引越し費用の相場。 引越し費用の相場ってどうやって決まる?目安を知って【最安更新!】|100円引越しセンター

単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

引越し費用の相場

引越しにかかる費用 費用の内訳 引越しの作業にかかる費用• ・引越し料金• ・不用品の処分費用• ・オプションサービスの料金• ・梱包資材の料金• ・作業員への謝礼 物件の退去にかかる費用• ・敷金を超える修繕費用• ・ハウスクリーニング費用• ・解約までの家賃 賃貸物件の契約にかかる費用• ・前家賃(家賃+管理費、共益費)• ・敷金• ・礼金• ・仲介手数料• ・火災保険料• ・カギの交換料金• ・保証会社の費用 そのほか入居、引越しにかかる費用• ・挨拶の手土産• ・新しい家具、電化製品、ガスコンロ• ・住所変更手続きの手数料 人によって異なりますが、引越しではこれくらいさまざまな費用がかかります。 一般的に、新しい物件と契約して引っ越すのに、家賃の6倍ほどかかると言われています。 これだけ高額な費用がかかるのですから、新居や引越し業者は安易に決めず、じっくりと検討して選ぶようにしましょう。 引越しをうまく進めて、気持ち良く新生活を始めるには、計画を立てることが大切です。 予想外のことが起こっても対応できるように、時間に余裕のある計画を立ててください。 引越しの作業にかかる費用 引越しの作業には、荷物の搬出・搬入・輸送以外にも、オプションサービスや梱包資材の準備に費用がかかります。 特に自動車、オートバイの輸送やエアコンの脱着などが必要になると、それだけ別に費用が必要です。 荷物の量と距離、引っ越す時期によって、料金が大きく変わります。 また、引越し業者によっても料金が異なります。 単身者であれば、荷物の量にそれほど差がないので、電話やメールだけで見積もってもらえます。 しかし、夫婦や家族など、引っ越す人数が多い場合は、訪問見積もりで実際の荷物量を見てもらう必要があります。 自分で複数の引越し業者を探して連絡するのは大変なので、一括で見積もりを依頼できるサービスを利用するのがおすすめです。 各引越し業者の訪問日が重ならないように、事前に複数の予定日を用意しておきましょう。 一般的な可燃ゴミや不燃ゴミであれば、ゴミの日に出せばいいので、ほぼ費用はかかりません。 しかし、家具や電化製品は、粗大ゴミの処分費用やリサイクル料金が必要です。 引越し業者のオプションサービスに申し込むか、それぞれ専門の業者に依頼する必要があります。 しかし、引越し料金を安く抑える代わりに、自分で梱包資材を手配しなくてはならない業者もいます。 ダンボールはスーパーでもらったり、ホームセンターで購入したりできます。 ただし、謝礼は基本的に必要ありません。 引越し業者によっては、作業員に謝礼を受け取らないように指導しています。 物件の退去にかかる費用 新居の契約だけでなく、これまで住んでいた賃貸物件を退去するときにも費用がかかります。 特に大きな破損をしていたときは注意が必要です。 しかし、敷金がかからない物件や払った敷金以上に修繕費用がかかる場合は、追加で費用を払うことになります。 ただし、経年劣化による破損は、貸主の負担なので、敷金から払う必要はありません。 修繕費用を払った敷金の残りは、退去後に返還されます。 そういった場合、敷金からハウスクリーニングの費用分を差し引き、残った分が返還されます。 もし、賃貸契約書にハウスクリーニングの費用負担について明記されていない場合は、借主が負担する義務はありません。 賃貸契約では、解約の意思を1~2ヵ月前に伝えることになっていて、それより先に退去しても家賃が必要です。 解約する日は、できるだけ新居の家賃と二重に払う期間が短くなるように設定しましょう。 賃貸物件の契約にかかる費用 アパートやマンションなどの賃貸物件を借りるときは、家賃、敷金、礼金だけと思いがちです。 しかし実際には、そのほかにも多くの費用がかかります。 入居日(契約開始日)が月初めでない場合は、家賃を日割りで計算した金額になります。 前家賃は、1ヵ月が一般的ですが、中には2ヵ月、3ヵ月という場合もあります。 前家賃を支払った月は、家賃を支払う必要がありません。 ロビーや廊下の電灯の電気代やゴミ収集所の管理費用などに充てられています。 管理費と共益費と言葉は違いますが、ほぼ同じ意味です。 前家賃と同じ期間だけ、契約のときに払います。 家賃を滞納したときの補填にも使われます。 退去するときに、原状回復にかかった費用を差し引いた金額が借主に返還されます。 借主の故意や過失による破損は貸主が負担し、経年劣化による破損は貸主が費用を負担することになっています。 敷金で補えないほどの破損があった場合は、退去するときに追加で費用を払うことになります。 敷金は、家賃の1~2ヵ月(関西では家賃の5~10ヵ月)が一般的です。 礼金は敷金と異なり、退去するときに返還されません。 地域によって異なり、関東では家賃の1~2ヵ月分を礼金として契約時に支払います。 関西には礼金がなく、退去するときに敷金から家賃の数ヵ月分を差し引く、敷引があります。 敷引が礼金の代わりになっているのです。 そのため関西では、敷金が5~10ヵ月と関東より高額です。 つまり、不動産会社の取り分となるお金です。 仲介手数料は、不動産会社によって異なり、家賃の半額~1ヵ月分が一般的です。 ちなみに、仲介手数料は、法律で貸主と借主からあわせて家賃の1ヵ月分(+消費税)と定められています。 仲介手数料が家賃の半額の場合は、貸主が半額を負担していることが多いです。 一般的に、入居するとき、更新するときに支払います。 保険料は、契約する保険会社によって異なりますが、1年で5,000~15,000円ほどです。 カギの交換費用は、借主、貸主どちらが負担するかは法律などで決まっていませんが、多くの場合、借主が負担します。 金額はカギの種類によって異なりますが、10,000~20,000円程度が一般的です。 保証会社は保証人の代わりに、借主が家賃を滞納したときに補償します。 保証会社を利用する場合は、保証会社の費用が必要です。 保証会社の費用は家賃の半額~1ヵ月分が一般的です。 契約によっては、賃貸契約を更新するたびに費用が発生します。 そのほか入居、引越しにかかる費用 引越しをすると、家具や電化製品の買い替えなどで費用が発生します。 これまで使っていたものを使えば費用を抑えられますが、中にはカーテンのように流用できないものもあります。 引越し前にリスト化して、無駄な買い物をしないように気をつけましょう。 余裕があれば、旧居でお世話になった人にも感謝の気持ちを込めて手土産を配りましょう。 手土産は500円程度で、タオルや石けんなどの日用品や日持ちのするお菓子が一般的です。 一人暮らしの場合は、積極的に挨拶をしなくても大丈夫です。 カーテンを窓のサイズにあわせて切るなどの加工が必要です。 ・照明器具 物件によっては、借主が照明器具を設置する必要があります。 電球もあったり、なかったりするので、引越し前に確認しておきましょう。 ・ガスコンロ ガス機器は、都市ガス用とプロパンガス用があるので、物件の設備にあったものを用意しましょう。 また、単身者向けの物件では、ガス機器が設置できないことがあります。 そういった物件では、IHコンロが備わっていたりするので、ガスコンロの購入は不要です。 あまり高額ではありませんが、事前に調べておきましょう。 単身、夫婦・カップル、家族の引越しの総額 引越しにかかる費用の総額を、引越しをする人数(単身者、夫婦・カップル、家族)ごとにまとめました。 必要最低限の項目でまとめているので、引越しのオプションサービスなどを利用すると、提示している金額よりも高額になる可能性があります。 また、引越しにかかる費用は、家賃や引っ越す時期、距離などによって大きく変わります。 例えば、引越しをする時期が3~4月の繁忙期というだけで、引越し料金は大幅に高くなります。 大まかな目安として参考にしてください。 単身者の引越しにかかる費用の総額 一人暮らしの人が、市内の物件に引っ越す場合の目安です。 あくまでも最低限の費用なので、実際にはこれよりも費用がかかると考えてください。 もっと家賃も高い部屋に引っ越したい、不用品を処分したい、遠方に引っ越すという場合は、さらに費用は高くなります。 「これから一人暮らしを始めたい!」という人は、家具も電化製品も何も持っていないので、さらにお金がかかります。 あまりお金をかけられない人は、家具や電化製品を中古品にしたり、洗濯機は買わずにコインランドリーにしたりと、費用を抑えるために、さまざまな工夫が必要です。 費用項目 金額 前家賃 10万円 管理費 5,000円 仲介手数料 10万円 敷金 20万円 礼金 10万円 火災保険料(2年分) 20,000円 カギの交換料金 15,000円 挨拶の手土産 2,000円 引越し料金 60,000円 合計 49万8,000円 結婚などで、新しい家具や電化製品を購入する場合は、さらに費用がかかります。 あれも、これもと欲張ってしまうと、それだけ費用がかさんでしまうので、お金をかける部分と節約する部分をよく検討することが大切です。 単身者であれば、引越しの挨拶は必要ありませんが、ふたりで暮らすような物件では、今後の付き合いも考えて、引越しの挨拶をしましょう。 マンションであれば、階上、階下、両隣で4軒分必要になります。 管理人がいる場合は、管理人にも挨拶をしておきましょう。 家族(大人2人、子供1人)の引越しにかかる費用の総額 子供がいる3人家族を例にして、市内での引越しにかかる費用をまとめました。 家族の引越しは、荷物の量が人によって大きく異なることが多いので、正確な引越し料金を知るには、引越し業者の訪問見積もりが欠かせません。 つまり、借主が全額負担するとは限らないのです。 複数の不動産会社が同じ物件を取り扱っていることがよくあります。 そういう場合は、同じ物件を取り扱っている不動産会社の中から、仲介手数料の安い会社と契約すれば、それだけで新居の費用を節約できます。 インターネットには、格安の仲介手数料で賃貸物件を紹介するサービスもあります。 また、不動産会社が管理している物件は、仲介手数料がかかりません。 そういった物件の場合は、「取引態様:貸主」と不動産会社が貸主と示されています。 不動産会社が仲介している物件は「取引態様:仲介」となります。 結果的に損をしないように注意 物件によっては、仲介手数料を格安にする代わりに、家賃が割高になっていたり、礼金を高く設定していたりと、結果的に借主の負担が大きくなるものがあります。 物件選びでは、仲介手数料の安さだけでなく、住んでからかかる費用にも注意しましょう。 礼金のかからない物件を選ぶ 敷金と異なり、礼金は退去時に返ってこないお金なので、できるだけ安いほうがいいでしょう。 最近では、早く入居者が決まるように、礼金を必要としない物件が増えています。 家賃1ヵ月分の礼金を得るより、礼金を不要にして空き部屋の期間を少しでも短くしたい、と大家さんが考えているのです。 そういった物件を選べば、それだけで引越しにかかる費用が家賃1ヵ月分も安くなります。 ただし、築浅で駅から近いなど人気の物件は、すぐに入居者が決まるので、礼金が必要になることが多いです。 どうしても、条件にあう礼金不要の物件が見つからない場合は、礼金を払うか、条件をゆるめるかを決める必要があるでしょう。 また、3~4月の入学、就職、転勤シーズンを過ぎると、物件を探す人が減るので、なんとか入居してもらうために、家賃などの条件を変える物件があります。 こういった時期を狙って引っ越すのもいいでしょう。 フリーレントの物件を選ぶ フリーレントとは、家賃を一定期間、免除(無料)になる物件のことです。 例えば、入居から1~2ヵ月間の家賃が無料になったりします。 フリーレントは、早く入居してもらいたいものの、家賃を下げられないなどの事情から用いられます。 フリーレントの場合、前家賃がかからないので、それだけ引越しの費用を抑えられます。 ちなみに、フリーレントの期間であっても管理費はかかります。 また、フリーレントの物件は、最低契約期間が決められていて、期間内に解約(退去)すると、違約金などのペナルティがあります。 また、フリーレントの物件でも、家賃が相場より高めでは、結果的に損をしてしまいます。 周辺の物件の相場を調べてから決めてください。 家賃+管理費でお得な物件を探す 物件を探すときは、実際に払う家賃+管理費(共益費)の合計金額から選ぶのが一般的です。 そのため、家賃50,000円+管理費5,000円で合計55,000円の物件 A と、家賃55,000円の物件 B を同じように考えてしまいがちです。 しかし、同じ条件の物件であれば、管理費のかかる物件 A のほうがお得です。 例えば、仲介手数料が家賃1ヵ月分となっていた場合、物件 A は50,000円ですが、物件 B は55,000円になります。 5,000円も違うのです。 これは、敷金、礼金も同じです。 引越し費用を少しでも節約したい人は、家賃の金額にも注目して物件を探しましょう。 見積もりの安い引越し業者に依頼する 同じ荷物の量、同じ距離の引越しでも、料金は引越し業者によって異なります。 そのため、複数の引越し業者に見積もりを依頼して、もっとも安い金額を提示した業者と契約するだけで、引越し料金を節約できます。 しかし、自分の条件にあう引越し業者を複数探すのは大変です。 「ズバット 引越し比較」では、自分の引越しの条件を入力するだけで、条件にあった複数の引越し業者に見積もりを依頼できます。 下のボタンから見積もりの依頼ができます。

次の

【1円でも安く!】引越し 近場の相場ってどれくらいなの?

引越し費用の相場

引越し業者のプラン、サービスを徹底比較 各業者によってサービスやプランはさまざま、特に単身パックなどは対象となる荷物の量や料金が大きく違ってきます。 単身や家族の引越し、近場や長距離引越しなど、条件に合わせて一括見積りをすることで最適な業者が見つかり、料金はグンと大きく下がります。 合い見積もりによる引越し業者間の価格競争 見積もりを依頼された業者は、合い見積りをされていることがわかっている為、かなり本気度の高い価格で見積りを出してきます。 その為、個別に見積り依頼するよりぐっとお得になります。 条件次第では格安業者が見つかることも 全国をカバーしている大手業者だけではなく、特定の地域にとても強い中堅業者や近場の引越しに強い中堅業者など条件次第で大手に頼むより価格面でもサービス面でもずっと有利になります。 見積りを依頼したら、必ずその業者で契約をしなくてはいけないの? いいえ。 見積りだけの利用もOKです。 もし内容にご納得いただけた場合のみ、お申し込みください。 見積もりにはどのくらいの時間がかかりますか? 最短即日~数日以内に、見積りについての連絡が届きます。 引越し業者の都合で時間がかかる場合があります。 引越し業者の選び方は? 引越し業者選択の決め手は「料金の安さ」「見積もり時の対応」「オプションサービス」です。 「料金の安さ」を重視するだけではなく引越し業者にも得意、不得意があることを忘れてはいけません。 例えば、女性の引越しが得意な業者や近場の引越しを得意な業者さまざまあります。 そういった中で、「引越し業者の得意、不得意を知り、料金を節約する方法を相談やサービスの有無を確認すること」で理想の引越し業者を選定していきましょう。 一括見積サービスを利用してさらに料金を安くする方法はないですか? 各社の見積もり金額が、そのまま引越し料金になるわけではありません。 各業者のサービス内容や日時や条件を確認を行い、「料金の安い日に変更する」「オプションサービスの精査」といったことで業者と料金やサービスについて相談することが料金節約につながります。

次の

引越し費用の相場|時期ごとの平均費用・料金を安くするには?

引越し費用の相場

確認の方法として、まずこの記事では「引越し人数」ごとに章立てをしております。 したがって「引越し人数」すなわち「1人」か「2人」か「3人以上」を選び該当する章に移動してください。 そして、それぞれの章の中で「引越し時期」に分けて紹介しているので、「引越し時期」すなわち「3月か4月」か「5月から2月の間」かを選んで確認してみてください。 なお、紹介する相場は口コミサイトに利用者が直接書き込んだ料金を平均したものになります。 あくまでも参考としてください。 1人(単身)向け「サカイ引越センター」の費用・料金相場 では早速、単身で引越しする際のサカイ引越センターの相場をみていきましょう。 なお、よりイメージしやすいように、あなたの引越しする時期(繁忙期・通常期)にわけて紹介します。 だいたい2-3割ほど安くなる傾向です。 また特徴としては15km未満は34,000円、50km未満は35,000円、200km未満は41,000円と、200km未満の距離では繁忙期のような大幅な値上げはしない傾向になります。 では続いて夫婦やカップルなど2人向けの費用・料金相場をみていきましょう。 2人(夫婦・カップル)向け「サカイ引越センター」の費用・料金相場 では単身同様、時期(繁忙期・閑散期)に分けて料金相場をみてみましょう。 引越し料金の4割はとても大きい金額ですよね。 家族の場合、もし3月・4月の時期をずらすことができるなら、なるべくずらすことをお勧めします。 いかがでしたでしょうか。 この記事では約4万の口コミから、下記3つのポイントごとにサカイ引越センターの費用・料金相場を出しました。 あなたの状況で、だいたいどれくらいの引越し料金がかかるか想像できたことでしょう。 そんなサカイ引越センターの費用・料金ですが、実は一つの工夫をすればグッと安くなります。 最後にその方法を紹介します。 サカイ引越センターの費用・料金を値引き・安くする方法 サカイ引越センターは、顧客満足度を測るの下記の部門で上位を独占しております。 現場スタッフの対応• 作業内容• オプションサービス• 補償内容 上記のランキングからも、スタッフや引越作業の質が良いことは間違いないと言えるでしょう。 ただ、その分費用・料金も高くなってしまいます。 しかしながら、大胆な引越し費用の交渉も可能で、他の引越業者の見積もりを持っているだけで、費用はグッと安くできます。 最大手のサカイ引越センターはお金の体力がある分、他の引越し業者よりも安くなる場合が多いです。 アートの見積もりを見事に予想して、ぐっと値引きしてくれる。 ついでにお米も貰える。 — 榎木津 enokizu サカイ引越センターの引越し作業とスタッフの質は、申し分ないほど素晴らしいです。 あとは なるべく他の引越し業者の安い見積もりを手に入れられるか次第で安くできるかが決まります。 ではどのようにすれば他の引越し業者の安い見積もりを手に入れられるのでしょうか。 お勧めな方法は「一括見積もりサイト」です。 「一括見積もりサイト」とはあなたの要望を記載するだけで、全国の引越し業社から見積もりをもらえるサービスです。 また、見積もりを一括で手に入れられるだけでなく、ライバルが依頼もしていることがわかる引越し業者は、見積もり金額を最初から大幅に値引きしてくれるのです。 結果、安い見積もりを手に入れることができ、それを元にサカイ引越センターの料金も値下げできるのです。 実際に下記のような声も多くみられます。 引っ越しの訪問見積もりが、アート引越センターとサカイ引越センターでかち合ったんだけど、アートが最終的に出したギリギリ価格が約7万円。 で、サカイは単身の標準見積額が最初から5万円を切ってて、最終的には3万5000円以下になった。 この記事が少しでもあなたの役に立てれば幸いです。 番外編:よくある質問 このサイトに寄せられた「サカイ引越センター」の費用・料金相場に関する質問を定期的に下記にまとめていきます。 ぜひ参考にしてみてください。 「サカイ引越センター」の相場はどれくらい? 引越し人数や時期・距離によって引越し料金は大きく変わります。 例えば3月の繁忙期で、夫婦の2人で、東京都内の15km未満の引越しだと83,000円が相場になります。 ちなみにこの記事の料金相場は、サカイ引越センターを実際に利用した生の口コミ約4万件の平均を参考にしています。 詳細は「」を参考にしてください。 「サカイ引越センター」の費用・料金は高い?安い? 売上・引越し件数が日本一の「サカイ引越センター」はまさに日本を代表する引越し業者です。 よって作業クオリティが高い分、料金もそこそこします。 ただお金に余裕がある分、値引きも大幅にしてくれることで有名です。 この記事ではどのようにすれば「サカイ引越センター」の料金を下げれるかも紹介しています。 詳細は「」を参考にしてください。

次の