転生 悪女 の 黒 歴史 ネタバレ。 転生悪女の黒歴史【13話】最新話のネタバレ。置物を探すイアナ

転生悪女の黒歴史・第18話のネタバレと感想|LaLa6月号|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

転生 悪女 の 黒 歴史 ネタバレ

『転生悪女の黒歴史 』第12話 最新話のネタバレ 夫人と対峙するイアナ 血を差し出せと鎌で襲いかかるアマリリス夫人。 イアナを助けたのは手枷を外したシャノウでした。 シャノウはイアナに夫人はどうにか引きつけるから、地上に行って警察の面々に知らせてくれと言います。 合図と共に走り出すイアナ。 しかしシャノウが夫人に攻撃を受けてしまいます。 気づくと、アマリリス夫人の下僕がメノアとシャノウの妹にナイフを当てていました。 逃げれば二人を殺すと脅されるイアナ。 次の瞬間、イアナは襲われたシャノウを助け、その刃から逃げました。 戻ってきても何もできないかった前世と違い、今は稀代の悪女です。 悪女のオーラを出して、アマリリス夫人を威嚇するイアナ。 効いたかと思われましたが、鎌がすぐ側に襲ってきます。 絶体絶命のピンチに陥いるイアナ。 コノハたちの反応 その刃から守ってくれたのはシャノウが属するハイドランジア隊でした。 なぜここにいるのかと問うと、コノハが聖女のように導いてくれたのだと分かります。 聖女の力はまだ目覚めていないはずなのに、とイアナは疑問に思います。 隊長は一撃でアマリリス夫人を倒してしまいます。 逮捕されるアマリリス夫人。 イアナが地下から出ると周囲の人々からは、やはりイアナが犯人だったのかと疑われてしまいます。 そこにやって来たのはコノハとギノフォード。 二人にも罵倒される、と身構えるイアナでしたが、二人は優しく、イアナの心配をしてくれます。 しかし、ソルは一人、もの凄く怒っていました。 殺されると怯えるイアナ。 夫人を助けるイアナ そこにアマリリス夫人が犯人として連行されてきました。 その輝いていた美貌は見る影もありません。 立ち止まったアマリリス夫人は最後にワインが飲みたいと所望します。 美しい味に浸ってからいきたいの。 そのセリフにイアナは思い出します。 アマリリス夫人は死ぬ気なのだと。 イアナは走るとアマリリス夫人を突き飛ばし、ワインを落とします。 美しく散りたいのならば、その罪を洗い流しなさい!と啖呵を切ります。 そんなイアナに夫人の下僕が侮辱するな、と襲いかかってきました。 イアナを助けたのはソル。 そして"あなただけです…俺の心をかき乱すのはーー" と本来ならコノハに言うセリフをイアナに言いました。 翌日、アマリリス夫人は正式に逮捕され、美少女たちは保護されました。 しかし、ソルの怒りだけは何故かおさまっていませんでした。 怯えるイアナはソルの殺る気スイッチが入っているのではないかと恐れをなしていました。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 アプリインストールでお得なクーポンをゲット。 Yahoo運営だから安心。

次の

転生悪女の黒歴史

転生 悪女 の 黒 歴史 ネタバレ

転生悪女の黒歴史は佐藤コノハ先生の漫画でララにて連載中です。 今回は14話のネタバレを書いていきます。 『転生悪女の黒歴史』の前回(13話)のあらすじは・・・ 美少女連続誘拐事件はアマリリス夫人の犯行と突き止め、彼女の自害も防いだイアナ。 しかしソルはイアナの自分の身を省みない危険な行動を心配し怒っており、説教をする。 だがソルを『コノハに心酔し、コノハの害になると判断すれば容赦ないキャラ』として設定していたイアナは自分を心配しているとは考えもしていなかった。 そんな中、アマリリス夫人が獄中で自殺したと知ったイアナはショックを受け…!? 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 どれだけ物語を変えても、静かに修正される。 何も、変わらない。 イアナは夫人の一件を聞いて以来、この事が頭から離れず毎夜悪夢を見ていた。 そんなイアナを元気づけようと、みんなで湖へ出かけた。 皆に心配をかけまいと、笑顔でコノハと釣りを楽しむが、湖=危険という認識でコノハを岸から遠ざけてしまう。 今となっては、正直黒歴史がどの時点で事件を起こすか分からなくなっていた。 予兆が起きた時にはもう遅く、物語は進んでしまう。 だから事件が起きる前に予兆そのものを摘み取ってしまいたい…。 その時、『人が倒れてる!』と助けを呼ぶ少年の声が聞こえた。 吸血鬼事件 別荘に怪我人を連れてきたコノハとイアナ。 ギノフォードとソルに話し、ソルが手当をする。 怪我をしていた青年は、エルフ族だった。 人里に下りることなどめったにない。 彼自身も、何故あの場所に倒れていたのか覚えてないという。 ふと、助けをよんだ少年が、またここに来てもいいかと聞いた。 慌てていて気付かなかったが、よく見ると天使のように綺麗な子だ。 コノハは笑顔で話をする。 少年はカグラという名前だった。 エルフ族の青年はシュクナ。 シュクナは傷が癒えるまで別荘で体を休めた。 初めは警戒していたシュクナだが、コノハの笑顔や言葉に癒され、徐々に心を開いていく。 やがて傷も癒え、周囲にハンターなどもいないのを確認すると、シュクナをエルフの里へと送ることとなった。 これ以上は人間は立ち入れないという所まで送る。 それはエルフと人間との間の決まりだった。 その地に立った時、イアナの胸がザワつき、ある事件を思い出す。 エルフの里で起こる、吸血鬼事件…! カグラがエルフの里にこっそり行ってみたいと呟く。 思わず大きな声で『ダメっ!!!』と言ったイアナ。 慌てて笑顔で『危ないよ〜』と言うと、ギノフォードやコノハ、ヨミも皆それに賛成し、カグラに危ないから行かないように言う。 カグラは分かったと言い、家へと帰っていく。 だが事件自体はコノハの実力がついてきた中盤のはずだ。 今ではない。 しかし、エルフの里で緩み始めている杭を今しっかりと直す事ができれば、この事件自体を止められるかもしれない。 深夜、皆が寝静まった頃、イアナは倉庫の道具を持って1人別荘を抜け出した。 廊下で、後ろからソルに声をかけられ、驚くイアナ。 殺されるかもしれないと背筋が凍る。 イアナは、せめてこの杭だけでも直してから殺して、と願う。 そんなイアナに、ソルは思いがけない言葉を発する。 「私を、連れ出して頂けませんか…? どれだけ言葉を尽くしても意志を溶かせないのなら、共に…」 ソルが感覚的にコノハの害を察知していると思ったイアナは、了承し、ある条件を出した。 後ろに立たず隣を歩いて!と。 ソルは隣を歩けることに密かに嬉しそうな表情を浮かべる。 その時、突然ヨミが現れた。 イアナを抱きしめ、『血の匂いのする野良犬から守りに来た』と言いながらソルを睨みつける。 ソルもまた、険しい顔でヨミを見た。 エルフの里へ。 覚悟の一日が始まる。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

『転生悪女の黒歴史』最新話のネタバレ【12話】夫人と対峙するイアナ

転生 悪女 の 黒 歴史 ネタバレ

7人の方が「参考になった」と投票しています。 面白いです ネタバレありのレビューです。 普通の転生話と少し違う。 とても痛い妄想世界にいた中学時代。 その頃に書いた小説の悪女に転生します。 ヒロインの妹で、話の序盤にヒロインを殺そうとして、逆にヒーローと執事に倒される役。 でも、そこは小説を書いた本人。 ストーリーを思い出しつつ、ヒロインを助けることで、難を逃れます。 でも、とてつもない悪女設定だったため、暗殺者執事に疑われ続ける。 転生の意味ってあるの?って話が多い中、自分が書いた話だからこそのストーリー展開。 害がないことを示す為に、痛いストーリー 笑 を思い出しながら、ヒロインを助けることに奮闘する主人公が面白いです。

次の