おく しま こ 群馬 カヌー。 初心者でも楽しめる!カヌー・カヤックの基本と魅力を徹底ガイド│観光・旅行ガイド

群馬の絶景スポット奥四万湖の「四万ブルー」

おく しま こ 群馬 カヌー

今日は、私たちの誇りで、四万温泉を訪れた全ての人が驚く絶景 四万ブルー Shima Blueを改めて紹介します。 四万温泉は、上信越高原国立公園内にあることからもわかる通り、豊かな自然の宝庫でもあります。 そして、その自然で一番の自慢は、四万川の水の色です。 私たちはそれを「四万ブルー」と呼んでいます。 私の記憶が確かなら、 四万ブルーという言葉を初めて使ったのは、数年前、某旅行雑誌の四万温泉の広告ページを担当していた、N社のKさんだと思います。 この色は言葉では何とも表現できない、ここでしか見ることのできない青ですので、ぜひ、一度ご自身の目で確かめてくださいね。 奥四万湖の四万ブルー(空から) 新緑の四万ブルー(奥四万湖) 四万ブルーを実際にご覧になったお客さまの声をWEBから拾ってみました。 「今迄見たことのない絵具を入れたようなコバルトブルーの色をした湖 」 「息をのむほどにコバルトブルー」 「湖の色がブルー過ぎて、違和感がありました。 不思議な感じのする湖でした。 」 「他にはない緑味の強いブルーに感動しました」 「青いとは聞いていましたが、確かにどうみても青かったです。 」 「とてもきれいな湖です。 なぜかすごく青いんです。 」 みなさん、とてもびっくりしたり感動したりされます。 日本には四万温泉のように、川沿いの温泉地がたくさんありますが、私は今まで四万川ほどきれいな川に沿っている温泉地に出会ったことがありません。 「四万ブルー」は世界に誇れる宝だと思っています。 なぜ、この色になるかは諸説あり、はっきりしないのですが、「アロフェンという物質の微粒子が溶け込んでいてそれが乱反射する」という説、「透明度が非常に高いので青い光が水の奥底まで届き、赤い光は吸収されて青くなる」という説などがあります。 実際、の透明度は日本で第3位、本州以南で1位相当の値を計測されたことがあります。 測定条件や時期が異なるので、順位付けが妥当かどうかはわかりませんが、日本有数の透明度だということは間違いないと思います。 奥四万湖の透明度 18. 5m (2011. env. pdf 摩周湖(北海道) 28. 0m 倶多楽湖(北海道) 22. 0m 赤沼(青森県) 18. biodic. pdf その四万ブルーですが、場所や季節、天気、時間帯によって色々な表情をみせます。 特に青がキレイなのは、冬から春で、晴れて湖面に日が射している日の午前中です。 では、四万ブルーを楽しむのにオススメのスポットを紹介しましょう。 まず最初に、絶対に外せないのが、です。 奥四万湖は四万温泉柏屋旅館からおよそ4kmのところにあるダム湖です。 とくに際立った青さになるのが、冬から雪解け水の流れ込む5月までです。 奥四万湖 また、グリーンディスカバリー運営のカヌー体験もできますので、青くて透明度抜群の奥四万湖を湖面上から楽しむこともできます。 その湖の直下から楽しめるキャニオニングも、四万ブルーを楽しむのに最高のアクティビティです。 このアクティビティもしています。 ウエットスーツに着替え、四万川と戯れることができるので、とても気持ちよく楽しいですよ。 次にオススメしたいのが、柏屋旅館周辺やその下流の桃太郎の滝です。 ここには、発電用の小さな貯水ダムがあるので、水深が深くキレイな四万ブルーを楽しむことができます。 とくに、四万大橋から真下を見下ろしたポイントや道路を散歩すると木々の向こうに見える四万ブルーが魅力的です。 四万大橋から 柏屋からすぐ も、この四万ブルーに流れ落ちる滝で、柏屋旅館から徒歩5分ほどですので、ぜひ行ってみてください。 桃太郎の滝 柏屋旅館からおよそ1. 5km下流の、群馬県の天然記念物「四万の甌穴」も四万ブルーの名所です。 四万の甌穴 甌穴は、水流と小石などとの浸食で数万年もの歳月をかけて川底にできる円形上の穴で、四万の甌穴は一番深いところで3m以上もの深さがあり、四万川の流れ、四季折々に変化する周辺の木々とともに四万ブルーを楽しめます。 魚を見ることもできるかもしれませんよ。 最後に紹介するのは四万湖です。 四万湖(中之条ダム) 四万湖は柏屋旅館からおよそ8km下流の中之条ダムでできた人造湖です。 ここでも、カヌーを楽しむことがきます。 こちらのしています。 透明感抜群の四万ブルーでのカヌーは、宙に浮いているような錯覚にとらわれます。 四万湖でカヌー 四万ブルー — 四万温泉にお越しの際は、絶対に見逃せません。 いつの日かシマブルーもそこに加わることができたら嬉しいです。 春の奥四万湖 秋の奥四万湖 四万温泉、山口地区 奥四万湖 四万湖.

次の

群馬県

おく しま こ 群馬 カヌー

今日は、私たちの誇りで、四万温泉を訪れた全ての人が驚く絶景 四万ブルー Shima Blueを改めて紹介します。 四万温泉は、上信越高原国立公園内にあることからもわかる通り、豊かな自然の宝庫でもあります。 そして、その自然で一番の自慢は、四万川の水の色です。 私たちはそれを「四万ブルー」と呼んでいます。 私の記憶が確かなら、 四万ブルーという言葉を初めて使ったのは、数年前、某旅行雑誌の四万温泉の広告ページを担当していた、N社のKさんだと思います。 この色は言葉では何とも表現できない、ここでしか見ることのできない青ですので、ぜひ、一度ご自身の目で確かめてくださいね。 奥四万湖の四万ブルー(空から) 新緑の四万ブルー(奥四万湖) 四万ブルーを実際にご覧になったお客さまの声をWEBから拾ってみました。 「今迄見たことのない絵具を入れたようなコバルトブルーの色をした湖 」 「息をのむほどにコバルトブルー」 「湖の色がブルー過ぎて、違和感がありました。 不思議な感じのする湖でした。 」 「他にはない緑味の強いブルーに感動しました」 「青いとは聞いていましたが、確かにどうみても青かったです。 」 「とてもきれいな湖です。 なぜかすごく青いんです。 」 みなさん、とてもびっくりしたり感動したりされます。 日本には四万温泉のように、川沿いの温泉地がたくさんありますが、私は今まで四万川ほどきれいな川に沿っている温泉地に出会ったことがありません。 「四万ブルー」は世界に誇れる宝だと思っています。 なぜ、この色になるかは諸説あり、はっきりしないのですが、「アロフェンという物質の微粒子が溶け込んでいてそれが乱反射する」という説、「透明度が非常に高いので青い光が水の奥底まで届き、赤い光は吸収されて青くなる」という説などがあります。 実際、の透明度は日本で第3位、本州以南で1位相当の値を計測されたことがあります。 測定条件や時期が異なるので、順位付けが妥当かどうかはわかりませんが、日本有数の透明度だということは間違いないと思います。 奥四万湖の透明度 18. 5m (2011. env. pdf 摩周湖(北海道) 28. 0m 倶多楽湖(北海道) 22. 0m 赤沼(青森県) 18. biodic. pdf その四万ブルーですが、場所や季節、天気、時間帯によって色々な表情をみせます。 特に青がキレイなのは、冬から春で、晴れて湖面に日が射している日の午前中です。 では、四万ブルーを楽しむのにオススメのスポットを紹介しましょう。 まず最初に、絶対に外せないのが、です。 奥四万湖は四万温泉柏屋旅館からおよそ4kmのところにあるダム湖です。 とくに際立った青さになるのが、冬から雪解け水の流れ込む5月までです。 奥四万湖 また、グリーンディスカバリー運営のカヌー体験もできますので、青くて透明度抜群の奥四万湖を湖面上から楽しむこともできます。 その湖の直下から楽しめるキャニオニングも、四万ブルーを楽しむのに最高のアクティビティです。 このアクティビティもしています。 ウエットスーツに着替え、四万川と戯れることができるので、とても気持ちよく楽しいですよ。 次にオススメしたいのが、柏屋旅館周辺やその下流の桃太郎の滝です。 ここには、発電用の小さな貯水ダムがあるので、水深が深くキレイな四万ブルーを楽しむことができます。 とくに、四万大橋から真下を見下ろしたポイントや道路を散歩すると木々の向こうに見える四万ブルーが魅力的です。 四万大橋から 柏屋からすぐ も、この四万ブルーに流れ落ちる滝で、柏屋旅館から徒歩5分ほどですので、ぜひ行ってみてください。 桃太郎の滝 柏屋旅館からおよそ1. 5km下流の、群馬県の天然記念物「四万の甌穴」も四万ブルーの名所です。 四万の甌穴 甌穴は、水流と小石などとの浸食で数万年もの歳月をかけて川底にできる円形上の穴で、四万の甌穴は一番深いところで3m以上もの深さがあり、四万川の流れ、四季折々に変化する周辺の木々とともに四万ブルーを楽しめます。 魚を見ることもできるかもしれませんよ。 最後に紹介するのは四万湖です。 四万湖(中之条ダム) 四万湖は柏屋旅館からおよそ8km下流の中之条ダムでできた人造湖です。 ここでも、カヌーを楽しむことがきます。 こちらのしています。 透明感抜群の四万ブルーでのカヌーは、宙に浮いているような錯覚にとらわれます。 四万湖でカヌー 四万ブルー — 四万温泉にお越しの際は、絶対に見逃せません。 いつの日かシマブルーもそこに加わることができたら嬉しいです。 春の奥四万湖 秋の奥四万湖 四万温泉、山口地区 奥四万湖 四万湖.

次の

日本とは思えない絶景が見られる群馬県の「奥四万湖」 不思議な水の色

おく しま こ 群馬 カヌー

2時間半かけて探索する半日コース: 大人5,000円から。 (土日祝日・お盆シーズンはプラス1,000円) 3時間半かけてのんびり奥四万湖の魅力を堪能出来るライトワンデーコース: 大人6,000円から。 (こちらも同じく土日祝日・お盆シーズンはプラス1,000になります) 濡れてしまった際の着替えやタオルなどをご用意いただく必要があるものの、 ライフジャケットやカヌーなど基本装備はセットになっているので気軽にご参加頂けます。 プロがしっかりレクチャーしてくれるので安全面もバッチリ。 カヌーツアーは 4月中旬から11月中旬までとなっております。 ウォーターアクティビティ上級者でカヌーやSUPをお持ちの方は、持ち込みでお楽しみ頂けます。 但しもちろん安全面には考慮し必ずライフジャケットの着用が必要になります。 また四万川ダム管理事務所にて湖面利用名簿に住所氏名を記載頂く事が条件。 安全面をしっかり考慮しマナーを守ってカヌーをお楽しみくださいね。 そんな中洲が雪解け水が流れ水位が上がる時期になると少し水没した状態になり、まるで湖に浮かぶ島の様に見えるのです。 この新緑豊かな 浮島を見られるのはわずか10日程。 まさに「幻の絶景」と言えるかもしれません。 爽やかな新緑の緑と奥四万湖のコバルトブルーのコントラストを求めて毎年多くの方が足を運び、皆さん熱心にカメラを構えています。 浮島や奥四万湖は天気によって見え方が全く異なるので、絶景をカメラに収められるかはみなさんの運次第。 とはいっても年間を通して様々な美しい景色をご覧頂けるので、ぜひそのシーズンならではの奥四万湖の魅力を味ってくださいね。 スポンサードリンク 奥四万湖の読み方とは? 奥四万湖と書いてどの様に読むかご存知ない方はいらっしゃいますか? 漢字の読み方は複雑で、特に地名となると全く理解出来ない読み方に苦しめられる事が多々あります。 訪れた事ない場所や普段関わりが無い土地は特にそうかもしれません。 前置きが長くなってしまいましたが奥四万湖は「 おくしまこ」と読みます。 ちなみに四万温泉から奥四万湖までの距離は3㎞程度。 車で5分程の距離に位置しているので四万温泉で温泉を堪能すると共に、ぜひコバルトブルーに輝く奥四万湖の絶景をお楽しみ頂きたいと思います。 奥四万湖で釣りはできるの? 奥四万湖はとても酸性が強い為魚は生息していません。 ただ四万川の渓流釣りは可能で3月1日から9月20日まで釣りをお楽しみ頂けます。 釣れる魚はイワナやヤマメなど。 本日アクセスが多い記事のご紹介• レモン水をポッカレモンで作るなら何滴程度を目安に作るのが効果的なのでしょうか? その場合に気をつけること... 三峯神社は、関東で最強の気・強いパワーが集まっている、日本では10指に入る力とエネルギーが充満した神域。 素敵な出会いが欲しい、片思いの相手を振り向かせたいなど恋愛にまつわる悩みはつきませんが、そんなお悩みを解決する... 短冊に願いを記し笹の葉に飾る夏の恒例行事 七夕が目前に迫っています。 子供の頃は夢中になって七夕の飾り付... 富士山の麓に鎮座する新屋山神社(あらややまじんじゃ) Wikipediaにも記載されていないこちらの神社... ディズニーシーのアトラクションの中でも高い人気を誇るセンター・オブ・ジ・アース。 地底探検がテーマのジェ... 西新井大師でしか手に入らない魔法の様な指輪が買える事をご存知ですか? 絶大な効果を誇る西新井大師の指輪に... 幸運を呼ぶ程効果の高い待ち受けイメージやカラーとはどういったものでしょうか? 手軽に気持ちを高めるには身...

次の