エクセル グラフ 0。 Excelグラフの目盛り「0.0(小数点)」を「0」にする方法!

エクセルで波線で省略したグラフを作成する方法

エクセル グラフ 0

Excel(エクセル)でグラフを作成する方法 1. 表を作成する Excelでグラフを作成するには、まず表を作成します。 この時、グラフにしたい表は基本的に長方形になるようにしておきます。 ここでは、上記のようなテストの点数表を想定してグラフを作っていきましょう。 表を選択する グラフにしたいデータの範囲を選択します。 複数のセルを選択する際は「Shift」キーを押したまま方向キーを押すと選択範囲が広がります。 挿入から「グラフ」を選択する 範囲を選択したら、上部のタブから「挿入」を選択します。 挿入の中にあるグラフのアイコンをクリックすると自動でグラフが作成されます。 では、挿入できるグラフにはどのようなものがあるのでしょうか。 1 棒グラフ 2 円グラフ 3 折れ線グラフ 4 散布図 Exceの操作画面には、上記のようにグラフごとにアイコンが描かれています。 それぞれのアイコンをクリックすると、自動でその図に合わせたグラフを作成できます。 ここでは代表的な4つのグラフを紹介します。 1 棒グラフ 棒グラフは 項目の量を比較する際に用いるグラフです。 例えば、上記のグラフの場合、各人の学期ごとの点数の差がわかるようなグラフになっています。 売り上げの推移など、時間経過とともに変化する数値を表す時に利用しましょう。 参考: 2 円グラフ 円グラフは複数の 項目の割合を表す際に利用するグラフです。 例えば、上記のグラフは学生が学校で過ごしている時間の割合をグラフにしたものです。 他にも、売り上げの構成比やアンケートにおける回答の割合などを表す際は円グラフを活用してみましょう。 3 折れ線グラフ 折れ線グラフは 項目の推移(変化)を表すためのグラフです。 例えば、上記のグラフでは、各人ごとの点数の推移を表しています。 これをみると、2学期に点数が下がってしまった日下部さんが、3学期にはむしろ1学期よりもいい点数をとっていることがわかります。 参考: 4 散布図 散布図は、 項目同士の関係性を把握するのに利用するグラフです。 例えば上記のグラフの場合、国語の点数と理科の点数を加味した場所にそれぞれの人の点が打たれています。 点は右肩上がりに集まっており、理科の点数が高い人は国語の点数も高い傾向にあるのがわかるでしょう。 グラフの列と行を入れ替える方法 例えば、以下の画像は黒沢さんと白峰さんの学期ごとのテストの点数とクラスの平均点を表にしたものです。 そのままグラフを作成したら、右のように学期ごとの点数になってしまいました。 これを黒沢さんと白峰さんそれぞれの成績の推移を表すように修正してみます。 グラフをクリックして選択した状態にする グラフをクリックしてください。 グラフの元となったデータが入った表に枠が表示され、選択状態になります。 グラフの列と行を入れ替えると、行に羅列していた項目と列として羅列したいた項目が入れ替わります。 例えば上記の場合、紫色で囲われている行と、赤色で囲われている列が入れ替わります。 先ほどまで学期ごとに並んでいた棒グラフが人名ごとの推移を表すグラフとなりました。 複数のグラフを組み合わせる方法 クラスの平均点の推移に黒沢さんと白峰さんの点数の推移を折れ線グラフで重ね合わせるように変更してみましょう。 学期ごとの推移が土台となるので列と行を変更して、先ほどのグラフに戻します。 折れ線グラフに変更したい項目を選択する グラフの中から、折れ線グラフに変更したい項目を選択します。 ここでは黒沢さんの推移を折れ線グラフに変更するので、青色の黒沢さんの棒を選択しましょう。 「グラフのデザイン」から「グラフの種類の変更」を選択する 項目を選択した状態のまま「グラフのデザイン」から「グラフの種類の変更」を選択してください。 折れ線グラフを選択する 「グラフの種類の変更」を選択すると、以下のように変更できるグラフの種類が表示されます。 「折れ線」の中から「直線」をクリックしましょう。 以下のように折れ線グラフに変換されました。 完成 同じ容量でもう1人の白峰さんの点数の推移も折れ線グラフに変更します。 完成したグラフからはクラス平均の推移に合わせて2人の成績が上下しており、かつ2人の成績はほぼ同じだということがわかります。 参考: まとめ Excelでは、数値が入力された表を選択するだけでグラフを作成できます。 折れ線グラフ・棒グラフ・円グラフ・散布図といった種類から選択できるので、表現したいデータに合わせて設定するようにしましょう。 また、ExcelだけでなくPowerPointやWordでも、Excelの機能を使ってグラフを挿入できます。 ぜひグラフを活用する際は、今回紹介した手法を使って、わかりやすい内容へと仕上げていきましょう。 資料作りに役立つExcel(エクセル)術を見る.

次の

エクセル円グラフで値0の時だけ表示しない|ラベル非表示にする方法

エクセル グラフ 0

円グラフで0を表示しない理由とは 円グラフは表の「データ」がもとになって作られています。 表の「データ」が内容によっては一部0の場合もあります。 0の表示も円グラフ上に反映されるのですが、そのままでいい場合もありますが、状況によっては円グラフ上の0の表示を消さないといけない場合もあり、そんな時に行います。 円グラフ上の0を消す方法には2通りあります。 エクセルのグラフで、0を表示したくない時って、どんな時? グラフをうまく見せるテクニックは、とても大事です。 視覚に訴えるものは、とても重要なので、こういったものは、うまく演出したいです。 「カテゴリ」には、円グラフ上に表示されている「データ」の項目がのっています。 円グラフ上から0の項目の表示がなくなります。 2つ目具体的操作方法 エクセル2013や2016以外の他をお持ち方の操作方法についてお話しします。 円グラフ近くをクリックしないと次の作業に進むことができません。 クリックした際には、円グラフの周辺が点で囲まれているか確認してください。 表示右側あたりに「項目軸ラベル」がありその下に円グラフ上に表示されている「データ」の項目がのっています。 円グラフ上から0の項目の表示がなくなります。 この方法で行ってみてください。

次の

Excel(エクセル)グラフ機能の使い方をマスター【棒グラフ・円グラフ・複合グラフなど】|ferret

エクセル グラフ 0

設定で変える!0を表示しない方法 では始めに設定を変えることで「0」を非表示にする方法についてみてみましょう。 1-1. まとめて0を非表示に! まずはまとめて0を非表示にする方法からです。 上のような状態から「0」のみを非表示にします。 (1)「ファイル」タブにある「オプション」を選択する (2)「詳細設定」の真ん中下寄りにある「ゼロ値のセルにゼロを表示する」のチェックを外し、OKを押す (3)完了 この方法をとれば0を全て非表示にすることができます。 「0は要らない!」と言う場合に活用しましょう。 1-2. macでの方法 次にmacでの方法についてです。 同様のことをmacでもやってみましょう。 (1)「Excel」メニューの「環境設定」を選択する (2)「表示」を選択する (3)「ゼロ表示」のチェックを外せば完了 これで同じように「0」を非表示にできます。 1-3. 一部分だけ非表示にする 次に一部分だけ0を非表示にする方法についてです。 「0が全部消えてしまうのは困る」という時にはこちらの方法を活用しましょう。 1-4. 文字列に変えて非表示に? 最後は「セルが空白の時に0を表示させない方法」についてです。 これを「空白ならば空白」にする方法で、IF関数を使わなくても簡単にできるのです。 このように0が表示されなくなりました。 覚えておきましょう。 関数を使って非表示にするには? 次に関数を使って0を非表示にする方法を解説します。 例えば次のような表があるとします。 今、セルD3やD4は0となっていますが、関数を使ってこれを非表示にしてみましょう。 このようにIF関数を使えば0を非表示にできるので、こちらも活用しましょう。 0非表示の裏技テクニックはこれだ! 最後に0非表示の裏技テクニックについてです。 ここでは「グラフに0を反映させないテクニック」と「0は非表示、4桁以上はカンマを打つ方法」を紹介します。 3-1. グラフに0を反映させないテクニック まずはグラフに0を反映させないテクニックです。 例えば累計などを計算式で求めた時に、セルは空白になっているのにグラフは0を示すことがあります。 こんな時にはグラフ専用の数式と設定が必要になります。 ではその方法を、例を使って見てみましょう。 その後「書式」をクリックし、「フォント」の色を「白」にする (5)完了 これでグラフにはいらない線が表示されず、累計の表にもエラーが表示されません。 ここでのポイントは、IF文の「NA 」で、これは「データがない」というエラーを表示しなさいという意味です。 結果データがないのでグラフにはなにも表示されず、条件付き書式でエラーは白地にしたので表にもエラーが見られなくなったのです。 3-2. 0は非表示、4桁以上はカンマを打つ方法 次は「0は非表示、4桁以上はカンマを打つ方法」についてです。 例えば次のような表があったとします。 先ほどIF関数で0を消した例と似たものです。 この表を基に0は消して4桁以上には「,(カンマ)」を打ってみましょう。 試して見てくださいね。

次の