ヴィン スモーク サンジ。 【トレクル】サンジ(決戦)の評価【ワンピース トレジャークルーズ】

【ワンピース】出揃ったサンジの5兄弟、闇の戦隊ジェルマ&ヴィンスモーク考察5選!

ヴィン スモーク サンジ

2382 麦わらの一味の料理人。 憎き仇である父、ヴィンスモーク・ジャッジの命を救った。 優しい料理人は、過去の恨みに固執するような生き方はしないという決意を示した。 属性 タイプ1 タイプ2 レアリティ コスト 1 能力スロット数 コンボ 価値 最大Lv 経験値 4 4 300 99(2,000,000) Lv 体力 攻撃 回復 初期 1 200 92 21 最大 99 2,012 1,280 228 必殺技名 訣別の脚撃 必殺技内容 敵1体に20000の固定ダメージを与え、隣接するスロットを [肉] スロットに変換する 船長効果名 乗り越える13年前の想い 船長効果内容 一味の攻撃を2. 25倍にし、獲得するベリーと海賊EXPが1. 2倍になる(獲得ベリーと海賊EXPの増加効果は冒険途中に船長となった時は発揮されません) 船員効果 なし サポート対象 モンキー・D・ルフィ、ロロノア・ゾロ、ナミ、ウソップ、トニートニー・チョッパー、ニコ・ロビン、フランキー、ブルック Lv. 1 冒険中1回限り、サポート対象キャラが必殺発動時、サポート対象キャラのスロットを [肉] スロットに変換する Lv. 2 冒険中1回限り、サポート対象キャラが必殺発動時、サポート対象キャラのスロットを [肉] スロットに変換し、体力を300回復する Lv. 3 冒険中1回限り、サポート対象キャラが必殺発動時、サポート対象キャラのスロットを [肉] スロットに変換し、体力を500回復する Lv. 4 冒険中1回限り、サポート対象キャラが必殺発動時、サポート対象キャラのスロットを [肉] スロットに変換し、体力を700回復する Lv.

次の

【ワンピース】サンジの父親はヴィンスモーク家のゴッドファーザーか?

ヴィン スモーク サンジ

GLC9(GRANDLINE CRUISE 9)に参加します。 恋人同士になったゾロとサンジ。 二人での初めて夜、突如ヴィンスモーク家の兄弟達がやってきた。 それからは事あるごとにVS家がサンジの部屋へと訪ねてきては、ご飯を食べて泊まっていく。 二人きりになる時間がない!! 果たしてゾロとサンジは無事に結ばれるのか? ですが、この小説単独で読めます。 「もう、結婚は諦めたから好きにしなさい」 ピンクの髪の女は項垂れるようにため息をついた。 「別に、サンジの結婚だけを諦めたわけじゃないのよ。 ヴィンスモーク家のこれからの展望を考えると頭が痛くてー…、あなたどころの話じゃないってだけ」 それは一理あると頷いた。 一ヶ月前に出会ったばかりの、頓珍漢なヴィンスモーク家の事を詳しくは知らないが、確定事項が二つあった。 一つ目はサンジと血の繋がりがあること、二つ目は一家が没落の危機に瀕しているということだ。 サンジに政略結婚させようと、遠い国からこの島国まで押し掛けてきたまではよいが、新婦側のシャーロット家は離散をして、夜逃げをし結婚は突然の破談となった。 シャーロット家との縁談にはヴィンスモーク家の全てを賭けていたらしく、破談となった現在では破産寸前。 破談になった如きで破産だと騒ぐぐらいだから、元よりの経営状況は底まで落ちていたのだろう。 実家は何を生業にしているのかと聞くと、難しそうな顔で「殺し屋」とサンジは答えた。 現実味がないことを言うものだ。 マフィアのようなものかと聞くと「多分な、元より俺には関係がない話だ」とひらひらと気のない返事をした。 そんなわけで途中経過は大幅に省略するが、ヴィンスモーク家は「この国でビジネスチャンスを狙い一攫千金」と机上の空論を立てて夢を見始め、結婚話が立ち消えた今でも居座り続けている。 サンジの実父とレッド&ブルーの兄達は、高級ホテルに長期滞在中。 破産寸前でもプライドは高いのかホテルで豪遊して財産を目下減らしている。 ちなみにレッドとは長男のイチジ、ブルーは次男のニジ。 カラーは奇抜な髪と服の色から識別する為に勝手に付けただけの呼称だ。 そして、白米を貪っているピンク長女とグリーン末弟がいま目の前にいる。 この二人、一家のプライドに倣ってホテル滞在を続けていれば良いのに、毎日のようにサンジの家に入り浸っては、たまに泊まっていくという迷惑すぎる兄弟だ。 迷惑なのは何故か、その理由は一つ。 常に兄弟達がいるので、サンジに卑猥なことの一つもできないからだ。 「ほら、レイジュ、味噌汁とれよ」 心底面倒くさそうに、浅利の味噌汁をよそい渡しているのが三男イエロー、コックでサンジ。 「おい、このうさぎの餌みたいなの何だ、ここの奴らは草を食っているのか」 体も態度も大柄なグリーンのゴリラ末弟ヨンジ。 法蓮草の和え物をつつきながら、相も変わらず文句を言ってくる。 「うるせぇゴリラッ、文句言わずに黙って食え。 法蓮草はな、栄養たっぷりなんだよ」 「あ? なんだとサンジ! ゴリラは撤回しろ」 グリーンのゴリラが今日もムホムホと怒っている。 「あとな…、何度もいうが、部屋に入るときは靴を脱げ!」 「ハハハ、生憎な、ジェルマではウサギ小屋では靴を脱ぐ習慣はないのでね」 身長が2m近くあり、部屋で窮屈そうにしているゴリラは、ちゃぶ台を前にドカリとあぐらをかいて座り、室内でゴーグルをつけ、皮靴を脱がないままに足を投げ出していた。 その様子をみてサンジが眉間にしわを寄せ、苛立ちをみせ「ヨンジ、ふざけんな!」ヨンジの靴を勢いよく引き抜いた。 色とりどりの兄弟達が、小さな部屋で、低いちゃぶ台を囲んで食事をする光景は、実に滑稽で違和感がある。 そして並ぶ三人の顔はなんど見てもよく似ていた。 小さな宇宙のようにぐるぐると巻いた螺旋のような眉毛。 目鼻立ちは微妙に違うが、骨格が小さいか大きいかの違いで基本的に同じ作りをしている。 「大体なァ、俺の仕事が休みのときまで狙って、昼飯まで貪りにくるか? 超迷惑なんだよ。 「サンジ、この食べ物はなあに?」 レイジュが物珍しそうに小鉢の数々を指した。 説明してくれとばかりに、サンジを上目使いでみている。 唇はぷっくりと厚く薄く色付き、桃色のラフなワンピースを着て、そこから膨らんだ胸元がチラチラと見える。 男好みされそうな、色気漂う女だと思う。 思うだけで自分の興味は専らコックにあるがー…。 サンジの唇は少し薄いがそれが良い。 ぶにぶにとしていて、目の前でそれが動き、言葉を発するだけで吸い付きたくなる。 思うたびに吸い付こうとすると嫌がられるだろう。 気味悪く思われるのは避けたいので、表面上はクールに無愛想に、色事にはさほど興味がなさなそうに、武士道の精神で己を保つのが実に大変で、それが最近の悩みだ。 やはり、コック内のロロノア・ゾロ像としては「ゾロはクールで漢の中の漢」と思ってほしいからだ。 最新の注意をもって、感情を諭されぬように接してはいるがそれでも我慢出来ないときがあり、それもこれもコックが性的なのが悪い、今日はラフなワイシャツにピンクのエプロンか、さりげなくエロく卑猥だ。 今日のコックも実に良い。 ……………脱線した。 そう、そんな色気ある彼女を見ても、サンジは好色を見せずに平然としており、やはり彼の実姉なのだと再認識する。 彼女に対しては男共にみせるような、眉間に皺を寄せ〝仕方ねェな〟と世話を焼くときの顔をする。 「この小鉢の食べ物か? しょうがねェな、よく訊けよー…左から納豆、鯵の干物、胡瓜とたこの酢の物、法蓮草のおひたし、人参のしりしり、土鍋白ご飯。 味噌汁は浅利だ。 味噌は健康に良いから残さずに全部飲めよ」 和食づくし。 和食が好きな自分の為に作ってくれたと思いたいー…というのも、この和食にプラスしてお猪口までつけてくれている高待遇。 昼からの酒は実に贅沢で有難い。 表向きでは「なぜ来るんだ、邪魔」と機嫌悪そうに言われるが、それはサンジなりの照れ隠しなんだろう。 ー……憂い奴。 今すぐにでも押し倒したい。 「これが納豆…、噂の腐った豆なのねー…」 レイジュは小鉢を持ち、鼻を近付けた。 「腐ってはいない。 発酵した豆。 横にある醤油麹をかけて箸でぐるぐる回すと美味い」 「しょうゆ? こうじ?」 「伝統的なコクのある健康調味料だ」 「コク? へえ、おもしろそう」 レイジュは興味深々に慣れない手つきで、箸を棒のように掴み、ぐるぐると回しはじめた。 「最初は匂いがキツイだろうが、あの発酵したニシンよりも幾分マシだろ? 食べ頃は九月だったから、今は食べられないか」 「そうね、あのニシンの缶詰に比べたら、この豆の匂いは鼻から吸うとコーヒーの匂いにも思えてくるし、イケるわ」 「コーヒーはないだろ…」 発酵ニシンとは、以前にウソップが実験的に持参してきてあまりの臭気に皆を悶絶させた、シュールストレ…グみたいなニシン魚の缶詰のことだろうか。 思い返してみると、あの時はサンジだけが平然とした顔をしていた。 そうか、あれが故郷の食べ物だったのか。 レイジュは発酵食品に耐性があるのか、納豆をもぐもぐと食べ、すでに気に入っている様子だ。 「和食にハマっちゃったのよね、いくら食べても太らないし、味が奥深くて、面白くて美味しい。 何の力もでやしねぇ、おいサンジ、肉を食べさせろ」 「るせーよ、帰れ! 肉もよく出しているだろ」 「うるさいわよ、ヨンジ。 あんた嫌なら来なくていいのよ」 その意見には全面的に同意する。 ゴリラこと、ヨンジという末弟。 言動も態度も悪く、凶悪で世間知らず。 毎回レイジュに付いてきて、大きな置物のように、ワンルーム六帖の部屋に狭そうに居座っている。 ゴリラは何を考えてこの場にいるのだろうか。 悪態をつきつつも、サンジのことは気に入っているようだ。 何かと突っかかってきては、かまってほしいアピールをしているのが鼻につくし、気に入らない。 サンジが以前に、 「ヨンジはゾロに色んな意味で似ているんだよなァ、なんか既視感が…」と言っていた。 それも含めて気に入らない。 例えばだが、無愛想にクールを装い、悪態を吐いていても、心の中ではコックへの愛の言葉で溢れていて、コックのだだ漏れの色気にヤられてみたり、色んな部分に、その、なにを突っ込んでみたいとか思っていたら困るわけだ。 ゴリラのサンジに対する動向はチェックしておこう。 血が繋がった兄弟であっても、敵が増えるのは阻止したい。 「でね、少しお腹が満たされたところで、さっきの話の続きして良い?」 満たされたと言いつつも、レイジュはもぐもぐと口に入れながら話している。 「そう、政略結婚の方はすっぱりと諦めたの。 そうしたら次に貴方たちの事が気になってしまって、ねえ、どうなの? どうしたいの?」 サンジと自分の目を交互に見て唐突に尋ねてくる。 「は? どうなのって何のことだよ」 「だから! サンジとね、ロロノア君はお付き合いしているのかってこと」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ー…んっ、ふ……」 固くて薄い布団の中で抱きしめて、口づけを繰り返した。 最初は戸惑っていたのか体は硬直していたが、それを繰り返す内に解されてきたのか、サンジの腕がのびてきて、首筋に回って抱き返された。 「はあ、けっきょく、こうなってるし…」 抱き返されたが、顔を背けてキスの応酬は拒んでくる。 「もう諦めろ…、ロマンは」 「ここで俺のか…」 「そんなくだらねェこと考えられないようにしてやるから、顔こっち向けろ」 背けた顔を戻して、柔らかい唇にまた触れて、濡れた舌を絡ませキスをすると、観念したのか、そろりと舌を絡ませるように返してくる。 目の前で、息荒く目を細めているこいつは、背丈も同じくらいの完全な雄なのに、何故か可愛いと思えてくる。 キスを続けていると、サンジの腰がビクンと反応した。 苦しそうなので、服の上から突起物を触るとすでに硬くなっている。 「そこは…、さわんな……」 触るなと静止されたが、そのまま硬い部分を摩ってやると、やがて「ん、んッ」と呻き声をだし、寄りすがってくる。 服の上からだけでは焦ったくなり、両手を掴んで無理やりシャツをたくし上げると、色づいた突起物が現れた。 それを舌でなぞり甘噛みをすると、赤く硬くなる。 「ああ…、クソッ……」 恥ずかしそうにサンジが顔を背けた。 「んっ……」 乳首を舐めただけで、体を仰け反らせ早々に反応をみせる。 ー…コックがこんなにやらしく感じている。

次の

サンジの懸賞金の上がり方がすごい!! 料理人ヴィンスモーク・サンジの強さと3億3000万ベリーの懸賞金推移を振り返る | MOVIE SCOOP!

ヴィン スモーク サンジ

金髪に渦巻いたグルグル眉が特徴。 愛煙家でいつもタバコを咥えている。 麦わらの一味の中でも指折りの実力者であり、強力な蹴り技を駆使して戦う。 大の女好きであり、綺麗な女性にはことごとく弱い。 食べ物を決して粗末にしない、女性を決して蹴らないという信条を持っている。 容姿 金髪に渦巻いたグルグル眉が特徴。 前髪が長く、『偉大なる航路編』では左目が、『新世界編』では右目が隠れている。 愛煙家であり、いつもタバコを咥えている。 『新世界編』以降には鼻下と顎に髭を生やしている。 基本的には黒いダブルのスーツに革靴を着用している。 服装はその時々で変わるが、スラックスに革靴は一貫している。 料理人であるために衛生面には気を使っている。 麦わらの一味の中で唯一毎日風呂に入っている男性メンバーらしい。 性格 大の女好きであり、いつも目をハートにしてナミやロビンに迫っている。 綺麗な女性であれば敵であっても目をハートにして優しくする。 恩人・ゼフから騎士道を叩き込まれ、どんな事があっても女性には手をあげる事がない。 『CP9』のカリファと戦った時には、殺されかけても一度も蹴ろうとしなかった。 脳内はスケベな事でいっぱいで、他者の思考を覗き見る事ができる『ギロギロの実』の能力者であるヴィオラに頭の中を覗かれた時には「こんなピンク一色の頭見たことが無い!」と驚愕されていた。 幼少の頃から透明になる事ができる『スケスケの実』に憧れていたが、『スリラーバーク編』でスケスケの実の能力者であるアブサロムと出会い、夢が潰えた。 その時は、アブサロムにやつ当りをして憎しみを顕にした。 後に忌み嫌うジェルマのレイドスーツにより透明になる夢を叶え、女風呂を覗いている。 子供の頃、何もない岸壁に取り残され、重度の飢餓状態に陥った事がある。 その経験から食べ物を粗末にする者を許さない。 レストラン『バラティエ』で客がスープを粗末にした時には激怒して血祭りにあげていた。 女性が絡むと我を忘れて行動するが、一味の中では常識人であり、冷静沈着な一面がある。 戦いの中で知恵を巡らせて戦況を変える事もある。 一味のゾロとの仲は悪く、いつも喧嘩をしている。 サンジ(ヴィンスモーク・サンジ)の能力・武器 基礎戦闘力 『赫足のゼフ』という異名で名を馳せていた恩人のゼフから教わった脚技を駆使して戦闘を行う。 料理人としてのプライドを持っており、絶対に手を戦闘で使わない。 身のこなしが軽く、多彩な蹴り技を持つ。 その蹴りの威力は凄まじく、巨大な海獣を蹴り飛ばすほどである。 その脚技から『黒足』という異名をつけられた。 『エニエス・ロビー編』以降では摩擦により脚に熱を持たせ、攻撃力をあげる『悪魔風脚(ディアブルジャンブ)』を使用している。 『新世界編』以降では、脚力が更に上昇し、空や海の中を走れるようになった。 虐待されるサンジ サンジは『ジェルマ王国』の王ヴィンスモーク・ジャッジの三男として生まれた。 ジェルマの一族は強力な科学技術を用いてかつて北の海を武力で制圧したが、66日後に国を追われていた。 それ故、今ではジェルマ王国は海遊国家となっていた。 ジェルマは金を条件に世界中の戦争に加担しており、その悪名は絵本になるほどに轟いていた。 ジャッジは四つ子の息子たちを優れた兵士とする為に改造手術を行い、高い戦闘能力を持たせ、『情』を失わせた。 しかし、それに反対した母親のソラが劇薬を飲んだ為にサンジだけはその効果が現れなかった。 ジャッジはそんなサンジに興味を失い、他の子供だけを愛した。 サンジはコックに憧れていたが、兄弟たちはそんなサンジをバカにして虐めた。 ただ母親だけはサンジを愛し、サンジが作ったひどい味の弁当も嬉しそうに食べた。 だが、ソラは劇薬を飲んだ後遺症で死亡してしまう。 ジャッジはソラの死に折り合いをつける事ができず、ソラを想起させるサンジを檻の中へ閉じ込め、存在そのものを消し去ろうとした。 それを聞いたサンジは絶望した。 姉のレイジュはジェルマが東の海に渡った時にサンジを逃し、2度とジェルマへ戻ってこないように話した。 ゼフとの出会い.

次の