめています。 地方競馬の馬券購入方法を知りたい方は別記事をご覧ください。 即PAT• A-PAT• JRAダイレクト ネットで馬券の投票をしたいという人は「PAT(パット)」という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、PATにも「即PAT」と「A-PAT」の2種類があります。 各サービスは申込方法が異なり、似たようなサービス名でサービス内容がわかりづらい人も多いと思いますので、各投票方法のサービスの特徴を説明していきたいと思います。 即PAT 即PATはインターネット経由で馬券を購入することができる購入方法で、 現状最も便利な投票方法です。 PC、スマートフォン、携帯電話で利用可能で、一部のネット銀行とメガバンクのオンラインバンキングで利用可能なサービスです。 インターネット経由で馬券を購入する• 申込当日から馬券を購入することができる• 銀行口座からの入出金が即時反映される• 馬券購入専用の銀行口座の開設が不要• 即PATに対応している銀行の口座を持っている必要がある• 地方競馬にも投票可能• 登録料、年会費、馬券購入手数料すべて無料 インターネット経由で馬券を購入できる方法は即PATだけではありませんが、馬券購入専用の口座を開設する必要がなく、対応銀行の口座を持っていれば申込から 即日利用可能なサービスである点が即PATの特徴です。 ネット銀行口座から馬券購入用のサイトへ入出金がいつでもでき、馬券購入可能金額へも 即時に反映されるので、追加購入したい場合も簡単に入出金ができます。 また地方競馬も 地方競馬開催全日で投票可能になっているので、即PATに申し込んでおけば地方競馬にも投票可能になります。 即PATを利用するには即PATに対応している銀行の口座を開設している必要があり、2015年11月時点で利用可能な銀行は 、 、 、三菱UFJ銀行、三井住友銀行の5行です。 やau 、セブン銀行、大和ネクスト銀行などの他のネット銀行では利用できません。 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行 ネット銀行の口座を持っていない人はネット投票に対応している住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行のいずれかの口座をまず開設するようにしましょう。 口座開設は無料ですので、競馬用の口座を作っておくと収支の管理がわかりやすく便利です。• 口座開設した後はログイン後の各銀行の公営競技のページから即PATの会員登録をすることでその日から馬券の購入をすることができます。 すでに口座開設済みの方は以下のページから即PATの申し込みをすることができます。 楽天銀行の口座を持っている人は専用のページがありますので、そちらから申し込みをすることで利用できます。• A-PAT 続いてA-PATです。 A-PATは元々からあったインターネット(IPAT)、プッシュホン(ARS)経由で注文ができる投票方法で JRA指定の銀行でA-PAT専用の口座を開設して取引をすることが特徴です。 A-PAT専用の特殊な口座になるため指定銀行に口座を持っていた場合も転用できず 必ず新規の口座開設が必要になります。 インターネット、プッシュホン経由で注文することができる• A-PAT専用の銀行口座開設が必要• 銀行口座の入出金が競馬開催期間中はできない• JRA指定の銀行のみ専用口座の開設ができる• JRAの開催日のみ地方競馬にも投票可能• 登録料、年会費、馬券購入手数料すべて無料 また専用銀行口座は開催前日から開催直後の銀行営業日まで 口座がロックされ入出金ができません。 つまり通常であれば 金曜日までに専用口座に入金をしておかないと馬券が購入できないので、開催期間中でも入出金ができる即PATと比べると大きく利便性が落ちる部分になります。 また、A-PAT専用銀行口座が開設できる銀行がJRA指定の銀行に限られ、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、東邦銀行、第四銀行、広島銀行、福岡銀行、北洋銀行でしか専用口座を開設することができません。 A-APT会員は地方競馬にも投票できますが、JRAの開催日に限られるのでほぼ土日の開催分しか買えないということになります。 サービス内容としては後発の即PATが上位互換の形となり、A-PATの優位性はプッシュホンで投票できる点と対応銀行が異なっている点くらいです。 三菱UFJ銀行、三井住友銀行以外の即PATに対応していない銀行でも利用ができることになりますが、どのみち新たに口座開設する必要があり手間がかかるので、 どうしてもプッシュホンで注文したいという方以外は即PATを利用すると良いと思います。• JRAダイレクト JRAダイレクトはJRA指定のクレジットカードを持っていれば、登録してクレジットカードで馬券を買うことができる投票方法です。 先の2つが銀行口座から決済していたのに対して、クレジットカードで決済する点が特徴的です。 JRA指定のクレジットカードから馬券を購入することができる• 事前の入出金の必要がない• PCからのみ投票可能で、携帯・スマートフォンからは投票不可• 投票1回につき100円の手数料がかかる• インターネットサービスの登録が必要 クレジットカードから馬券を購入できるので、入出金の必要がなく、銀行口座から購入する方法と比べると手間が少なくなります。 JRAダイレクトで利用可能なクレジットカードはJCBカード、三井住友カード、UCカードのクレジットカードです。 注意点としては、他の方法と異なりJRAダイレクトではPCでのみ投票が可能になっていて、携帯電話・スマートフォンには対応していません。 また、システム利用料として、投票1回につき100円の手数料がかかり、利用登録についても馬券購入が可能な金・土・日曜日しかできません。 さらに、対応クレジットカードを持っていたとしてもインターネットサービスの登録が必要で、家族カードや法人カードなどは利用できません。 さらに払戻金の振込口座の名義はクレジットカードの名義と同じ名義である必要があります。 当然未成年はこれらすべての条件を満たしていても馬券を購入することはできません。 クレジットカードから購入できるという点は魅力ですが、PCからしか投票ができない点や利用手数料が投票1回ごとに100円かかることを考えると、即PATの利便性には及ばないでしょう。 中央競馬の馬券を買うなら即PAT一択! 中央競馬の馬券を自宅から購入する方法を見てきました。 自宅から購入する方法としては手間や手数料の面から考えると即PAT一択の状況と言ってよく、対応している銀行口座を開設してサービスの申込をしておきたいですね。• 即PATが利用できる住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行は公営競技に強いネット銀行で、競艇やボートレースなど様々な公営競技の投票に利用することもできます。 色々なサービスに対応しており、ギャンブル好きの人はいずれかの口座を持っていると何かと便利です。 ネット銀行ならコンビニATMの入出金手数料も無料なことが多く、自宅とコンビニの往復だけで週末に馬券を購入することができます。 競馬は好きだけど、WINSや競馬場は人が多くごみごみしているのでちょっと・・・という人はぜひ自宅で馬券を購入してゆっくり競馬観戦してみてはいかがでしょうか。• なお、中央競馬の馬券以外にも、公営競技への投票をネット銀行から行うことができます。 対応している銀行やサービスの詳細を別の記事で紹介していますのでぜひ参考にしてください。 競馬ファンなら持っておきたいJRAカードの驚きの特典 なお、余談になりますが競馬ファンなら確実に持っておきたいJRAカードはご存知ですか? JRAカードは会員になることで、 競馬場の来賓席に招待される特典が付いた唯一のクレジットカードです。 来賓席は本来馬主やその関係者のみしか入れないVIP席で、一般人にはJRAカードの特典以外の方法で入ることはできません。 JRAカードの利用でたまるポイントを使用することで、東京、中山、京都、阪神などの競馬場の来賓席、来賓室、指定席に招待してもらうことができます。 招待してもらえる競馬場や開催日は限られますが、競馬ファンなら一度は夢見る来賓席で競馬を観戦することができます。 ペアで招待してもらうこともできるので、競馬仲間や大切な人と行って特別な時間を過ごすのも良いですね。 競馬好きでない女性だと来賓席のすごさが理解できないかもしれませんが、競馬仲間に来賓席へ連れていってもらったら一生感謝されますよね。 (私なら死ぬまで感謝し続けます。 ) JRAカードはそんな競馬ファンの夢をかなえる競馬ファン必携のクレジットカードです。 来賓席の招待以外にも、指定席の予約が一般会員より優遇されたり、たまったポイントを競馬グッズと交換することもできます。 カードデザインもディープインパクト、ウォッカ、ダイワスカーレットなどの名馬をデザインした12種類から選択して作ることができます。 (私はサイレンススズカデザインのカードを選びました。 大ファンなんです。 ) 年会費は初年度無料で、2年目以降は税別1,250円の年会費がかかりますが、月に100円程度の費用ですので、カードのメリットから考えると持っておかないと損といえる金額です。 普段は自宅で競馬をする人も、ポイントをためてVIP席で競馬を見るのもおつだと思いますので、普段の買い物や食事でポイントをためて夢の来賓席での競馬観戦をゲットしちゃいましょう。 本記事以外にも当サイトではネット銀行選びに役立つ情報や活用方法を紹介していますので、ぜひから気になるページをご覧ください。 当サイトのおすすめネット銀行.

次の