エアコン 掃除 方法。 エアコン分解方法(霧ケ峰)〜掃除

自動掃除機能付きエアコンでもクリーニングの必要はあります!正しい掃除方法をご紹介 【ファインドプロ】

エアコン 掃除 方法

エアコン(クーラー)カバーの取り外し では、作業に入る。 まずは、エアコン(クーラー)の電源を落とそう。 それと同時に窓を開けて換気も行う。 コンセントプラグを抜く。 で、周囲に絶対に濡らせない、汚せないものがある場合には、ブルーシートをはっておくと良いと思う。 ブルーシートをはったら、エアコン(クーラー)のカバーを開けて、フィルターを外す。 つまみ部分を持って、手前に引けば簡単に外れる。 2個とも外す。 次は、エアコン(クーラー)のおおもとのカバーを外すので、下部にあるカバーのネジを緩める。 左側のネジを緩める。 右側のネジを緩める。 あとは、カバーを手前に引っ張れば簡単に外れるのである。 エアコン洗浄カバー(養生シート)の取り付け エアコン(クーラー)カバーの取り外しが完了したら、次は、エアコン(クーラー)の養生を行う。 エアコン(クーラー)に、「」を取り付けよう。 ちなみに、この洗浄カバーはAmazonで購入したもので、いろいろなサイズのエアコン(クーラー)に簡単に装着できるので、かなり作業が楽である。 作りもしっかりとしているので、複数のエアコン(クーラー)にも対応できそうだ。 で、エアコン洗浄カバーを取り付けた後、忘れてはならないのが電気系統への養生作業である。 これを怠ると、電気系統に水がかかり不具合が発生するので、必ず養生シート(ビニール袋)などで養生しておく。 養生シート(ビニール袋)を被せた後は、マスキングテープなどでしっかりと固定しておこう。 フィン(熱交換器)の洗浄 エアコン洗浄カバーの取り付けが完了したら、次は、フィン(熱交換器)の洗浄を行う。 「タライ」と「フィン用の洗浄スプレー」を用意しよう。 タライを用意したら、排水チューブをその中に入れる。 あと洗浄剤は、ここでは「」を使用する。 準備ができたら、フィン(熱交換器)に洗浄剤をスプレーする。 フィン(熱交換器)には、それほどホコリがついていなかったので、そのまま市販の洗浄剤をスプレーしていく。 もしホコリなどが酷い場合には、ホコリを掃除機などを使って除去してから洗浄剤をスプレーしよう。 このタイプの洗浄剤は5回~6回以上強く振ったのちに、フィンから5㎝程離してフィンの向きに沿ってスプレーしよう。 デンキさん このとき、窓は開けておきましょう。 全体にまんべんなくスプレーする。 スプレー後は、約10分間放置したらOKとのこと。 スプレー後は、洗浄水が排水管から出てくるのも確認しておこう。 ファンの洗浄 フィン(熱交換器)の洗浄だけでなく、ファンの洗浄も行う場合には、また別の洗浄剤を使い洗浄していく。 ここでは、「」を使用する。 作業中は、ビニール手袋、マスク、保護メガネなどを着用した方が良いとのこと。 もちろん、窓も開けて換気を行う必要がある。 では、さっそく、 くうきれいの「ムース(STEP1)」にノズルを取り付けて、良く振って、ファン部分にノズルを差し込み、スプレーする。 ノズルの差し込む位置を変えながら、ファン全体にスプレーする。 で、ファンの内部を洗浄剤の泡で満たすようにする、と良いそう。 スプレーが終わったら、ノズルの先端でファンを押して少しずつ回転させ、5~6回転くらい回転させる。 その後は、20分~30分間放置。 この間、時々ファンを回転させておくと良いのだそう。 「ムース(STEP1)」での洗浄が終わったら、次は、「リンス(STEP2)」でスプレーする。 「リンス(STEP2)」にノズルを差し込んで、缶は振らずにそのままスプレーする。 「リンス(STEP2)」は、ファン内部に残る泡(洗浄剤)を取り除くようにスプレーすると良いのだそう。 あとは、洗浄液が流れ終われば、ファンの洗浄は完了である。 水洗い(すすぎ) ファンの洗浄が終わったら、フィンとファンの水洗いを行う。 水洗いは、汚れが酷い場合とかに行うようにと洗浄剤の説明書に記載されているのだが、汚れが酷い場合でなくても、フィンやファンに洗浄剤をかけたら最後に大量の水で水洗いをした方が無難だと思う。 洗浄剤がフィンやファンに残るのは、良いことではないからだ。 プロは専用の資器材を使ってすすぎ等行うが、自分でする場合には、そういったものがないので、ここでは、「」をペットボトル(500ml以上)の先端部分に取り付けて、水洗いを行う。 「ペットボトル専用加圧式おそうじスプレー ロングノズル付き」を使用する場合には、先端部分にロングノズルを付けて、500ml以上の水の入ったペットボトルを取り付けて、加圧し、先端の水流調節つまみを回して、ジェットスプレーで噴射するといいと思う。 汚れが酷い場所、洗浄剤が残っている場所に噴射しよう。 ジェットスプレーで噴射すると、狙った場所に噴射できるので良い。 全体に噴射して水洗いしたら、フィンの水洗い完了。 ファンの内部にも洗浄剤が残っていたので、残っている場所にジェットスプレーで水を噴射して水洗いを行う。 全体に噴射して水洗いしたら、ファンの水洗いは完了。 風の吹き出し口付近に汚れがある場合には、タオルやキッチンペーパーなどで拭くと綺麗になる。 タオルで汚れを取る。 あとこの時、もう水が垂れてこないようだったら、「エアコン洗浄カバー」と「電気系統の養生シート(ビニール袋)」も外しておく。 手が届かない場所には、細いドライバーなど何でも良いので、それをタオルなどに巻き付けて汚れを取り除く。 汚れを取り終わったら、OKである。 カバーとフィルターの清掃 水洗い(すすぎ)後は、エアコン(クーラー)のカバーとフィルターの清掃もしておく。 エアコン(クーラー)カバーは、キッチンペーパーやタオルなどで綺麗に汚れをふき取る。 フィルターは、自宅にコンプレッサーがある人はエアーでホコリを吹き飛ばしても良いと思う。 コンプレッサーがない場合には、お風呂場に行きシャワーなどで洗い流すと良い。 タライに入れて掃除すると、ホコリがお風呂場に流れないので良い。 フィルターを洗った。 もし水洗い(すすぎ)をしていない場合には、内部に薬剤が残っていた場合、薬剤臭がすることもあるようなので、必ず1時間程度自然乾燥させてからエアコン(クーラー)の運転を行うようにとのことです。 では、電源プラグをコンセントに差し込む。 あとは、エアコン(クーラー)を「送風運転」させる。 この時、若干水が飛び散るのでタオルなどを当てておくと良い。 通常通り運転できれば、電気系統も故障していないのでOKである。 感想 今回、洗浄・清掃したエアコン(クーラー)は、そこまで汚れていなかったので自分でした。 しかし、ファンなどの汚れがかなり酷い場合には、専門業者に任せた方が良い。 業者は、分解してファンなども綺麗に洗ってくれるようだからである。

次の

【業務用エアコンの掃除方法】天井埋込(業務用)エアコンの掃除方法

エアコン 掃除 方法

エアコンの掃除というと、部屋の中にある室内機のフィルター掃除が思い浮かべますが、外にある室外機のお手入れはどうしていますか? 「そもそも室外機の掃除って自分でできるの?」と疑問に思う方も多いかもしれません。 でも室外機に汚れを溜めていると、エアコンの寿命を早めたり、無駄な電力を使ったりしてしまうこともあるんです。 今回は、エアコンを効率よく使用するための情報や、室外機の掃除方法を実例とともにご紹介していきます。 エアコン室外機の役割 まず、エアコン室外機の仕組みを簡単に説明しますね。 エアコンはどうやって室温を調整しているのかご存知ですか? 空気の中には「熱」が含まれていて、空気の中の熱の量が多いと温かくなり、少ないと涼しくなります。 冷房を使用しているときは、この熱だけを部屋の外に出して部屋を涼しくしているのです。 もう少し具体的にいうと、室内機と室外機を繋ぐパイプの中には「冷媒(れいばい)と呼ばれるガスが行き来していて、その冷媒が熱を移動させることで、部屋を冷やしてくれます。 上の写真は室外機の裏側で、金属板がありますよね。 これは熱交換器(フィン)といいます。 室内機の中にも熱交換器があり、ここで熱の交換がされています。 <冷房中の動き> 室内機の熱交換器……冷媒に部屋の中の熱を乗せる。 パイプの中でこの動きが繰り返されることで、だんだんと部屋が冷やされていきます。 このように、エアコンは室外機・室内機の二つが一つのセットとして動いていて、それぞれ重要な役割があります。 ちなみに、エアコンをつけると室外機から風が出るので、空気が入れ替わっているのかな、と想像する人もいるかもしれません。 しかし、通常のエアコンは熱を移動させているのであって、空気の入れ替えを行っているわけではありません。 空気の入れ替えは、こまめに換気をしたり、空気清浄機を取り入れるなど対策をしていきましょう。 エアコン室外機はどんな環境に置くべき?掃除は必要? 上でお伝えしたように、室外機と室内機は二つそろってエアコンです。 どちらもスムーズに働いてもらうために、室内機だけでなく室外機も気をつけなければならないポイントがあります。 室外機を置く環境が重要なのはもちろん、手入れを何もしないまま放置しておくと、トラブルや故障の原因につながるかもしれません。 室外機の環境は大切!対策しないと電気代がかさむ? 手入れや掃除以前の問題ですが、室外機をどんな場所に置くか・どんな状態にしておくかなど、環境は非常に大切です。 室内機のフィルター掃除をしないと、電気代が余計にかかる、ということは広く知られていますよね。 でも、もしフィルター掃除をしていても冷房の効きが悪いと感じていたら、室外機に原因があるかもしれません。 エアコンを効率的に活用するには、 ・風通しを良くすること ・直射日光を避けること この2点が大切です。 室外機の裏側には熱交換器(フィン)がありますが、ユニットの中にはファンが回っていて、冷房をつけると部屋の中の熱と一緒に外気を取り込んで放出します。 (冷房をつけると、室外機の前から温かい風が出てきますよね。 それがこの動きです) このふき出し口前に洗濯物が干してあったり、物が置いてあることで、風の流れが悪くなり余計に電力を消費してしまうのです。 そのため、室外機を覆ってしまう室外機カバーは、見た目はとても素敵ですが、風通しが悪くなるのでおすすめできません。 また、室外機に直射日光が当たることでエアコンの効きが悪くなります。 室外機周辺温度が高くなることで、著しく冷却する効果が低くなってしまうのです。 直射日光を避けるために、「よしず」を利用している人も多く見かけますよね。 室外機には、よしず以外にもさまざまなデザインがあるシェードもおすすめ。 黒い色は光を吸収するといわれているので黒以外のものを選びましょう。 日よけをする場合は、室外機をふさがないように1m以上離して設置します。 室外機の音がうるさい場合は異物が混入していることも エアコンの寿命はだいたい10年くらいといわれていますが、汚れが溜まることで寿命が短くなることもあります。 室外機が最近ちょっとうるさいな、と感じたら、それはゴミやホコリで目詰まりを起こしているからかもしれません。 また、室外機は雨風にも耐えられる丈夫なつくりをしていますが、台風シーズンなどの荒れた天候の場合、風の流れで異物が入り込むことも。 ユニットの中に入ってしまうと危険なので、定期的に確認して、ユニット付近の落ち葉やゴミを取り除くようにするといいですね。 海岸近くにお住いの方は、潮風による錆びを防ぐために、塩害仕様のエアコンをお使いの人が多いと思います。 塩害以外にも、ユニットの上に物を置くことで錆びることがあるので置かないようにしましょう。 錆びを放置していると、どんどん広がり室外機の劣化につながります。 このホースは水を排出する「ドレンホース」といいますが、この場所から虫などが侵入してしまう場合があります。 虫が入ると室内機からの水が排出できず、部屋にある室内機に逆流して水がポタポタと落ちて水漏れの原因になることも。 掃除をする際は、ここまで忘れずに確認するのがおすすめです。 ドレンホースにはぜひキャップを付けておきましょう! キャップは、ドレンホースキャップやエアコン排水ホース防虫キャップなどで販売されていて、ホームセンターなどでは200円前後~、100均などでも取扱いがあります。 エアコン室外機の掃除方法 エアコン室外機の役割や、環境の問題、お手入れの大切さについて説明してきました。 室外機のパワーを損なわないために、定期的に状態を確認して、必要に応じてお掃除していきましょう。 ここからは、実際のお掃除の方法を写真付きでご紹介します。 必要なもの ・使い古しの歯ブラシなど ・雑巾 ・あれば掃除機 ・マスク(ホコリを吸い込まないため) 室外機の掃除の手順 1. コンセントを抜く 最後に室外機の下にある水抜き穴(ドレンホース)を確認します。 ここは室内機からの水が排出されるので、まずキャップを外して、軽く叩きつけてみましょう。 中につまりがないか確認して、汚れを拭き取ってからキャップを装着します。 もしコケが生えている場合は、ブラシでこするか、雑巾で拭き取りをしてお掃除終了。 最後にコンセントを入れてエアコンが正常に動くか確認しましょう。 エアコン室外機の掃除はどんな頻度で行う? 室外機の掃除方法をご紹介しました。 やり方がわかったところで、「じゃあいつ掃除をすればいいの?」と疑問に感じられる方もいるでしょう。 そこで、エアコン室外機の掃除のタイミングや頻度について簡単にご説明します。 室外機を掃除するタイミング 室外機を掃除するタイミングは、天気のいい日にするのもいいですが、雨の日に掃除をするのがおすすめです。 湿気があるため埃が舞いづらく、汚れを簡単に落とすことができますよ。 風があまりない日に掃除をぜひしてみてくださいね。 汚れのつき具合は、雨風が強い台風の時期や落ち葉が溜まりやすい季節、室外機が置いてある環境によっても変わってきます。 汚れが溜まるとエアコンの効率が悪くなったり、エアコンの寿命を早めてしまうこともあるので、ひどくなる前にお手入れしておきたいところ。 長期間使用しない時期でも、日頃からくもの巣をとったり、落ち葉やゴミが入り込まないようにするには、庭やベランダを掃除する時に室外機の掃除をしてしまうのがいいかもしれません。 おすすめの掃除頻度 室外機の掃除の頻度は、エアコンを使用する時期は室内機のフィルター掃除と同じ2週間に1度くらいといわれているので、室内機のフィルター掃除と一緒に室外機も掃除をする習慣にしてしまいましょう。 ただ、やりすぎるとアルミが折れ曲がり故障の原因になりますし、「そんなに頻繁にできない」ということなら、室外機裏側の金属板が汚れてきたと感じたときにお手入れするのが良さそうです。 また、エアコンを長期間使用しない場合は、コンセントを外すか、エアコン専用ブレーカーを切っておくことをおすすめします。 エアコン室外機の内部の汚れはプロ(業者)に依頼! 室外機の掃除をしていると、もっとキレイにしたいと思ってしまうことありますよね。 でも室外機の内部には精密機器が入っているので、過度にお手入れをするのはやめたほうがいいでしょう。 汚れを落とそうと洗剤を使用すると、洗剤がかかってしまい故障してしまったり、室外機を無理に動かすのもガス漏れの原因になります。 工具を使った分解掃除や内部洗浄は、専門の技術が必要なので絶対に行なわず、もしエアコンの調子が悪い・故障かなと思ったら、保証書や取扱説明書を確認して販売店・メーカーで対応してもらえるか連絡を入れてみましょう。 また、今回ご紹介した室外機の裏側はアルミでできているので、強くブラシをすると曲がってしまいます。 軽くブラシをして汚れがとれない場合は自分で対処せず、専門のプロの業者へ依頼したほうがいいので、エアコンクリーニングを専門にしている業者に見積もりから依頼することをおすすめします。 まとめ 自分でできる室外機の掃除方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 既に気温の高い日が多くなってきましたが、熱中症の危険もあるのでエアコンはかかせない時期に入りました。 自分でできる範囲内のお手入れでも、効率的にエアコンを活用することができるので、ぜひ参考にしていただければと思います。 外との気温差が体の負担にもなるので、くれぐれも冷やしすぎず扇風機(サーキュレーター)なども併用しながら部屋の中を快適に、熱さを乗り切っていきましょう!.

次の

エアコン掃除は意外と簡単!自分で真似できるプロのやり方を徹底解説|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

エアコン 掃除 方法

フィルターの掃除の手順を説明していきます。 フィルターを覆っているパネル部分をしっかりと開けたら、フィルターをゆっくり丁寧に外してください。 フィルターに付着している埃のほとんどは表面に付いているので、表面から掃除機でしっかりと埃を吸収していきましょう。 掃除機で取りきれなかった部分は、浴室でシャワーをかけて水洗いします。 掃除機とは逆に裏面からシャワーを当て、網目に埃が詰まらないように気をつけてください。 水洗いで落ちない汚れがある場合は、台所の中性洗剤を水で薄め、古歯ブラシといった柔らかいブラシを使って洗います。 強くこすりすぎると網目が崩れてしまうこともあるので注意しましょう! 水洗いを終えたら、きれいなタオルを2枚使って、ポンポンと挟むように拭きます。 このとき、湿気が残ったままエアコン内部に戻してしまうとカビの原因になってしまうので注意してください。 エアコンのファンは、吹き出し口よりも奥にあり掃除も難しい部分。 故障が心配な方は業者への依頼もおすすめですが、ここでは個人でもできる掃除の仕方を紹介していきます。 専用の洗剤を使った掃除方法なので、掃除をする際にはエアコンファン専用のスプレー洗浄剤とリンス剤を用意しましょう。 まず、ファン専用洗浄剤をファンの羽の部分にかけます。 ムース状になっているので、ムラにならないようファン全体になじませながら吹き付けましょう。 ファン全体を泡で覆ったら、そのまま15〜30分ほど時間を置き、汚れが浮き上がるのを待ちます。 時間が経ち、汚れが浮き上がったらファン専用リンスで洗い流します。 きれいに洗い流したら、自然乾燥させましょう。 ある程度乾いたら、エアコンの送風運転で水を飛ばして終了です。 エアコンのフィン部分とは、取り込んだ空気の温度を調整する部分。 空気と一緒に取り込んだ埃が溜まってしまい、汚れやすくなっています。 フィンのおすすめの掃除方法は、専用の洗浄剤を使う方法、もしくは古歯ブラシで汚れを落とす方法です。 専用の洗浄剤を使う場合は、フィンに直接スプレーするだけ。 防カビ効果もあるものがほとんどなので、掃除をすることでカビによる悪臭も抑えられますよ。 古歯ブラシを使う場合は、丁寧に汚れをこすり落として掃除しましょう。 洗浄剤と併せて使うことで防カビ対策にも。 このとき、新品の歯ブラシを使ってしまうと、フィンを傷つけてしまうおそれがあるので、必ず柔らかくなった歯ブラシを使うようにしてください。

次の